パキラ PR

パキラの剪定後にハイドロカルチャーで育てる方法やコツを一挙解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

観葉植物として、高い人気を誇るパキラ。インテリアとしての人気も高く、パキラをハイドロカルチャーにして、販売しているお店も多くあります。しかし、観葉植物が初めての人は「ハイドロカルチャーってそもそもなに?」や「お世話は普通にやっていいのかな?」と疑問が出てくると思います。そこで今回は、パキラ・ハイドロカルチャーが初めての人でも、上手に育てられる方法を解説します。
この記事を最後まで読めば

  • ハイドロカルチャーについて
  • パキラの選定方法
  • ハイドロカルチャーの管理方法
  • ハイドロカルチャーでのトラブルの対処方法
  • ハイドロカルチャーに関するよくある質問に対しての回答

が分かりますよ。初心者の人にも分かりやすく解説するのでぜひ、この記事を最後まで読んで、パキラをハイドロカルチャーで育ててみてください。

目次
  1. まずは、ハイドロカルチャーについて知ろう!
    1. ハイドロカルチャーを聞いたことがありますか?
    2. ハイドロカルチャーで育てるメリットとデメリット
  2. ハイドロカルチャーの植物は剪定が必要?
    1. 結論:剪定は必要です
    2. 剪定が必要な理由
  3. 観葉植物パキラの剪定の方法
    1. パキラの剪定に必要なもの
    2. パキラの剪定の手順
  4. 剪定したパキラを捨てるともったいない!
    1. 剪定で切った枝葉からパキラは増やせる
    2. 剪定したパキラをハイドロカルチャーで育てる
  5. 剪定パキラをハイドロカルチャーで育てる
    1. ハイドロカルチャーに準備するもの
    2. ハイドロカルチャーの手順
  6. パキラをハイドロカルチャーにした後の育て方や管理方法
    1. 水やりは水分計などで確認しながら行う
    2. 置き場所は日当たりや風通しがいいところに置く
    3. 与える肥料とタイミング
  7. 【トラブル】ハイドロカルチャーのパキラによくある枯れる原因
    1. 水のやりすぎによる根腐れ
    2. 肥料の与えすぎによる肥料焼け
    3. 日照不足
  8. 【もしものとき】ハイドロカルチャーが枯れそうになったときの対処法
    1. 根腐れを起こした時の対処法
    2. カビが生えた時の対処法
    3. 葉に元気がなく日照不足を起こしているときの対処法
  9. 【見逃しがち】植え込み材で少し水の与え方が違う
    1. 植え込み材のタイプは主に2つ
    2. 植え込み材の種類
    3. 腰水タイプの水の与え方
    4. 保水タイプの水の与え方
  10. 剪定したパキラをハイドロカルチャーにする際によくある質問
    1. Q. 土のパキラをハイドロカルチャーに植え替えることはできますか?
    2. Q. パキラが少し根腐れしている様子ですが、このまま放置しておいていいですか?
    3. Q. パキラの植え替えと同じタイミングで剪定しようと思います。同じ成長期に行うのですが、大丈夫ですか?
  11. 【挑戦しよう】パキラの剪定後にハイドロカルチャーで育てる方法やコツを一挙解説のまとめ

まずは、ハイドロカルチャーについて知ろう!

まずは、ハイドロカルチャーについて、知りましょう。
ここでは、

  • ハイドロカルチャーとは
  • ハイドロカルチャーのメリット・デメリット

について解説します。ハイドロカルチャーが初めての人でも、分かりやすく解説するのでぜひ、ハイドロカルチャーについて、学んでみてください。

ハイドロカルチャーを聞いたことがありますか?

ハイドロカルチャーという言葉を、聞いたことがありますか?観葉植物歴が短い人は、馴染みがないと思います。ハイドロカルチャーは、水耕栽培とも言われています。普通の土を使わずに、人工の土を使った育て方です。人口の土は、ハイドロボールなどの植え込み材を使用します。水耕栽培に似た言葉で、水栽培があります。水栽培は容器と水だけで育て方なので、間違えないようにしましょう。

ハイドロカルチャーで育てるメリットとデメリット

では、ハイドロカルチャーのメリットとデメリットを見ていきましょう。メリットとデメリットを知ることができれば、ハイドロカルチャーで育てるという選択肢が、生まれますよ。

メリット

ハイドロカルチャーのメリットは、以下の通りです。

  • 水の調整がしやすい
  • 衛生的
  • インテリア性の高さ

上記がメリットです。特に衛生面は、室内ので育成に非常に有用性が高いと言えるでしょう。室内で普通の土を使用すると、コバエなど発生する可能性があります。しかし、ハイドロカルチャーではそのような心配はありません。
衛生面を重視するな、ハイドロカルチャーは非常に良い選択しと言えます。

デメリット

メリットもありますが、やはりデメリットもあります。
デメリットは、以下の通りです。

  • 生育が遅い
  • 根腐れが起きやすい

上記のデメリットがあります。生育の遅さは一概にデメリットとは、言えないでしょう。
気になるのは、「根腐れが起きやすい」ということです。ハイドロカルチャーは根が水に浸っているので、土で普通に育てるより、根腐れが起こりやすいです。根腐れは植物が枯れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

ハイドロカルチャーの植物は剪定が必要?

先ほど、ハイドロカルチャーのデメリットで、生長が遅いと解説しました。生長が遅いなら「剪定はしなくても大丈夫かな?」と思う人も多いと思います。ここでは、ハイドロカルチャーの選定について解説するのでぜひ、参考にしてください。

結論:剪定は必要です

結論から言うと、剪定は「必要」です。
具体的な剪定理由は、後述しますが、剪定をおこなわないと外観を損ないます。インテリアとして、育成している場合でも、剪定は必要になります。

剪定が必要な理由

ここでは、先ほど触れた外観以外の、剪定が必要な理由を解説します。
以下のような理由が挙げられる。

  • 転倒のリスク
  • 観葉植物の健康を損なう可能性があ

上記のような、理由があります。
植物の健康はもちろんですが、転倒は怪我のリスクもあるので、注意が必要です。
順番に見ていきましょう。

大きくなったパキラが転倒したりする可能性がある

剪定をおこなわないと、パキラが転倒する可能性があります。
なぜなら、ハイドロカルチャーでは生長が穏やかですが、確実に成長します。剪定をおこなわないと、不規則に枝が伸びるので、不安定なバランスになります。その結果、転倒の可能性があります。

また、パキラのサイズはさまざまです。大きいものでは、2m近くのものも存在します。2mにもなれば、重さもでてきます。もし、人に落ちれば大ケガにつながるかも知れません。

転倒を防ぐために、剪定は必要になります。

不健康になることもある

剪定をおこなわないと、不健康になる可能性があります。
なぜなら、日光の当たりが悪くなるからです。剪定はサイズを整える以外にも、増えすぎた葉や枝を取り除く、という理由があります。増えすぎた葉や枝は、日光の当たりが悪くなる。その結果、観葉植物が不健康になる、可能性があります。

観葉植物パキラの剪定の方法

先ほどは、ハイドロカルチャーの剪定の必要性について、解説しました。
ここでは、パキラの剪定方法について解説します。
ここでは、以下の項目を紹介します。

  • パキラの剪定に必要なもの
  • 剪定の手順

パキラの選定が初めての人でも、分かりやすく解説するのでぜひ、参考にしてください。順番に解説します。

パキラの剪定に必要なもの

パキラの選定に必要なものは以下のものです。

  • 剪定ばさみ
  • 軍手
  • 癒合剤(なくても大丈夫です)

上記の物が必要になります。剪定ばさみは、刃が汚れていないものを、使いましょう。汚れていると、切り口から雑菌が入る可能性があります。また、切れ味が悪い可能性もあるので、怪我にもつながります。怪我防止のために、軍手は装着してください。癒合剤は、なくても大丈夫ですが、あるとパキラに優しいです。

パキラの剪定の手順

ここでは、パキラの剪定手順を、具体的に解説します。
剪定する時期は、5月~9月の生長期に剪定をおこないましょう。
観葉植物初心者の人でも、分かりやすく解説するのでぜひ、参考にして剪定してください。
剪定手順は

  1. 完成形をイメージする
  2. 一番高い枝を、好みの高さに切る
  3. 枯れている場所は生え際から切る
  4. イメージに合わせて切る
  5. 癒合剤を切り口に塗る(ある場合)

になります。ポイントは「成長点」と呼ばれる部分の、上から2cm程度の場所で、切ることです。
生長点は、幹や枝にある茶色い線のような部分です。パキラは、生長点から枝葉を伸ばすので、生長点を切ってしまうと新しい枝が生えません。
剪定するときは、生長点を意識して剪定してください。

剪定したパキラを捨てるともったいない!

先ほど解説した、選定方法で切った葉枝で、パキラを増やしてみましょう。「観葉植物を増やすのは難しいのでは?」と思う人も多いと思いますが、実は簡単に増やせます。ぜひ、剪定で出た葉枝でパキラを増やしてみてください。

剪定で切った枝葉からパキラは増やせる

パキラは、剪定で出た枝葉で簡単に増やすことができます。
剪定で出た、枝葉でのパキラの増やし方は

  • 挿し木
  • 水挿し

があります。どちらも、簡単なのでぜひ、チャレンジしてください。

剪定したパキラをハイドロカルチャーで育てる

剪定して増やしたパキラはぜひ、ハイドロカルチャーで育ててみてください。ハイドロカルチャーは、先ほども解説した通り、メリットが多くあります。インテリアとしても最適なのでぜひ、チャレンジしてみてください。

剪定パキラをハイドロカルチャーで育てる

ここでは、剪定パキラをハイドロカルチャーで育てる、具体的な手順を解説します。初心者の人でも簡単にできる栽培方法なのでぜひ、学んでみてください。

ハイドロカルチャーに準備するもの

まずは、ハイドロカルチャーで必要なものを準備しましょう。
ハイドロカルチャーで必要なものは、以下の通りです。

  • 植える観葉植物(ここではパキラ)
  • 人工の用土(ハイドロボールなど)
  • 根腐れ防止剤
  • 肥料
  • 水分計
  • 底に穴が開いていない容器

が必要です。
初めてハイドロカルチャーに、挑戦する人は「人工の土ってなに?」と思うかもしれません。分からない場合は、ハイドロカルチャー用の用土を購入すれば問題ありません。また、容器は底に穴が開いていなければ大丈夫ですが、初心者の人は、透明な容器がおすすめです。なぜなら、水量を目視できるからです。

ハイドロカルチャーの手順

具体的なハイドロカルチャーの手順を見ていきましょう。
失敗しないためのポイントもあるので、最後まで確認してください。
また、ハイドロカルチャーへの植え替えも生長期である、5月~9月におこなってください。
手順は以下の通りです。

  1. 人工の土を軽く洗う
  2. 根腐れ防止剤を容器の底が隠れる程度入れる
  3. 人工の土を少しだけ入れる
  4. パキラを傷つけないように鉢から取り出す
  5. 土を軽く落とす
  6. 根を水で振るうように洗い土をキレイに落とす
  7. 容器にパキラを植え付ける
  8. 人工の土を入れパキラを固定する
  9. 水を容器の1/4~1/5程度いれて完成

上記が手順になります。
ポイントは、パキラについている土を、キレイに取り除くことです
なぜなら、人工の土は無菌ですが、土がついている状態で植えると雑菌が繁殖するからです。雑菌は、衛生的にもパキラにもよくありません。
ハイドロカルチャーを成功せるポイントは、「土をしっかり落とすこと」です。

パキラをハイドロカルチャーにした後の育て方や管理方法

ハイドロカルチャーへ植え替えが完了したら、どのように管理・育成すればいいのでしょうか?ここでは、パキラをハイドロカルチャーに、植え替えた後の管理方法を、解説します。
管理のポイントは、

  • 水やりのポイント
  • 置き場所
  • 肥料を与えるタイミング

です。土で育てる場合と違う場合もあるので、確認してみてください。
順番に見ていきましょう。

水やりは水分計などで確認しながら行う

水やりは、水分計などで確認しながら行いましょう。
なぜなら、ハイドロカルチャーでは、容器の底に穴がないからです。そのため、水を多く与えすぎると、根腐れの原因になります。そこで、水分計を使うことにより、水の与えすぎを防げます。

ただし、透明な容器でハイドロカルチャーをおこなっている場合は、水量を目視できます。その場合は、水分計はひつようありません。

置き場所は日当たりや風通しがいいところに置く

置き場所は、日当たりと風通しがいい所に置きましょう。
直射日光が当たる場所では、葉焼けや植え込みに使った土が劣化が、起きる可能性があります。風通しが悪いと、土にカビが発生する原因になります。
置き場所は、カーテン越しなどで柔らかい日光が当たり、風通しが良い場所に置きましょう。

与える肥料とタイミング

ハイドロカルチャーでは与える肥料やタイミングが、違う場合があります。肥料は、植物が元気に成長するために、重要なものです。しかし、誤った使い方をすれば、植物が枯れてしまう可能性があります。
ハイドロカルチャーが初心者の人はぜひ、参考にしてください。

ハイドロカルチャーには専用の肥料を与える

ハイドロカルチャーで与える肥料は、専用のものがベストです。
なぜなら、土用の肥料を希釈するのが難しいからです。
観葉植物ベテランの人は大丈夫かもしれませんが、初心者の人が土用の肥料を希釈するのは、難しいでしょう。

しかし、ハイドロカルチャー用の肥料であれば、希釈する必要はありません。ハイドロカルチャーには、専用の肥料がおすすめです。

根が成長してきてから与えること

肥料を与える場合は、根が成長してきてから、与えましょう。
早く生長させたい気持ちは分かります。しかし、根が成長していない時期に肥料を与えると、枯れる原因になります。
透明な容器で育成している場合は、根の成長も確認できるので、生長してきたら与えてあげましょう。

【トラブル】ハイドロカルチャーのパキラによくある枯れる原因

ここでは、ハイドロカルチャーのパキラが、枯れてしまう原因について解説します。
枯れてしまう原因は、主に

  • 水の与えすぎ
  • 肥料の与えすぎ
  • 日光不足

の3つになります。枯れた原因を知らなければ、次も同じ失敗をしてしまう、可能性があります。1度確認してみてください。

水のやりすぎによる根腐れ

原因の1つ目は、水の与えすぎによる根腐れです。
なぜなら、ハイドロカルチャーは底に穴がないからです。管理方法でも触れましたが、根に水がつかり過ぎると、根腐れの原因になります。対策として、水分計や透明な容器を使うのが、おすすめです。
水の与えすぎは、注意が必要です。

肥料の与えすぎによる肥料焼け

肥料の与えすぎも、枯れてしまう原因です。
植物は根の周りの栄養素が多いと、栄養素を薄めようと、自身の水分を放出します。その結果肥料焼けを起こし、枯れてしまいます。
肥料は水と同じで、適切な量を与えましょう。

日照不足

日光不足も、枯れてしまう原因になります。
パキラは耐陰性もあり、日陰でも育ちます。
しかし、いくら耐陰性があっても日照不足になるほど、暗い場所に置いてはダメです。
おすすめの置き場所は、窓辺でカーテン越しに、日光が当たる場所です。

【もしものとき】ハイドロカルチャーが枯れそうになったときの対処法

もし、ハイドロカルチャーが枯れそうになった場合は、どのように対応すればいいでしょうか?ここでは、ハイドロカルチャーが、枯れそうになった場合の、対応方法を解説します。

今回紹介するのは、

  • 根腐れの対処法
  • カビが生えた場合の対処法
  • 日照不足の対処法

上記の対処法です。どちらも、ハイドロカルチャーではよくある原因などで、覚えておくと役に立ちますよ。
順番に解説していきます。

根腐れを起こした時の対処法

根腐れが起きてしまった場合の対処法は、以下の通りです。

  1. キラをハイドロカルチャーから取り出す
  2. ハイドロカルチャーで使用した容器と人工の土をよく洗う
  3. 容器と土を乾かす
  4. パキラの根も日陰で軽く根を乾かす
  5. 乾いたらハイドロカルチャーを作成する
  6. 与える水の量は控えめにする
  7. 日当たりと風通しがいい場所に置く

上記が対処方法になります。軽度の根腐れでしたら、問題なく回復するでしょう。枝や茎が柔らかくなるまで、根腐れしている場合は、残念ながら回復できないでしょう。

カビが生えた時の対処法

カビが生えてしまった場合は、カビが生えている土を取り除いてよく洗ってください。その後しっかり乾燥させれば、再び使うことができます。

カビの原因は水のやりすぎ、置き場所が悪いなどの原因があります。1度育成環境を、見直してみてください。

葉に元気がなく日照不足を起こしているときの対処法

日照不足が原因の場合は、

  • 少しずつ明るい場所にどうさせる
  • 弱った場所をカットする(ほかの方法と併用する)
  • メネデールを与える

などの方法があります。弱った場所をカットするだけでは、意味がありませんので、注意してください。
メネデールは、植物に与える活力剤です。肥料とは違うので、「メネデールがないから肥料でいいか」というのは厳禁です。

置き場所を変えるときは、徐々に移動して、日光に慣れさせてください。

【見逃しがち】植え込み材で少し水の与え方が違う

実は、ハイドロカルチャーの植え込み材の違いで、水の与え方が違うことをご存じでしたか?ここでは、植え込み材のタイプごとの、水の与え方を解説します。どちらにしようか迷っている場合はぜひ、参考にして、選んでください。

植え込み材のタイプは主に2つ

植え込み材のタイプは

  • 腰水タイプ
  • 保水タイプ

の2種類があります。
それぞれの特徴も、解説するので、自分に合った植え込み材を探してみてください。

腰水タイプ

腰水タイプの植え込み材の特徴は「多孔質」であることです。
多孔質とは、スポンジのように非常に多くの小さい穴が、あるものを指します。空気と水分を、バランス良く保てるのが、ポイントです。

保水タイプ

保水タイプの植え込み材は、植え込み材全体に、保水性があるタイプです。そのため、水を与えすぎると底に水が溜まります。水が溜まったら、余分な水は、捨てましょう。

植え込み材の種類

ここでは、植え込み材の種類を解説します。
ここで紹介する種類は

  • レカトン
  • 木炭
  • ゼラオライト
  • ネオコール
  • セラミスグラニュー
  • エコ・スギバイオ

の6種類です
先ほど解説した、タイプと合わせて、植え込み材を選んでみてください。
順番に見ていきましょう。

レカトン

1つ目に紹介するのは、腰水タイプのレカトンです。レカトンは正式名称で、商品名はハイドロボールやハイドロコーンという名前で、販売されています。レカトンは、粘土を1200℃で焼成したもので、多孔質なのが特徴です。また、根が栄養を摂取するために「根酸」という物質だしますが、レカトンは「根酸」吸収します。その結果、根が活性化し元気に植物を育てることが可能です。
ハイドロカルチャーに非常に適している、植え込み材と言えます。

木炭

2つ目に紹介するのは、腰水タイプの木炭です。木炭は、広葉樹を焼いて細かくしたものです。こちらも多孔質で、有害物質の吸着・脱臭効果があります。「木炭を植え込み材にして育つの?」という疑問もあるかも知れませんが、問題なく育つので心配する必要はありません。

ゼオライト

3つ目に紹介するのは、腰水タイプのゼラオライトです。アクアリムをやっている人は、馴染みがあるものかもしれません。ゼラオライトは多孔質という特徴と、水を綺麗にする特徴があります。この特徴を使うことで、根腐れの防止にもつながります。また、根腐れを防止剤を使わずゼラオライトだけで、ハイドロカルチャーを作成が可能です。

ネオコール

4つ目に紹介するのは、腰水タイプのネオコールです。聞いたことがない人も、多いのではないでしょうか?ネオコールは、高知県産の炭をセラッミクで、コーティングした商品になります。消臭や水質維持などの特徴を持ち、ハイドロカルチャーに、向いている植え込み材です。また、サイズやカラーバリエーションも豊富で、インテリア性も高いのがポイントの1つです。

セラミスグラニュー

5つ目に紹介するのは、保水性のセラミスグラニューです。こちらも、聞いたことがない人も多いのではないでしょうか?セラミスグラニューは、ドイツにあるヴェスターヴェルトの粘土を800℃で焼き、砕いたものです。保水性に優れ、表面が乾燥すると白くなります。そのため、水を与えるタイミングが、分かりやすいのもポイントです。
また、セラミスグラニューは土から植え替えるときに、根に付いた土をしっかし落とす必要がないもの嬉しいですね。

エコ・スギバイオ

最後に紹介するのは、保水性のエコ・スギバイオです。杉を特殊な形にしたもので、水分を均一に保水する効果があります。また、杉には抗菌作用があり、カビが生えやすいハイドロカルチャーには適している植え込み材です。
セラミスグラニューと同様に、土をしっかり落とす必要はありません。

腰水タイプの水の与え方

腰水タイプは、容器の1/4~1/5程度の水を入れてください。
水やりのタイミングは、容器の水がなくなった2日~3日後に、1/4~1/5程度の水を与えましょう。

保水タイプの水の与え方

保水タイプは、一度植え込み材の色が変わるまで、水を与えてください。その後十分に水が吸水されたら、余計な水を流せば大丈夫です。

水を与えるタイミングは、植え込み材が乾燥し白色になってきたら、水を与えるタイミングです。水を入れ過ぎたら必ず、入れすぎた水を捨ててください。

剪定したパキラをハイドロカルチャーにする際によくある質問

ここでは、剪定したパキラをハイドロカルチャーにする際に、よくある質問に対しての回答を用意しました。
今回用意した質問への回答は

  • 土かハイドロカルチャーへの植え替えは可能?
  • 根腐れは放置で大丈夫?
  • 植え替えと、剪定を同時におこなっても大丈夫?

です。気になる回答があったらぜひ、確認してみてください。
順番に見ていきましょう。

Q. 土のパキラをハイドロカルチャーに植え替えることはできますか?

A,土からハイドロカルチャーへの、植え替えは可能です。植え替えのポイントは、パキラに付いている土を、キレイ落とすことです。保水性の植え込み材を使う場合は、ある程度は大丈夫ですが、キレイに落として損はありません。

Q. パキラが少し根腐れしている様子ですが、このまま放置しておいていいですか?

A,根腐れが酷くならないうちに、対応してください。根腐れは、放置すると完全に枯れてしまいます。1度ハイドロカルチャーを解体して、容器と植え込み材を洗い乾燥させ、再びハイドロカルチャーを作成してください。
また、原因をしっかりと把握してください。同じ原因で、根腐れを起こしてしまう可能性があります。

Q. パキラの植え替えと同じタイミングで剪定しようと思います。同じ成長期に行うのですが、大丈夫ですか?

A,同じタイミングは避けた方が無難です。パキラは生命力が高い観葉植物ですが、植え替えと剪定を同時におこなうと、パキラへの負担も大きくなります。万全をな状態で、行ってあげた方が、失敗しないでしょう。

【挑戦しよう】パキラの剪定後にハイドロカルチャーで育てる方法やコツを一挙解説のまとめ

ここまで、パキラの剪定後にハイドロカルチャーで、育てる方やコツを紹介しました。
今回の記事のポイントは

  • ハイドロカルチャーは人工の土で栽培する方法
  • ハイドロカルチャーで育てても剪定は必要
  • 置き場所は、日当たりと風通しが良い場所
  • 植え込み材の種類によって水の与え方が違う

です。ハイドロカルチャーは室内での育成に最適で、衛生面やインテリア性も高いです。やや根腐れが心配な部分もありますが、当記事を読んだ人は、ポイントを押さえれたはずです。
ぜひ、自分だけのハイドロカルチャーで、パキラを育ててみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。