コーヒーの木 PR

コーヒーの木はダイソーで買うことできるの?ケア方法やコツを徹底解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

インテリアにも人気のコーヒーの木。園芸店以外にも雑貨屋さんや100均のダイソー等で手に入りますが、100均のコーヒーの木は大丈夫なのか不安に思う方も多いのではないでしょうか。せっかく購入したにもかかわらず枯れると悲しいですよね。ダイソーのコーヒーの木の上手な育て方について知りたいと思いませんか。枯れる原因や育て方の注意点について知ると、コーヒーの木をお部屋でおしゃれに楽しめるでしょう。

そこでこちらの記事では

  • ダイソーにコーヒーの木は売っているのか
  • コーヒーの木の栽培方法の種類
  • コーヒーの木の育て方のポイント
  • 100均のコーヒーの木は植え替えをした方がよいか

について解説しています。

この記事を読んでいただければ、ダイソー等100均のコーヒーの木の育て方について知識が身に付きます。おしゃれなコーヒーの木を100均で購入しても楽しむことができるようになるでしょう。

最後にはダイソーのコーヒーの木に関するよくある質問にもお答えしていますので、ぜひご覧ください。

目次
  1. そもそもダイソーにコーヒーの木は販売しているの?
    1. 結論:ダイソーなどの100均でも販売してある
    2. 初めてコーヒーの木などの観葉植物を育てる人にもってこい
    3. ダイソーなどの100均にあるコーヒーの木のケア方法や注意点まで徹底解説
  2. コーヒーの木ってそもそもどういう観葉植物なの?
    1. コーヒーの木は成長速度が速い観葉植物
    2. コーヒーの木の花言葉
    3. コーヒーの木の風水効果
  3. ダイソーなどの100均のコーヒーの木の栽培方法
    1. 育て方は主に2種類あるのを知ってますか?
    2. それぞれの栽培方法の特徴
    3. ダイソー等の100均にはコーヒーの木などの観葉植物を育てるアイテムがたくさんある
  4. ダイソー等の100均にあるコーヒーの木を元気に育てる重要なポイント
    1. 【日当たり】【風通し】がいいところに置くこと!
    2. 水やりは時期で異なるので要注意
    3. 土は水はけがいい状態を保つようにする
    4. 肥料は暖かい時期に与えることがポイント
  5. ダイソー等の100均のコーヒーの木が上手く成長しないよくある原因
    1. 【日光】【風通し】【水分】が欠けていることがある
    2. 気温が低い環境でコーヒーの木を育てている
    3. 植え替えをしておらず、鉢の中で根腐れや根詰まりを起こす
  6. 【必見】ダイソー等の100均で購入したコーヒーの木はまず植え替えをしよう
    1. ダイソー等で買ってきたコーヒーの木をそのままにしておくと上手く育たない可能性がある
    2. コーヒーの木の植え替えは5月~9月に行うようにする
    3. コーヒーの木の植え替えに必要なもの
    4. コーヒーの木の植え替え手順
  7. ダイソーのコーヒーの木に関してよくある質問
    1. Q. ダイソーにはどのような種類のコーヒーの木が販売されていますか?
    2. Q. ダイソーで買って大きくなってきました。コーヒー豆を収穫するにはどのくらい成長させたらいいですか?
    3. Q. ダイソーのコーヒーの木をハイドロカルチャー栽培しようと思いますが、ダイソーにゼオライトはありますか?
  8. コーヒーの木はダイソーで買うことできるの?ケア方法やコツを徹底解説のまとめ

そもそもダイソーにコーヒーの木は販売しているの?

おしゃれな観葉植物として人気のコーヒーの木。観葉植物に興味がなくとも、コーヒーが好きだから育ててみたいという方も多いと思います。そんなコーヒーの木はどこで販売しているのでしょうか。100均のダイソーに販売しているのか気になりませんか。

結論:ダイソーなどの100均でも販売してある

ダイソーなどの100均でもコーヒーの木は販売していることがあります。コーヒーの木というと、園芸店でしか手に入らないイメージで驚く方も多いのではないでしょうか。すべてのダイソーでいつでもコーヒーの木が販売しているわけではありませんが、店舗によってコーヒーの木はダイソーなどの100均で手に入ります。

初めてコーヒーの木などの観葉植物を育てる人にもってこい

100均のダイソーなどでコーヒーの木を見つけても、観葉植物を始めて育てる方にとってはハードルが高く感じるかもしれません。しかし、安心してください。コーヒーの木は育てやすい植物なので、初めて植物をお部屋に迎える方でも安心です。

ダイソーなどの100均にあるコーヒーの木のケア方法や注意点まで徹底解説

ダイソーなどの100均だから、コーヒーの木が枯れやすいということはありません。重要なのは、購入後のケア方法や育て方の注意点を守ることです。コーヒーの木は寒さに弱い植物なので、冬は必ず暖かい室内で管理してください。特に小さな苗ほど耐寒性が低いので育て方に注意が必要です。明るい日差しに当てながら、土が乾いたら水やりして育てることで、おしゃれにコーヒーの木を楽しむことができるでしょう。

コーヒーの木ってそもそもどういう観葉植物なの?

コーヒーの木は葉に艶があって、おしゃれだと感じる方が多いと思います。しかし、そもそもコーヒーの木ってどういう観葉植物なのか知らないのではないでしょうか。育てる観葉植物のことを詳しく知っていると、枯らさず育てることができます。それでは、コーヒーの木について見ていきましょう。

コーヒーの木は成長速度が速い観葉植物

学名Coffee arabica
英名Coffee tree
科目/属性アカネ科コーヒーノキ属
原産地熱帯アフリカ
温度最低10℃以上をキープ

コーヒーの木は熱帯アフリカ原産のアカネ科コーヒーノキ属の植物です。原産地では剪定をすることで、樹高を2~3mに留めて育てています。剪定をしなければ5mほどの高さになるほど大きくなる植物です。しかし、日本では寒い冬があるため地植えで育てることは難しいでしょう。日本ではすぐに大きくなりませんが原産地に近い暖かい環境であれば、成長速度が速く大きくなりやすいです。大きく育てたい方は、温室などを使用して育てるとよいでしょう。

コーヒーの木の花言葉

コーヒーの木の花言葉は「一緒に休みましょう」です。コーヒーは全世界でリラックスするための飲み物として人気があります。コーヒーを飲んで休憩をすることから、「一緒に休みましょう」の花言葉が付けられたそうです。飲み物のコーヒーが好きな方以外にも、おしゃれ好きな方にも人気のコーヒーの木はプレゼントにおすすめ。コーヒー豆と一緒に贈ってみてはいかがですか。

コーヒーの木の風水効果

コーヒーの木には「仕事運」「金運」「健康運」を上げる風水効果があります。コーヒーの木は大きく成長すると、枝の節々にたくさんの花を咲かせ実を付ける植物。たくさんの実が付くことは新しい収入を意味しているため、仕事運や金運に効果的とされています。また、葉が丸みを帯びているため、飾る場所の気を和らげてくれるでしょう。落ち着きのある生活を過ごせるので、健康によい生活を過ごすことができます。いずれも素敵な風水効果を持っているコーヒーの木は、プレゼントだけでなくご自宅用にもおすすめの植物です。

ダイソーなどの100均のコーヒーの木の栽培方法

コーヒーの木がどんな観葉植物かわかると、栽培方法について気になりませんか。せっかく100均のダイソーなどでコーヒーの木を手に入れても、すぐに枯れてしまうと残念ですよね。コーヒーの木の栽培方法を見ていきましょう。

育て方は主に2種類あるのを知ってますか?

コーヒーの木の育て方には、主に以下の2種類があります。

  1. 土を用いた栽培
  2. ハイドロカルチャーによる栽培

それぞれの栽培を解説します。

土を用いた栽培

コーヒーの木は、一般的には土で栽培されています。100均のダイソーでも土に植えられた商品として販売されているでしょう。土を用いた栽培では、コーヒーの木が大きくなりやすい特徴があります。土が乾いたら、水をやる形で植物を育てる栽培方法です。

ハイドロカルチャーによる栽培

コーヒーの木はハイドロカルチャーによる栽培が可能です。ハイドロカルチャーとは、土を用いず水や無機物資材のみで育てる方法のこと。そのため、お部屋に土を持ち込みたくない方にとっては、清潔にコーヒーの木を育てられるでしょう。穴なお開いていない容器に水を入れて、水がなくなったら水を加えて植物を管理して育てます。

それぞれの栽培方法の特徴

コーヒーの木の栽培方法に種類があることがわかりました。それでは、コーヒーの木はどちらの栽培方法で育てればいよいのでしょうか。実は、どちらがよいということはありません。どちらにもメリット・デメリットがあるので、それらを考えてご自身に合った育て方を選ぶことが重要です。それぞれの栽培方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

土栽培のメリット・デメリット

土栽培のメリットは、ダイソーで購入にしたコーヒーの木であっても成長が早い点です。土には、肥料分をため込む力があるので、与えた肥料は効率的にコーヒーの木に吸収されます。結果的に、枝葉が大きく茂ったコーヒーの木として育てることが可能です。

土栽培のデメリットは、虫が発生しやすい点でしょう。虫が発生する原因は多数ありますが、土の中の腐葉土などの有機物に反応して虫が集まることが多いです。虫は土の中の有機物を餌にしたり産卵場所にしたりするので、室内でコバエなどの虫が土に産卵すると虫が発生し続ける原因に。虫が苦手な方や室内を清潔に維持したい方は、土栽培ではなくハイドロカルチャーがよいかもしれません。

ハイドロカルチャー栽培のメリット・デメリット

ハイドロカルチャー栽培のメリットは、虫の発生が少ない点です。有機物を含む土を使用しないため、コバエなどの虫の餌や産卵場所がありません。そのため、土に比べて清潔に植物を育てることができるでしょう。ただし、植物そのものが有機物なので、虫が発生しないためには適切に育ててお手入れすることが重要です。

ハイドロカルチャー栽培のデメリットは、生育が遅い点があります。水だけで育てるので、コーヒーの木にとって栄養分が不足しがちになるためです。無機物資材を用いることで、コーヒーの木の根の張りはよくなりますが、無機物資材そのものには栄養はありません。枯れることはありませんが、土栽培と比べると葉色や大きさの点で見劣りします。葉色をよくしたり大きくしたい場合は、ハイドロカルチャー用の液体肥料を適切に与えて様子を見るとよいでしょう。

ダイソー等の100均にはコーヒーの木などの観葉植物を育てるアイテムがたくさんある

ダイソー等の100均にはコーヒーの木などの観葉植物を育てるアイテムがあくさんあります。土栽培用からハイドロカルチャー用までさまざまなアイテムがあるので、初めて植物を育てる方にも安心です。どの100均でも園芸コーナーには、鉢やポリポット・土・肥料が揃っています。ハイドロカルチャーで育てる場合は、穴の開いたポットではなく食器や雑貨コーナーで透明なガラス容器を選ぶとよいでしょう。ダイソーなどの100均でもおしゃれに観葉植物を育てることができるので、安心してコーヒーの木を楽しんでくださいね。

ダイソー等の100均にあるコーヒーの木を元気に育てる重要なポイント

ダイソー等の100均でコーヒーの木を購入したけど、育て方がわからないことも多いのではないでしょうか。園芸店と違い、育て方のポイントを書いた紙はなく、育て方に詳しい店員さんもいないことが多いです。コーヒーの木を元気に育てるためにも重要なポイントを見ていきましょう。

【日当たり】【風通し】がいいところに置くこと!

コーヒーの木は、日当たりと風通しがいいところに置いてください。コーヒーの木は日当たりを好みます。日差しが入らない暗い場所では、ひょろひょろに育ち光合成ができずに枯れるかもしれません。また、窓や扉を閉め切って風通しがない場所では、病害虫が発生しやすいです。そのため、室内で育てる場合は、窓際の明るい場所に置いて、定期的に窓を開けて風通しをよくしてください。窓を開けることができない場合は、サーキュレーターなどで空気を動かしてあげるとよいでしょう。

水やりは時期で異なるので要注意

コーヒーの木の水やりは時期によって異なります。そのため、常に同じ水やりをしていてもうまく育てることはできません。日本には四季があるので、コーヒーの木にとって育ちやすい季節と育ちにくい季節があります。それでは、季節ごとの水やりについて見ていきましょう。

春・秋の水やり方法

春・秋はコーヒーの木にとって生育期です。この時期は水をしっかり吸うので、土の表面が乾いたら鉢底から流れるくらいに水をしっかり与えます。ただし、受け皿をしている場合は、溜まった水はこまめに捨ててください。水を溜めたままにしていると、土が乾かず根腐れする恐れがあるので注意しましょう。

夏の水やり方法

コーヒーの木の夏の水やり方法は、基本的には春・秋と同じように土の表面が乾いたらたっぷり水やりすることが重要です。しかし、夏は高温になりやすいため、最も高温になるお昼の時間帯に水やりすると、鉢の中で根が蒸れたり高温で茹ったりしてしまいます。したがって、夏の水やりは高温になりやすいお昼ではなく、涼しい早朝と夕方に2回水やりしましょう。早朝に与えた水は、元気なコーヒーの気であれば夕方にはすべて吸水してしまいます。夕方に土の状態を見て、乾燥していれば再び水やりをしてください。水切れをすると葉が落ちる原因になるので、土の乾燥に気を付けましょう。

冬の水やり方法

冬はコーヒーの木にとって、生育しにくい環境です。コーヒーの木は最低10℃以上の温度環境が必要なので、室内でも生育はあまりしません。そのため、根からの吸水は必要最低限。土もあまり乾かないので、水やりは控えて乾燥気味に育てます。土の表面が乾いて2~3日後に水やりするくらいで十分です。また、気温の下がる夕方以降に水やりすると、土の中が冷えて枯れる恐れがあります。気温の高いお昼や暖房で室内の温度が15℃以上ある場合に水やりすることがポイントです。寒さが苦手な植物は、水を控えることで耐寒性が上がるので、コーヒーの木の冬の水やりは乾燥気味に与えてください。

土は水はけがいい状態を保つようにする

コーヒーの木の土は水はけがいい状態を保つようにしましょう。土の水はけが悪いと、土が常に湿った状態になりやすく根腐れの原因になります。最初は水はけのよい土でも、2年もすると土の粒が崩れて水はけが悪くなることが多いです。その場合は、新しい観葉植物の土で植え替えをしてください。コーヒーの木は市販の観葉植物の土でよく育つので、初心者の方は完成された土を使うと安心です。土をオリジナルで作りたい場合は、硬質赤玉土や軽石など崩れにくい土で水はけを意識して植え替えてください。

肥料は暖かい時期に与えることがポイント

コーヒーの木の肥料は暖かい春~秋に与えることがポイントです。コーヒーの木の成長期は春~秋。特に気温の上がる春と夏を中心に成長します。秋は気温が下がってくるので控えめに与えることが重要です。暖かい時期に固形の肥料を2か月に1回、または水に薄めた液体肥料を水やり代わりに2週間に1回与えます。肥料は与えるほどよいというわけではないため、与えすぎに注意してください。肥料を与えすぎると、根焼けしてコーヒーの木の生育に悪影響です。特に、生育がゆっくりになる冬に肥料を与えると枯れる原因になるので、気を付けましょう。

ダイソー等の100均のコーヒーの木が上手く成長しないよくある原因

コーヒーの木の育て方のポイントがわかっても、ダイソー等の100均のコーヒーの木が上手く成長しないと悲しいですよね。ダイソーの100均だからと思うかもしれませんが、ほとんどの場合は育てている環境が関係しています。うまく成長しないよくある原因を見ていきましょう。

【日光】【風通し】【水分】が欠けていることがある

ダイソー等の100均のコーヒーの木が上手く成長しない原因に、「日光」「風通し」「水分」のいずれかが欠けている可能性があります。植物を育てるうえで、日光・風通し・水分はとても重要なポイント。どれか一つでも不足しているとうまく育ちません。ダイソー等の100均のコーヒーの木が育たない場合は、日当たりや風通し、水やりを見直してみましょう。置き場所を変えるだけでも、健康的に育つことがあります。土の乾燥具合も必ずチェックしてください。

気温が低い環境でコーヒーの木を育てている

コーヒーの木は寒さに弱い植物です。気温が低い環境では上手く育てることができません。特に、ダイソー等の100均のコーヒーの木は小さいため寒さに敏感です。冬は室内の15℃ある暖かい環境で管理してください。最低でも10℃以上をキープしましょう。窓際に置く場合は屋外と変わらないくらいに冷え込むので、窓から離しておくと安心です。

植え替えをしておらず、鉢の中で根腐れや根詰まりを起こす

ダイソー等100均で購入したコーヒーの木を植え替えせずに育て続けると、鉢の中で根腐れや根詰まりを起こして上手く育ちません。特に、ダイソー等のコーヒーの木を一度も植え替えていない場合は注意が必要です。100均で販売される植物の土は、あまり質が良くないため根腐れしやすいので注意してください。植え替えた場合も、鉢の大きさにもよりますが、1~2年で根詰まりを起こすので、水はけが悪くなったり鉢底から根が出てきたりしたら植え替えをしましょう。

【必見】ダイソー等の100均で購入したコーヒーの木はまず植え替えをしよう

ダイソー等の100均で購入したコーヒーの木の育ちが悪いのは、植え替えをしていないためかもしれません。100均でコーヒーの木を手に入れたら、まず植え替えをしましょう。

ダイソー等で買ってきたコーヒーの木をそのままにしておくと上手く育たない可能性がある

ダイソー等で買ってきたコーヒーの木を、そのままにしておくと上手く育たない可能性があります。ダイソー等の100均は園芸店ではありません。そのため、管理方法が悪く鉢の中で根腐れしている場合も。購入したら新しい土で植え替えると、その後の生育がよくなります

コーヒーの木の植え替えは5月~9月に行うようにする

コーヒーの木の植え替えは生育期の5月~9月に行いましょう。気温が上がる時期に植え替えると、根傷みの心配もなく安心して植え替えができます。根が少し切れても、暖かい時期であれば回復が早いので大丈夫です。10月以降は気温が下がってくるので、暖かくても植え替えは控えてください。植え替え後に気温が下がり始めると、根傷みから回復しないまま冬になる可能性があります。その場合は枯れる恐れも出てくるので、暖かい5月~9月に植え替えすることが重要です。

コーヒーの木の植え替えに必要なもの

コーヒーの植え替えに必要なものは以下の4つです。

  1. 一回り大きな鉢
  2. 観葉植物の土
  3. 鉢底網
  4. 鉢底石

新しい鉢に植え替える場合は、現在植えてある鉢のサイズを確認しておきましょう。大きすぎても小さすぎてもいけません。鉢のサイズが大きすぎると、水やりをしたときに土が水を含みすぎて根腐れしやすくなります。また、小さすぎると根詰まりしやすくなるので注意が必要です。

コーヒーの木の植え替え手順

コーヒーの植え替え手順は以下の通りです。

  1. コーヒーの木の根鉢を鉢から取り出す
  2. 根詰まりしている場合は、土と一緒にほぐす
  3. 古い土を優しく取り除く
  4. 一回り大きな鉢に、鉢底網と鉢底石を敷く
  5. 新しい観葉植物の土を入れながら、コーヒーの木の高さを調節する
  6. 高さが決まったら観葉植物の土を隙間なく入れる
  7. 土を綺麗に入れたら、水やりする

植え替えて水やり後は、明るい日陰に1週間ほど置いて様子を見ましょう。その後に、元の場所に戻して育ててください。新芽が出て根が伸び始めたら、肥料やりを再開させましょう。

ダイソーのコーヒーの木に関してよくある質問

ここからはダイソーのコーヒーの木に関してよくある質問にお答えします。

Q. ダイソーにはどのような種類のコーヒーの木が販売されていますか?

A,ほとんどがアラビカ種です

コーヒーの木には種類がありますが、日本で観葉植物として出回るコーヒーの木はほとんどがアラビカ種になります。園芸店やネットなどで一部、違う品種を手に入れることができますが、100均ではアラビカ種以外を手に入れることは難しいでしょう。アラビカ種はコーヒー豆にも使用される品種です。そのため、100均のコーヒーの木でも大きく育てることによって豆を収穫できます。

Q. ダイソーで買って大きくなってきました。コーヒー豆を収穫するにはどのくらい成長させたらいいですか?

A,5~10年は必要です

ダイソーのコーヒー豆は株が小さく、発芽して間もないコーヒーの木です。そのため、少なくとも5年以上は育てる必要があります。5年たっても、株の大きさや生育環境が不十分でコーヒー豆を収穫できないことも多いです。日本には寒い冬があるので、すぐに大きく育ててコーヒー豆を収穫することは難しいですが、じっくり育てることによっていずれ花が咲き実が付きます。ぜひ、長年のパートナーとして育ててコーヒー豆を収穫してください。

Q. ダイソーのコーヒーの木をハイドロカルチャー栽培しようと思いますが、ダイソーにゼオライトはありますか?

A,あります

ダイソーにはハイドロカルチャー栽培用のアイテムが数多く揃っています。そのため、ゼオライトも手に入りやすいでしょう。しかし、店舗によって仕入れていない場合があります。ダイソーに購入に行く前に、事前に店舗にゼオライトがあるか確認をすると安心です。

コーヒーの木はダイソーで買うことできるの?ケア方法やコツを徹底解説のまとめ

ここまでダイソーのコーヒーの木の育て方について解説してきましたがいかがですか。

この記事のポイントは

  • ダイソーはコーヒーの木を販売している
  • コーヒーの木は土栽培とハイドロカルチャー栽培の2種類の方法で育てられる
  • コーヒーの木は日当たりと風通しのよい場所に置き、土が乾いたら水やりをして管理することが重要
  • 100均のコーヒーの木を購入したら、新しい土に植え替える

です。

ダイソーのコーヒーの木の育て方について詳しく知ることができたのではないでしょうか。この記事を参考に100均のコーヒーの木を枯らさずにおしゃれに楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENにはほかにもたくさんの記事を用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。