花言葉 PR

カタクリの花言葉とは?花言葉の由来や贈り物の体験談を徹底紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カタクリという名前の植物をご存知でしょうか。「カタクリ…片栗粉…?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は植物なんです。あまり聞き馴染みのない植物かもしれませんので、今回はそんなカタクリの魅力に迫っていきたいと思います。

この記事では以下の内容をご紹介していきます。

  • カタクリってそもそもどんな植物?
  • どんな花が咲くの?
  • どんな花言葉があるの?
  • 花言葉の由来は?
  • カタクリはいつの誕生花?
  • どんな時に贈ると良い?
  • 実際に贈った体験談をご紹介

以上をご紹介していきます。

贈り物としてもおすすめなカタクリの魅力に気づいてもらえる内容になっておりますので、ぜひ最後までお読み下さい。

カタクリってどんな植物なの?

カタクリという植物は一体どんな植物なのでしょうか。もしかしたらあまり聞き馴染みのない名前の植物かもしれません。カタクリの魅力に迫る前に、まずはカタクリという植物について学んでいきましょう。基本を知ることで、よりカタクリの事を好きになることができるでしょう。

日本を原産地とするユリ科の植物

カタクリは日本をはじめとするアジア地域に自生しています。アジアの中でも、日本、朝鮮、サハリンに分布しています。その中でも特に日本では北海道から九州まで広く分布しています。カタクリは山間部のやや湿った森林地帯に生息しているユリ科の人気な植物です。

3〜5月の季節にピンクや紫、白色の花を咲かす

春の訪れを告げる美しい花として知られるカタクリは、3〜5月の季節にピンクや紫、白色の花を咲かせます。一本の茎から1つの花を咲かせ、花弁は6枚程あります。地中に埋まった長い楕円形の根茎を持ちます。春の訪れを彩るカタクリの美しい花を見ると、心が和みますね。

以前は片栗粉の原料であった

カタクリは、かつては片栗粉の原料として利用されていました。カタクリの根茎にはでんぷん質が含まれており、これを粉末状にしたものが「カタクリ粉」と呼ばれ、片栗粉の代用品として利用されていました。しかし、カタクリの生育が遅く、根茎が小さく収穫量が少ないことから、現在ではほとんど利用されていません。ですが、カタクリの根茎には健胃・整腸作用があるとされ漢方薬などにも利用されています。

地方によって別名が様々である

カタクリは、地方によって別名が様々であることが知られています。「カタコ」「カタカゴ」「カタコユリ」「カタバナ」「カッコバナ」「ヤマカンピョウ」と呼ばれています。これらの別名は、その地域の方言や文化背景、見た目や生息地などに由来している場合があります。カタクリは日本各地で古くから親しまれている花の一つであり、その多彩な別名もその歴史や文化を反映していると言えます。

カタクリの花言葉とは?花言葉の詳細も解説!

可憐な花を咲かせるカタクリにはどんあな種類の花言葉があるのでしょうか。花言葉はどんな種類の花にもつけられており意味も様々です。さらに1つの植物に1つの花言葉、というわけでもなく、色々な背景から花言葉はつけられており複数の花言葉を持っていることも見受けられます。ここではカタクリの花言葉をご紹介していきます。

そもそも花言葉とは?

花言葉とは、植物の花の特徴や葉の形、香りなどから付けられているその植物の象徴的な意味を持つ言葉です。花言葉の発祥は17世紀のトルコだと言われており、文字や言葉では伝えきれない思いを花に持たせて、送っていたそうですよ。

カタクリには恋愛に関する花言葉がある

カタクリには3つの花言葉があるとされています。「初恋」「嫉妬」「寂しさに耐える」の3つになります。どれも恋愛にまつわる花言葉とされていて、相手に気持ちを伝える時のプレゼントとしてもおすすめなんです。ご自身の気持ちをメッセージカードに込めて、一緒に贈るのも素敵ですね。

【初恋】

1つ目のカタクリの花言葉は「初恋」です。その儚くも美しい花姿から、春の訪れとともに心を奪われるような初恋を表現しています。カタクリの花は淡いピンクや白色の色合いが特徴的で、一本の茎からひとつの花を咲かせます。その姿は、まるで人々を魅了する初恋のように、胸に深い印象を残します。カタクリの美しい花を見ると、春の訪れとともに、恋心を抱いたころを思い出し、心が温かくなることでしょう。

【嫉妬】

カタクリの2つ目の花言葉は「嫉妬」です。執念深さを意味する嫉妬はあまり良いイメージが無いかもしれません。「嫉妬深い」「執念深い」などマイナスのイメージに捉える方もいらっしゃるかもしれませんので、カタクリを贈る際は花言葉の説明を加えると良いでしょう。

【寂しさに耐える】

カタクリの3つ目の花言葉は「寂しさに耐える」です。この花言葉は、カタクリが寒い冬を越して、早春に一輪の花を咲かせる様子から、寂しさや孤独に耐え強く生きる姿勢を表しています。カタクリの花は静かな森の中でひと際目を引き、淡いピンクや白色の儚い花姿は、まるで寂しさを乗り越えた花の勇姿を表しているかのようです。

海外でのカタクリの花言葉

日本で様々な意味を持っている花言葉ですが、実は海外にも花言葉はあるんです。各国や地域で異なる言葉や文化背景から、同じ花でも異なる花言葉があることもあります。世界中で様々な花言葉があることから、花を贈る際には、相手の国や文化に合わせた花言葉を調べることが大切です。

【modesty(謙遜)】

英語での花言葉は「modesty(謙虚)」です。カタクリは、控えめな姿勢から来る謙虚さを表す花言葉を持っています。花言葉には、花の美しさだけでなく、その花が持つ精神的な意味も込められています。カタクリは、控えめであること、自分を過大評価せず謙虚であることが大切だというメッセージを持っているとされています。

【passive(消極的)】

2つ目の英語での花言葉の一つは「passive(受動的)」です。カタクリの花姿は、地面から伸びる茎に一輪の花が咲く姿が特徴的で、その儚げな姿が消極的であると表現されることがあります。また、カタクリは開花期間が短く、花期中には天候の影響を受けやすく、弱々しい印象を持つことから、消極的なイメージが付けられています。

花色別の花言葉はない

花言葉の中には色別にそれぞれ、花言葉を付けられていることがあります。ですが、一般的には、カタクリには花色別の花言葉は存在しないとされています。地域によっては花色によって花言葉を付ける習慣がある場合もありますが、これらは一般的なものではなく、特定の地域や文化に根ざしたものになります。

怖い意味はある?カタクリの花言葉の由来を知ろう

花言葉にはしばしば怖い由来があることがあります。花の文化的背景や、生育環境、さらにはギリシャ神話から由来していることがあるのですが、カタクリの花言葉にはどんな由来があるのでしょうか。

怖い意味合いはない

カタクリの花言葉には怖い由来や暗い意味はありませんギリシャ神話が背景にある場合などには、神々の恐ろしい側面に由来するものもありますが、一般的に、カタクリの花言葉は、「初恋」や「嫉妬」、「寂しさに耐える」など、比較的ポジティブな意味を持つものが多く、カタクリの花言葉に怖い意味は存在していません。

うつむいて咲く様子に由来

カタクリの花言葉は「寂しさに耐える」など、うつむいて咲く様子に由来するものがあります。その美しい姿勢から感じる謙虚さや控えめさを表すものとして広く知られています。また、花弁が重力に逆らって上を向くことがないため、自然と地に根ざした姿勢が印象的です。カタクリの小さな花は、地面に向かってうつむいているように咲くため、人々はその姿勢から謙虚さや控えめさを感じ、その健気に咲く姿から花言葉が生まれたとされています。

地上に姿をあまり見せないことにも由来

カタクリの花言葉は、花が地上に姿をあまり見せないことにも由来しています。カタクリは、花茎を地面に伏せた状態で咲きます。そのため、一見すると地面から花が生えているように見えます。また長い期間、地中で休眠期に入っており、なかなか地上に現れないことから、この特徴的な咲き方が、カタクリの花言葉にも反映されています。

1月28日・3月24日の誕生花

春の訪れを告げるカタクリは「1月28日」と「3月24日」の誕生花になっています。この時期はだんだんと雪が溶け始め、春を感じることができる季節になっています。暖かい季節が近づくと、別れや新たな出会いもたくさんあることでしょう。そんな移り変わりの多い季節の代名詞であるカタクリは春の誕生花にぴったりです。

カタクリの花言葉にあった贈り物のシーン

ここまではカタクリの花言葉を中心にご紹介してきました。様々な意味が込められているカタクリは贈り物としてもおすすめなんです。そこでここからは、素敵なカタクリをどの様なシーンで贈ることが良いのかご紹介していきます。素敵なカタクリを見つけたけれども、どんな人に贈るのがふさわしいのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。こちらでご紹介するシーンをもとに、大切な思いを届けてくださいね。

初恋の思いが伝えられない相手へのプレゼントに

カタクリは「初恋」を意味する花言葉を持ち、うつむいて咲く姿が繊細で儚さを感じさせます。そんなカタクリは、初恋の思い出や想い出を抱える人にとって、特別な存在となるでしょう。また、初恋の相手になかなか思いを伝えられなかったり、現在でも気持ちを伝えることができない場合には、カタクリをプレゼントすることで、言葉にできない思いを花束に託すことができます。カタクリの繊細な美しさが、思い出や想いをやさしく包み込んでくれるかもしれません。

カタクリと同じ誕生日の人へ

誕生花と同じ誕生日を持つ人には、その花が持つ花言葉にちなんだメッセージを贈ることができます。例えば、カタクリが誕生花の場合、その花言葉である「初恋」にちなんで、初めて出会った人や特別な思い出がある人に向けたメッセージを添えることができます。花言葉を織り交ぜたメッセージを贈ることができます。誕生日のプレゼントにカタクリを贈る場合も同様に花言葉にちなんだメッセージを添えて贈ることができます。

花束として贈られることが多い

カタクリは美しい花姿と深い意味を持つ花として、誕生日や記念日、お祝い事などで花束として贈られることが多くあります。特に、初恋や初めての思い出などを伝えたいときには、その思い出を象徴する花として贈られることが多いです。また、カタクリは寂しさや嫉妬といった感情を表す花言葉も持っているため、慰めや励ましの気持ちを込めて贈ることもできます。色や種類の異なる花々を組み合わせて、贈り手の気持ちを表現する花束を作るのも素敵な贈り物のひとつです。

贈る際には相手の迷惑にならないように注意

カタクリは素敵な誕生花ですが、贈り物として選ぶ場合には、相手が本当に喜ぶかどうかを考えて注意が必要です。特に、カタクリには「嫉妬」や「寂しさに耐える」といった花言葉があるため、相手によっては不適切だと感じることもあるかもしれません。そのため、カタクリを贈る場合は、相手が本当に喜んでくれるのか、また、贈り物として適切かどうかをよく考えてから贈ることが大切です。贈る際には相手のライフスタイルや環境に合わせて、花束や鉢植え、アレンジメントなどを選ぶことも大切です。

花言葉の意味を込めたカタクリの贈り物の体験談

贈り物としてもピッタリなカタクリはどんな時に贈ることがふさわしいのでしょうか。そこで実際に贈った方の体験談をご紹介していきます。ご自身の状況に近いシーンを是非ご参考にしてみて下さい。

憧れていた先輩へ想いを伝えるために

まずご紹介するのは、先輩への憧れをカタクリの花に込めて贈った体験談をご紹介していきます。

1つ目は高校の部活の先輩へ思いを伝えるために贈った体験談です。

私は高校生の時バスケットボール部の先輩に憧れていました。卒業式が近づき、先輩に想いを伝えたいと思いましたが、勇気が出ませんでした。そんなとき、調べたところ先輩の誕生日がカタクリの誕生花と知り花束を贈ることにしました。思い切って先輩に花束を手渡したところ、驚かれつつも喜んでいただけました。その後、先輩から誘いがあり、一緒にバスケットボールをする機会が増えました。カタクリの花束がきっかけとなり、先輩との距離が縮まった思い出があります。

高校生の多感な時期に思いを伝えることって、照れくさくてなかなか伝えられないことがありますよね。そんな時は、花束に思いをのせて伝えましょう。意外と勢いで渡したほうがうまくいくかもしれませんよ。

続いては会社の先輩へ花束を贈った時の体験談です。

私は社会人になって初めて恋をしました。職場の先輩に想いを寄せていましたが、なかなかアプローチする機会がありませんでした。ある日、偶然にも先輩の誕生日がカタクリの誕生花だと知り、花束を贈ることにしました。花束には「いつもお世話になっています。」というメッセージを添えました。先輩は花束を受け取り、とても喜んでくれました。それ以来、私たちの関係は急速に進展し、お互いに想いを告白し、付き合うことになりました。カタクリの花束が私たちの出会いを後押ししてくれた思い出深い体験です。

奥手の人にも花のプレゼントは有効です。「初恋」の花言葉を持つカタクリはきっと思いを伝えることにピッタリです。

誕生日の友人に花束をプレゼントした

続いては友人の方へ花束を贈った方の体験談をご紹介します。

1つ目は友人の誕生日にカタクリの花束を贈った方の体験談です。

誕生日の友人にカタクリの花束を贈ったことがあります。彼女は花が大好きで、カタクリを初めて見た時にとても感動していたので、彼女の誕生日にカタクリを贈ることに決めました。彼女はとても喜んでくれて、花束を見て感動していました。彼女はカタクリの花言葉である「初恋」を知っていたので、とてもロマンチックな贈り物だと感じたようでした。

花言葉は意外なきっかけで知ることがあります。雑誌や本などで見かけることもあるんです。贈った花言葉の意味を相手が知っていたらロマンチックな展開になること間違いありませんね。

続いてはカタクリを育てているかたへプレゼントをした時の体験談です。

友人の誕生日にカタクリの花束をプレゼントしました。彼女はカタクリが大好きで、自分でも育てているほどでした。彼女の誕生日に、彼女が育てているカタクリと同じ花を贈ろうと考えたのです。彼女はとても驚いて喜んでくれました。そして、カタクリを育てることが好きな彼女にとって、カタクリの花束はとても特別な贈り物になったようです。

贈ったプレゼントが、すでに相手が持っていたら焦ってしまいますよね。「不要なものを渡してしまった」と悩んでしまうかもしれません。ですが、人気のお花であれば飾ることもできるので、たとえ同じものでも喜んでもらえるでしょう。

【まとめ】カタクリの花言葉とは?花言葉の由来や贈り物の体験談を徹底紹介!

いかがでしょうか?今回この記事ではカタクリの花についてまとめました。内容をまとめると以下になります。

  • 日本が原産のユリ科の植物
  • 開花時期は3〜5月
  • ピンクや紫、白色の花を咲かせる
  • 昔は根っこが「カタクリ粉」として利用されていた
  • 花言葉は「嫉妬」「初恋」「寂しさに耐える」
  • カタクリは「1月28日」と「3月24日」の誕生花
  • 花束として贈られることが多い

以上をご紹介してきました。

この記事を読む前と比べて、カタクリの花の印象は変わったでしょうか。紫色の可憐な花を咲かせるカタクリは淡い恋心を表現するのにおすすめな植物です。季節の贈り物に是非お選び下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。