未分類

ドウダンツツジの花言葉とは?花言葉の由来や贈り物の体験談を紹介

ドウダンツツジ(満天星)は、日本に自生する落葉低木で、5月から6月にかけてピンクや白い花を咲かせます。この美しい花は、日本の庭園や公園、そして家庭の庭などで親しまれています。また、ドウダンツツジは環境に強く、災害や汚染にも耐える力を持っています。このことから、ドウダンツツジは「強さ」や「勇気」の象徴としても捉えられています。

そのようなドウダンツツジは、美しい花と強い意志を持つ植物として、花言葉がつけられています。

本記事では、

  • ドウダンツツジとは
  • ドウダンツツジの花言葉
  • ドウダンツツジの花言葉の由来
  • ドウダンツツジの花言葉に合った贈り物とは

について解説します。

ドウダンツツジ自体への理解と花言葉の意味を学んで、大切な人への贈り物として活用しましょう。

ドウダンツツジ(満天星躑躅)ってどんな植物なの?

まず初めに、ドウダンツツジとはどんな植物なのかについて原産地や名前の由来などの項目に分けてご紹介します。

日本が原産地であるツツジ科の植物

ドウダンツツジ(満天星)は、ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木で日本各地に分布しており、特に本州や九州の山地や谷間などに生息しています。また、ドウダンツツジは古くから日本の庭園文化にも親しまれ、美しい花を楽しむことができる代表的な植物の一つです。

結び灯台の脚部に似ていることが名前の由来

ドウダンツツジの名前の由来として、「結び灯台の脚部に似ている」という説があります。結び灯台とは、江戸時代に築かれた、灯台の一種で、地震や台風などの自然災害に強く、複数の柱を結んで支え合う構造を持つ灯台です。ドウダンツツジの枝先が結び灯台の脚部に似ていることから、ドウダンツツジという名前が付けられました。

4〜5月の春の時期に白い花を咲かす

ドウダンツツジは、日本原産の落葉低木で、4〜5月に白い花を咲かせます。この花は、直径が2〜3センチメートルほどの管状の形をしており、総状花序に集まって咲きます。また、ドウダンツツジは、葉っぱが紅葉することでも知られています。秋には、美しい赤や黄色の色合いに変わり、庭や公園などで見ることができます。

スズランやアセビと似た花である

ドウダンツツジは、スズランやアセビに似た特徴を持つ植物です。同じツツジ科に属し、花の形状や葉っぱの質感が似ていることがその理由です。しかし、花の色や開花時期、成長習性などに違いがあります。スズランは、白い花を咲かせる球根植物で、春に咲きます。一方、アセビは、白やピンクの花を咲かせる常緑低木で、秋に実をつけます。ドウダンツツジは、白い花を咲かせる落葉低木で、春に咲くことが特徴です。

ドウダンツツジにはどんな種類の花言葉があるの?

ここではドウダンツツジの花言葉についてご紹介します。色によっても花言葉が異なりますので一つずつご紹介します。

ドウダンツツジには真面目なイメージの花言葉がある

ドウダンツツジの花言葉は「上品」「節制」「返礼」「灯火」であり、真面目なイメージのものがあります。この花は、優れた品種改良が進められていることから、その研究者たちの真面目で熱心な姿勢を表現するためにも使われます。また、真面目で誠実な愛情を象徴する花としても知られています。

【上品】

ドウダンツツジには「上品」という花言葉がついています。花言葉のとおり、白く美しい姿がとても上品で優雅ですね。シンボルツリーにすれば、お庭を素敵に飾ってくれる存在になります。

【節制】

「節制」という花言葉は、厳しい環境にも耐えられる強さを持っていることにちなんで付けられています。ドウダンツツジを置いておくことで節制できるご利益を得られるかもしれません。

【返礼】

この美しい花には「返礼」という特別な花言葉があります。それらの意味からもわかる通り、ドウダンツツジは深く敬愛されてきた歴史的な存在でもあります。今回の内容を考えるうちにドウダンツツジの魅力を再認識させられました。

【灯火】

星々が揺らめくような姿をしているドウダンツツジは、「灯火」という花言葉があり、小粋な庭木として人気があります。とくに秋になると燃えるように紅いドレスを身にまとうような赤やピンク色がなんともいえない表情で楽しませてくれます。

色別でも花言葉が分けられる

色別でも花言葉が分けられます。花言葉は文化や地域によって異なる場合があるため、一般的なものについて記載しています。また、花の色だけでなく、その形や大きさ、香りなども含めて花言葉を解釈することもあります。

白色=【返礼】

白色の花には「返礼」という特別な花言葉があります。それらの意味からもわかる通り、ドウダンツツジは深く敬愛されてきた歴史的な存在でもあります。白は色の中でも清潔感や清楚さを表現する色としても知られており、ドウダンツツジの白い花もそのような意味合いを持っているとされています。

アイボリー=【上品】

ドウダンツツジ」のアイボリー色の花言葉は、「上品」という花言葉になります。アイボリー色は、白色に比べてややくすんだ色合いであり、洗練された印象を与えるため、上品で優雅なイメージを表現することができます。

灰色=【灯火】

星々が揺らめくような姿をしている灰色のドウダンツツジには、「灯火」という花言葉があり、小粋な庭木として人気があります。

怖い意味はある?ドウダンツツジの花言葉の由来

ここまででドウダンツツジの花言葉をご紹介しましたが、花言葉に怖い意味は含まれているのでしょうか。由来には諸説ありますが一つずつご紹介します。

怖い由来の花言葉はない

ドウダンツツジの花言葉には、怖い意味はありません。一般的には、「傷心」「嘆きの愛」「別れ」といった、哀愁や悲しみを表現する花言葉もあります。しかし、この由来については諸説ありますが、日本ではドウダンツツジが別れの季節である秋に咲くことや、花が傾いて枯れる様子が別れを連想させることから、そのような花言葉になったと考えられています。

白く美しい花姿に由来

ドウダンツツジの白い花は、その美しさから「白く美しい花」と形容されることがあります。特に、ドウダンツツジは繊細な花びらが密集して咲くため、見た目が非常に華やかで優雅な印象を与えます。また、白い花は清潔感や清楚さを表現する色としても知られており、白いドウダンツツジの花は、清楚で上品なイメージを表現することができます。

秋の紅葉も美しく楽しませてくれる

ドウダンツツジは、秋になると美しい紅葉を見せます。紅葉するドウダンツツジは、赤やオレンジ、黄色などの色合いを持ち、秋の風景を彩ります。ただし、ドウダンツツジは落葉樹ではなく、葉が落ちずに冬を越すため、紅葉する期間は比較的短く、葉が落ちる前に見頃を迎えます。ドウダンツツジの秋の紅葉は、樹形とともに風情を楽しむことができる美しい自然の一景として知られています。

4月14日の誕生花

ドウダンツツジは、4月14日の誕生花と指定されています。大切な人や友人に誕生日の方がいましたらプレゼントしてもいいかもしれません。

ドウダンツツジの花言葉にあった贈り物のシーン

ここではドウダンツツジの花言葉に合った贈り物のシーンをご紹介します。花の色も多種多様で相手に応じて贈る花を変えるのも良いでしょう。

お礼をするときにピッタリ

ドウダンツツジは、その美しい花姿から、感謝や感動を表現する花として贈られることがあります。また、ドウダンツツジは、花言葉として「返礼」という意味もあり、お礼の気持ちを伝えるのにピッタリな花とされています。そのため、お礼を伝える場合には、ドウダンツツジを贈るのも良いでしょう。

上品な目上の方への贈り物にもよい

ドウダンツツジは、上品で洗練された印象を与える花のひとつです。上品な目上の方への贈り物としては、ドウダンツツジがふさわしいとされています。また、ドウダンツツジを贈る場合には、シンプルで上品な包装を選び、メッセージカードを添えて、温かい気持ちを伝えると良いでしょう。

誕生日が4月14日の人へのプレゼントにも

ドウダンツツジは、4月14日の誕生花と指定されています。大切な人や友人に誕生日の方がいましたらプレゼントすることで喜んでもらえるでしょう。

贈る際には相手の邪魔にならないサイズを選ぶことが大事

贈る際には相手の邪魔にならないサイズを選ぶことが大事です。ドウダンツツジは、大きな木や低木になることが多く、場合によっては相手のスペースや手入れの負担になることがあります。贈る際には、鉢植えや小型のものを選ぶなど、相手の生活スタイルやお住まいの環境に合わせた選択が必要です。

花言葉の意味を込めたドウダンツツジの贈り物の体験談

最後に、ここまで紹介した花言葉の意味を込めたドウダンツツジの贈り物についての体験談をご紹介します。以下のようなシチュエーションでドウダンツツジが役立ちますので参考にしてください。

貰い物のお礼に切り花を贈った

最初に貰い物のお礼に切り花を贈った方のエピソードです。

友人から手作りの美味しい料理を頂いたお礼に、ドウダンツツジの切り花を贈ったところ、とても喜んでいただけました。花言葉が「返礼」「上品」ということで、お礼の気持ちを込めたプレゼントとして、とてもぴったりだったと感じたとのことでした。また、花の美しさに感動し、とても癒されたそうです。私自身も、贈り物を受け取ってくださった友人が喜んでくれたことで、心が温かくなりました。

このようにドウダンツツジは、特別な方への贈り物やお礼にぴったりなお花です。贈る際には、相手の好みや時期とライフスタイルに合わせて、花の種類やサイズを選ぶことが大切です。また、手紙やメッセージカードなどを添えて、温かい気持ちを伝えることも大切です。

友人から結婚祝いとして大切な贈り物を頂いた際に、お返しとしてドウダンツツジの切り花を贈ることにしました。ドウダンツツジは美しい花姿とともに、「上品」という花言葉を持っていることから、感謝の気持ちを表すプレゼントにぴったりだと感じたのです。花屋さんに相談し、適度な大きさの花束にしてもらいました。そして、お礼の手紙と一緒に手渡すと、友人からとても喜ばれました。彼女は、ドウダンツツジの美しさに魅了され、自宅に飾って楽しんでいるとのことでした。

花は贈り物として、その美しさとともに気持ちを伝える手段としても有効です。今回は、結婚祝いとして頂いた贈り物に対してのお返しでしたが、花言葉の意味的にも大切な人に贈るシチュエーションであれば、どの場面でも役立ちそうな花です。

上品な女性上司の誕生日のお祝いに

次に、上品な女性上司の誕生日のお祝いとして贈った方のエピソードです。

女性上司は、花や自然が好きな方で、特にドウダンツツジがお気に入りだという話を聞いていたので、彼女の誕生日にはドウダンツツジを贈ることにしました。花屋さんに相談し、彼女が飾りやすいように小型の鉢植えを選びました。当日、女性上司に手渡すと、とても喜んでくれました。彼女は花の美しさに感動し、その後も大切に育ててくださったようです。私自身も、彼女の誕生日に選んだプレゼントが彼女の好みに合っていたことで、嬉しい気持ちになりました。

ドウダンツツジは、その美しさとともに花言葉にも「上品」と付けられているため、上品で清楚な印象を与えることから、女性への贈り物にもぴったりです。贈る際には、相手の好みやライフスタイルに合わせて、適切な花の種類やサイズを選び、手紙やメッセージカードなどを添えて、温かい気持ちを伝えることが大切です。

ある時、女性上司の誕生日が近づいていることを知り、チームメンバーでお祝いのプレゼントを考えることにしました。女性上司は、上品で洗練された雰囲気がある方で、贈り物もそれに合わせて選ばなければならないと思いました。女性上司のオフィスに飾ってもらえるよう、お部屋に合わせたサイズのドウダンツツジのアレンジメントを選びました。花言葉も「上品」ということで、上司への感謝と尊敬の気持ちを込めました。当日、サプライズで贈ったところ、女性上司はとても喜んでくれました。

ドウダンツツジは、上品で優雅な印象を与える花であり、贈り物としても人気があります。相手の好みやシチュエーションに合わせて、適切な花の種類やサイズを選ぶことが大切です。花言葉を添えることで、より深い意味を伝えることができ、贈る側と受け取る側の気持ちをより一層つなげることができます。

【まとめ】ドウダンツツジの花言葉とは?花言葉の由来や贈り物の体験談を紹介

いかかでしたか。本記事ではドウダンツツジの花言葉についてご紹介しました。

本記事のまとめとしては、

  • ドウダンツツジには真面目なイメージの花言葉がある
  • ドウダンツツジの花言葉は「上品」「節制」「返礼」「灯火」
  • 花の色ごとに花言葉が付けられている
  • 目上の方への贈り物としても活用できる

となります。

ドウダンツツジには、日本の風土や文化に根ざした多くの言い伝えがあり、その美しさとともに、多くの人々を魅了しています。贈り物としても、上品な印象と花言葉の意味から、大切な方への贈り物にぴったりです。是非本記事を参考にしてドウダンツツジを選んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

記事執筆者長岡 孝樹」

この記事の執筆者長岡 孝樹
NFDフラワーデザイナー

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。