花言葉 PR

イヌホオズキの花言葉とは?由来や贈り物の由来や体験談を紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「イヌホオズキ」という植物をご存知でしょうか。ホオズキと名前に入っていますが、実は危険なナスの仲間なんです。まるで小さなナスの見た目をしているのですが、どういった点がナスと関わりがある植物なのでしょうか。

そこでこの記事では、

  • そもそも花言葉とはなに?
  • 実は危険?イヌホオズキの危険性について
  • イヌホオズキの別名はかわいそう?
  • イヌホオズキの花言葉とは
  • 花言葉の由来とは?
  • いつの誕生花?
  • どんな時の贈ると良い?
  • 実際に贈った方の体験談をご紹介!

以上の内容をご紹介していきます。

この記事を読めば、きっとイヌホオズキの魅力に気づくことが出来ますので、ぜひ最後までお読み下さい。

そもそも花言葉とは?

どんな植物にも付けられている花言葉ですが、そもそも花言葉とはなんでしょうか。多くの方は普段の生活で花言葉を使うことはあまり無いかもしれません。実は意外と花言葉について知らない人の方が多いくらいなんです。イヌホオズキをご紹介する前に、まずは花言葉についてご紹介していきます。

花言葉とは植物のイメージから付けられることが多い

花言葉とは、花に固有の意味を持つことを表す言葉のことです。また花が持つ意味や感情を言葉に置き換えたものです。花の種類や色によって異なり、贈り物や装飾、コミュニケーションの手段として広く用いられています。日本だけでなく世界各地で用いられており、花の種類や文化によって異なる場合があります。例えば、バラは「愛情」や「美しさ」を表す花言葉であり、菊は「高貴」を表します。また、桜は日本では「純潔」「優美な女性」表す花言葉として知られています。

花言葉は贈り物の参考にされる

花言葉は花を贈り物や装飾品として贈る際に、それが伝えるメッセージを含めることができます。贈る花の種類によって異なる花言葉があり、花言葉を参考にして贈り物を選ぶことが多いです。花言葉には、愛情や美しさ、忠誠心など様々な意味があり、花の美しさだけでなく、その背後にある思いを伝えることができます。

イヌホオズキ(犬鬼灯)ってどんな植物なの?

花言葉について学んだところで、今回はイヌホオズキについてご紹介していきます。赤い風船のような姿をしている、普通のホオズキは比較的有名で、見かけたことがある方が多いと思います。一方、イヌホオズキは聞き馴染みがない方がほとんどかもしれません。実は道端に雑草のように生えていることがあるんです。特徴的な姿をしているので、ぜひ探してみて下さい。

日本が原産地であるナス科の植物

イヌホオズキは日本各地で見かけることができるナス科の植物です。日当たりが良好であれば、比較的どこでも見かけることが可能です。どこでも見かけることができるため道端の雑草として扱われることもしばしばあるようです。葉っぱの縁はノコギリのようにギザギザとしており、高さは20〜30cmになります。漢字では「犬鬼灯」と表記します。海外にも似た植物として「アメリカイヌホオズキ」があります。

8〜10月の時期に星型の白い花を咲かす

イヌホオズキにも花は咲きます。イヌホオズキは8〜10月の夏の時期に白い星型の小さな花を咲かせます。花のサイズは1cm未満の小さい花で、ナスの花によく似ています。イヌホオズキの花の中心には黄色い花弁があり、星型に広がる白い花弁を伸ばします。

実や葉、茎に毒性がある

イヌホオズキは開花が終わると大きさが1cm未満の青色の果実をつけます。イヌホオズキの小さな果実や茎、葉には毒があります。「ソラニン」と呼ばれる有毒な成分を含んでいるため食用にしないように注意が必要です。ソラニンはジャガイモの芽にも含まれており、誤って食べてしまうと下痢・嘔吐・麻痺・けいれんのおそれがあり注意が必要です。ソラニンは熱に強いため加熱しても分解出来ません。ジャガイモの芽もイヌホオズキを口にしないよう注意しましょう。

ナス似ているが食べられないことから別名「バカナス」とも

イヌホオズキはナス科の植物でナスに似ています。ですがナスとは異なり有毒で食べることは出来ません。そのため食べられないナス、別名「バカナス」と呼ばれています。食べられないだけですが、なんだか残念な別名をしていますね。利用価値が無いとされているので、花を楽しむ植物として知られています。

イヌホオズキにはどんな種類の花言葉があるの?

イヌホオズキについて基本的な部分をご紹介したところで、続いてはイヌホオズキの花言葉についてご紹介していきます。もしイヌホオズキを貰った時には、イヌホオズキを選んだ理由を考えてみましょう。きっと相手の気持ちを知る良い機会になることでしょう。

イヌホオズキには2種類の花言葉がある

それではイヌホオズキの花言葉をご紹介していきます。イヌホオズキには「真実」と「嘘つき」という花言葉があります。「真実」と「嘘つき」という相反する意味を両方持っているなんて、なんだか意味ありげですよね。イヌホオズキをプレゼントしたら相手を勘違いさせてしまう可能性があるので、きちんと意味を伝えましょう。

【真実】

イヌホオズキは美しい花を咲かせる植物の一種であり「真実」という花言葉があります。この花言葉は真実を愛する心や、正直さを大切にすることを表しています。人と人との関係や、社会においても、真実を伝えることが求められます。イヌホオズキの花は、そのような真実を愛する心や正直さを象徴しており、私たちにその重要性を思い起こさせてくれます。

【嘘つき】

イヌホオズキは白い美しい花を咲かせますが、「嘘つき」という花言葉も持っています。この花言葉は、嘘をつくことや不誠実な行為をすることを表しています。なぜイヌホオズキには「真実」という花言葉があるのにも関わらず「嘘つき」という花言葉があるのでしょうか。

色別の花言葉はない

イヌホオズキは、美しい花で多くの人々を魅了しています。花の色によって、それぞれに異なる意味を持つ花言葉がある植物もありますが、イヌホオズキには、色別の花言葉は存在しません。イヌホオズキは主に白い花を咲かせる種類なので、色別の花言葉が付けられることが無かったと考えられています。

怖い意味がある?イヌホオズキの花言葉の由来

花言葉はその花の姿や特徴、ギリシャ神話などが由来しています。植物によっては花言葉には実は怖い由来がある場合があるんです。そのため贈り物として花を贈った時に、誤って怖い意味で受け取られないように注意することが必要なんです。誤解させないためにも由来をキチンと理解しておきましょう。

怖い意味はない

イヌホオズキの花言葉には怖い意味はありません。イヌホオズキの花言葉は、真実や正直さ、あるいは嘘をつくことや不誠実な行為を戒めるための意味を持っています。そのことから、人間関係において大切なことを教えてくれています。イヌホオズキの花言葉は、自分自身の生き方やコミュニケーションにおいて参考にすることができるでしょう。

【嘘つき】ナスと葉が似ているが食用の実をつけないことに由来

イヌホオズキの葉はナスに似た形状をしており、その点で見た目が似ていると言えます。しかし「嘘つき」という花言葉が由来するのは、食べられる実をつけないためなんです。ナス科の植物であるにも関わらず、毒性があるため食べられないので、見た目に反していることから嘘つきであると由来されています。

【真実】乾燥させることで薬草として使われることに由来

イヌホオズキの「真実」という花言葉は、薬草として使われていたことに由来していると言われています。イヌホオズキは、乾燥させることで薬草として利用されることがあります。薬草として使われており、症状を回復するとされていたことから「真実」という花言葉が付けられました。イヌホオズキは生薬として「龍葵(りゅうき)」と呼ばれて用いられますが、誤った使い方をすると危険なため、医師や薬剤師の指導の下での利用が望ましいです。

7月12日・7月17日の誕生花

誕生花とは、自分が生まれた月や日にちによって割り当てられた花のことを指します。誕生花には、その花に含まれる花言葉があり、その人の性格や運命を表すとされています。誕生花は西洋占星術など基づいて考案されたもので、誕生石や星座などと同様に、自分自身や周囲の人々との関係を深めるためにも興味深いものです。また、花占いを楽しむこともでき、その花言葉から自分自身や周囲の人々を知る手がかりとすることができます。
今回のテーマであるイヌホオズキは「7月12日と「7月17日」の誕生花になっています。

イヌホオズキの花言葉にあった贈り物のシーン

イヌホオズキの花言葉をご紹介した次は、どんな時にイヌホオズキを贈ると良いかをご紹介していきます。シーンにあった植物を贈ることはマナーとして大切です。相手に喜んでもらうためにもイヌホオズキを贈る適切なシーンを一緒に学んでいきましょう。

毒性があるため贈り物にはあまり向かない

イヌホオズキは美しい花を咲かせる植物ですが、前述の通り、全体に毒性があるため、贈り物にはあまり向いていません。イヌホオズキの実や葉を誤って摂取することで、消化器系の障害や幻覚、意識障害などを引き起こすことがあるため、特に子どもやペットが誤って口にしないように注意する必要があります。

ナスのような植物を育てたい人には贈れる

イヌホオズキは、茎や葉がナスに似ていることから、ナスのような植物を育てたい人にとっては興味深い植物のひとつと言えます。もしもイヌホオズキを贈る場合には、その毒性や扱い方について事前に十分な説明をすることが重要です。また、その人が本当に育てたいと思っている植物かどうかを確認することも大切です。

誕生花がイヌホオズキである人への贈り物に

イヌホオズキの花言葉が「真実」であることから、誕生花としては、その人の人生の中での真実や誠実さを象徴する花として捉えることもできます。そのため、もしもイヌホオズキを贈る場合には、その人の個性や人生観を考慮した上で、特別な意味を込めたプレゼントとして贈ることができるでしょう。

花言葉の意味を込めたイヌホオズキの贈り物の体験談

イヌホオズキを贈るシーンをご紹介した後は、実際にイヌホオズキを贈った方の体験談をご紹介していきます。毒性があるため贈り物としては避けられる傾向がありますが、ポイントを押さえればプレゼントとしても有効です。相手の気持ちに寄り添ったプレゼントを考えてあげましょう。

ナスのような植物を育てたい友人への贈り物に

まずご紹介するのが、イヌホオズキと仲間のナスを育てたい友人へ贈った体験談です。ここでは2つの体験談をご紹介していきます。

まず初めは、自宅でナスを家庭菜園している方へ贈った体験談です。

私の友人は、ナスを育てることが趣味で、自宅の庭でナスを育てています。彼女の誕生日に、ナスに似た植物を贈りたいと思い、イヌホオズキを選びました。彼女は初めは戸惑っていましたが、イヌホオズキの美しい花に惹かれ、その後は丁寧に育てるようになりました。イヌホオズキはナスとは異なる特性を持つ植物ですが、それでも友人は愛情を込めて大切に育てています。

初めてイヌホオズキを見た人は、きっとその姿に驚くことでしょう。ですがイヌホオズキは花を楽しむ植物なので喜んでもらえると思います。渡したときに育て方のコツを教えてあげると親切ですね。

続いては、イヌホオズキを誤って口にしてしまった方の体験談です。

私は、ナスを植物を育てる友人にイヌホオズキを贈りました。しかし、友人はイヌホオズキの毒性を知らずに扱ってしまい、中毒症状を引き起こしてしまいました。幸いにも、友人はすぐに病院に運ばれ、治療を受けることができましたが、事件が起きた後は、イヌホオズキに関する情報や警告が必要だと痛感しました。植物を贈る際には、十分な注意を払って選ぶことが大切だと改めて思いました。

プレゼントは嬉しいものですが、イヌホオズキを贈るときは毒性があることから注意喚起が必要です。贈った本人はもちろん、ご家族やペットがいる場合には周囲にも注意してもらうよう伝える必要があります。毒性をもつ植物ですので小さなお子様がいる家庭などには贈らないようにしましょう。

誕生花がイヌホオズキである友人に花束として

次に、誕生花がイヌホオズキである友人にイヌホオズキの花束を送った体験談です。

私の友人の誕生花がイヌホオズキだったので、彼女の誕生日に花束としてイヌホオズキを贈りました。彼女は最初は戸惑っていましたが、私が「イヌホオズキは真実を表す花言葉を持つ美しい花ですよ」と説明したところ、彼女は感動してくれました。花束を受け取った後、彼女は部屋の中心に飾り、とても大切にしていました。誕生花を贈ることは、相手の誕生日を特別なものにしてくれる素晴らしい方法だと思います。

誕生日に花束を贈るときには花言葉で選ぶ方法の他に、誕生花を選ぶ方法がおすすめです。花束とセットで花言葉を伝えることで、受け取った人の思い出に残るプレゼントになることでしょう。

続いてもイヌホオズキが誕生花の方へ贈った体験談をご紹介します。

ある友人の誕生日に、調べたところその友人の誕生花がイヌホオズキだとわかりました。近くの花屋でイヌホオズキを含む花束を注文し、友人にプレゼントしました。友人はイヌホオズキに興味を持っており、花束に入っていたイヌホオズキをじっくり観察して、その形や色について話をしてくれました。誕生花を贈ることで、友人との会話も広がり、良い時間を過ごすことができました。

友人という関係でも、様々な関係があると思います。とても親しかったり、そうでも無かったり。そんな関係でも花束があれば自然と会話ができることでしょう。イヌホオズキをきっかけに会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【まとめ】イヌホオズキの花言葉とは?由来や贈り物の由来や体験談を紹介!

いかがでしょうか。今回この記事では以下の内容をご紹介してきました。

  • イヌホオズキは日本が原産のナス科の植物
  • 小さい白い星型の花を8〜10月頃に咲かせる
  • 株全体にソラニンという毒素を持っているので食用にしない
  • 食べられないため別名「バカナス」とも呼ばれる
  • 漢字で書くと「犬鬼灯」
  • イヌホオズキには「真実」と「嘘つき」という花言葉がある
  • 花言葉に怖い由来はない
  • イヌホオズキは「7月12日と「7月17日」の誕生花になっている
  • 食用ではないので、贈るときには注意喚起することが望ましい

以上の内容になります。

イヌホオズキは有毒なので、花を楽しむ植物として扱われています。イヌホオズキを渡す時や貰った時には、絶対に口にしないように注意して下さい。万が一、食べてしまった時には急いで病院に行き、診断してもらうようにして下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。