花言葉 PR

ビオラの花言葉とは?色別の花言葉や由来、贈り物の体験談を紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ビオラは、小さくてかわいらしい花を咲かせる植物です。その可憐な姿に似合う、ステキな花言葉を多く持っているため、プレゼントにもおすすめの花です。ビオラをプレゼントとして贈りたい時、どんな花言葉をもっているのか気になりますよね。

そこで今回は

  • ビオラはどんな植物なのか
  • ビオラの花言葉
  • シーン別に合わせたビオラの贈り方
  • ビオラを贈り物にした時のエピソード

をご紹介します。

この記事を読むことで、ビオラの花言葉をくわしく知ることができるため、贈る相手に花言葉のもつメッセージをしっかりと伝えることができます。

ビオラに大切な意味を込めて贈り物をしたい方は、ぜひ最後までお読みください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、世界中で広く用いられています。日本でも花を贈る際には、花言葉をメッセージとして伝える場面が多くあります。花の色や本数によっても意味が変わるため、花言葉を知っておくことで、花の魅力をより深く知ることができます。

花言葉とは植物のイメージから付けられる言葉

花言葉とは、植物のイメージから付けられる言葉です。花の色や形、生態、神話や伝説などに基づいてつけられています。

花言葉は贈り物の参考にされることが多い

花言葉は贈り物の参考にされることが多く、贈る相手に伝えたい気持ちで、花の種類を選べます。例えば、誕生日に花を贈りたい時や、お祝いの際に花を贈る場合、シーンに合った花言葉をもつ品種を選んでプレゼントすることができます。

ビオラってどんな植物なの?

ビオラはどんな植物なのでしょうか?ここではビオラの名前の由来や、特徴などをお話していきます。

北ヨーロッパが原産地であるスミレ科の植物

ビオラはスミレ科スミレ属の一年草です。北ヨーロッパ原産で、現在では世界中で栽培されています。ビオラ(Viola)の名前の由来は、ラテン語で「紫」を意味する言葉から来ています。

花は直径2〜4cmと小さく、色は青、紫、黄色、白、ピンクなど多彩です。ビオラは香りが強いイメージはありません。屋外で育てることが多いため、香りが飛んでしまう、または香りの強い品種が限られているためと言われています。

11〜6月の時期に花を咲かせる

ビオラの開花時期は11月~6月です。寒さに強く、暑さに弱い花のため、秋から春にかけての寒い季節に花を咲かせます。色や形が豊富で、毎年新しい品種が開発されています。

パンジーよりも丈夫で花色が豊富なのが特徴

ビオラはパンジーよりも丈夫で、花色が豊富です。また、パンジーよりも寒さに強いという特徴があります。

サンシキスミレを原種として、改良した園芸品種がビオラとパンジーです。そのため、ビオラとパンジーは花姿が似ており、花言葉も共通している部分があります。もともとの違いは花の大きさと言われており、ビオラはパンジーよりも花が小さいとされてきました。しかし、品種改良を重ねている現在では、その違いも曖昧になってきているようです。

別名「三色すみれ」で呼ばれることもある

ビオラの花の色は品種によってさまざまですが、紫、白、黄色の3色が一般的な色合いです。そのため、ビオラの原種であるスミレと、3色の花の色から、別名「三色すみれ」と呼ばれることもあります。

ビオラにはどんな種類の花言葉があるの?

ビオラは花言葉や花色も豊富なため、プレゼントとしても人気があります。では、どんな種類の花言葉があるのでしょうか?くわしくお話していきます。

ビオラには恋愛に関する花言葉が多い

ビオラには、恋愛に関する花言葉が多いことをご存じでしょうか。ギリシャ神話の恋物語や、花の姿から由来していると言われています。

【忠実】

ビオラは、「忠実」などの真心を表す花言葉をもっています。ビオラをプレゼントすることで、親しい人や尊敬する人に、「ずっと大切に想い続けている」といった忠実な愛や、深い感謝の気持ちを贈ることができます。

【誠実】

ビオラの「誠実」という花言葉は、相手への信頼や尊敬の気持ちを伝えるのにぴったりです。ビジネスシーンでも、取引先や上司への贈り物として喜ばれます。また、親しい人が目標を達成したり、新しい挑戦に成功した場合には、お祝いとしてビオラに「誠実」の花言葉を添えて贈ると良いでしょう。相手の努力や誠実さを称える意味を込めた贈り物となります。

【信頼】

ビオラがもつ「信頼」の花言葉は、親密な関係にある人や、信頼している人へ贈るのに適しています。仕事で信頼している同僚や上司、取引先へ贈るのも良いでしょう。「信頼」という花言葉は、相手に「あなたを信じています」「あなたのことを頼りにしています」という気持ちを表すことができます。そのため、信頼関係を深めたい時や、感謝の気持ちを伝えたい時に贈ると良いでしょう。

【もの思い】

「もの思い」の花言葉は、ビオラの花がもの思いに耽るように下を向き、うつむいているように見えることからつけられたと言われています。大切な人に、自分のことを想っていてほしいという気持ちを伝えたいときに贈ってみると良いかもしれません。

【少女の恋】

可憐な花姿でうつむいているように見えることから、「少女の恋」を連想させるため、つけられた花言葉です。

また、諸説ありますが、ギリシャ神話のイオという少女の物語から由来したとも言われています。イオは全能の神ゼウスと恋に落ちましたが、ゼウスの妻ヘラによって牛に変えられ、その後星に変えられてしまいます。ゼウスはイオを忘れず、地にイオの瞳の色だった紫の小さな花を咲かせました。

【私のことを思ってください】

「私のことを思ってください」という花言葉のビオラを贈ることで、自分の気持ちをささげ、相手に「自分のことを忘れないでいてほしい」という気持ちを伝えることができます。

こちらも諸説ありますが、キリスト教の司祭バレンティヌスの伝説からきているというお話があります。彼が牢獄にいるときに窓にハート型の葉を持つ花が咲き、その葉に「私のことを忘れないで」とメッセージを添えて鳩に託したことに由来しているとも言われています。

ビオラの英語の花言葉

ビオラの英語の花言葉はこちらです。日本の花言葉との違いを確かめてみてください。

【patience in adversity(苦難に耐える)】

ビオラは寒い時期にも負けずに花を咲かせます。patience in adversity(苦難に耐える)は、ビオラのひたむきな姿に関連して、花言葉がつけられたのではないかと考えられます。

【energy in adversity(逆境で生まれる力)】

energy in adversity(逆境で生まれる力)は、ビオラそのものを表しているような花言葉です。寒さの厳しい冬の中でも、ビオラは色とりどりの花を咲かせます。そのため、逆境にも負けずに生まれる力強さが、花言葉に表現されているのではないでしょうか。

ビオラには色別の花言葉もある

色の種類によって、ビオラの花言葉は意味が変わってきます。ここでは、色別で花言葉を紹介していきます。

赤色のビオラ

「思い出」「思想」「物思い」など。赤は情熱的なイメージがあり、相手を想って恋心を抱く気持ちを表現します。赤色のビオラの花は、見ていて疲れるような赤ではなく、煌びやかさや潔さを感じさせる色合いを表現しています。

白いビオラ

「純粋」「慎み」「律儀」「あどけない愛」など。白は純粋な愛や、慎み深い愛の表現にふさわしい色です。シンプルで誰にでも受け入れられる印象を与えます。

その中でも「あどけない愛」は、キューピッド伝説に由来しています。キューピッドが恋を叶えようとして放った弓矢が、誤って近くに咲いていた白のスミレに当たってしまいます。白スミレは眩しい光を放ち、3色のビオラやパンジーが生まれたというお話が伝わっています。

紫色のビオラ

「揺るがない魂」「思慮深さ」「誠実」など。紫色のビオラは、秘めた愛情やひたむきさ、揺らぐことがない力強さを表現しています。紫色のビオラの花言葉は、ギリシャ神話から由来しており、少女イオの恋物語が関連していると言われています。

青色のビオラ

青色のビオラは「誠実な愛」「純愛」など。清々しい色合いは誠実さを思わせます。上品さを感じさせる青色のビオラは、友人や尊敬する人へのプレゼントとしても最適です。

ピンクのビオラ

「私を想って」「少女の恋」など。ピンクのビオラは少女らしい色であり、うつむく花姿が恋心や揺れ動く気持ちを表現しています。小さく可憐な花にピンクをあわせたビオラは、特に女性に人気がある色の花です。

オレンジのビオラ

「天真爛漫」「純粋」など。オレンジは明るく元気なイメージで、気持ちが明るくなる色です。その明るさと愛らしさから、純粋さや天真爛漫さを表現する花言葉がつけられています。

怖い意味はある?ビオラの花言葉の由来を知ろう

贈り物をする時に、花言葉に怖い意味があるのか気になりますよね。ビオラの花言葉に怖い意味はあるのか、解説していきます。

ビオラの花言葉に怖い由来はない

ビオラの花言葉に、怖い由来はありません。ひたむきさや誠実さ、恋愛を応援するポジティブな意味の花言葉が多いため、贈り物として最適な花です。

下を向きに咲く花姿に由来

「謙虚」「誠実」「思慮深さ」の花言葉は、ビオラの花姿から由来しています。ビオラの下を向いて咲く花姿が、謙虚さや誠実さを表しているのでしょう。

1月6日・2月3日・11月11日の誕生花

ビオラは1月6日2月3日11月11日の誕生花です。ほとんどの植物が休眠に入る寒い時期ですが、ビオラはこの季節に花を咲かせ、彩りを見せてくれます。誕生日を迎える大切な人に、彩り豊かで可憐な花を咲かせるビオラをプレゼントすれば、きっと喜ばれるでしょう。

ビオラの花言葉にあった贈り物のシーン

相手にあなたの気持ちを伝えるため、ビオラの花を贈る際には、花言葉に合ったシーンで贈るとよいでしょう。シーン別に紹介していきます。

恋愛に関する贈り物におすすめ

ビオラの花言葉は、「誠実な愛」「私を想って」「純愛」など、恋愛に関する花言葉を持っています。そのため、相手に「あなたを思いやり、大切にしています」「あなたを愛しています」「あなたと幸せな将来を過ごしたい」などの気持ちを込めることができます。また、ビオラは色とりどりの花を咲かせるため、贈られた相手はきっと喜んでくれるでしょう。

誠実な先輩のお祝い事に

誠実な先輩のお祝い事に、ビオラの花を贈ってみてはいかがでしょうか。相手に「あなたの誠実さを尊敬しています」「あなたにいつも助けられています」「あなたのことを大切に思っています」「あなたの将来が幸せでありますように」などのメッセージを込めることができます。

鉢植えのものや花束など贈られ方は様々

ビオラの花は鉢植えのものや花束など、贈られ方は様々です。ビオラは適切な手入れをすると次々と花が咲くため、ガーデニング初心者でも育てやすい花です。

寄せ植えにも適しているため、贈る相手が花を長く楽しみたい場合には、鉢植えのビオラを贈ると良いでしょう。また、ビオラは切り花としても長持ちするため、花束やブーケにもよく使われます。

ビオラの花を贈る際には、相手の好みや贈るシーンに合わせて、鉢植えか花束のどちらかを選ぶとよいでしょう。

メッセージカードをつけるとしっかり伝わる

花言葉は、ひとつの花にいくつもの意味がある場合も多いため、メッセージカードをつけることで、相手に想いや気持ちをしっかりと伝えることができます。感謝の気持ちを込めた気持ちを添えて贈ると、花に込めた想いとあわせて、さらに喜んでもらえるでしょう。

花言葉の意味を込めたビオラの贈り物の体験談

ここからは、ビオラに花言葉の意味を込めて、贈り物をした人のエピソードをご紹介します。素敵な体験談を、ぜひご覧ください。

好きな人へ告白する際に贈った

好きな人へ告白する時に、ビオラを贈った人のエピソードです。

私は、彼女に告白したかったけれど、なかなか勇気が出ませんでした。ビオラは、「私のことを思ってください」という花言葉があります。私は、ビオラの花言葉に気持ちを込めて、彼女にビオラの花束を渡し、告白しました。私たちは、その後付き合うことになり、とても幸せな日々を過ごしています。ビオラの花言葉のおかげで、私は彼女に告白することができ、幸せを手に入れることができたと思っています。

ビオラの花言葉は、勇気を出して告白する時に応援してくれているようですね。

私は、好きな人へ告白する際にビオラの花束を贈りました。ビオラの花言葉が「思慕」「誠実」「私を想って」など、恋愛にぴったりの花だからです。花束に込めた想いが伝わることを願いながら、彼女に告白しました。彼女は、ビオラの花束をとても喜び、私の告白を受けてくれました。ビオラの花は、私たちの愛を深めるきっかけになり、良い思い出の花になりました。今でも記念日にはビオラの花を贈っています。

ビオラの花が恋を応援するキューピッドとなり、良い思い出の花になったという、とても素敵なエピソードですね。

ビオラの花は、恋愛に関する花言葉が多く、「誠実」という意味もあるため、真剣な恋を応援してくれる花です。もし、好きな人へ告白するなら、ビオラの花束を贈ることをおすすめします。

いつもお世話になっている先輩への贈り物に

いつもお世話になっている先輩へ、ビオラを贈った人のエピソードです。

私は、いつもお世話になっている先輩への贈り物にビオラの花を贈りました。ビオラは、花言葉が「誠実」「信頼」など、日頃の感謝の気持ちを表すのにぴったりの花だからです。先輩は、ビオラの花をとても喜んでくれました。とても嬉しかったです。

ビオラの「誠実」「信頼」の花言葉は、相手に尊敬の思いを伝えるためにぴったりの言葉ですね。

職場でいつもお世話になっている先輩が、結婚を機に退社することになりました。先輩は、いつも私に親切にしてくれて、仕事でもたくさん助けてくれました。先輩に感謝の気持ちを伝えたくて、ビオラの花束を贈ることにしました。ビオラは、「誠実な愛」「思い出」という花言葉があります。ビオラの花束を先輩に渡し、「先輩のおかげで、私は、とても成長できました。本当にありがとうございました。」と伝えました。先輩はとても喜んでくれて、「こちらこそありがとう。これからも頑張ってね。」と言ってくれました。ビオラの花束を贈ったことで、先輩に感謝の気持ちを伝えることができて、とても嬉しかったです。また、先輩の言葉に、とても励まされました。気持ちを込めたビオラの花を渡せてよかったです。

ビオラの花は、感謝の気持ちや誠実な愛を伝えるのにぴったりの花です。いつもお世話になっている方へ感謝の気持ちを添えて、ビオラの花を贈ってみてはいかがでしょうか。

ビオラが誕生花である友人の誕生日プレゼントに

ビオラが誕生花の友人に、誕生日プレゼントとして贈った人のエピソードです。

私の友人は、ビオラが誕生花です。彼女は、花が大好きで園芸も楽しむ人です。彼女の誕生日に、ビオラの鉢植えをプレゼントしました。彼女はとても喜んでくれて、「ありがとう!ビオラは私の好きな花だから、とても嬉しい。」と言ってくれました。彼女はその後、ビオラを花壇で寄せ植えにして、育ててくれています。プレゼントしたビオラを大切にしてくれて、私もとても嬉しかったです。

プレゼントした花を、大切に育ててくれるというのは、とても嬉しいことですね。

私の親友は、ビオラが誕生花です。彼女はいつも明るくて前向きで、周りの人を笑顔にしてくれるような人です。そんな彼女の誕生日に、オレンジ色のビオラの花束をプレゼントすることにしました。オレンジのビオラは「天真爛漫」「純粋」が花言葉で、彼女のイメージにぴったりだったからです。彼女は、花を眺めながら、「この花、本当にかわいい。ありがとう。」と言ってくれました。彼女は、私が贈ったビオラの花をいつも玄関に飾っていました。

誕生日にその人の素敵なイメージを込めた花を贈った時、喜んでもらえると、贈った側としても幸せな気持ちになれますね。

ビオラの花言葉とは?色別の花言葉や由来、贈り物の体験談を紹介!のまとめ

ビオラの花言葉について紹介してきましたが、いががだったでしょうか?

今回の記事のポイントは

  • ビオラはスミレ科の植物で、11月~6月に開花し、丈夫で長く楽しめる花として人気がある。
  • ビオラの花言葉は恋愛に関する言葉が多いため、ビオラをプレゼントすることで、好きな人に気持ちを伝えることができる。
  • 「謙虚」「誠実」「思慮深さ」などの花言葉もあるため、親しい友人や尊敬する先輩への贈り物としてもビオラは最適な花である。
  • ビオラは1月6日・2月3日・11月11日が誕生花のため、寒い季節でも彩り豊かな花をプレゼントできる。
  • ビオラの花言葉を込めた贈り物をした人たちの、シーン別の体験談。

でした。

この記事を読むことで、相手に伝えたい想いをビオラの花言葉にのせて、素敵な贈り物をするイメージがついたのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。