観葉植物 PR

フェイクグリーンは屋外でも大丈夫?選び方からおすすめ6選まで紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはフェイクグリーンをどのように飾りますか。水やりや日当たりなどの管理が不要なため、忙しくて植物のお世話ができないという方はお部屋のアクセントとして手軽に取り入れやすくうれしいアイテムの一つですよね。

一方で、街中では空間演出の一つとして、お店の外観にフェイクグリーンが取り入れられているのを街中で目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。屋外でもフェイクグリーンを飾れるのなら、自分の家のベランダやウッドデッキ等にも素敵にフェイクグリーンを飾ってみたいと思いませんか?

そこでこの記事では

  • そもそもフェイクグリーンってなんのことなの?
  • フェイクグリーンって屋外に置いても大丈夫?
  • 屋外用のフェイクグリーンの選び方のポイントとは?
  • 屋外用のフェイクグリーンはどこで購入できるの?
  • 通販で購入できるおすすめの屋外用フェイクグリーン6選!
  • フェイクグリーンを長持ちさせる、飾るときの注意点とその飾り方は?

について解説していきます。

この記事を読んでいただければ、屋外にフェイクグリーンを飾る場合の選び方や方法が分かるので、おうちの外もグリーンを楽しむことができますね。最後には、屋外用のフェイクグリーンのおすすめもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

目次
  1. そもそもフェイクグリーンってなんのこと?
    1. フェイクグリーンとは人工観葉植物の総称を指す
    2. ニトリやikeaといった家具・インテリアメーカーから通販、100均でも購入できる
    3. フェイクグリーンを飾るメリット
  2. フェイクグリーンは屋外に置いても大丈夫?
    1. 結論:基本的には室内用に作られているため劣化しやすくなる
    2. 【必見】屋外対応のフェイクグリーンも実はあります
  3. 屋外用のフェイクグリーンの選び方のポイント
    1. 自分好みの植物で選ぶ
    2. 屋外の飾りたい場所に合うかどうか、大きさで選ぶ
    3. 素材に何が使われているかで選ぶ
    4. 施されている加工で選ぶ
    5. 飾り方のタイプで選ぶ
  4. 屋外用のフェイクグリーンはどこで購入できるの?
    1. 実店舗で購入したい場合
    2. 通販で購入したい場合
  5. 通販で購入できるおすすめの屋外用フェイクグリーン6選
    1. 【ULAND】ウォールグリーン 
    2. 【TANGKULA】 人工観葉植物 フェイク 120cm
    3. 【MOSADE】 フェイクグリーン 光触媒 人工観葉植物【ペペロミアプテオラータ】
    4. 【不二貿易】 フェイクグリーン フィカスA 7号鉢 
    5. 【CZYJIA】フェイクグリーン 松の木
    6. 【AntHousePlant】オリーブの木 フェイクグリーン
  6. 屋外用のフェイクグリーンを長持ちさせるおすすめの飾り方
    1. 玄関の軒下に置く
    2. フェンスに絡ませる
    3. 車庫の中にエクステリアとしておく
    4. 屋外用のグリーンパネルにつける
  7. 購入したフェイクグリーンを長持ちさせる飾るときの注意点
    1. 日当たり時間が長くなる西日射す場所には置かない
    2. 倒れないように風が強く当たる場所は避ける
    3. アスファルトの上など、気温で熱をもつ場所は注意
    4. 置き場所をしっかりと意識して飾れば耐用年数以上に楽しめる!
  8. フェイクグリーンは屋外でも大丈夫?選び方からおすすめ6選まで紹介のまとめ

そもそもフェイクグリーンってなんのこと?

そもそもフェイクグリーンってなにを指すのでしょうか?まずはフェイクグリーンについて知っていきましょう。

フェイクグリーンとは人工観葉植物の総称を指す

フェイクグリーンとは、人工観葉植物の総称のことを指します。

サイズは大型のものから小型のものまでさまざま

フェイクグリーンは商業施設やオフィスのエントランスに飾られるような大型のものから、卓上や窓際に飾れるようなミニサイズのものまでさまざまなサイズが販売されています。また、植木鉢タイプや壁掛けタイプなど、飾り方のタイプも豊富です。

最近はよりリアルになり見分けがつかないほどに

さらに、最近のフェイクグリーンは、よりリアルになり、本物と見分けがつかないほど精巧な作りとなっているものもたくさん出回っています。

ニトリやikeaといった家具・インテリアメーカーから通販、100均でも購入できる

近年、フェイクグリーンを取り扱う店舗は多く、ニトリやIKEAといった家具・インテリアメーカーはもちろんのこと、Amazonなどをはじめとする各種ネットショップや、100均でも購入できるため、どなたでも手軽にフェイクグリーンを手に入れることができます

フェイクグリーンを飾るメリット

フェイクグリーンを飾るメリットとは、いったい何でしょうか。そのメリットは主に3つあります。

お手入れが簡単

まず1つ目は、水やりや日当たり、風通しなどを一切気にする必要が無く、お手入れが簡単であることです。そのため、通常の植物のお世話に必要となるようなガーデンツールも不要です。また、季節や気温によって枯れることもないため、年中グリーンの彩りを楽しむことができます。

虫が湧かない

2つ目は、虫が湧かないということです。土も必要なく虫が湧かないため、害虫対策が不要となります。キッチンにグリーンを飾りたい方や、虫が苦手という方にはフェイクグリーンがとてもおすすめです。

インテリアとしてコスパ良く空間をおしゃれにできる

先ほど、フェイクグリーンはインテリアショップや100均でも購入できるとお伝えしましたが、サイズや種類が豊富なうえ、安く手に入れることもできるため、コスパがよく、空間をおしゃれに飾ることができます。

フェイクグリーンは屋外に置いても大丈夫?

フェイクグリーンをお部屋に飾ったことがある方は多いと思いますが、屋外にも飾っているという方はいらっしゃるでしょうか。そもそも、フェイクグリーンは屋外に飾っても大丈夫なのでしょうか。

結論:基本的には室内用に作られているため劣化しやすくなる

結論から申し上げますと、フェイクグリーンは基本的に室内用に作られているため屋外に飾ると劣化しやすく、あまりお勧めしません。通常、フェイクグリーンは、ポリエチレン等のプラスチック系の材料が使われており、屋外に置くことで、紫外線や雨、風による劣化がみられます。

【必見】屋外対応のフェイクグリーンも実はあります

でも、がっかりしないでください。実は、屋外対応のフェイクグリーンも存在しています。

屋外用のフェイクグリーンは紫外線に強い素材で作られている

屋外対応のフェイクグリーンは紫外線に強い高品質な素材を使っていたり、劣化に強い加工が施されています。

耐候性に優れたものも多い

屋外用のフェイクグリーンは、UV加工や防水加工が施されているため、室内用のフェイクグリーンよりは耐候性に優れているという特徴があります。その分、価格が上がりますが、生きた植物を管理し続けるよりは、コスパが良いとも言われています。

ご近所さんの家との目隠し効果にも

バルコニーの柵やお庭の塀などに屋外用フェイクグリーンを使うことで、ご近所さんの家や道路からの目隠しとして利用することもできます。これを、グリーンカーテンやグリーンフェンスとも言いますが、コンクリートの塀よりも圧迫感がなく、ナチュラルな雰囲気の目隠し効果が期待できます。

屋外用のフェイクグリーンの選び方のポイント

フェイクグリーンはサイズや種類が豊富なことはお伝えしましたね。たくさんある中からどのように選ぶと良いのでしょうか。
ここでは、屋外に飾るための、フェイクグリーンを選ぶ際のポイントを5つご紹介します。

自分好みの植物で選ぶ

ポイント1つ目は、自分好みの植物で選ぶことです。やはり自分の好きな植物である事が一番でしょう。生きた植物は、管理が大変とあきらめていた植物はありませんか。この機会に、飾りたいなと思っていた植物を模したフェイクグリーンを選んでみてはいかがでしょうか。。

屋外の飾りたい場所に合うかどうか、大きさで選ぶ

ポイント2つ目は、屋外の飾りたい場所に合う大きさで選ぶことです。ベランダの手すりなどちょっとしたスペースに置くのか、玄関や庭先に設置したいかによって合うグリーンの大きさがあると思いますので、どんなサイズのグリーンを置くか意識して注文しましょう。大型の樹木タイプのフェイクグリーンを設置したい場合は、自宅まで届けてくれるネットショップでの注文がおすすめですよ。

素材に何が使われているかで選ぶ

ポイント3つ目は、フェイクグリーンの素材で選ぶことです。素材によっては、汚れやほこりが付着しやすいものがあります。葉をふき取るなどのお手入れは、どのフェイクグリーンにも必要ではありますが、汚れが付きやすい素材であると、頻繁にお手入れが必要になることもあります。

施されている加工で選ぶ

ポイント4つ目は、施されている加工で選ぶことです。施されている加工は様々ありますが、ここでは、光触媒加工とCT加工についてご紹介したいと思います。

光触媒加工

光触媒加工されたフェイクグリーンは、日光や蛍光灯の光を浴びることで、抗菌効果や消臭効果、有害物質を分解、除去してくれる効果があります。表面に汚れやほこりが付着していると効果が薄まるので、常にフェイクグリーンの表面を綺麗にしておきましょう。

CT加工

一方、CT加工されたフェイクグリーンは光が無くても細菌や臭気に反応し、触媒の化学反応によって、抗菌や消臭、マイナスイオン効果が得られるものです。こちらも、表面が汚れていると効果が出ないため、表面をふき取ってあげると良いでしょう。また、光を必要としませんが、2か月~3か月に1回、数時間ほど光に当ててあげると効果が持続します。

飾り方のタイプで選ぶ

ポイント5つ目は、飾り方のタイプで選ぶことです。屋外の飾る場所や、広さによっても鉢植えで置けるのか、壁面に掛ける省スペースなものがいいのか等それぞれかと思います。飾り方のタイプも以下でご紹介する5つのタイプがありますので、ご自身の飾りたい場所に合わせて選択してくださいね。

壁面に壁掛けするタイプ

1つ目は、壁面に壁掛けするタイプです。ウォールグリーンとも呼ばれ、額縁の中にグリーンを植えて飾るなど、まるで絵画のように楽しむ方法です。

鉢植えタイプ

2つ目は、鉢植えタイプです。お庭のシンボルツリーとなるほどの大きなものから、テラスの手すりなどに飾れるような小型のタイプもあります。

プランタータイプ

3つ目はプランタータイプです。プランターは、地面に直置きしたり、外壁などにひっかけて飾ります。

吊り下げタイプ

4つ目は吊り下げタイプです。ハンギンググリーンとも言い、麻紐などで吊るして飾ります。比較的小型のものが多いでしょう。

人工芝生タイプ

5つ目は人工芝生タイプです。マットタイプなので、ベランダに人工芝生を敷き詰めれば、グリーンのナチュラルガーデンを造ることができます。芝生の草丈も様々ありますから、お好みの芝生を選んでみてくださいね。

屋外用のフェイクグリーンはどこで購入できるの?

屋外用のフェイクグリーンはどこで購入すればよいのでしょうか。実店舗とネット通販に分けてご紹介したいと思います。

実店舗で購入したい場合

実店舗での購入は、実際に品物を見れるという点がメリットですよね。わからないことがあれば詳しい店員さんに聞くこともできます。実店舗で購入したい場合は、以下の4つの店舗に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

ニトリ

ニトリは、インテリア用品、生活雑貨を扱うお店です。店舗でもニトリの通販サイトでもフェイクグリーンを購入することができます。通常、フェイクグリーンは様々な加工がされているため、高価になることも多いですが、お安く購入できるフェイクグリーンが揃っています。もちろん、屋外用の商品もたくさん販売されていますよ。

ikea

IKEAは、スウェーデン発祥で世界各国に展開している世界最大の家具、インテリア用品、生活雑貨のお店です。IKEAもフェイクグリーンの品揃えが豊富です。通常、有料で配送対応を行っていますが、植物は配送サービス対象外となりますのでご了承ください。

ホームセンターの植物コーナー

各種ホームセンターの植物コーナーも、品揃えやクオリティーに関して侮れません。お近くのホームセンターがある方はぜひ、ホームセンターも選択肢の一つに加えてみてください。

セリアやダイソーなどの100均

セリアやダイソーなどの100均でもフェイクグリーンを購入することができます。こちらは、比較的小型のものが多いので、飾るスペースが限られている方にもおすすめです。

通販で購入したい場合

通販は、自宅にいながら注文可能なうえ、お届け希望日に自宅まで配送してくれたり、配送無料になるお店もたくさんありますからとっても便利ですよね。
ネット通販で購入する方は、次にご紹介する、定番のネット通販サイトや専門店をのぞいてみると良いでしょう。

Amazon

Amazonはとにかく種類が豊富です。Amazonで「フェイクグリーン 屋外」と検索しただけでも3万点以上の品がヒットしますから、きっとお気に入りのフェイクグリーンが見つかるはずです。利用するためには、Amazonのアカウント登録が必要です。

楽天

楽天も、通販サイトの中でよく利用するという方が多いのではないでしょうか。楽天も「フェイクグリーン 屋外」と検索すると、1万3千以上の取り扱いがあるようです。利用するためには、楽天会員の登録が必要です。

Yahoo!ショッピング

Amazonや楽天の品数には劣るものの、Yahoo!ショッピングもフェイクグリーンを多数取り扱っています。会員登録は必要ですが、ポイント還元などのサービスも充実していますのでものによってはAmazonより安く購入できることもあるようです。

フェイクグリーン専門店

フェイクグリーン専門店または、アーティフィシャルフラワー専門店(造花)の通販サイトもおすすめです。フェイクグリーンや造花の専門店だけあって、本物そっくりの高品質なものが多数揃います。

通販で購入できるおすすめの屋外用フェイクグリーン6選

ここからは、通販で購入できるおすすめのフェイクグリーンを6つご紹介していきたいと思います。もちろん、屋外に飾ることができますから、参考にしてみてくださいね。写真との個体差はご了承ください。

【ULAND】ウォールグリーン 

こちらは、外壁などに取り付けられる壁掛けタイプのウォールグリーンです。複数のグリーンが1枚のシートに植えられており、それぞれの植物は非常にリアルな見た目で、ボリュームもあるため、フェイクながら安っぽく感じさせません。ご近所や道路からの目隠しのためのグリーンフェンスとしても重宝するはずです。

商品名 ウォールグリーン
価格 12,698円
素材 ポリエチレン
飾り方のタイプ 壁掛け

【TANGKULA】 人工観葉植物 フェイク 120cm

こちらのフェイクグリーンは高品質のポリエステル繊維で作られており、葉の耐久性も高い商品です。茎の中に針金が入っており、好みの角度に調節することができます。葉を取り外しすることができるので、ホコリが付いた場合はふき取りなどのお手入れがしやすい組み立て式です。鉢植えタイプですが、倒れないよう台座の安定感にも配慮されています。

商品名 人工観葉植物 フェイク 120cm
価格 7,999円
素材 木材,、エチレン酢酸ビニル,、繊維
飾り方のタイプ 植木鉢

【MOSADE】 フェイクグリーン 光触媒 人工観葉植物【ペペロミアプテオラータ】

こちらは、ペペロミアのリアルさや繊細さにこだわって作られたフェイクグリーンです。高品質かつ、耐久性のある素材を使用し、色あせたり、傷みを最小限に抑えています。ポットタイプですから、ベランダ、バルコニーに置く、吊るすのはもちろん、屋内に飾っても良いでしょう。ほこりが付いたら、布で拭いてください。

商品名 フェイクグリーン 光触媒 人工観葉植物【ペペロミアプテオラータ】
価格 1,799円
素材 プラスチック
飾り方のタイプ 植木鉢、吊るす

【不二貿易】 フェイクグリーン フィカスA 7号鉢 

こちらは170cmのフィカスを模した大型フェイクグリーンです。大型ですが、丸みのある葉形なので、優しい印象のシンボルツリーとなる事でしょう。屋内用のため、屋外に飾る場合は日差しが強くない場所に置きましょう。鉢は小ぶりでシンプルなため、お好みの鉢に替えたり、鉢カバーを準備しても良いでしょう。

商品名 フェイクグリーン フィカスA 7号鉢
価格 13,672円
素材 ポリエチレン
飾り方のタイプ 植木鉢

【CZYJIA】フェイクグリーン 松の木

こちらは松の木のフェイクグリーンです。オフィス、ご自宅の屋内はもちろん、ベランダ、玄関などに置いても様になる150cmの大型樹木の植木鉢タイプです。シンボルツリーとしての存在感も十分ありますから、新築祝い等のお祝い事のプレゼントに選ばれる方もいらっしゃるようですよ。

商品名 フェイクグリーン 松の木
価格 22,961円
素材 木材
飾り方のタイプ 植木鉢

【AntHousePlant】オリーブの木 フェイクグリーン

こちらは、オリーブの木で、先にも紹介した、光触媒加工が施されたフェイクグリーンです。空気清浄、消臭、抗菌効果があるので、屋外であれば玄関に飾るのがおすすめです。高品質のポリエチレンで作られており、枯れや虫の心配もありません。ワイヤーが入っているため、葉の形は自由に変えることができますよ。
お手入れは、ホコリが付いたとき、柔らかい布で優しくふき取るだけでOKです。

商品名 オリーブの木 フェイクグリーン
価格 6,850円
素材 プラスチック, ポリエチレン
飾り方のタイプ 植木鉢

屋外用のフェイクグリーンを長持ちさせるおすすめの飾り方

おすすめのフェイクグリーンをご紹介してきましたが、フェイクグリーンを長持ちさせるおすすめの飾り方についてもぜひ知っておいてほしいと思います。ぜひ次の4つを意識して飾ってみましょう。

玄関の軒下に置く

1つ目は、玄関の軒下に置くことです。屋外用のフェイクグリーンは、紫外線や雨風に強い加工をされていることがほどんどですが、やはり、長持ちさせるためには、紫外線などに強く当たる場所に飾るより、玄関の軒下などあまり日に当たりすぎない場所で使用することをおすすめします。

フェンスに絡ませる

2つ目は、フェンスに絡ませることです。グリーンフェンスについて前述しましたが、ご近所からの目隠しや、日よけとしてフェイクグリーンをフェンスに絡ませると涼し気で圧迫感の少ない目隠しになります。

車庫の中にエクステリアとしておく

3つ目は、車庫の中に、エクステリアとして置くことです。エクステリアとは、建物の外壁や植栽の部分などを指します。軒下同様、雨風、強い日差しの影響が少なく、長く楽しむことができるでしょう。

屋外用のグリーンパネルにつける

4つ目は、屋外用のグリーンパネルをつけることです。グリーンパネルとは、壁を緑化させるために作られたパネルで単体でも連結して壁に取り付けることもできるというものです。個人宅の外壁はもちろん、商業施設やオフィスビルなど様々な場所で取り入れられています。

購入したフェイクグリーンを長持ちさせる飾るときの注意点

4つの飾り方についてご説明してきましたが、これらの方法で飾る時に注意点があります。こちらも3つのポイントに注意しながらフェイクグリーンを飾ってくださいね。

日当たり時間が長くなる西日射す場所には置かない

1つ目は、「日当たり時間が長くなる西日が射す場所には置かない」です。UV加工が施された屋外用のフェイクグリーンであっても、常に、長時間日当たりの強い場所に置いてしまうと、耐用年数以前に劣化を早めてしまう恐れがあります。

倒れないように風が強く当たる場所は避ける

2つ目は、「倒れないように風が強く当たる場所は避ける」ことです。特に大型の鉢植えタイプは、重量もありますから、倒れて怪我のもとになったり、周辺のものにぶつかって破損することがないように設置しましょう。また、日光同様に風もフェイクグリーンの劣化を早める原因となります。

アスファルトの上など、気温で熱をもつ場所は注意

3つ目は、「アスファルトの上など、気温で熱をもつ場所は注意」することです。夏場は、地面からの照り返しによる熱で、フェイクグリーンの劣化を招くことがあります。アスファルトの地面には直置きせず、棚の上に飾ったり、厚くなりにくいマットなどの上に置くなど工夫しましょう。

置き場所をしっかりと意識して飾れば耐用年数以上に楽しめる!

これら3つのポイントに注意し飾れば、5年~10年と言われている耐用年数以上にフェイクグリーンを楽しむことができるでしょう。フェイクと言っても、今は本物と見分けがつきづらい品質のものがたくさん販売されていますから、グリーンが飾られていることによる癒し効果を十分得られるのではないでしょうか。

フェイクグリーンは屋外でも大丈夫?選び方からおすすめ6選まで紹介のまとめ

いかがでしたか。屋外用フェイクグリーンの選び方と長持ちさせるコツについて解説してきました。

この記事のポイントは

  • フェイクグリーンとは、人工観葉植物の総称で、近年では本物そっくりのリアルなものが多数ある。
  • フェイクグリーンのメリットはお手入れが簡単で、虫が湧かず、コスパの良いおしゃれなインテリアとなる点である
  • 屋外用フェイクグリーンは紫外線や雨風に耐えられるように加工されている。
  • 飾り方のタイプは5つ
    「壁掛け」「鉢植え」「プランター」「吊り下げ」「人工芝生」
  • おすすめの飾り方は4つ
    「軒下に置く」「フェンスに絡ませる」「車庫のエクステリア」「グリーンパネル」
  • 長持ちさせるためのポイント3つ
    「西日の差す場所を避ける」「風が強く倒れてしまう場所を避ける」「熱を持つ場所を避ける」

ということでしたね。

これらを押さえれば、フェイクグリーンの選び方や、長持ちさせる方法がお判りいただけたと思います。ご自宅のベランダやウッドデッキはもちろん、無機質になりがちな車庫に至るまで、フェイクグリーンを存分に楽しむことができますね。ぜひこの記事で学んだことを実践してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。