花言葉 PR

エリカの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはエリカというお花をご存知でしょうか。つぼ型や釣鐘型など、さまざまな形の花で空間を彩るエリカですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • エリカの花言葉
  • エリカの色別の花言葉
  • エリカの花言葉の由来
  • エリカはどんな花を咲かせるの?
  • エリカを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、エリカのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もエリカについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められた意味やメッセージを表現する言葉です。歴史的背景や文化、地域によって異なる意味を持つことがあります。花言葉は、古くから人々の間でコミュニケーションの手段として用いられてきました。

特定の花には特定の感情やメッセージが関連付けられ、それを通じて人々は互いに気持ちを伝えてきました。花言葉を知ることで、花を贈る際の深い意味や感謝の気持ちを伝えることができ、受け取った側もその意図を理解することができます。

エリカの花言葉

エリカの花言葉は「孤独」「寂しさ」とされていますが、それだけではありません。色や種類、成長する環境によって異なる花言葉も存在します。これらの花言葉は、エリカの持つ独特の美しさやその生態からインスピレーションを受けて付けられました。

【孤独】

エリカの花言葉の中でも基本となるのが「孤独」です。この花言葉は、エリカが厳しい環境でもひとりでしっかりと生き抜く姿からインスパイアされました。寒く風が吹きすさぶ荒野に、たくましく育つエリカの姿は、自らの力で生きる強さを象徴しています。

【寂しさ】

エリカが生い茂る荒涼とした景色は、人々に寂しさや郷愁を感じさせます。しかし、その中でエリカが咲き誇る姿は、寂しさの中にも美しさや希望を見出すことができることを示しています。

【幸福な愛】

白の花を咲かせるエリカは、「幸福な愛」の象徴とされています。白い花は純粋さや無垢さを表すことが多く、エリカの白い花もそのような愛情を意味しています。真っ白な小さい花がつくスズランエリカや、純白から徐々にピンク色に変わる筒形のホワイトデライトなど、白い花を咲かせるエリカは、純粋で深い愛情を表現しています。

【閑静】

紫の花を咲かせるエリカは、その静かで落ち着いた色合いから「閑静」という花言葉がつけられました。紫色は高貴さや神秘性を持つ色として知られており、紫のエリカもそのような雰囲気を持っています。

【静寂】

紫のエリカのもう一つの花言葉として「静寂」が挙げられます。この花言葉は、紫のエリカが放つ静かで落ち着いた雰囲気、そしてその美しさの中に秘められた深い情熱や感情を表しています。

エリカの色別の花言葉

エリカの花色ごとにも、それぞれ異なる花言葉が存在します。これらの花言葉は、エリカの色の持つ独特の魅力やイメージに基づいています。

白色の花言葉:「幸福な愛」

白い花を咲かせるエリカは、純粋さや清らかさを象徴する色として知られています。そのため、「幸福な愛」という花言葉が与えられています。白いエリカは、愛の純粋さや清らかさ、そしてその愛がもたらす幸福を表現しています。

紫色の花言葉:「閑静」「静寂」

紫の花を咲かせるエリカは、その色の持つ高貴さや神秘性から「閑静」「静寂」という花言葉がつけられました。紫色の花は、落ち着いた雰囲気や物静かな気品を持つことから、これらの花言葉が与えられています。

怖い意味はある?エリカの花言葉の由来

エリカの花言葉「孤独」「寂しさ」は、その生息環境や特性から生まれたものです。寒く風が吹きすさぶ荒野に、たくましく育つエリカの姿は、自らの力で生きる強さや独立性を象徴しています。また、英名の「Heath(ヒース)」は「荒野」「荒地」を意味し、ヨーロッパではエリカが生い茂る荒涼とした景色が、寂しさや郷愁を想起させることにちなんでいます。

エリカはどんな花を咲かせるの?

エリカは、ヨーロッパや南アフリカ、地中海地方、西アジアに広く分布する植物で、その美しさや特性から多くの人々に愛されています。花色はピンクや白、紫、黄色、赤と豊富で、それぞれの色が持つ魅力やイメージがあります。また、針葉樹のような細く短い葉を持つのが特徴で、これにより乾燥や寒さから身を守っています。

エリカの開花時期

エリカの開花時期は11月から5月頃となっています。この期間中には、さまざまな色や形のエリカが楽しめ、それぞれのエリカが放つ魅力や美しさを堪能することができます。

エリカの誕生花

エリカが誕生花の日は「8月5日」とされています。しかし、エリカには他にも多くの誕生花の日が存在し、それぞれの日にちなんだエリカの特性や魅力を感じることができます。

エリカが贈られるシーン

エリカの花言葉や色にちなんで、以下のようなシーンでエリカが贈られることが考えられます。

愛の告白

ヨーロッパでは好意を持つ相手に白いエリカを贈ると、愛の告白を意味し、その愛が純粋で真実であることを示しています。

誕生日や記念日の贈り物

「幸福な愛」や「閑静」などの花言葉を持つエリカは、誕生日や記念日の贈り物としても選ばれることが多いです。その美しさや花言葉の持つ意味から、大切な人への感謝や愛情を伝えるのに最適です。

慰めの品として

「孤独」や「寂しさ」の花言葉を持つエリカは、悲しい時や寂しい時に慰めの品として贈られることもあります。その静かで落ち着いた雰囲気が、心の安らぎや慰めをもたらしてくれます。

エリカの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

エリカは多彩な花言葉を持つ美しい花です。その花言葉や色によって、さまざまなシーンでの贈り物として選ばれます。エリカの持つ魅力や特性を知ることで、贈る側も受け取る側もその深い意味や感謝の気持ちを共有することができます。

この記事では

  • エリカの基本的な花言葉は「孤独」「寂しさ」
  • 花色によって異なる花言葉が存在する
  • エリカは11月から5月頃に開花する
  • 愛の告白や誕生日、慰めの品として贈られることが多い
  • エリカの持つ魅力や特性を知ることで、贈る側も受け取る側もその深い意味や感謝の気持ちを共有することができます。

について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。