花言葉 PR

スカビオサの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはスカビオサというお花をご存知でしょうか。花の真ん中がこんもりと盛り上がり、フリルのように可愛らしい見た目が特徴的なスカビオサですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • スカビオサの花言葉
  • スカビオサの色別の花言葉
  • スカビオサの花言葉の由来
  • スカビオサはどんな花を咲かせるの?
  • スカビオサを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、スカビオサのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もスカビオサについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められたメッセージや感情を言葉で表現したものです。歴史的背景や伝説、さらには花の特徴や色、形から導き出される意味が多く存在します。中世ヨーロッパでの恋人たちの秘密のコミュニケーション手段としても用いられました。

花言葉を知ることで、花の持つ深い意味や背景を理解し、贈り物としての花の価値を高めることができます。また、花言葉を通じて、贈る相手への気持ちをより具体的に伝えることができます。

スカビオサの花言葉

スカビオサは、その独特の花の形状と色彩から多くの花言葉を持つ花として知られています。この花は、愛や情熱、そして失われたものへの想いなど、人々の深い感情を象徴する花言葉を持っています。特に「不幸な愛」や「私は全てを失った」という花言葉は、スカビオサの持つ繊細で美しい外見とは裏腹に、深く切ない感情を表しています。

「不幸な愛」

「不幸な愛」は、愛の中でも特に痛みや悲しみを伴う愛を指します。スカビオサのこの花言葉は、報われない愛や一方的な愛、愛する人との別れなど、愛の中での困難や試練を象徴しています。しかし、その中にも美しさや純粋さがあり、愛の力を信じることの大切さを教えてくれます。

「私は全てを失った」

この花言葉は、絶望的な状況や深い悲しみを表現しています。スカビオサが持つ「私は全てを失った」という花言葉は、失われたものへの想いや、その痛みを乗り越えて前に進む力を持っていることを示しています。失ったものに対する哀悼の意味も込められており、新しい始まりや再生への希望を持つことの大切さを伝えています。

スカビオサの色別の花言葉

スカビオサの花色は紫から青、赤紫やピンク、白、黄色などがありますが、特定の花色ごとの花言葉は明記されていませんでした。しかし、それぞれの色が持つ独自の魅力や意味を感じ取ることはできます。

怖い意味はある?スカビオサの花言葉の由来

スカビオサの花言葉「私はすべてを失った」「不幸な愛」は、西洋で紫が悲しみの色とされること、そして伴侶を失った未亡人に贈る花としての背景から来ています。このような背景を持つ花言葉は、贈るシチュエーションや相手を選ぶ際の参考としても役立ちます。

スカビオサはどんな花を咲かせるの?

スカビオサは、外側の花びらが放射状に広がり、中心部には小花の集合体が咲く特徴的な花です。この独特の形状は、他の花とは異なる魅力を放っており、多彩な花色と花のサイズがあり、切り花としても人気が高まっています。

スカビオサの開花時期

スカビオサは、3月から6月、そして9月から10月にかけて開花します。この時期になると、その美しい花を楽しむことができます。

スカビオサの誕生花

スカビオサは、4月26日と6月30日の誕生花として知られています。誕生花は、その日に生まれた人々の性格や運命を象徴すると言われており、スカビオサは持つ花言葉のような深い感情や繊細さを持つ人々の誕生を祝います。

4月26日や6月30日に生まれた方は、スカビオサの美しさやその持つ意味を胸に、自身の特別な日を祝うことができます。スカビオサを贈ることで、その日の誕生を祝う人々への祝福や愛情を伝えることができるでしょう。

スカビオサが贈られるシーン

スカビオサを贈るには以下の3シーンが適しているとされています。

慰めの贈り物として

スカビオサの花言葉には「不幸な愛」や「私は全てを失った」といった深い感情が込められています。そのため、失恋や大切なものを失った方への慰めや共感の気持ちを込めて贈るのに適しています。スカビオサは、その繊細な美しさで受け取った人の心を癒してくれるでしょう。

4月26日や6月30日の誕生日のプレゼントとして

スカビオサは4月26日と6月30日の誕生花であるため、この日に生まれた方への誕生日プレゼントとして贈るのが一般的です。花言葉の意味を添えて、その人の特別な日をより一層祝福することができます。

深い感謝や尊敬の気持ちを伝えるとき

スカビオサの花は、その独特の美しさと花言葉から、深い感謝や尊敬の気持ちを伝える贈り物としても適しています。特に、長い間のサポートや助けを受けた方への感謝の気持ちを形にして伝える際に、スカビオサを選ぶことでその感謝の深さをより強く伝えることができるでしょう。 

スカビオサの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介のまとめ

スカビオサは、風情と魅力を持つ美しい花です。その花言葉や背景を知ることで、花の持つ深い意味や魅力をより深く感じることができます。

この記事では

  • スカビオサの花言葉は「不幸な愛」と「私は全てを失った」。
  • 色別の花言葉は特定されていませんが、花色ごとの魅力は感じ取ることができます。
  • 開花時期は3月から6月、9月から10月。
  • 悲しみを共有するシーンや魅力を伝えるシーンで贈られることが考えられます。

について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。