花言葉 PR

ヒャクニチソウの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはヒャクニチソウというお花をご存知でしょうか。花弁が丈で、色褪せしにくく切花としても優秀なヒャクニチソウですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • ヒャクニチソウの花言葉
  • ヒャクニチソウの色別の花言葉
  • ヒャクニチソウの花言葉の由来
  • ヒャクニチソウはどんな花を咲かせるの?
  • ヒャクニチソウを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、ヒャクニチソウのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もヒャクニチソウについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められた意味や感情を表現する言葉のことを指します。特定の花には特定のメッセージや感情が込められており、それを通して人々は感謝や愛情、願いなどの気持ちを伝えることができます。この伝統は、歴史や文化、神話に基づいて形成されてきました。

ヨーロッパを中心に、恋人同士や友人、家族へのメッセージとして用いられてきました。日本でも、この文化は受け入れられ、多くの花に花言葉が付けられています。

怖い意味はあるの?ヒャクニチソウの花言葉

ヒャクニチソウ、またはジニアは、多くの花言葉を持つ美しい花です。その名前の通り、長い期間にわたって咲き続けることから、さまざまな花言葉が生まれました。

【不在の友を想う】

ヒャクニチソウの花言葉「不在の友を想う」は、この花が長い期間咲き続けることから生まれました。遠くにいる友人や家族を思う気持ちを表現するのに最適な花言葉です。長い間、その美しさを保ち続けるヒャクニチソウは、遠くの大切な人を思う気持ちを象徴しています。

【古き良き時代】

「古き良き時代」の花言葉は、ヒャクニチソウの持続的な咲き誇る姿が、過去の良い思い出や時代を思い起こさせることから生まれました。この花を見ることで、過去の美しい思い出が蘇ることがあります。

【いつまでも変わらない心】

ヒャクニチソウの変わらぬ美しさと持続性が、「いつまでも変わらない心」という花言葉を生み出しました。愛や友情の変わらない絆を象徴するこの花言葉は、多くの人々に愛されています。

ヒャクニチソウの色別の花言葉

ヒャクニチソウの花言葉は、色や本数によって意味が変わることはありません。しかし、その鮮やかな色彩は、さまざまな感情やシチュエーションを連想させることができます。明確な色別の花言葉は特定されていませんが、それぞれの色が持つ独自の魅力を感じることができます。

ヒャクニチソウの花言葉の由来

ヒャクニチソウの花言葉の由来は、その長い開花期間や特性に関連しています。特に「不在の友を想う」という花言葉は、ヒャクニチソウが長い期間咲き続けることに由来しています。この花が持つ持続性や美しさが、花言葉の背景になっています。

ヒャクニチソウはどんな花を咲かせるの?

ヒャクニチソウは、暑い時期にも花が休むことなく咲き続ける一年草です。カラフルでビビッドな色合いが特徴で、多くの品種や系統が存在します。その形や色のバリエーションは豊富で、ガーデニングや花束作りにも最適です。

ヒャクニチソウの開花時期

ヒャクニチソウの主な開花時期は5月から11月頃です。この長い開花期間は、ヒャクニチソウの魅力の一つとされています。夏の暑さでも元気に咲き続ける姿は、多くの人々の心を捉えています。

ヒャクニチソウの誕生花

ヒャクニチソウには特定の誕生花としての情報はありませんが、その美しさと花言葉から、多くの場面で贈られる花として知られています。誕生日や記念日にヒャクニチソウを贈ることで、その日の特別な思い出を彩ることができます。

ヒャクニチソウが贈られるシーン

ヒャクニチソウが贈られるシーンには主に以下の3シーンが挙げられます。

  • 愛の告白
  • 家族のイベント
  • 友人との再会

愛の告白

「いつまでも変わらない心」の花言葉から、愛の告白の際に贈られることがあります。その美しさと花言葉が、真摯な気持ちを伝えるのに適しています。

家族のイベント

「不在の友を想う」の花言葉から、家族のイベントや集まりの際に贈られることが多いです。家族の絆や思い出を深めるのに最適な花です。

友人との再会

「古き良き時代」の花言葉を持つヒャクニチソウは、久しぶりに再会した友人へのプレゼントとしても適しています。過去の良い思い出を共有するのにぴったりの花です。

ヒャクニチソウの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

ヒャクニチソウはその美しさと花言葉から、多くの場面で贈られる花として知られています。その鮮やかな色彩と花言葉の背景には、多くの感情や思い出が詰まっています。

この記事では

  • ヒャクニチソウの主な花言葉は「不在の友を想う」や「古き良き時代」。
  • 色別の花言葉は特定されていないが、色ごとの魅力がある。
  • ヒャクニチソウは5月から11月頃まで長い期間咲く花です。
  • 様々なシーンで贈られる多用途な花です。

について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。