花言葉 PR

ミヤコワスレの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはミヤコワスレというお花をご存知でしょうか。花の中心が黄色く、その周りに白や紫の花を咲かせるミヤコワスレですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • ミヤコワスレの花言葉
  • ミヤコワスレの色別の花言葉
  • ミヤコワスレの花言葉の由来
  • ミヤコワスレはどんな花を咲かせるの?
  • ミヤコワスレを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、ミヤコワスレのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もミヤコワスレについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められたメッセージや感情を言葉で表現したものです。この伝統は古くから存在し、特定の花に特定の感情やメッセージを関連付けることで、非言語的なコミュニケーションの手段として用いられてきました。

歴史的背景や文化、地域によって異なる意味を持つことがあり、花を贈る際には、その花の持つ花言葉を知ることで、贈る人の気持ちをより深く伝えることができます。

怖い意味はある?ミヤコワスレの花言葉

ミヤコワスレは、日本の自然に咲く美しい花で、その花言葉は「都忘れ」「永遠の愛」「淡い思い出」などがあります。これらの花言葉は、ミヤコワスレの繊細な美しさやその生態からインスパイアされたものです。

【都忘れ】

「都忘れ」という花言葉は、ミヤコワスレの名前の由来とも深く関連しています。都会の喧騒や日常の忙しさを忘れ、自然の中での穏やかな時間を思い出させるような花言葉です。都会の生活から離れて、一時的にリフレッシュすることの大切さを示唆しています。

【永遠の愛】

ミヤコワスレの繊細で優雅な美しさは、「永遠の愛」を象徴しています。この花言葉は、愛する人への変わらない気持ちや絆を伝えるのに最適です。永遠の愛は、時間が経っても色褪せない真実の愛を意味します。

【淡い思い出】

この花言葉は、過去の思い出や懐かしい日々を思い起こさせるものです。ミヤコワスレの優雅な姿は、淡く美しい思い出や過去の良い時を連想させ、心を癒してくれます。

ミヤコワスレの色別の花言葉

ミヤコワスレの花色ごとの花言葉に関する情報は特定できませんでした。従って、色別の花言葉は存在しないと考えられますが、その美しい淡い青色は多くの人々の心を捉えています。

ミヤコワスレの花言葉の由来

ミヤコワスレの花言葉の由来は、その名前や生態、歴史的背景から来ています。特に「都忘れ」という名前は、都会の喧騒を忘れさせるその美しさから名付けられたと言われています。

ミヤコワスレはどんな花を咲かせるの?

ミヤコワスレは、小さくて星形の花を咲かせ、その淡い青色の花は清楚で繊細な美しさを持っています。夏になると、この花は多くの場所でその姿を見せ、人々を魅了します。

ミヤコワスレの開花時期

ミヤコワスレは、初夏から夏にかけての期間に開花します。この時期になると、庭や公園、山間部でその美しい花を見ることができ、多くの人々に愛されています。

ミヤコワスレの誕生花

ミヤコワスレは7月の誕生花として知られています。7月生まれの方には特におすすめの花で、その月の特徴や気候にも合った花として知られています。

ミヤコワスレが贈られるシーン

ミヤコワスレの花言葉から、以下のようなシーンで贈られることが考えられます。

思い出を共有するシーン

「淡い思い出」の花言葉から、過去の思い出を共有するシーンや、懐かしい日々を思い出す時に贈られることが多いです。

永遠の愛を誓うシーン

「永遠の愛」の花言葉を持つミヤコワスレは、愛する人への結婚のプロポーズや記念日など、愛を誓うシーンでの贈り物として最適です。

自然を楽しむシーン

「都忘れ」の花言葉から、都会の喧騒を忘れて自然を楽しむシーンや、リフレッシュしたい時に贈られることが多いです。

ミヤコワスレの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

ミヤコワスレは、その美しい花と花言葉から多くのシーンで贈られる花です。特に「都忘れ」「永遠の愛」「淡い思い出」といった花言葉は、人々の心を打つものとなっています。

この記事では

  • ミヤコワスレの主な花言葉は「都忘れ」「永遠の愛」「淡い思い出」
  • 色別の花言葉は存在しないが、その美しさは多くの人々を魅了
  • 7月の誕生花としても知られ、その月の特徴に合った花
  • 多くのシーンでの贈り物として適している

について紹介しました

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。