花言葉 PR

ハスの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはハスというお花をご存知でしょうか。朝方に花を咲かせ、昼までにお花を閉じてしまうのが特徴的なハスですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • ハスの花言葉
  • ハスの色別の花言葉
  • ハスの花言葉の由来
  • ハスはどんな花を咲かせるの?
  • ハスを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、ハスのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もハスについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められた意味やメッセージを表現する言葉のことを指します。これは古くからの伝統であり、歴史的背景や文化、伝説に基づいて、各花に特定の感情や思いを結びつけることで、花を贈る際の気持ちや意図を伝える手段として用いられてきました。

花言葉は、言葉だけでは伝えにくい繊細な感情や思いを、花を通して相手に伝えることができるのが特徴です。また、花言葉を知ることで、花の背後に隠された深い意味や歴史を感じることができます。

怖い意味はある?ハスの花言葉

ハスは、その美しさと清潔感から多くの花言葉を持っています。ハスの花は、泥の中から生まれながらも、その泥を一切つけずに美しく咲くことから、多くの文化や宗教で神聖視されてきました。

【清らかな心】

ハスは泥の中から生まれながらも、泥を一切つけずに清らかな水面に美しい花を咲かせます。この姿から「清らかな心」の花言葉が生まれました。泥水の中からも美しく咲くハスの姿は、どんな環境でも純粋な心を持ち続けることの大切さを教えてくれます。

【神聖】

ハスは仏教において、仏の智慧や慈悲の象徴とされています。泥水から清浄な花を咲かせる姿が、仏の教えや智慧を表しているとされています。このため、多くの寺院や仏像でハスの花が使用されています。

【離れゆく愛】

英語の花言葉で「estranged love」とも表現されるこの言葉は、愛する人との距離を感じる切なさや、過去の愛を思い返す時の感情を表しています。ハスの花が水面から離れて咲く姿が、この花言葉の由来となっています。

【雄弁】

エジプト神話において、ハスは雄弁な神オシリスに捧げられたことから、この花言葉が生まれました。オシリスは言葉によって人々を魅了したと言われており、ハスの花がその雄弁さを象徴しています。

ハスの色別の花言葉

ハスの花言葉は、花の色に関係なく一般的に用いられることが多いです。しかし、色によって微妙に意味が異なることもあります。

ハスの花言葉の由来

ハスの花言葉、「清らかな心」と「雄弁」には由来が存在します。

【清らかな心】

ハスが泥水の中から生じて、気高く清らかな花を咲かせることに由来します。この特性から、多くの文化や宗教でハスは清浄や純粋を象徴する花として位置づけられてきました。

【雄弁】

エジプトの古代文明では、ハスは生命や再生を象徴する花として崇拝されていました。エジプト神話において、ハスは雄弁な神オシリスに捧げられ、オシリスが雄弁であったことにちなんでこの花言葉が生まれました。

ハスはどんな花を咲かせるの?

ハスは夏の花で、主に白やピンクの花を咲かせます。水面よりも高く咲くのが特徴で、その姿は多くの人々を魅了してきました。ハスの花は大きく、中心部には多数の黄色い雄しべが見られます。また、ハスの葉もまた美しく、水面に浮かぶ姿が印象的です。

ハスの開花時期

ハスの開花時期は7月から8月にかけてです。この時期になると、池や湖などで美しいハスの花を見ることができます。特に早朝に咲き始めるハスの花は、その美しさで多くの人々の心を捉えて放しません。

ハスの誕生花

ハスは7月3日、7月8日、8月15日、9月26日の誕生花として知られています。この日に生まれた人は、ハスの花言葉に込められた意味を持つと言われています。

ハスが贈られるシーン

ハスが贈られるシーンには以下の3シーンが考えられます。

  • 祝福の気持ちを込めて
  • 新しいスタートを応援して
  • 過去の思い出を大切に

【祝福の気持ちを込めて】

ハスの「神聖」の花言葉から、結婚式や成人式などのお祝いの際に贈られることがあります。ハスの清らかな姿は、新しい門出を祝うシーンにふさわしいとされています。

【新しいスタートを応援して】

「清らかな心」の花言葉を持つハスは、新しい生活のスタートや新しい環境への挑戦を応援する意味で贈られることも。ハスの花が泥から生まれる姿は、新しい環境でも頑張ることの大切さを伝えてくれます。

【過去の思い出を大切に】

「離れゆく愛」の花言葉から、過去の大切な思い出や故人を偲ぶ際に贈られることもあります。ハスの花は、過去の愛や思い出を大切にすることの大切さを伝えてくれます。

ハスの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

ハスはその美しさと花言葉から、多くの人々に愛されている花です。ハスの花言葉は、その生態や歴史、文化背景に基づいて形成されており、それぞれの花言葉には深い意味が込められています。

この記事では

  • ハスの主な花言葉は「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」。
  • ハスは夏の7月から8月にかけて開花します。
  • ハスは特定のシーンでの贈り物としても選ばれることが多い。
  • ハスの花言葉の背景には、歴史や文化、伝説などが深く関わっています。

について紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。