花言葉 PR

ハナショウブの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはハナショウブというお花をご存知でしょうか。垂れ咲きし、その柔らかな色合いが特徴的なハナショウブですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • ハナショウブの花言葉
  • ハナショウブの色別の花言葉
  • ハナショウブの花言葉の由来
  • ハナショウブはどんな花を咲かせるの?
  • ハナショウブを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、ハナショウブのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もハナショウブについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められた深いメッセージや感情を言葉で表現したものです。これは古くからの伝統で、歴史的背景や文化、伝説などから由来するものも多いです。一つの花には複数の花言葉が存在することもあり、それぞれの背景や由来に基づいています。

花言葉を知ることで、花を贈る際の気持ちやシーンに合わせて、より適切な花を選ぶ手助けとなります。

悲しい意味がある?ハナショウブの花言葉

ハナショウブは、その美しい姿とともに「悲しい思い出」「悲しい愛」などの感情を持つ花言葉を持っています。

【悲しい思い出】

ハナショウブの花言葉「悲しい思い出」は、その美しい姿とは裏腹に、深い切なさや哀しみを持っています。この花言葉は、過去の思い出や失われた愛、時の流れとともに変わってしまった関係を思い出す際に使われることが多いです。

【悲しい愛】

「悲しい愛」は、叶わない愛や一方的な愛、失われた愛を表しています。ハナショウブの繊細で美しい姿は、このような愛の切なさや深さを象徴していると言われています。

ハナショウブの色別の花言葉

ハナショウブの花色ごとの花言葉に関する情報は、参考URLからは取得できませんでした。しかし、花の色によって異なる意味を持つこともあるため、詳しく調べることで新たな発見があるかもしれません。

怖い由来があるの?ハナショウブの花言葉の由来

ハナショウブの花言葉の由来に関する情報は、取得できませんでしたが、多くの花言葉は歴史や伝説、文化的背景に基づいています。

ハナショウブはどんな花を咲かせるの?

ハナショウブは、菖蒲科に属する多年草として知られ、日本をはじめとするアジアの湿地や水辺に自生しています。その花は紫や青、白などの色を持ち、独特の形状と香りで多くの人々を魅了してきました。

ハナショウブの開花時期

ハナショウブは、主に5月から6月にかけての初夏に開花します。この時期になると、ハナショウブの花が水辺を彩り、その美しい姿で訪れる人々を魅了します。

ハナショウブの誕生花

ハナショウブは5月4日の誕生花としても知られており、5月生まれの人々にとって特別な花となっています。そのため、5月生まれの人へのプレゼントとしても選ばれることが多いです。

ハナショウブが贈られるシーン

ハナショウブの花言葉から、以下のようなシーンで贈られることが考えられます。

過去を懐かしむシーン

「悲しい思い出」の花言葉から、過去の思い出を懐かしむシーンでの贈り物として選ばれることがあります。

別れのシーン

「悲しい愛」の花言葉を持つハナショウブは、別れの際の贈り物としても選ばれることがあります。

誕生日のシーン

5月生まれの人への誕生日プレゼントとして、ハナショウブを選ぶこともあります。

ハナショウブの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

ハナショウブは、その美しい姿と花言葉から多くの人々に愛されています。特に、「悲しい思い出」「悲しい愛」という花言葉は、ハナショウブの繊細な美しさとリンクしています。

この記事では

  • ハナショウブの花言葉は「悲しい思い出」「悲しい愛」。
  • 5月から6月にかけて開花する美しい花。
  • 5月4日の誕生花としても知られる。
  • 過去を懐かしむシーンや別れのシーンで贈られることがある。

について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。