花言葉 PR

サツキの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはサツキというお花をご存知でしょうか。ツツジの仲間であるサツキは、枝先に綺麗な赤色の花を咲かせますが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • サツキの花言葉
  • サツキの色別の花言葉
  • サツキの花言葉の由来
  • サツキはどんな花を咲かせるの?
  • サツキを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、サツキのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もサツキについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められた意味やメッセージを表現する言葉のことを指します。この伝統は古くから存在し、特にヨーロッパの文化や歴史に深く根付いています。歴史的背景や文化、伝説などに基づいて、各花には特定の感情や思いが込められています。

この花言葉を通じて、人々は感謝や愛情、願い、悲しみなどのさまざまな気持ちを相手に伝えることができるのです。

怖い意味はある?サツキの花言葉

サツキは、日本の風土と深く結びついた花木で、初夏の風物詩として多くの人々に親しまれています。その美しい花姿と花言葉は、多くの人々の心を捉えてやまない。

【節制】

サツキの花言葉の中でも「節制」は特に有名です。これは、サツキが渓流沿いや山間部の厳しい環境で生息し、自然の厳しさに耐え抜く姿からインスパイアされたものです。

【貞淑】

「貞淑」という花言葉は、純粋で清楚な心を持つことを意味します。サツキの繊細で上品な花姿から、このような花言葉が生まれました。

【幸福】

サツキの花が咲くことで、見る人々に幸福感や安らぎをもたらすと言われています。その美しさは、多くの人々の心を癒してきました。

【協力を得られる】

サツキが団結力や協力の象徴ともされる背景には、その群生する姿が影響しています。一つ一つの花が力を合わせて美しい風景を作り上げることから、この花言葉が生まれました。

サツキの色別の花言葉

サツキの花には、赤、白、ピンク、紫、緑、複色などの多彩な色がありますが、特定の花色ごとの花言葉は明記されていませんでした。しかし、それぞれの色が持つ独自の魅力や意味があります。

サツキの花言葉の由来

サツキの花言葉「節制」や「節約」の由来は、サツキが渓流沿いや岩肌などの厳しい環境を好んで生息することから来ています。この環境での生存戦略が、節制や節約という言葉に繋がっています。

サツキはどんな花を咲かせるの?

サツキは、ヤマツツジやレンゲツツジなどのツツジ属の総称であり、日当たりがよく、川沿いや山間部に自生する植物です。その花は、ピンクや紫色でフリル状の花を5月頃に咲かせ、その美しさは多くの人々を魅了しています。

サツキの開花時期

サツキは5月下旬から6月上旬にかけての短い期間に開花しますが、その期間中は非常に鮮やかな花を咲かせます。

サツキの誕生花

サツキは5月19日の誕生花として知られ、5月生まれの人々にとって特別な花となっています。そのため、5月生まれの人へのプレゼントとしても選ばれることが多いです。

サツキが贈られるシーン

サツキの花言葉から、以下のようなシーンでサツキが贈られることが考えられます。

感謝の気持ちを伝える時

サツキの花言葉「幸福」を通じて、深い感謝の気持ちを伝えることができます。

助けを求める時

「協力を得られる」という花言葉を持つサツキは、助けや協力を求める際の贈り物として適しています。

純粋な愛情を伝える時

「貞淑」という花言葉を持つサツキは、純粋な愛情を伝える際の贈り物として最適です。

サツキの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

サツキは日本固有の花木で、その美しい花や花言葉を通じて多くの人々に愛されています。

この記事では

  • サツキの主な花言葉は「節制」「貞淑」「幸福」「協力を得られる」。
  • サツキは5月下旬から6月上旬にかけて開花する。
  • サツキは感謝の気持ちを伝える時や助けを求める時、純粋な愛情を伝える時などの贈り物として適している。
  • サツキは日本固有の花木で、多くの人々に親しまれている。

について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。