バラ PR

ミニバラの育て方を徹底紹介!成長後のお手入れから人気品種まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ミニバラは、植物の中でも特に有名はバラのコンパクトなサイズの品種になります。園芸界では初心者さんでも比較的育てやすいと有名で、注意すべきこともあまりありません。

しかし、それは「正しい育て方を知っている」という前提である必要があります。そのためこの記事では、ミニバラの正しい育て方を以下の流れで初心者さんでもわかりやすいように解説していきます。

  • そもそもミニバラとはどんな植物なのかを解説
  • ミニバラの育て方のポイント①:置き場所
  • ミニバラの育て方のポイント②:水やりとは
  • ミニバラの育て方のポイント③:土とは
  • ミニバラの育て方のポイント④:肥料とは
  • 成長したらするべきミニバラのお手入れを解説
  • ミニバラの人気の品種には何がある?
  • まとめ

最後までご覧いただくことで、ミニバラの育て方を知ることができることはもちろん、お手入れやよくあるトラブルの対処法についてもご理解いただけますよ!ぜひ最後までお付き合いください。

目次
  1. そもそもミニバラとはどんな植物?
    1. 北半球の亜熱帯~寒帯にかけて広く分布するバラ科バラ属
    2. 花が小さいものや大きく成長しない系統のバラの総称
    3. ミニバラの大半の品種は四季咲き性
    4. 初心者でも育てやすい
  2. ミニバラの育て方のポイント①置き場所
    1. 日当たりと風通しの良い場所を好む
    2. 地植えではなく鉢植えでの管理がおすすめ
    3. ベランダでも育てることができる
    4. 鉢植えの場合
  3. ミニバラの育て方のポイント②:水やり
    1. 地植えの場合
    2. 鉢植えの場合
  4. ミニバラの育て方のポイント③:土
    1. 水はけと水持ちが良く、有機質に富んだ土を好む
    2. 市販のバラ専用の培養土が便利
    3. 草花用培養土に赤玉土小粒を2割ほど混ぜた土でもよい
  5. ミニバラの育て方のポイント④:肥料
    1. 生育期は定期的に緩効性肥料を与える
    2. 花後にはお礼肥を与える
    3. 冬には寒肥を施す
  6. ミニバラのお手入れ
    1. 植え替え
    2. 剪定
    3. ミニバラの増やし方
    4. 花がら摘み
    5. シュートの処理
  7. ミニバラの人気品種
    1. コルダナシリーズ:ミニバラの中でも大輪系で、初心者でも育てやすい
    2. グリーンアイス:開花後に緑色になる
    3. スイートチャリオット:シックな紫色の花で、濃厚なスパイスの匂いがする
    4. ほほえみ:極小のピンク色の花がたくさん咲く
    5. みさき:花びらが多いことが特徴
    6. チュチュオプティマ:白い花弁にピンクのグラデーションが出る
    7. テディベア:レンガ色のようなオレンジの花が特徴
    8. ピーチ姫:優しいピンク色で花もちのいい品種
    9. エクレール:花付き・花もちがとてもよく、雨にも強い
    10. ローズフォーエバー:大輪でバラの香りが強い
    11. 舞姫:房咲き性で春のみに開花する
    12. 八女津姫:レンゲのような姿が特徴
    13. リトルアーチスト:黄色いしべがアクセント
  8. 【まとめ】ミニバラの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで

そもそもミニバラとはどんな植物?

それではまずは、そもそもミニバラとはどんな植物なのかをご紹介していきます。

北半球の亜熱帯~寒帯にかけて広く分布するバラ科バラ属

ミニバラは、バラ科バラ属に属した植物で、北半球の亜熱帯から寒帯にかけて広く分布しています。そのため、さまざまな気候条件で育てることができることからも育てやすいと言われています。

花が小さいものや大きく成長しない系統のバラの総称

それに、ミニバラの最も顕著な特徴は、その小さな花です。バラ属の中でも、花が小さく、大きな成長をしない系統のバラを指す総称として、ミニバラと呼ばれています。コンパクトなので、鉢植えでも育てやすく、管理に手間がかからないと言う魅力もあります。

ミニバラの大半の品種は四季咲き性

また、ミニバラの花の大きさは数センチから10センチほどで、その小さなサイズながら、美しい花弁と鮮やかな色合いを楽しむことができます。ミニバラの大半の品種は四季咲き性で、春から秋までほぼ連続して一年中花を楽しむことができます。しかし、秋以降から冬場にかけては休眠時期に入り、約7度を下回る期間が七日ほど続くと完全に休眠時期に入るので、水やりは控えめにすることもポイントです。

初心者でも育てやすい

ミニバラは初心者でも管理のしやすい植物の一つです。とはいえ、風通しがよく、日当たりを好むため、涼しく明るい場所で栽培することが重要です。

また、適切な水やりと肥料の管理も必要です。土が乾燥しすぎないようにし、定期的に水やりと肥料を与えると、美しい花を咲かせ続け、黒星病などの病気やハダニなどの害虫の発生も防ぎながら栽培することができます。

ミニバラの育て方のポイント①置き場所

続いては、ミニバラの育て方のポイント①の置き場所についてお話ししていきます。どんな置き場所に置くことで良く育つのかをお話ししていきます。

日当たりと風通しの良い場所を好む

ミニバラは日当たりを好む植物です。日中にしっかりと適度な日光を浴びることによって、花の豪華な咲き方や鮮やかな花色を楽しむことができます。そのため、置き場所は日当たりのよい場所に配置しましょう。また、風通しも重要で、湿度を適切に保つために適度に涼しい環境が適しています。

地植えではなく鉢植えでの管理がおすすめ

ミニバラは地植えよりも鉢植えで管理する方が一般的です。これにより、土壌の管理や移動が容易になります。鉢植えなら、日光や風通しの良い場所に移動させることが簡単にでき、時期や気象条件に合わせて適切な環境で栽培することができます。

ベランダでも育てることができる

ミニバラは鉢植えならベランダでも育てることができます。ベランダで栽培する場合も、日当たりや風通しを考慮し、遮光ネットなどで直射日光を適切にコントロールすることが大切です。

鉢植えの場合

それでは鉢植えで栽培する場合のポイントやコツを解説していきます。

夏の暑さが厳しいときは半日陰に移動する

夏の暑さが厳しいときは半日陰に移動させましょう。特に夏季の猛暑には、ミニバラを半日陰に移動することで、植物を守ることができます。直射日光にさらされすぎると、花や葉っぱが枯れることがあります。

寒さに弱い品種は冬の間は室内に取り込む

また、健康に育てるには冬場は室内での管理が必要です。ミニバラは寒さに弱い品種でもあるため、寒さの厳しい地域に住んでいる場合は特に、冬季には室内に取り込んで保護してあげましょう。

ミニバラの育て方のポイント②:水やり

続いてはミニバラの育て方のポイント②の水やりについて解説していきます。

地植えの場合

地植えの場合は以下のことに意識をしながら水やりをしてあげましょう。ミニバラの水やりは、健康な成長や美しい花を楽しむために非常に重要です。特に地植えで栽培する場合、適切な水やりの方法を知っておくことが必要です。

根張りが浅いため乾燥に注意

ミニバラは一般的に根張りが浅いため、土壌が乾燥しやすいです。特に植えつけ直後や成長初期の段階では、土壌が乾かないように心掛けましょう。水を与える際は、根元からゆっくりとたっぷりと水を注ぎます。

根付いてからは基本的に必要ない

ミニバラは根が十分に育って根付いた後は、比較的乾燥に強くなります。根付いてからは、土壌が乾燥するまで水やりを控えることが重要です。過剰な水やりは根腐れの原因になる可能性があるため、注意が必要です。

真夏の乾燥する時期は水やりをする

特に真夏の高温期や乾燥した時期には、ミニバラも水分を必要とします。土壌が乾いたことを確認し、適度に水やりを行いましょう。ただし、過剰な水やりも禁物です。土壌が湿っている場合は、水を与えないようにしましょう。

鉢植えの場合

ミニバラを鉢植えで育てる場合、適切な水やりが美しい花を咲かせるコツの一つです。ここからは、鉢植えのミニバラに適した水やりのポイントを解説していきます。

土の表面が渇いたらたっぷりと

ミニバラの根は比較的浅いため、土の表面が乾いたら水を与えるようにしましょう。土の表面が乾燥する前に水を与えると、根に水が行き渡りません。逆に、土が乾いてからたっぷりと水を与えることで、根がしっかりと水分を吸収できます。特に梅雨時期の湿度が高く雨水も入りやすい時期に水やりをしすぎると、黒星病という病気にもかかりやすく、ハダニなどの害虫も発生しやすくなるので注意が必要です。

花や葉に水をかけないように注意

ミニバラの花や葉に水をかけることは避けましょう。湿った花や葉っぱはカビや病気の原因になることがあります。水やりは鉢の土に対して行い、花や葉が濡れないように心掛けましょう。

ミニバラの育て方のポイント③:土

続いては、ミニバラの育て方のポイント③の土について解説していきます。ミニバラに必要な用土とはなんなのか、またどんな用土が適しているのかを解説していきます。

水はけと水持ちが良く、有機質に富んだ土を好む

ミニバラは、水はけが良く、かつ水分を保持できる土壌を好みます。これにより、根に必要な水分が確保され、同時に根腐れを防ぐのに役立ちます。有機質物質が豊富な土壌は、栄養素を多く持ちし、特に四季咲き性のバラの成長をサポートします

市販のバラ専用の培養土が便利

園芸店やホームセンターで入手できるバラ専用の培養土は、ミニバラの栽培に適しています。これらの土は、水はけと通気性が良く、必要な栄養素を含んでいることが一般的であるため、気にすることも少なく初心者さんでも簡単に植え替えができます。

草花用培養土に赤玉土小粒を2割ほど混ぜた土でもよい

ご自身で土を調合する場合は、草花用培養土に赤玉土(小粒)を混ぜると、水はけが良く、根に適した土を作ることもできます。赤玉土は小粒のものを選び、培養土に対して2割程度混ぜるのがおすすめです。

ミニバラの育て方のポイント④:肥料

最後のミニバラの育て方のポイント④は肥料になります。肥料を与える時期と、どんな肥料がいいのかを解説していきます。

生育期は定期的に緩効性肥料を与える

ミニバラの生育期(基本的には春から秋)には、緩効性肥料を定期的に与えることが大切です。緩効性肥料は、根に必要な栄養素を少しずつ供給し、バラの成長と花つきをサポートします。肥料を与える際には、必ず規定の量に沿って与えてください。

花後にはお礼肥を与える

また、ミニバラが花を咲かせた後、お礼肥(追加の肥料)を与えることで、次の花芽の形成を促すことができます。お礼肥は、リン酸成分が多い肥料が適しています。

冬には寒肥を施す

それに冬は、特に寒冷な地域でミニバラを育てる場合は、冬の間に寒肥を施すことが大切です。これは、ミニバラが冬越しをする為に必要です。

ミニバラのお手入れ

続いては、ミニバラが成長した後にするべきお手入れの方法についてお話ししていきます。ここでは、植え替え・剪定・ミニバラの増やし方・花がら摘み・シュートの処理について解説していきます。

植え替え

まずは植え替えのポイントをご紹介します。

地植えの場合は植え替えの必要はない

ミニバラを庭の地植えで育てている場合は、植え替えの必要はありません。地植えのミニバラは、自然の土壌に根を張り、十分な栄養と水分を持って成長できます。ただし、不要な枝を剪定することは定期的に行いましょう。

鉢植えの場合の植え替えのしかた

  1. 根詰まり予防のために、一回り大きな鉢を用意します。
  2. 土を鉢に2/3ほど入れて、中央にくぼみを作ります。
  3. ミニバラを植え替えます。
  4. 安定するように土を入れ、水をたっぷり与えて完成です。

植え替えの適期は11月頃

ミニバラの植え替えは、秋から冬にかけての11月ごろに行います。寒い季節になる前に行うことで、新しい鉢で根が成長し、春に美しい花を開花することができます。植え替えの際、根を傷つけないよう注意深く行い、新しい鉢が前の鉢よりも少し大きいことを確認しましょう。

剪定

続いては剪定について、どのようにお手入れをするかお話ししていきます。

剪定によりコンパクトなサイズを保つ

剪定をすることにより、ミニバラの高さやサイズをより管理のしやすいように整えることができます。新芽はカットしないよう注意します。

次の花を咲かせるためにも行う

剪定は次の花を咲かせるためにも行いますが、剪定をしすぎると反対に新芽が生えてこないことにもなるので、切りすぎないよう心がけましょう。

剪定の仕方

  1. 清潔なハサミを用意します。
  2. 全体を見渡し、不要な箇所や、枯れた葉っぱなどを剪定します。
  3. 春ごろに花を開花させやすくするために、絶対に新芽のカットはせず、切りすぎないようにします。
  4. お好みのサイズになれば完成です。

ミニバラの増やし方

続いてはミニバラの増やし方について解説していきます。どのようにミニバラを増やせばいいのでしょうか?以下では二つの増やし方をご紹介します。

挿し木のしかた

挿し木はミニバラの茎を土に挿し、発根させ増やす方法です。清潔なハサミで挿し木用の茎をカットし、挿し木用のポットなどに挿して発根を待ちましょう。発根が確認できたら、適切なサイズの鉢に植え替えて終了です。

接ぎ木のしかた

接ぎ木は植物の茎や枝をカットし、他の植物と接合させて新たな植物を作って増やす方法です。接ぎ木は接ぎ木は通常プロや上級者が行う増やし方なので初心者さんは挿し木から始めてオッケーですが、興味のある方は詳しいサイトなどでやり方を参考にするのがオススメです。

花がら摘み

花がら摘みは、定期的に花がらが落ちた時に拾って綺麗にする作業のことを言います。定期的に花がらを摘まないと、病気や害虫の発生を促進してしまうので注意してください。

シュートの処理

ミニバラには、枝の中でも極端に成長する枝があり、それをシュートと呼びます。一年目のシュートはまだ瑞々しく若い枝なので、一気にそこに花が開花したりすると重さに耐えられず折れてしまうことがあるので、せっかく元気なシュートを無駄にしないために一年目はカットしてあげてください。

ミニバラの人気品種

最後は、ミニバラの人気品種について解説していきます。ここからご紹介する人気のミニバラの品種は、コルダナシリーズ・グリーンアイス・スイートチャリオット・ほほえみ・みさき・チュチュオプティマ・テディベア・ピーチ姫・エクレール・ローズフォーエバー・舞姫・八女津姫・リトルアーチストの13種類になります。

コルダナシリーズ:ミニバラの中でも大輪系で、初心者でも育てやすい

コルダナシリーズは、ミニバラの中でも大輪系で、初心者でも育てやすいです。育て方も基本的なものでよく、意識することも少なくて助かる品種です。まず初めにオススメできる品種はこちらになります。

グリーンアイス:開花後に緑色になる

グリーンアイスは、その名の通り開花後に緑色になるミニバラです。見た目の美しさから選ばれる方も多いミニバラになります。

スイートチャリオット:シックな紫色の花で、濃厚なスパイスの匂いがする

スイートチャリオットは、シックな紫色の花で、濃厚なスパイスの匂いがするミニバラになります。カラーが珍しいので、通常のミニバラと合わせて栽培するのがオススメ。

ほほえみ:極小のピンク色の花がたくさん咲く

ほほえみは、極小のピンク色の花がたくさん咲くミニバラです。元から小さいミニバラですが、より小さいサイズなので育てやすく、景観も美しいと人気の品種です。

みさき:花びらが多いことが特徴

みさきは、花びらが多いことが特徴です。鮮やかなピンク色の花は美しく、小さなサイズのミニバラがたくさん咲いていると、インパクトもあってオススメです。

チュチュオプティマ:白い花弁にピンクのグラデーションが出る

チュチュオプティマは、白い花弁にピンクのグラデーションが美しいミニバラです。人気のあるカラーなのでおすすめということもそうですが、コンパクトなので特に鉢植えでオススメです。

テディベア:レンガ色のようなオレンジの花が特徴

テディベアは、レンガ色のようなオレンジの花が特徴的なミニバラです。あまりこのレンガ色のミニバラは見ないので、珍しさゆえに人気もあります。

ピーチ姫:優しいピンク色で花もちのいい品種

ピーチ姫は、優しいピンク色で花もちのいい品種です。かなり綺麗なミニバラですが、名前もチャーミングでかわいいです。花持ちがいいので、長い期間楽しむことができます。

エクレール:花付き・花もちがとてもよく、雨にも強い

エクレールは、花付き・花もちがとてもよく、雨にも強いミニバラです。そのため、屋外での地植えに適しており、地植えが好きな方にはおすすめしたいミニバラになります。

ローズフォーエバー:大輪でバラの香りが強い

ローズフォーエバーは、大輪でバラの香りが強いミニバラです。「バラといえば」というくらい立派な品種で、見応えもあることから園芸がお好きな方には特におすすめしたい品種です。

舞姫:房咲き性で春のみに開花する

舞姫は、房咲き性で春のみに開花するミニバラです。カラーは白ピンクのようでどこかパープルにも見える複雑な色合いが美しいです。春のみに開花する珍しい品種なので、丁寧な管理が必要になります。

八女津姫:レンゲのような姿が特徴

八女津姫は、レンゲのような姿が特徴的なミニバラです。バラとは思えない見た目をしており、珍しさからも評判です。名前も美しく、見た目も美しいので贈り物にも最適です。

リトルアーチスト:黄色いしべがアクセント

リトルアーチストは、黄色いしべがアクセントのミニバラです。全体的には赤色の見た目をしていますが、中央の黄色いしべがなんともいえない美しいアクセントになっていることがチャーミングなミニバラでおすすめです。

【まとめ】ミニバラの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで

いかがだったでしょうか?ミニバラの基本的な育て方から、成長後のお手入れや育て方、地植えや鉢植えでも変わる育て方までしっかりとご理解いただけたのではにないでしょうか?

今回の「ミニバラの育て方」の記事のポイントは以下になります。

  • ミニバラは、バラ科バラ属に属した植物で、北半球の亜熱帯から寒帯にかけて広く分布しており、大半の品種は四季咲き性である育て方が簡単なので、初心者でも育てやすい
  • ミニバラの育て方のポイントの置き場所は、日当たりと風通しの良い場所に置き、鉢植えで育てるのがおすすめ
  • ミニバラの育て方のポイントの水やりは、地植えでも鉢植えでも、根張りが浅いので、一般的な植物よりもやや控えめに水やりをすること
  • ミニバラの育て方のポイントの土は、水はけと水持ちが良く、有機質に富んだ土を選ぶ
  • ミニバラの育て方のポイントの肥料は、生育期は定期的に緩効性肥料を与えること
  • 植え替えや剪定、花がら摘みは定期的に行うことで、健康的に栽培ができる
  • ミニバラの人気品種は、コルダナシリーズ・グリーンアイス・スイートチャリオット・ほほえみ・みさき・チュチュオプティマ・テディベア・ピーチ姫・エクレール・ローズフォーエバー・舞姫・八女津姫・リトルアーチストがある

ぜひこの記事を参考に、ミニバラの健康的に生育することや、また美しい奥深いミニバラの中でもお気に入りの品種を栽培することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。