PR

ラナンキュラスの育て方を解説!成長後のお手入れから人気品種まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ラナンキュラスという名前を聞いたことのない方もいるかもしれませんが、ラナンキュラスはキンポウゲ科キンポウゲ属の、オレンジや黄色のとても美しいお花です。

ラナンキュラスはとても育てやすいお花として園芸好きな方からも評判ですが、まだラナンキュラスを育てたことがなく、これからラナンキュラスを育てたい方や、ラナンキュラスを以外のお花も育てたことのないという初心者さんも含めて、この記事では「ラナンキュラスの育て方」を以下の流れで解説していきます。

  • そもそもラナンキュラスとはどんな植物なのかを解説
  • ラナンキュラスの育て方のポイント①:置き場所
  • ラナンキュラスの育て方のポイント②:水やりとは
  • ラナンキュラスの育て方のポイント③:土とは
  • ラナンキュラスの育て方のポイント④:肥料とは
  • 成長したらするべきラナンキュラスのお手入れを解説
  • ラナンキュラスの人気の品種には何がある?
  • まとめ

最後までご覧いただくことで、基本的なラナンキュラスの育て方から、成長後にするべき育て方、またおすすめの人気品種まで知ることができますよ!ぜひ最後までお付き合いください。

目次
  1. そもそもラナンキュラスとはどんな植物?
    1. 西アジアやヨーロッパが原産のキンポウゲ科キンポウゲ属の球根植物
    2. 薄紙を重ね合わせたような花びらが特徴
    3. 似ている花・アネモネとの違い
  2. ラナンキュラスの育て方のポイント①置き場所
    1. 地植えの場合
    2. 鉢植えの場合
  3. ラナンキュラスの育て方のポイント②:水やり
    1. 土が渇いたらたっぷりと
    2. 開花中は花びらに水がかからないようにする
    3. 葉が黄色く変色してきたら徐々に土の水分を減らす
  4. ラナンキュラスの育て方のポイント③:土
    1. 有機質に富み、水はけのよい土が適している
    2. 地植えの場合
    3. 鉢植えの場合
  5. ラナンキュラスの育て方のポイント④:肥料
    1. 地植えの場合
    2. 鉢植えの場合
    3. 開花前と花後にも追肥をするとよい
  6. ラナンキュラスのお手入れ
    1. 球根の植え付け
    2. 苗の植え付け
    3. 植え替え
    4. 剪定
    5. 花後のお手入れ
    6. 増やし方
  7. ラナンキュラスの人気品種を紹介
    1. ラックスシリーズ:植えっぱなしでも毎年花が咲く
    2. スプリンクルスシリーズ:コンパクトな株と豪華で大きな花が特徴
    3. ランドセルシリーズ:小輪多花性で光沢のある花びらが特徴
    4. ラックスエリス:光沢のある美しい花びらが特徴
    5. セイレン:美しいピーチピンクの花
    6. ゴールドコイン:宿根草で小さな黄色い花を咲かせる
    7. 小春びより:フェミニンで柔らかな色合い
    8. ルージュルージュ:シックで個性的な花を咲かせる
    9. マシェ:1輪に2色が混ざりあう珍しい品種
  8. 【まとめ】ラナンキュラスの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで

そもそもラナンキュラスとはどんな植物?

それではまずは、そもそもラナンキュラスとはどんな植物なのかについてお話ししていきます。

西アジアやヨーロッパが原産のキンポウゲ科キンポウゲ属の球根植物

ラナンキュラスは、主に西アジアやヨーロッパが原産地とされているキンポウゲ科キンポウゲ属の球根植物です。球根植物は冬に休眠をすることで、しっかりと冬越しに備える植物です。また今では世界中で栽培され、美しい花を楽しむことができます。

薄紙を重ね合わせたような花びらが特徴

ラナンキュラスの最も特徴的な部分は、その花びらです。まるで薄紙を重ねたような花びらは、繊細でありながら豊かな色彩を持ち、見る者を魅了します。さまざまな色と模様の品種が存在し、園芸好きな方にも非常に人気があります。

似ている花・アネモネとの違い

続いては、似ている花のアネモネとの違いについて解説していきます。

どちらも春に開花するキンポウゲ科の花

ラナンキュラスとアネモネは、どちらも春に開花するキンポウゲ科の花でもあり、似たような見た目を持つ花です。しかしいくつかの違いがあります。まず、ラナンキュラスの花びらは多く、繊細な質感を持つのに対し、アネモネの花びらは厚く、質感も異なります。

花の裏側の茎との接点で見分けられる

また、花の裏側に注目すると、アネモネは花びらの裏側に茎との明確な接点を持っているのに対し、ラナンキュラスは茎との接点が見られないことがあります。

ラナンキュラスの育て方のポイント①置き場所

それではこの記事の本題でもあるラナンキュラスの育て方を、置き場所・水やり・土・肥料の順に解説していきます。それではまずは、ラナンキュラスの育て方のポイント位の置き場所についてお話ししていきます。

地植えの場合

地植えの場合から解説していきます。

水はけと日当たりの良い場所がよい

地植えの場合は、水はけと日当たりの良い場所を選んで植えることが重要です。直射日光を避けた水はけと日当たりの良い場所で栽培すれば、一年中比較的健康に栽培することができます。また、適度に乾燥を促進させるため、風通しのいい場所に植え付けることも重要です。風通しのいい場所におけば、梅雨などの長期的な雨が続く時期においてもうまく乾燥してくれ、発芽もしやすくなります。

霜の降りる時期は地植えを避ける

また、霜の降りる時期は地植えを避けます。直接霜が当たると根腐れなどの病気の発生につながるので、地植えは避けましょう。

鉢植えの場合

鉢植えの場合を解説していきます。

雨が続くときは軒下や室内などに移動させる

鉢植えは地植えよりも管理や移動がしやすいので、雨が続くときは軒下や室内などに移動させるようにしましょう

冬の間は霜に当てないように戸外で管理する

また、冬の間は霜に当てないように戸外で管理し、適切な温度調節をしながら丁寧に栽培する必要があります。

ラナンキュラスの育て方のポイント②:水やり

続いては、ラナンキュラスの育て方のポイント②の水やりについて解説していきます。育て方の中でも特に水やりは日々行うものであるため、間違った認識で育てると、病気や害虫を発生させてしまうことにもつながります。

土が渇いたらたっぷりと

ラナンキュラスは土が表面から乾いたら、根っこの部分まで十分に水を与えましょう。水やりの際は、土が水を吸収するまでゆっくりと与えることが大切です。ただし、水をため込むことなく、過度な水やりは根腐れの原因となるので注意が必要です。

開花中は花びらに水がかからないようにする

また、開花中は花びらに水がかからないようにしましょう。ラナンキュラスの花びらは繊細で、水に触れると傷むこともあるため、開花時期の間は花びらに直接水をかけないようにすることがポイントです。

葉が黄色く変色してきたら徐々に土の水分を減らす

それに、ラナンキュラスの葉っぱが黄色く変色してきた場合、これは過剰な水やりのサインかもしれません。過剰な水分は根腐れを引き起こす可能性があるため、葉っぱの状態を見て水やりの頻度を調整しましょう。徐々に水の量を減らし、適度な湿度を保つことが大切です。

ラナンキュラスの育て方のポイント③:土

続いての育て方のポイントの土について解説していきます。

有機質に富み、水はけのよい土が適している

ラナンキュラスは天然の成分の有機物を好む植物で、水はけの良い土壌が適しています。土壌中の有機物は栄養源となり、根の健康を保ちます。また、水はけがいいと地植えにも適しており、根っこは発芽や吸水もしやすくなります。

地植えの場合

地植えの場合ではどんな用土を使用することがラナンキュラスにとって適しているのでしょうか?

堆肥などの有機物と肥料を混ぜ込む

地植えの場合は、すでにある土に堆肥や有機肥料を混ぜ込むことでより土壌を改良できます。これにより、土壌の肥沃度が向上し、根が栄養を吸収しやすくなり、成長もよりしやすくなります。

酸性の土壌を嫌うので有機石灰か苦土石灰を混ぜる

また、ラナンキュラスは酸性の土壌を好まず、中性からアルカリ性の土壌を好みます。必要に応じて、有機石灰や苦土石灰を混ぜて土壌のpHを調整することで、より元気に育ちます。

鉢植えの場合

続いては鉢植えの栽培について解説していきます。

市販の培養土で問題ない

鉢植えのラナンキュラスには市販の培養土が適しています。これらの培養土には必要な栄養分があらかじめ含まれており、手軽に使用することのできるメリットがあります。

腐葉土、完熟堆肥などの有機物を3~4割混ぜるとよい

それに加えて、腐葉土、完熟堆肥などの有機物を3~4割混ぜるとより理想的な土壌環境を作ることもできます。このコツを利用してやることもおすすめですが、初心者さんは市販の土でも全然問題ありません。

赤玉土5:腐葉土3:ピートモス2などの混合土なども◎

また、赤玉土5、腐葉土3、ピートモス2などを適切な割合で混ぜることで、ラナンキュラスに適した土壌を作ることもできます。まとめると、お好きなやり方でやることをおすすめします。

ラナンキュラスの育て方のポイント④:肥料

最後の育て方のポイントは、肥料になります。地植えと鉢植ええも肥料の与え方は異なるので、異なる点についてもお話ししていきます。

地植えの場合

まずは地植えの場合に必要な肥料を与える方法やコツを解説していきます。

元肥として植え付け前に化成肥料を施す

ラナンキュラスを植えつける前に、土壌に元肥として化成肥料を施すことがおすすめです。化成肥料を土に混ぜることで、根が必要な栄養を長期的に吸収しやすくなります。元肥の施肥は、春に植え付ける際に行います。

葉が増えたら追肥として化成肥料を株元にまく

またラナンキュラスが成長し、新しい葉を展開し始めたら、追肥が必要です。適切な化成肥料を株元にまくか、液体肥料を散布することで、追加の栄養を供給します。この追肥は、ラナンキュラスの花を豊かに咲かせるために重要です。

鉢植えの場合

続いては、鉢植えで必要な肥料を与える方法やコツを解説していきます。

緩効性化成肥料を鉢の下部に施す

ラナンキュラスをプランターや鉢で育てる場合、植えつけ時に緩効性化成肥料を鉢の下部に施しましょう。これにより、根が長期間にわたって必要な栄養を吸収できます。

葉が増えたら置き肥をする

また、ラナンキュラスが成長し、新しい葉を展開し始めたら、置き肥が必要です。これを行うタイミングは、元肥の施肥後の成長段階です。鉢の表面に追加の化成肥料をまいたり、液体肥料を散布したりして、追肥を行います。

植え替え後にも置き肥を施す

加えて、ラナンキュラスの植え替えを行った際にも、新しい土壌に適切な肥料を混ぜ込んでください。これは、植物が新しい根を発展させ、健康な成長を維持するのに役立ちます。

葉が緑の間に定期的に液肥を与えるとよい

葉が緑色の間はラナンキュラスの成長期に当たります。この時期に液体肥料を定期的に与えることで、よく成長できます。特に葉が緑の間で肥料を与えると、花芽を形成しやすくなります。

開花前と花後にも追肥をするとよい

ここまでお話ししてきた通り、ラナンキュラスは肥料が定期的に必要な植物です。それに、開花前と花後にも追肥をするとより育つのも覚えておくといいでしょう。

ラナンキュラスのお手入れ

続いては、ラナンキュラスのお手入れについて解説していきます。ラナンキュラスの成長後の育て方も重要です。ラナンキュラスのお手入れは、球根の植え付け・苗の植え付け・植え替え・剪定・花後のお手入れ・増やす方法があり、これらを知っておくことで元気なラナンキュラスを栽培することができます。

球根の植え付け

まずは球根の植え付けについて解説していきます。注意すべきことも併せてご紹介していきます。

11月~12月が適期

ラナンキュラスの球根の植え付けは11月から12月にかけて植えるのが適切です。北海道などの寒さの厳しい地域では、霜の降りる前に球根を植えることが重要です。

土の水分が多いときに植え付けると球根が腐る恐れが

球根を植える際、土の水分に注意しましょう。土が過度に湿っていると、球根が腐る可能性があるため、特に屋外が湿度の高い日は植え付けを控えるか、水はけの良い土壌を使用しましょう。

地植えの場合の植え付け

地植えの場合、十分な日当たりと風通しの良い場所を選びます。球根を地中に植える際には、球根同士の間隔を約15~20cm程度空けて植えることがおすすめです。水はけのいい土で栽培しましょう。

鉢植えの場合の植え付け

鉢植えにラナンキュラスを育てる場合、適切なサイズの鉢を選びます。球根同士の間隔を保ちながら、球根を土に埋め、鉢の表面から約5~10cmの深さに配置します。球根が吸水しやすいように、植えた後に被せる土は硬くしすぎないようにします。

プランターなどに複数株植える場合は15~20cm程度の間隔で

また、複数のラナンキュラスを同じプランターやベッドに植える場合、各球根の間隔を15~20cm程度空けると、花が美しく広がります。近すぎると発芽しにくくなります。

苗の植え付け

続いては、苗の植え付けについて解説します。多くは、購入する際は苗であることが多いでしょうから、苗の植え方を知っておくことは重要です。

初心者の方は苗からがおすすめ

ラナンキュラスの苗は、球根から育てるよりも育てやすく、成功率が高いため、初心者にとっては良い選択です。地元の園芸店やオンラインで苗を入手できます。苗は既に発芽しており、成長段階が進んでいるため、初めての方にも手軽に育てることができます。

元肥を施す

苗を植え付ける場合は、新しい用土に元肥を施すことで成長がしやすくなります。これは通常の植え替えとも同様なので特に難しいこともありません。

根鉢を崩さないように植え付ける

また、ラナンキュラスの苗は根鉢がついています。基本的には崩して植え替えますが、ラナンキュラスの植え付けの際は根鉢を崩さないように注意しましょう。予め植えるスペースに穴を掘り、根鉢が収まるように植え付けます。

植え替え

お次は植え替えについてご紹介します。どんなタイミングで植え替えをするべきなのか、またどんな時期に植え替えをするべきなのかについて解説をしていきます。

根詰まりを起こしたら植え替えをする

植え替えをする基準は、「根詰まりを起こしたら」と覚えておきましょう。基本的には根詰まりを起こす前に植え替えをすることが重要ですので、日頃からチェックは怠らないようにしましょう。

暖地では11月中旬~12月中旬が適期

暖地では、11月中旬~12月中旬が適期になります。多くの暖地ではこの時期を参考にするのがおすすめですが、年によっては寒さが激しい時もあるため、臨機応変に植え替えるようにしましょう。

北海道などの寒冷地は10月上旬~11月中旬が適期

また、日本の中でも寒さが目立つ東北や北海道などの地域ではもう少し早めの、10月上旬~11月中旬に植え替えましょう

植え替えのしかた

植え替えは、根っこの成長を考え一回り大きな鉢を用意し、排水性の高い土に植え替えます。植え替え時期やタイミングを考慮し、適切な時期に行うのがポイントです。鉢底には鉢底石や鉢底ネットがあるとより排水性が高まります。土の入れた鉢にやさしく植え替えて、苗が固定するよう少しの土を被せて完成です。

剪定

続いては、剪定の方法を解説していきます。剪定時に切った花を切り花として贈り物にすることもできますが、飾ることもできおすすめです。

枯れた花は放置すると病害虫の原因に

ラナンキュラスの花が枯れたら、枯れた花を定期的に取り除きましょう。枯れた花を放置すると、病害虫の温床となる可能性があります。枯れた花を切り取り、健康な部分だけを残しましょう。

花が終わったら花茎を株元まで切り戻す

また、ラナンキュラスの花が終わったら、花茎を株元まで切り戻します。これにより、新しい花芽の形成を促し、次の花の準備を整えます。花茎を切り戻す際には、鋭い手ばさみや剪定鋏を使用し、株を傷つけないように注意しましょう。まだ水やりをすれば鑑賞できそうであれば、捨てずに切り花として飾るのもいいですよ。

花後のお手入れ

続いては、花後のお手入れについて解説していきます。

花後1カ月はよく日に当てて肥培を続ける

ラナンキュラスの花が終わった後も、日光を十分に受けることが大切です。花後1カ月は、陽の光をしっかりと浴びながら株を肥料でサポートしましょう。また、水やりは土が乾いたら行い、土壌を適切に湿らせましょう。

枯れたら掘り上げ、球根を保管する

ラナンキュラスの球根は、寒さに耐えるために冬季に地中に隠れることがあります。花が完全に枯れたら、球根を掘り上げましょう。球根は霜や凍結から守るため、保管用の袋や容器に入れ、涼しい場所で保管します。

増やし方

最後はラナンキュラスの増やし方について解説していきます。ラナンキュラスのの育て方の中においても、大きくなったらぜひ増やすことをおすすめします。ここではその増やし方を種まきと分球に分けて解説していきます。

種まき:10月が適期

ラナンキュラスを種から育てることは、楽しみながら新しい株を増やす方法です。適切な時期は10月になります。お好きな種類の種をオンラインや園芸店で購入し、10月ごろにまいて育ててみてください。発芽するまでは、日光と水やりは適度に行います。

分球:5~6月が適期

ラナンキュラスは球根を増やすことができるため、分球も一般的な増やし方になります。適切な時期は5~6月です。球根を用意するか、掘り上げるかで球根を確保します。球根を適度に乾燥させると自然と手でも簡単に分球できるので、分かれた球根を植え付け、発芽するまで待ちます。以降の育て方はこの記事でご説明してあるとおりです。

ラナンキュラスの人気品種を紹介

最後は、ラナンキュラスの人気品種を紹介していきます。ここでご紹介するのは9種類で、ラックスシリーズ・スプリンクルスシリーズ・ランドセルシリーズ・ラックスエリス・セイレン・ゴールドコイン・小春びより・ルージュルージュ・マシェです。一つずつの特徴をご紹介します。

ラックスシリーズ:植えっぱなしでも毎年花が咲く

ラックスシリーズは、植えっぱなしでも毎年花が綺麗に咲く扱いやすいラナンキュラスです。植えっぱなしでも大丈夫なほど生命力があり、特に管理が忙しくてできない方や、室内での管理を望む方にはおすすめの品種です。

スプリンクルスシリーズ:コンパクトな株と豪華で大きな花が特徴

スプリンクルスシリーズはコンパクトな株で、豪華で大きな花が特徴的です。さまざまな色合いがあり、ガーデンや鉢植えに適しています。

ランドセルシリーズ:小輪多花性で光沢のある花びらが特徴

ランドセルシリーズは、小輪多花性で、光沢のある花びらが特徴です。花持ちが良く、花壇の見応えのあるものえと変え、アクセントと魅力を加えるおすすめ品種です。

ラックスエリス:光沢のある美しい花びらが特徴

ラックスエリスは、光沢のある美しい花びらが特徴で、シックな雰囲気を醸し出します。切り花としても人気がある品種になります。

セイレン:美しいピーチピンクの花

セイレンは、美しいピーチピンクの花を咲かせ、繊細で優雅な雰囲気を持つ品種です。花束にすると魅力的なので、複数育ててみることをおすすめします。

ゴールドコイン:宿根草で小さな黄色い花を咲かせる

ゴールドコインは、宿根草で小さな黄色い花を咲かせます。芝生や庭のアクセントとして使われることがあります。

小春びより:フェミニンで柔らかな色合い

フェミニンで柔らかな色合いを持つ品種で、優雅な雰囲気を演出します。小春びよりは名前の通り、優しい印象を持つラナンキュラスとしても有名です。

ルージュルージュ:シックで個性的な花を咲かせる

ルージュルージュは、シックで個性的な花を咲かせ、お庭や花壇にエレガントな雰囲気を加えます。赤色のモダンな花びらはかなりインパクトがあるので、切り花として飾っておくこともいいでしょう。

マシェ:1輪に2色が混ざりあう珍しい品種

マシェは、1輪に2色が混ざりあう珍しい品種です。ピンクや白が混ざり合うグラデーションの綺麗な花びらは、プレゼントには最適すぎるほどのデザインです。お部屋のインテリアとも相性が良く、鉢植えでの雰囲気はとても良いものになるでしょう。

【まとめ】ラナンキュラスの育て方を徹底解説!成長後のお手入れから人気品種まで

いかがだったでしょうか?基本的なラナンキュラスの育て方から、植え替えや球根の球根の植え付けなどの成長後にするべき育て方も一挙にご理解いただけたのではないでしょうか?

今回の記事のラナンキュラスの育て方のポイントは以下になります。

  • ラナンキュラスは、主に西アジアやヨーロッパが原産地とされているキンポウゲ科キンポウゲ属の球根植物
  • ラナンキュラスの育て方の置き場所のポイントは、水はけと日当たりの良い場所で栽培すること
  • ラナンキュラスの育て方のポイントの水やりは、土が渇いたらたっぷりと水を与え、開花中は花びらに水がかからないようにすること
  • ラナンキュラスの育て方のポイントの土は、有機質に富み、水はけのよい土で植えること
  • ラナンキュラスの育て方のポイントの肥料は、化成肥料を使用し、地植えも鉢植えも元肥として植え付け前に施すか、随時液体肥料などで栄養補給する
  • 枯れた花は放置すると病害虫の原因になるので、早め早めの剪定を心がける
  • ラックスシリーズ・スプリンクルスシリーズ・ランドセルシリーズ・ラックスエリス・セイレン・ゴールドコイン・小春びより・ルージュルージュ・マシェなどは人気のラナンキュラスとしておすすめ

ぜひこの記事を参考に、おすすめの品種のラナンキュラスを健康的に栽培することをおすすめします!お気に入りのラナンキュラスを楽しく栽培してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。