花言葉 PR

デンドロビウムの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはデンドロビウムというお花をご存知でしょうか。節から出た短い茎にびっしりと第三デンドロビウムですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • デンドロビウムの花言葉
  • デンドロビウムの色別の花言葉
  • デンドロビウムの花言葉の由来
  • デンドロビウムはどんな花を咲かせるの?
  • デンドロビウムを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、デンドロビウムのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もデンドロビウムについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められたメッセージや感情を表現するための言葉です。歴史的背景や文化、伝承などに基づいて、各花に特定の意味や感情が割り当てられています。

ヨーロッパの宮廷文化を起源とし、19世紀のヴィクトリア時代にイギリスで流行したことから、多くの花に花言葉がつけられました。これにより、花を贈る際にその背後にある深い意味やメッセージを伝えることができ、贈り物としての価値を高めています。

怖い意味はある?デンドロビウムの花言葉

デンドロビウムは、その美しさと独特の魅力から多くの花言葉が与えられています。この花は、アジアやオーストラリア原産で、その独特の形状と色彩から多くの愛好者を魅了しています。

【わがままな美人】

デンドロビウムの花は、その大きさと華やかさから「わがままな美人」という花言葉がつけられました。この花言葉は、デンドロビウムの魅力的な外見と、その独自の存在感を表しています。また、その美しさには自信を持っていることを示唆しています。

【華やかな魅力】

デンドロビウムは、その美しさと独特の魅力から「華やかな魅力」という花言葉も持っています。これは、デンドロビウムが放つ明るく魅力的なオーラを表しています。その華やかさは、特別な日の装飾やギフトとしても人気があります。

【思いやり】

デンドロビウムの花言葉には「思いやり」という意味も含まれています。これは、デンドロビウムが人々に癒しや安らぎをもたらす存在であることを示しています。その優雅な姿は、見る人の心を和ませる力があります。

デンドロビウムの色別の花言葉

デンドロビウムの花言葉は、その色によっても異なる意味を持っています。色によって、異なる感情やメッセージを伝えることができるのです。

ピンク色の花言葉:「官能」「誘惑」

ピンク色のデンドロビウムは、「官能」と「誘惑」という花言葉を持っています。これは、ピンク色が持つ甘美で魅力的なイメージを表しています。ピンク色のデンドロビウムは、恋人への贈り物や特別な日の装飾としても人気があります。

白色の花言葉:「純粋な愛」「誘惑に負けない」

白色のデンドロビウムは、「純粋な愛」と「誘惑に負けない」という花言葉を持っています。これは、白色が持つ純粋さや清潔感を表しています。白色のデンドロビウムは、結婚式や祝福の場面での贈り物としても選ばれることが多いです。

紫色の花言葉:「愛と美」「官能」「喜び」「欲望」

紫色のデンドロビウムは、「愛と美」「官能」「喜び」「欲望」という花言葉を持っています。これは、紫色が持つ神秘的で魅力的なイメージを表しています。紫色のデンドロビウムは、特別な日や祝福の場面での贈り物としても人気があります。

赤色の花言葉:「情熱と欲望」「強烈な愛の願望」

赤色のデンドロビウムは、「情熱と欲望」と「強烈な愛の願望」という花言葉を持っています。これは、赤色が持つ情熱や強烈な愛情を表しています。赤色のデンドロビウムは、愛の告白や特別な日のサプライズとしても選ばれることが多いです。

デンドロビウムの花言葉の由来

デンドロビウムの名前の由来は、ギリシャ語の「樹木(dendron)」と「生活する(bios)」から来ています。これは、デンドロビウムが岩や木に根をくっつけて成長する「着生ラン」であることを示しています。この特性から、デンドロビウムは多様な環境での生育が可能であり、その生命力の強さも花言葉に影響しています。

デンドロビウムはどんな花を咲かせるの?

デンドロビウムは、アジアを中心に、世界中に広がっているラン科の植物であり、「カトレア」「シンビジウム」「パフィオペディルム」と並んで「世界四大洋蘭」と称されています。木の枝の上に根を広げて育つ性質を持つ着生ランで、1つの茎にいくつも花を咲かせます。その花は、大きさや色、形状が多様で、それぞれ異なる魅力を放っています。

デンドロビウムの開花時期

デンドロビウムの開花時期は、2月から10月までとなっています。この期間中、美しい花を楽しむことができます。特に春から初夏にかけては、最も美しい花を咲かせる時期とされています。

デンドロビウムの誕生花

デンドロビウムは、特定の月の誕生花として知られているわけではありませんが、その美しさから多くの人々に愛されています。特に、花言葉の「わがままな美人」や「華やかな魅力」から、女性への贈り物としても人気があります。

デンドロビウムが贈られるシーン

デンドロビウムの花言葉から、以下のようなシーンで贈られることが考えられます。

愛の告白

「純粋な愛」や「情熱と欲望」といった花言葉から、愛の告白や愛を深めるシーンでのプレゼントとして適しています。特に、赤やピンク色のデンドロビウムは、その色の持つ情熱や魅力を最大限に活かして、愛のメッセージを伝えることができます。

感謝の気持ちを伝える時

「思いやり」という花言葉から、感謝の気持ちを伝える際の贈り物として適しています。デンドロビウムの優雅な姿は、贈る人の心のこもった感謝の気持ちを相手に伝えるのに最適です。

魅力を伝える時

「華やかな魅力」という花言葉から、自分の魅力を伝える際の贈り物として適しています。デンドロビウムの華やかな姿は、贈る人の魅力や自信を相手に伝えるのに最適です。

デンドロビウムの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

デンドロビウムは、その美しさと独特の魅力から多くの花言葉が与えられています。この花は、愛の告白や感謝の気持ちを伝える際の贈り物として、また、自分の魅力を伝える際のアイテムとしても適しています。

この記事では

  • デンドロビウムの主な花言葉は「わがままな美人」「華やかな魅力」。
  • デンドロビウムは2月から10月までの開花時期を持つ。
  • デンドロビウムは愛の告白や感謝の気持ちを伝える際の贈り物として適している。
  • デンドロビウムは、その美しさと独特の魅力から多くの人々に愛されています。

について紹介しました

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。