花言葉 PR

ムシトリスミレの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはムシトリスミレというお花をご存知でしょうか。粘り気のある綿毛で虫を絡め取って自身の栄養にすることで知られるムシトリスミレですが、せっかくお世話になった人に贈るならどのような花言葉をもっているのか、どのようなシーンに送るのが適しているのかを知っておきたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花言葉とは?
  • ムシトリスミレの花言葉
  • ムシトリスミレの色別の花言葉
  • ムシトリスミレの花言葉の由来
  • ムシトリスミレはどんな花を咲かせるの?
  • ムシトリスミレを送るのに適したシーン

について紹介していきます。
この記事を読めば、ムシトリスミレのことをあまり知らない人から大切な人にお花を送ろうと考えている人もムシトリスミレについて詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

そもそも花言葉とは?

花言葉は、花に込められたメッセージや感情を言葉で表現したものです。異なる文化や時代によって、一つの花に複数の花言葉が存在することもあります。花言葉は、感謝や愛情、尊敬などの感情を伝える手段として利用され、贈り物としての花にさらなる意味を持たせることができます。

ムシトリスミレの花言葉

ムシトリスミレの花言葉は「幸福を告げる」と「欺きの香り」です。この花言葉は、ムシトリスミレの美しい外見と、食虫植物としての一面を表しています。

【幸福を告げる】

ムシトリスミレは、その可憐な花が幸福を感じさせるとされています。特に、春の訪れや新しい始まりを象徴し、見る者に穏やかな幸せを感じさせてくれると言われています。この花言葉は、新しいスタートや喜びの瞬間を祝う際にふさわしいメッセージとなります。

【欺きの香り】

一方で「欺きの香り」は、ムシトリスミレが虫を引き寄せ、捕らえる特性を指しています。この花言葉は、外見の美しさに隠された別の一面や、予期せぬサプライズを表しています。贈り物としては、見た目とは裏腹な強さや意志を持つ人へのメッセージとして選ばれることもあります。

ムシトリスミレの色別の花言葉

ムシトリスミレの花は通常、淡紫色から濃紫色をしていますが、色別の花言葉はありません。

ムシトリスミレの花言葉の由来

ムシトリスミレの花言葉の由来については特に知られていません。

ムシトリスミレはどんな花を咲かせるの?

ムシトリスミレは、淡紫色から濃紫色、または白の花を咲かせます。花期は6月から8月にかけてで、特に湿り気のある岩場や草地、石灰岩帯などで見ることができます。

ムシトリスミレの開花時期

ムシトリスミレの開花時期は、初夏から夏にかけて、具体的には6月から8月です。この時期、美しい紫色の花を楽しむことができます。

ムシトリスミレの誕生花

ムシトリスミレは4月16日の誕生花として知られています。

ムシトリスミレが贈られるシーン

ムシトリスミレが贈られるシーンには以下のようなシーンが考えられます。

新しいスタートを祝う場面

「幸福を告げる」花言葉から、新しいスタートや新しい門出を祝うシーンで贈られることが考えられます。例えば、結婚や新しい仕事の開始を祝って贈ることができます。

予期せぬサプライズを演出する場面

「欺きの香り」の花言葉を活かし、サプライズを計画している場面でのプレゼントにも適しています。見た目の可憐さとは裏腹な強さを持つ人への贈り物としても選ばれることがあります。

友人やパートナーへの感謝の気持ちを伝える場面

ムシトリスミレの花が持つ可憐で美しい外見は、感謝の気持ちを素直に伝えるのにふさわしい花です。友人やパートナーへの感謝を表す際に贈ると、喜ばれるでしょう。

ムシトリスミレの花言葉とは?花言葉の由来から贈られるシーンまで紹介!のまとめ

ムシトリスミレは、その美しい外見と食虫植物としての特性を持つ興味深い花です。

この記事では

  • ムシトリスミレの花言葉は「幸福を告げる」と「欺きの香り」。
  • 色別の花言葉はありません。
  • ムシトリスミレは新しいスタートやサプライズ、感謝を伝えるシーンで贈られる。
  • ムシトリスミレは6月から8月にかけて美しい紫色の花を咲かせます。

について紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、ぜひご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。