おすすめ PR

【2024年】レーキのおすすめランキング10選を紹介!失敗しない選び方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは、庭の手入れに使うレーキの存在をご存じでしょうか。手動で庭の落ち葉を集めたり、芝生を整えたりするのに非常に便利な道具ですが、購入する際にはその選択に失敗したくないものです。この記事では、

  • レーキとは一体どのような道具なのか?
  • どのような人にレーキは最適なのか?
  • レーキの購入先はどこがおすすめなのか?
  • レーキの選び方について
  • レーキのおすすめ人気ランキング10選
  • レーキの正しい使い方
  • まとめとして、レーキ選びのポイント

に焦点を当ててご紹介します。この記事を通じて、レーキの選び方から購入方法、おすすめの商品、そして使い方まで、レーキ購入を検討している方が知りたい情報を網羅的に解説していきます。レーキ選びで迷っている方は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

目次
  1. レーキとは?
    1. レーキの基本的な形状と特徴
    2. レーキの歴史と発展
    3. レーキの環境への影響
  2. レーキはどんな人におすすめ?
    1. ガーデニングを趣味にする人
    2. プロの造園業者
    3. 広い庭を持つ家庭
  3. レーキはどこで購入することができるの?
    1. ホームセンターでの購入
    2. ガーデニングショップでの購入
    3. オンラインストアでの購入
  4. レーキの選び方
    1. 用途に合わせたレーキの選び方
    2. 素材と重量のバランス
    3. 全長と伸縮性の有無
  5. レーキのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:高儀 TAKAGI スライド式伸縮レーキ 大
    2. ランキング2位:千吉 伸縮式 ステンレーキ
    3. ランキング3位:浅香工業 金象印 H・S スチールレーキ
    4. ランキング4位:キンボシ(Kinboshi) GS スチールレーキ
    5. ランキング5位:ゴールデンスター(Kinboshi)芝生のサッチ取りレーキ12本爪
    6. ランキング6位:コンパル アルミ伸縮レーキ (12本爪)
    7. ランキング7位:浅香工業 金象印 ステンレス 板レーキ
    8. ランキング8位:TRUSCO(トラスコ) ガーデンレーキ 玉付き
    9. ランキング9位:千吉 ガーデンレーキ (グリップ付き)
    10. ランキング10位:千吉 アメリカンレーキ 木柄
  6. レーキの使い方
    1. 基本的なレーキの使い方
    2. サッチング作業でのレーキの使い方
    3. レーキのメンテナンス方法
  7. 【2024年】レーキのおすすめランキング10選を紹介!失敗しない選び方までのまとめ

レーキとは?

レーキは、落ち葉や雑草などを集めるためのガーデニング用具です。先端には複数の歯があり、これを使って地面をかき集めることで、草刈り後の清掃作業が効率的に行えます。素材には木やアルミ、スチールが一般的で、軽量かつ丈夫な作りが求められます。

レーキの基本的な形状と特徴

レーキの頭部は、幅広の熊手タイプから細かい作業に適した細長いタイプまで様々です。素材はアルミやスチールが主流で、軽量かつ錆びにくい特性を持っています。形状によって用途が異なり、広範囲の落ち葉掃除には幅広タイプが、細かい作業には細長タイプが適しています。

レーキの歴史と発展

レーキは古くから農具として使われてきましたが、現代ではガーデニングやサッチング作業にも欠かせないアイテムです。アメリカンタイプのレーキは特に伸縮性に優れ、収納に便利な設計がされています。ガーデン作業の効率化を追求する中で、多様なタイプのレーキが開発されてきました。

レーキの環境への影響

レーキの使用は、電動工具に比べて環境に優しいとされています。電源や燃料を必要とせず、人の手で操作するため、騒音や排気ガスの心配がありません。また、地面を傷つけにくいため、芝生などの植生保護にも役立ちます。

レーキはどんな人におすすめ?

レーキは、庭の手入れを定期的に行うガーデニング愛好家や、プロの造園業者におすすめです。特に、広い芝生の管理を行う人や、秋の落ち葉掃除が多い地域に住む人にとっては、作業の効率を大きく向上させることができます。

ガーデニングを趣味にする人

ガーデニングを楽しむ人にとって、レーキは芝生の手入れや落ち葉の掃除をする際に非常に便利な用品です。軽量で扱いやすいレーキは、長時間の作業でも疲れにくく、庭の美観を保つためには欠かせないアイテムです。

プロの造園業者

プロの造園業者にとってレーキは、効率的な作業を行うための必需品です。特に伸縮性のあるレーキは、全長の調整が可能で、様々なサイズの芝生や庭に対応できるため、一つ持っているだけで多くの現場で活躍します。

広い庭を持つ家庭

広い庭を持つ家庭では、季節の変わり目に落ち葉が多くなることがあります。このような家庭では、大きな頭部を持つレーキが掃除の時間を短縮してくれるため、家族での庭の手入れがより楽しいものになります。

レーキはどこで購入することができるの?

レーキはホームセンター、ガーデニングショップ、オンラインストアなどで購入することができます。価格帯も幅広く、用途や好みに応じて選ぶことが可能です。

ホームセンターでの購入

ホームセンターでは、金象印やトンボなどの有名な農具ブランドのレーキを手に取って選ぶことができます。実際に重量や全長を確認しながら、自分に合ったレーキを見つけることができるのがメリットです。

ガーデニングショップでの購入

ガーデニング専門店では、より専門的なレーキを取り扱っています。店員のアドバイスを受けながら、サッチングや細かいガーデン作業に適したレーキを選ぶことができます。

オンラインストアでの購入

オンラインストアでは、レビューやランキングを参考にしながら、自宅にいながらにしてレーキを購入することができます。幅広い選択肢と、しばしば提供される割引が魅力です。

レーキの選び方

レーキを選ぶ際には、用途、素材、重量、全長、形状など、様々な要素を考慮する必要があります。用途に合わせたレーキを選ぶことで、作業の効率が大きく向上します。

用途に合わせたレーキの選び方

レーキの選び方で最も重要なのは用途です。芝生の手入れを主に行うのであれば、サッチングに適したタイプを、落ち葉を集めることが多い場合は、広い頭部を持つタイプが適しています。

素材と重量のバランス

レーキの素材は、アルミやスチールが主流ですが、軽量であることと丈夫さのバランスを考える必要があります。長時間の作業を考慮すると、軽量で疲れにくいアルミ製がおすすめです。

全長と伸縮性の有無

レーキの全長は作業のしやすさに直結します。また、伸縮性のあるレーキは、身長や作業場所に合わせて長さを調節できるため、一つで多目的に使用することができます。

レーキのおすすめ人気ランキング10選

レーキは、ガーデニングや庭の手入れに欠かせないツールです。多種多様なブランドやモデルが市場に出回っており、それぞれに特徴や強みがあります。選ぶ際には、用途や使い勝手、耐久性、価格など、さまざまな要素を考慮する必要があります。ここでは、草刈り後の清掃、芝生のメンテナンス、サッチング作業、雑草の除去など、幅広い用途に対応するレーキの中から、特におすすめの人気ランキング10選をご紹介します。

金象印やトンボといった信頼のブランドから、アルミ製で軽量なもの、伸縮性に優れた便利なモデル、熊手のような形状で落ち葉を効率よくかき集めるタイプまで、多様なニーズに応える製品をピックアップしました。サイズや重量、形状、素材など、細かな仕様を比較しながら、最適なレーキを見つけていただければと思います。

ランキング1位:高儀 TAKAGI スライド式伸縮レーキ 大

このレーキは、落ち葉や草刈りの後の清掃作業に非常に便利です。その特徴は、伸縮可能な全長が約80~160cmで、使い勝手を向上させます。さらに、コンパクトなサイズであり、195×820×55mmというコンパクトな寸法を備えています。それにもかかわらず、重量はわずか780gと軽量で、取り回しも簡単です。

商品名スライド式伸縮レーキ
価格1,073円(税込み、別途配送料)
ブランド高儀
寸法伸縮全長:約80~160cm サイズ:195×820×55mm
重さ780g

ランキング2位:千吉 伸縮式 ステンレーキ

このレーキは、ピンでパイプをしっかり固定するタイプの伸縮柄を備えており、従来の伸縮タイプとは異なり、作業中にパイプが不意に緩むことがありません。また、サビに強く、お手入れが簡単なステンレスヘッドを採用しており、長寿命で高いパフォーマンスを維持します。さらに、軽量でありながらも耐久性に優れ、握りやすい楕円形のアルミパイプが採用されています。

商品名伸縮式ステンレーキ
価格3,004円(税込み、配送料別途)
ブランド千吉
寸法最短時:約800mm最長時:約1300mm
重さ約800g

ランキング3位:浅香工業 金象印 H・S スチールレーキ

このレーキの爪部は頑丈なスチール製で、先端の爪にはリブ加工が施されており、これによって強度が飛躍的に向上しています。この12本爪タイプの設計は、清掃や整地作業に最適であり、多くの用途で優れたパフォーマンスを発揮します。リブ加工された爪は土やゴミをしっかりと掻き集め、不均一な地面でも効果的に作業が行えます。

商品名金象印H・Sスチールレーキ
価格2,542円(税込み、配送料別途)
ブランド浅香工業
寸法29.5W x 143H cm
重さ1.2kg

ランキング4位:キンボシ(Kinboshi) GS スチールレーキ

このレーキは多くのレビューで高評価を受けており、使いやすさがおすすめの商品です。畑や庭の草を力強く集めるのに非常に役立ち、特に年配の方にも適度な重みを持ちつつ、草を効果的に集めて早く片付けるのに貢献しています。ユーザーからは、「自分の手のように動いてくれる」という感想も多く、強力なサポートをしています。

商品名G3スチールレーキ
価格2,345円(税込み、配送料別途)
ブランドキンボシ
寸法107 x 17 x 8.5 cm
重さ550 g

ランキング5位:ゴールデンスター(Kinboshi)芝生のサッチ取りレーキ12本爪

サッチは、芝生の根や刈りくずが枯れて、床土の表面に形成されるもので、芝生にとって大敵です。このサッチが放置されると、水が浸透しにくくなり、芝生の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。芝生が長い状態だと、サッチを取り除くことが難しいこともあります。このレーキは12本の爪でサッチを取り除きます。

商品名芝生のサッチ取りレーキ
価格2,964円(税込み、配送料別途)
ブランドゴールデンスター
寸法‎76 x 31.2 x 10 cm
重さ780 g

ランキング6位:コンパル アルミ伸縮レーキ (12本爪)

このレーキは、錆びない強靭な爪を備えており、耐久性に優れ、軽量でありながら非常に丈夫です。その深さが11cmの爪は、耕作や草の集める作業に非常に便利で、土の平らなしにも適しています。また、このレーキは場所や環境に合わせて長さを調節でき、収納時にも非常に便利です。使い勝手の良いデザインと頑丈な構造が、さまざまな作業に対応し、庭や畑のお手入れを効率的かつ楽しく行うのに役立つでしょう。

商品名アルミ伸縮レーキ(12本爪)
価格1,582円(税込み、配送料別途)
ブランドコンパル
寸法‎75 x 41 x 11 cm
重さ500 g

ランキング7位:浅香工業 金象印 ステンレス 板レーキ

このレーキは、頭部がステンレス製であり、付着物が付きにくい特性を備えています。そのため、清掃や整地作業において最適なツールと言えます。ステンレスの頭部は、汚れやゴミが簡単に付着せず、効率的に作業を進めるのに役立ちます。このレーキを使用することで、清潔で効果的な清掃と整地作業が可能となり、作業効率を向上させます。

商品名金象印ステンレス板レーキ
価格4,657円(税込み、配送料別途)
ブランド浅香工業
寸法146.99 x 45.01 x 8 cm
重さ1.2 kg

ランキング8位:TRUSCO(トラスコ) ガーデンレーキ 玉付き

このレーキは、頭部の爪幅が調整可能で、異なる用途に合わせて柔軟に使用できます。爪先が玉付きで丸くなっているため、地面に引っ掛かり過ぎず、効率的に作業を行うことができます。さらに、手になじむ木柄が採用されており、使いやすさに配慮されています。このレーキは、落ち葉やゴミ、植木の刈り込み後の収集や清掃作業に最適です。用途に合わせて調整できる頭部と効率的な爪設計によって、作業が迅速かつ効果的に行えることでしょう。庭や庭園のお手入れに欠かせない便利なツールです。

商品名ガーデンレーキ玉突き
価格1,703円(税込み、配送料別途)
ブランドTRUSCO
寸法165 x 23 x 8 cm
重さ900 g

ランキング9位:千吉 ガーデンレーキ (グリップ付き)

このレーキは、グリップが付いており、握りやすい設計を採用しています。そのため、土起こしや土ならしの作業が楽々と行えるのが特長です。グリップが手にしっかりフィットし、作業中に滑りにくいので、効率的かつ快適に土壌を整えることができます。

商品名ガーデンレーキ(グリップ付き)
価格1,173円(税込み、配送料別途)
ブランド千吉
寸法45.39 x 20.19 x 10.59 cm
重さ467.99 g

ランキング10位:千吉 アメリカンレーキ 木柄

このレーキは、主に集草作業や畑のお手入れ作業に最適なツールです。用途としては、集草や清掃作業に優れています。その特徴は、非常に丈夫で、刃先に焼入れ処理が施されているため、曲がりにくい耐久性を誇ります。さらに、曲がりを防ぐためのリブ加工が施されています。

商品名アメリカンレーキ木柄
価格2,133円(税込み、配送料別途)
ブランド千吉
寸法‎154 x 30 x 7.5 cm
重さ1.1 kg

レーキの使い方

レーキの使い方はシンプルですが、効率的に作業を行うためにはいくつかのコツがあります。正しい使い方を覚えることで、ガーデニングや農作業がより快適になります。

基本的なレーキの使い方

レーキを使う基本は、腰をかがめずに立ったままで作業することです。レーキを地面に対して垂直にし、軽く引くだけで落ち葉や雑草を集めることができます。力を入れすぎず、リズミカルに作業を行いましょう。

サッチング作業でのレーキの使い方

サッチング作業では、レーキの歯を使って芝生の表面を軽くかき混ぜます。これにより、芝生の根元に空気と水が行き渡りやすくなり、健康的な芝生を育てることができます。

レーキのメンテナンス方法

レーキを長持ちさせるためには、使用後のメンテナンスが重要です。泥や落ち葉をきれいに取り除き、水洗い後はよく乾燥させてから収納しましょう。特に金属製のレーキは錆びを防ぐために、定期的な手入れが必要です。

【2024年】レーキのおすすめランキング10選を紹介!失敗しない選び方までのまとめ

レーキはガーデニングや農作業において、非常に便利な用品です。選び方一つで作業の効率が大きく変わるため、用途や好みに合わせたレーキを選ぶことが大切です。この記事で紹介したおすすめのレーキや使い方のポイントを参考に、快適なガーデンライフを楽しんでください。気性を良くし、水はけを改善することができるため、健康な土壌環境を維持するのに役立ちます。

最後までお読みいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENには他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、是非ご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。