おすすめ PR

【2024年】育成ライトのおすすめランキング10選!使用するメリットまで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは育成ライトをご存知でしょうか。室内で植物を育てる際に重要な役割を果たす育成ライトですが、適切な製品を選ぶことは、植物の健康と成長に大きく影響します。育成ライトの選び方から使用法、おすすめ製品に至るまで、正しい知識を持つことは非常に重要です。

この記事では、

  • 育成ライトとは?
  • 育成ライトはどんな人におすすめ?
  • 育成ライトはどこで購入することができるの?
  • 育成ライトの選び方
  • 育成ライトのおすすめ人気ランキング10選
  • 育成ライトの使い方
  • 育成ライトおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、育成ライトの基本から応用的な使い方、購入時の注意点からおすすめの製品まで、育成ライトに関する全ての情報を詳しく知ることができます。室内で植物を美しく育てたい方、最適な育成環境を作りたい方には特におすすめの内容です。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 育成ライトとは?
    1. 育成ライトの基本機能とは
    2. LEDタイプの育成ライトのメリット
    3. 波長と植物成長の関係
  2. 育成ライトはどんな人におすすめ?
    1. 多肉植物愛好家のための照射のポイント
    2. 観葉植物を育てる初心者へのアドバイス
    3. アガベなどの特殊植物の育成に
  3. 育成ライトはどこで購入することができるの?
    1. オンラインでの育成ライト購入ガイド
    2. 家庭用と商業用の育成ライトの販売店
    3. コストパフォーマンスに優れた育成ライトの見つけ方
  4. 育成ライトの選び方
    1. 育成ライトのサイズと設置スペースの考慮
    2. タイマー機能と照射時間の重要性
    3. デザインとインテリアへのマッチング
  5. 育成ライトのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:【グリーンアドバイザー推薦】BRIM(ブリム) COSMO 植物育成ライト
    2. ランキング2位:【公式】BRIM(ブリム) SOL 24W 植物育成ライト LED E26口金
    3. ランキング3位:【公式】BRIM(ブリム) DOME 18W 植物育成ライト
    4. ランキング4位:HaruDesign 植物育成LEDライト HASU38 spec9 6K
    5. ランキング5位:HaruDesign 植物育成LEDライト GL-X 6K FtW
    6. ランキング6位:Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1200W SAMSUNG
    7. ランキング7位:Impremade 24W 植物育成ライト 照射角度36° LED
    8. ランキング8位:クリップ式LED植物育成ライト 屋内植物成長ランプ
    9. ランキング9位:【デイジーチェーン機能】Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト
    10. ランキング10位:BSG産業 植物育成ライト LED 【日本ブランド】 100W相当 植物用
  6. 育成ライトの使い方
    1. クリップとアームタイプの育成ライトの効果的な使用法
    2. スタンドとパネルタイプの育成ライトの適切な設置
    3. 太陽光と育成ライトの併用で植物成長を最適化
  7. 【2024年】育成ライトのおすすめランキング10選!使用するメリットまでのまとめ

育成ライトとは?

育成ライトは、植物の成長をサポートするために設計された照明装置です。主に室内で植物を育てる際に使用され、太陽光の代わりとして機能します。これらのライトは、植物が必要とする光のスペクトルを提供し、健全な成長を促進します。

育成ライトの基本機能とは

育成ライトの基本機能は、植物の光合成を促進することにあります。これらのライトは、自然光に近いスペクトルの光を提供し、植物が健康に成長するために必要な光エネルギーを供給します。また、植物の種類や成長段階に応じて、光の強度や照射時間を調整できる機能も備えています。

LEDタイプの育成ライトのメリット

LEDタイプの育成ライトは、エネルギー効率が高く、長寿命であることが大きなメリットです。また、発熱が少ないため、植物に直接近づけて使用することができ、狭いスペースでも効果的に光を当てることが可能です。さらに、特定の波長を選択して植物の成長段階に合わせた照明を提供することもできます。

波長と植物成長の関係

植物の成長には、特定の波長の光が重要です。例えば、青色光は葉の成長を促進し、赤色光は花や実の生育を促進します。育成ライトはこれらの特定の波長を効率的に提供し、植物が室内でも自然環境に近い条件下で成長できるようにします。

育成ライトはどんな人におすすめ?

育成ライトは、室内で植物を育てたいと考える多くの人にとって有用です。特に日光が不足しがちな環境や、特定の植物を育てたい場合におすすめです。

多肉植物愛好家のための照射のポイント

多肉植物は日光を好む植物であり、十分な光がないと色や形が損なわれることがあります。育成ライトを使用することで、多肉植物に必要な明るさと光の質を提供できます。特に冬場の日照時間が短い時期には、育成ライトが効果的です。

観葉植物を育てる初心者へのアドバイス

観葉植物初心者にとって、育成ライトは非常に役立ちます。これらのライトを使用することで、植物に最適な光環境を簡単に作り出すことができます。また、育成ライトは観葉植物の美しい葉色を保つのにも効果的です。

アガベなどの特殊植物の育成に

アガベなどの特殊な植物を育てる際にも、育成ライトは有効です。これらの植物は特定の光条件を必要とすることが多く、育成ライトを使うことで、そのニーズに合った照明環境を作り出すことができます。これにより、健康な成長をサポートし、美しい植物を育てることが可能になります。

育成ライトはどこで購入することができるの?

育成ライトは、多くの場所で購入することが可能です。オンラインショップ、ガーデニングセンター、ホームセンターなど、さまざまな販売チャネルが存在します。それぞれの購入方法には、利便性や品揃え、価格などに違いがあるため、購入前に検討することが重要です。

オンラインでの育成ライト購入ガイド

オンラインでの購入は、品揃えの豊富さと便利さが大きなメリットです。多くのオンラインストアでは、様々なタイプの育成ライトを比較検討することができます。また、レビューや評価を参考にすることで、製品の質や性能に関するリアルな情報を得ることが可能です。さらに、オンラインショッピングでは、価格比較も容易なため、コストパフォーマンスに優れた製品を見つけやすいです。

家庭用と商業用の育成ライトの販売店

家庭用と商業用の育成ライトは、それぞれ異なる要件を持つため、専門店や大型ホームセンターでの購入が推奨されます。これらの店舗では、専門知識を持ったスタッフがいることが多く、個々のニーズに適したアドバイスを受けることができます。また、実際の製品を手に取って確認することができるため、品質やサイズ感を直接確認することが可能です。

コストパフォーマンスに優れた育成ライトの見つけ方

コストパフォーマンスに優れた育成ライトを見つけるには、製品の品質、機能性、耐久性を考慮する必要があります。低価格でも性能が劣る製品は長期的に見るとコストがかかることがあるため、初期投資と運用コストを総合的に検討することが大切です。また、セールや割引キャンペーンを利用することで、高品質な製品をお得に購入するチャンスもあります。

育成ライトの選び方

育成ライトを選ぶ際には、植物の種類、育てる環境、利用目的などに応じて、適切な製品を選ぶことが重要です。サイズ、機能、デザインなど、様々な要素を考慮に入れる必要があります。

育成ライトのサイズと設置スペースの考慮

育成ライトを選ぶ際には、設置するスペースのサイズを考慮することが重要です。大きすぎるライトは設置スペースに合わず、小さすぎると植物に十分な光を提供できません。また、設置場所の形状や周囲の環境に合わせて、スタンドタイプ、吊り下げタイプ、クリップタイプなど、適切な形状を選ぶことも大切です。

タイマー機能と照射時間の重要性

タイマー機能は、育成ライトを使用する際に非常に便利です。これにより、一日の照射時間を正確にコントロールすることができ、植物に最適な光環境を提供することが可能になります。特に、忙しい人や長期間家を空ける人には、タイマー機能がついたライトがおすすめです。

デザインとインテリアへのマッチング

育成ライトのデザインは、インテリアとの調和も重要な要素です。おしゃれでデザイン性の高いライトは、部屋の装飾としても機能し、日常の空間をより楽しいものにします。また、ライトのデザインが気に入ると、植物の世話をするモチベーションにも繋がります。

育成ライトのおすすめ人気ランキング10選

育成ライトは、室内で植物を育てる際に欠かせないツールです。市場にはさまざまなタイプと機能を持つ製品が存在し、それぞれに特徴があります。今回は、植物愛好家や園芸家たちからの評価が高く、特に人気のある育成ライトをピックアップしました。

このランキングでは、機能性、デザイン、使い勝手、コストパフォーマンスなど、さまざまな観点から選ばれた製品を紹介します。多肉植物から観葉植物まで、幅広い種類の植物の育成に適したライトを集めましたので、あなたの育てたい植物やスタイルに合った育成ライトを見つける参考にしてください。

ランキング1位:【グリーンアドバイザー推薦】BRIM(ブリム) COSMO 植物育成ライト

農業用照明の専門メーカーも開発に加わった園芸のプロも使用する育成ライトです。太陽光の波長に近い「COSMO 20W」の明かりで光合成に適した育成ライト。室内の狭い空間でも屋外のように、丈夫で元気な植物を育成できます。電源ドライバーには防水処理がされているため、ショートの心配もなく安心して使いたい方にもおすすめです。他にもLEDチップの温度上昇も抑制できるため、長時間使っても電気代を安く抑えられるのも魅力です。

商品名【グリーンアドバイザー推薦】BRIM(ブリム) COSMO 植物育成ライト
価格3,948円
ブランドBRIM
寸法11.8×11.8×13.8cm
重さ293g

ランキング2位:【公式】BRIM(ブリム) SOL 24W 植物育成ライト LED E26口金

リーズナブルな価格で太陽光に近い波長の明るさが特徴の育成ライトです。お手頃な価格の一方で、最大3万時間も使用できる安心の寿命も人気の理由。光合成に利用する波長のPPFD値は700と十分な明るさで、室内でも植物を元気に育ててくれます。育成ライトは角度を変えたり的確なスポットに明るさを当てやすく、初心者にもおすすめです。アガベなどの多肉植物にも季節を問わず十分な光を与えられるため、トラブルなく植物を育てられるでしょう。

商品名【公式】BRIM(ブリム) SOL 24W 植物育成ライト LED E26口金
価格2,824円
ブランドBRIM
寸法9.4×9.4×12.5cm
重さ300g

ランキング3位:【公式】BRIM(ブリム) DOME 18W 植物育成ライト

光の強度が異なる3種類のレンズを交換することにより、植物に適切な明るさを当てられる育成ライトです。レンズは簡単に交換可能で、状況に合わせた光でしっかり育てたい初心者にもおすすめの育成ライトです。太陽光の明るさに加えて、UVも含まれるフルスペクトルで植物の健康を維持します。電源ドライバーの防水処理はもちろん、18Wの消費電力で1日12時間使用しても1ヶ月の電気代を約172円に抑えられて経済的なのも魅力です。

商品名【公式】BRIM(ブリム) DOME 18W 植物育成ライト LED E26
価格3,056円
ブランドBRIM
寸法12.4×9.2×9.2cm
重さ370g

ランキング4位:HaruDesign 植物育成LEDライト HASU38 spec9 6K

カーブのついたスワールボディで放熱を素早く発散して耐久性に優れた育成ライトです。限りなく太陽光に近づけたフラットウェーブLEDを採用し、室内の植物も屋外で育てているかのように元気に成長させます。広角リフレクターも付属されているため、スポット照射だけでなく、成長に合わせて光の強弱をつけたいときにもおすすめ。広範囲に十分な明るさを与えられるため、複数の植物に照射したいときにもおすすめです。

商品名HaruDesign 植物育成LEDライト HASU38 spec9 6K
価格4,625円
ブランドHaruDesign
寸法12.6×12.4×15.2cm
重さ380g

ランキング5位:HaruDesign 植物育成LEDライト GL-X 6K FtW

大型で厚みのあるレンズと専用の電子回路で安全性の高い育成ライトです。別売りの交換レンズを使用することで、光の強弱を3段階に調節できます。成長に合わせてスポット照射や広範囲に光を与えたいときにもおすすめです。電子回路はシリコン充填が施され、効率よく放熱し防湿高価もあり十分な耐久性で安心。高密度フルスペクトルLEDのため太陽光に近い光で、植物の光合成をしっかりサポートしてくれる育成ライトです。

商品名HaruDesign 植物育成LEDライト GL-X 6K
価格3,583円
ブランドHaruDesign
寸法9.5×9.5×12.5cm
重さ430cm

ランキング6位:Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1200W SAMSUNG

2022年最新デザインのLEDランプビーズを配置したエネルギー効率のよい育成ライトです。1台でも十分な明るさの一方で本体には接続口がついているため、最大で30個の育成ライトに接続が可能。調光つまみを回すだけで接続している他の育成ライトの明るさも調節できるため、室内の観葉植物はもちろん、野菜や草花を栽培している方にもおすすめ。防水処理がされた低騒音のアルミニウムラジエーターで、効率よく安全に使用できる育成ライトです。

商品名Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト 1200W
価格12,480円
ブランドAokyoung
寸法26×32×7cm
重さ2.95kg

ランキング7位:Impremade 24W 植物育成ライト 照射角度36° LED

高照度で高PPFD、高演色性の室内に置いてもおしゃれで、インテリアにもおすすめの育成ライトです。照射は3段階に調節可能で植物に合わせて強弱がつけられます。赤色光と青色光をバランスよく調節したフルスペクトルLEDで、効率よく光合成をサポートしてくれる育成ライト。ちょっとした野菜からアガベなどの植物を育てている方にもおすすめで、幅広い植物を丈夫で元気に育てます。絶縁放熱シリコーンを充填しているため、放熱性も十分で安全性の高い育成ライトです。

商品名Impremade 24W 植物育成ライト 照射角度36° LED
価格2,786円
ブランドImpremade
寸法9.5×.9.5×12.7cm
重さ460g

ランキング8位:クリップ式LED植物育成ライト 屋内植物成長ランプ

自然光に近いLEDで柔らかな光が特徴のクリップ式育成ライトです。LEDライト部分の長さは26.5cmでスタンドライトとしても使用可能。クリップ式のためテーブルや棚などさまざまな場所に設置でき、ハンギンググリーンの育成にもおすすめです。アームの角度は自由に変えることができて、調光も9段階に調節可能。多機能スイッチでタイマー設定すれば、自動でオンオフの切り替えもできるため、消し忘れ予防にもおすすめです。

商品名クリップ式LED植物育成ライト 屋内植物成長ランプ、75W 126LED植物ランプ
価格3,699円
ブランド‎ZHIZHENZHUOY
寸法26.5×40×11cm、6.5cm(クリップ幅)
重さ660g

ランキング9位:【デイジーチェーン機能】Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト

太陽光に近づけたフルスペクトルのLED育成ライトです。複数組み合わせることで一度にたくさんの植物に光を与えられるため、野菜や草花を栽培している方にもおすすめです。もちろん、細かい調光も可能で植物の成長段階に合わせて明るさを調節できます。放熱ファンはついていないため、無音で時間を気にせず使用できるのも特徴。多肉植物や水耕栽培にも使用できるため、室内でさまざまな植物を育てている場合に重宝するおすすめの育成ライトです。

商品名【デイジーチェーン機能】Aokyoung 植物育成ライト LED光合成ライト
価格8,980円
ブランドAokyoung
寸法26×32×7cm
重さ2.88kg

ランキング10位:BSG産業 植物育成ライト LED 【日本ブランド】 100W相当 植物用

太陽光に近いLEDで植物に適した光を与えるスタンド型の育成ライトです。調光は10段階に調節できるため、生育に合わせた光を与えることができます。明るさに加えて点灯させるLEDの本数を切り替えることも可能で、照射範囲の調整もできてアームの角度も360度自由に変更可能。タイマー機能では時間設定することで、自動でオンオフの切り替えが可能。毎日同じ時間に照射できるため、お手入れの手間を減らしたい方にもおすすめ。コンセントではなくUSBで接続するため、消費電力も少なく、毎日9時間ライトを点灯しても1ヶ月の電気代は25円程度で済むのも魅力です。

商品名BSG産業 植物育成ライト LED 【日本ブランド】 100W相当 植物用
価格2,780円
ブランドBSG産業
寸法18×18×26.5cm
重さ67g

育成ライトの使い方

育成ライトの効果的な使用は、植物の健康と成長に大きく寄与します。適切な設置方法と使用法を理解することで、植物はより良い環境で成長できます。ここでは、育成ライトの異なるタイプごとの使用法と、太陽光との併用方法について解説します。

クリップとアームタイプの育成ライトの効果的な使用法

クリップとアームタイプの育成ライトは、その柔軟性から小規模な栽培に最適です。クリップで簡単に取り付けられるため、植物の位置に応じて光の角度や高さを調整できます。また、植物の成長に合わせてライトを移動させることが容易なため、一つ一つの植物に最適な光を提供することができます。

スタンドとパネルタイプの育成ライトの適切な設置

スタンドとパネルタイプの育成ライトは、広範囲を照らすのに適しています。スタンドタイプは、地面から直接ライトを照射するため、植物の下部まで均等に光が届きます。一方、パネルタイプは、複数の植物を一度に照らすのに適しており、特に棚やラックでの使用に最適です。

太陽光と育成ライトの併用で植物成長を最適化

太陽光と育成ライトの併用は、植物の成長を最適化するのに有効です。自然光が不足する場合、育成ライトで補うことで、植物は必要な光量を得ることができます。特に冬場や天候が悪い日には、育成ライトの使用が植物の健康を維持するのに役立ちます。

【2024年】育成ライトのおすすめランキング10選!使用するメリットまでのまとめ

育成ライトは、室内での植物栽培において重要な役割を果たします。適切なライトの選び方から使用法に至るまで、多くの要素が植物の健康と成長に影響を与えます。この記事では、育成ライトの基本から応用的な使い方までを幅広くカバーしました。最適な育成ライトを選び、適切に使用することで、植物を健康に成長させることが可能です。あなたの植物栽培の旅に、この情報が役立つことを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。