おすすめ PR

【2024年】ピートモスのおすすめランキング10選を紹介!使用のポイントまで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはピートモスについてご存知でしょうか。植物の育成や土壌の調整に欠かせないピートモスですが、どのように選び、使えば良いのか疑問に思っている方も多いでしょう。

この記事では、

  • ピートモスとは?
  • ピートモスはどんな人におすすめ?
  • ピートモスはどこで購入することができるの?
  • ピートモスの選び方
  • ピートモスのおすすめ人気ランキング10選
  • ピートモスの使い方
  • ピートモスおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、ピートモスの基本からおすすめの商品、その使い方に至るまで、必要な情報を全て詳しく知ることができます。園芸をより楽しく、効果的にするためにも、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. ピートモスとは?
    1. ピートモスの基本的な定義
    2. ピートモスの特徴と酸性土壌への影響
    3. ピートモスと他の培養土との違い
  2. ピートモスはどんな人におすすめ?
    1. ピートモスを使うべき植物の種類
    2. 園芸愛好家におけるピートモスのメリット
    3. 土壌調整が必要な場合のピートモスの利用
  3. ピートモスはどこで購入することができるの?
    1. オンラインでのピートモス購入先
    2. 園芸店や資材店でのピートモスの取り扱い
    3. ピートモスの価格比較と選び方
  4. ピートモスの選び方
    1. ピートモスの品質の見分け方
    2. 用途に合わせたピートモスの選び方
    3. 配合される成分によるピートモスの違い
  5. ピートモスのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:【 土壌改良剤 】ピートモス 『粗目』
    2. ランキング2位:植物用ピートモス,6L 保湿オーガニックミズゴケ
    3. ランキング3位:【 当店独自配合用土 】鹿沼土
    4. ランキング4位:ピートモス 1L 土壌改良剤 pH未調整
    5. ランキング5位:平和 ピートモス 50
    6. ランキング6位:花ごころ ブルーベリーのピートモス 5L
    7. ランキング7位:サンアンドホープ ピートモス 5L
    8. ランキング8位:刀川平和農園 平和 ピートモス 20リットル
    9. ランキング9位:ピートモス 18リットル
    10. ランキング10位:【 土壌改良剤 】 ピートモス 『 特号 (短繊維と粗目の間)』
  6. ピートモスの使い方
    1. ピートモスを用土として使用する際のポイント
    2. 酸度調整としてのピートモスの活用
    3. 保水と通気性を高めるピートモスの利用方法
  7. 【2024年】ピートモスのおすすめランキング10選を紹介!使用のポイントまでのまとめ

ピートモスとは?

ピートモスは、湿地帯で長年にわたり蓄積された植物質から成る自然素材です。特に園芸分野で利用され、土壌の質を改善するために広く使われています。その主要な特徴は、高い保水性と酸性を持つことで、多くの植物栽培に適しています。

ピートモスの基本的な定義

ピートモスは、主にスファグナムと呼ばれる種類の苔から形成される有機物です。この苔が湿地帯で分解されずに積み重なることで、独特の物質が生まれます。その結果、特有の保水性と酸性を持つ素材となり、園芸用の培養土として広く利用されています。

ピートモスの特徴と酸性土壌への影響

ピートモスの最大の特徴は、高い保水性と酸性です。これにより、水はけが良く、かつ酸性を好む植物に最適な環境を提供します。また、土壌のpH値を下げることができるため、酸性土壌を好む植物の栽培に適しています。

ピートモスと他の培養土との違い

ピートモスは、他の培養土と比較して独特の特性を持ちます。例えば、ココピートやバークチップなどは保水性に優れていますが、ピートモスほどの酸性度は持ちません。また、ピートモスは非常に軽く、扱いやすいのも特徴の一つです。

ピートモスはどんな人におすすめ?

ピートモスは特に、土壌の質を改善したい園芸愛好家や、酸性土壌を必要とする特定の植物を育てたい人におすすめです。また、土壌の保水性や通気性を高めたい場合にも有効です。

ピートモスを使うべき植物の種類

ピートモスは、特に酸性土壌を好む植物に最適です。例えば、ブルーベリーやアザレア、ロードデンドロンなどがこれに該当します。これらの植物は、ピートモスを使うことで健康な成長を促すことができます。

園芸愛好家におけるピートモスのメリット

園芸愛好家にとって、ピートモスは土壌の質を大きく改善することができる素材です。保水性と通気性を向上させることで、植物の根に最適な環境を提供し、健康な成長を促します。

土壌調整が必要な場合のピートモスの利用

土壌のpH値を調整する必要がある場合、ピートモスは非常に有効です。土壌がアルカリ性に偏っている場合、ピートモスを混ぜることで酸性度を上げ、多くの植物に適した環境を作ることができます。

ピートモスはどこで購入することができるの?

ピートモスは幅広い購入先から手に入れることができます。オンラインストアから地元の園芸店まで、多くの場所で販売されています。購入時には価格比較や品質の確認を行うことが重要です。また、用途や必要な量に応じて最適な商品を選ぶことが推奨されます。

オンラインでのピートモス購入先

オンラインでは、さまざまな種類のピートモスが広範囲に渡って販売されています。大手オンラインショップや専門の園芸用品店から簡単に購入可能です。オンライン購入のメリットは、豊富な選択肢と比較的低い価格にあります。さらに、レビューや評価を参考にして最適な商品を見つけることもできます。

園芸店や資材店でのピートモスの取り扱い

地元の園芸店や資材店では、直接商品を見て選ぶことができます。店舗では、専門のスタッフからアドバイスを受けることも可能で、初心者には特に有益です。また、地域によっては地元産のピートモスも販売されており、これらは特定の植物や土壌条件に特化していることがあります。

ピートモスの価格比較と選び方

ピートモスを選ぶ際は、価格比較を念入りに行うことが大切です。オンラインや店舗ごとの価格差を確認し、コストパフォーマンスが高い商品を選びましょう。また、必要な量や用途に応じて、大容量パックや小分けされた商品を選ぶことも重要です。

ピートモスの選び方

ピートモスを選ぶ際は、その品質、用途、配合成分に注意を払う必要があります。品質の高いピートモスは植物の成長を助け、望ましい結果をもたらすことが期待できます。また、用途に合わせた選び方や、配合される成分の違いによる効果の違いを理解することも大切です。

ピートモスの品質の見分け方

ピートモスの品質を見分ける際には、色や質感を確認しましょう。良質なピートモスは一般的に均一な色合いをしており、柔らかくふわふわした質感が特徴です。また、不純物が少なく、一定の水分を含んでいることも重要な指標です。

用途に合わせたピートモスの選び方

用途に合わせてピートモスを選ぶ際は、植物の種類や栽培する環境を考慮することが大切です。例えば、酸性土壌を好む植物には酸度の高いピートモスが適しています。また、種まきや挿し木などの場合は細かい粒子のピートモスが好まれます。

配合される成分によるピートモスの違い

ピートモスには、様々な成分が配合されていることがあります。例えば、肥料や鉱物質を加えることで、栄養価の高い土壌を作ることができます。また、特定の植物の成長に特化した配合物を含むピートモスもあり、用途に合わせて選ぶことが重要です。

ピートモスのおすすめ人気ランキング10選

ピートモスの選択は園芸の成果に大きく影響を与えます。そこで、幅広いニーズに応えるために、多様な特徴を持つピートモス製品を集めたランキングをご紹介します。このランキングでは、保水性、酸度、栄養成分、使いやすさなど、さまざまな観点から選ばれたピートモスをピックアップしています。園芸愛好家から初心者まで、あらゆるユーザーが自分に合ったピートモスを見つけるための参考になるでしょう。

ランキング1位:【 土壌改良剤 】ピートモス 『粗目』

おすすめ人気ランキング1位に紹介させていただくのは富士園芸ピートモス 『粗目』。こちらのピートモスは市販によくある粉上のものとは異なる毛足の長い粗目なので、空気を取り入れやすく根っこが酸欠になるのを防いでくれます。荒めよりも若干細かい特号のものも選べるので自身の環境に合わせて選ぶこともできます。お得な大容量で50Lもあるので長く使う方はこちらの購入がおすすめですよ。

商品名【 土壌改良剤 】ピートモス 『粗目』 大容量の50L! 【1袋】2袋以上同梱不可商品 pH無調整 北海道産 国産 根の張りが段違い!伸縮性があり、通気性バツグン! 他の土壌改良材と混ぜ合わせての使用をおすすめします 大型商品の為同梱不可
価格¥2,980
ブランド富士園芸
寸法
内容量50 リットル

ランキング2位:植物用ピートモス,6L 保湿オーガニックミズゴケ

続いてランキング位に紹介させていただくのはTESAYの植物用ピートモス。こちらは植え替え用のスポンジピートモスで他と異なり柔らかい優れた素材が使われています。保湿性が高い水苔なので少なくとも7年間はこの状態で使うことができるため手入れ不要で扱いやすいピートモスが欲しい方はこちらがおすすめです。

商品名植物用ピートモス,6L 保湿オーガニックミズゴケ | 有機胡蝶蘭用安定保存有機植物土、各種花用プリザーブド苔、園芸用品 Tesay
価格¥519
ブランドTESAY
寸法
内容量‎87 g

ランキング3位:【 当店独自配合用土 】鹿沼土

続いてランキング3位に紹介させていただくのは富士園芸鹿沼土 (中粒) 軽石 (中粒) ピートモス (特号)。こちらはピートモスの弱点である根っこの酸欠問題を解決するために通気性・排水性の高い軽石と鹿沼土を混ぜ込んだピートモスとなっています。バランスの良いブレンドになっているのでピートモスと用土の配合が難しいと感じている初心者の方にぜひおすすめの商品ですよ。

商品名【 当店独自配合用土 】鹿沼土 (中粒) 軽石 (中粒) ピートモス (特号)を当店独自の配合割合で混ぜ合わせました! 根の張りが格段によくなる! (配合用土15L)
価格¥2,580
ブランド富士園芸
寸法
内容量15L

ランキング4位:ピートモス 1L 土壌改良剤 pH未調整

続いてランキング4位に紹介させていただくのはアメージングクラフトのピートモス 1L。こちらはP.H(3.4~4.0)の土壌改良にぴったりなピートモスで、とても軽いので用土の軽量化にも役立ちます。使用する際には腐葉土や赤玉土と混ぜて観葉植物や草花の培養土として使うようにしましょう。1Lの使い切りタイプなので少量で十分という方におすすめです!

商品名ピートモス 1L 土壌改良剤 pH未調整
価格¥648
ブランドアメージングクラフト
寸法32 x 24 x 2 cm
内容量190 g

ランキング5位:平和 ピートモス 50

続いてランキング5位に紹介させていただくのは刀川平和農園の平和 ピートモス 50L。p.H4.0前後のピートモスでブルーベリーなどの育成に適しています。土壌改良剤として土をふかふかで軽くしてくれる効果もあり、50Lと大容量になっているのでたくさんほしい方はこちらがお得でおすすめです。

商品名平和 ピートモス 50L
価格¥2,900
ブランド刀川平和農園
寸法‎71 x 51 x 12 cm
内容量8 kg

ランキング6位:花ごころ ブルーベリーのピートモス 5L

続いてランキング6位に紹介させていただくのは花ごころのブルーベリーのピートモス 5L。こちらは酸性の土を好むブルーベリーの育成に特化させるため未調整でp.H値4.3前後と数値が高いピートモスになっています。ブルーベリー育成のためのノウハウがたくさん記されているのでこれからブルーベリーの育成を考えている方はぜひこちらの購入も検討してみてくださいね。

商品名花ごころ ブルーベリーのピートモス 5L
価格¥591
ブランド花ごころ
寸法‎35 x 25 x 4 cm
内容量5L

ランキング7位:サンアンドホープ ピートモス 5L

続いてランキング7位に紹介させていただくのはサンアンドホープの ピートモス 5L。こちらはP.H値3.8~4.8、保水性・通気性・保肥力に優れたシンプルなピートモス。特別に高い性能を持っているわけではありませんが、5Lで300円と非常に安価ですがピートモスとしての働きも損なわれていません。安くて多いピートモスをお探しの方はこちらを検討してみてください。

商品名サンアンドホープ ピートモス 5L
価格¥297
ブランドサンアンドホープ
寸法‎27 x 39 x 5.5 cm
内容量‎680 g

ランキング8位:刀川平和農園 平和 ピートモス 20リットル

続いてランキング8位に紹介させていただくのは刀川平和農園のピートモス 20リットル。こちらは寒冷地で堆積した水苔を使い嫌気的条件の中で長い年月を経て作り上げたもの。軽量でpH3.7~4.0、保水力・保肥力・通気性に優れています。本品はブルーベリーに合わせて酸度未調整のピートモスとなっているので通常の観葉植物を育てる際は酸性を中和して使うようにしてください。

商品名刀川平和農園 平和 ピートモス 20リットル
価格¥1,873
ブランド刀川平和農園
寸法‎56 x 34 x 11 cm
内容量3 kg

ランキング9位:ピートモス 18リットル

続いてランキング9位に紹介させていただくのは瀬戸ケ原花苑のピートモス。こちらもpH無調整のピートモスでブルーベリーの用土づくりに特化したピートモス。軽量で保水性・通気性に優れた土壌改良剤として使えます。18Lでお得な価格設定なのでこちらもおすすめですよ。

商品名ピートモス 18リットル
価格¥1,480
ブランド瀬戸ケ原花苑
寸法
内容量3.5 kg

ランキング10位:【 土壌改良剤 】 ピートモス 『 特号 (短繊維と粗目の間)』

続いてランキング10位に紹介させていただくのは富士園芸のピートモス 『 特号 (短繊維と粗目の間)』。こちらは繊維が細かめでもなく粗目でもないため通気性・保水性・保湿性がバランス良くなっています。空気を抱き込みやすい作りなのでこちらの特号もおすすめですよ。

商品名【 土壌改良剤 】 ピートモス 『 特号 (短繊維と粗目の間)』大容量の50L! 【1袋】 2袋以上同梱不可商品 pH無調整 北海道産 国産 根の張りが段違い!伸縮性があり、通気性バツグン! 他の土壌改良材と混ぜ合わせての使用を します 大型商品の為同梱不可
価格¥2,980
ブランド富士園芸
寸法
内容量50 L

ピートモスの使い方

ピートモスの使用方法は、その用途によって大きく異なります。主に用土として使用されることが多いですが、酸度調整や保水性・通気性の向上にも役立ちます。ピートモスを使う際は、植物の種類や土壌の状態に注意を払い、適切な使用方法を選ぶことが重要です。

ピートモスを用土として使用する際のポイント

ピートモスを用土として使用する際、まずは適切な量を混ぜることが重要です。一般的には土壌の20%から30%をピートモスに置き換えることが推奨されます。また、ピートモスは乾燥すると水を吸収しにくくなるため、使用前に十分に湿らせることが肝要です。さらに、ピートモスは酸性が強いため、アルカリ性の植物には不向きです。

酸度調整としてのピートモスの活用

ピートモスは土壌の酸度調整にも使用できます。特に、酸性を好む植物には最適です。ピートモスを土壌に混ぜることで、pH値を効果的に下げることができます。酸度の調整は、植物の種類によって必要なpH値に注意しながら行うべきです。

保水と通気性を高めるピートモスの利用方法

ピートモスは、土壌の保水性と通気性を向上させるのに役立ちます。これを達成するには、土壌に均等に混ぜることが重要です。特に、土壌が硬い場合や乾燥しやすい環境では、ピートモスの添加が大きな効果を発揮します。また、水やりの頻度や量を調整することで、植物の健康を促進できます。

【2024年】ピートモスのおすすめランキング10選を紹介!使用のポイントまでのまとめ

ピートモスは園芸愛好家にとって非常に役立つ素材です。その多様な用途、酸性土壌を好む植物への適用性、土壌の保水性と通気性の向上など、多くの利点を提供します。適切な使い方を理解し、植物のニーズに合わせて使用することが、園芸の成功への鍵となります。ピートモスの選択から使用方法まで、このガイドが役立つことを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。