おすすめ PR

【2024年】花鋏のおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは花鋏をご存知でしょうか。花や植物の扱いに特化した特別なハサミで、園芸愛好家やフローリストには欠かせない道具です。しかし、購入する際には、その種類や使い方、メンテナンス方法を正しく理解することが大切です。せっかく自分で購入するのであれば、最適な選択をしたいですよね。

この記事では、

  • そもそも花鋏とは?
  • 花鋏はどんな人におすすめ?
  • 花鋏はどこで購入することができるの?
  • 花鋏の選び方
  • 花鋏のおすすめ人気ランキング10選
  • 花鋏の使い方
  • 花鋏おすすめのまとめ

について紹介していきます。

この記事を読めば、花鋏の選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方、そして適切なメンテナンス方法まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 花鋏とは?
    1. 花鋏の基本的な定義
    2. 花鋏と通常のハサミの違い
    3. 花鋏の主な用途と特徴
  2. 花鋏はどんな人におすすめ?
    1. 生花愛好家への花鋏の適合性
    2. プロのフローリストにおすすめの理由
    3. ホビーやクリエーションに関心のある人々向け
  3. 花鋏はどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの花鋏の購入方法
    2. 実店舗での花鋏の選び方
    3. 信頼できる花鋏メーカーと販売店
  4. 花鋏の選び方
    1. 価格と品質のバランスの重要性
    2. 切れ味と素材の選択肢
    3. 用途に合わせたサイズと形状の考慮
  5. 花鋏のおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:コモライフ やわらかハンドルのフラワーばさみ
    2. ランキング2位:近正(CHIKAMASA) フローリスト
    3. ランキング3位:PATIKIL ガーデンはさみ花鋏 花鋏ガーデニング剪定
    4. ランキング4位:坂源 ハンドクリエーション 古流タイプ ブルー
    5. ランキング5位:藤光 池の坊鋏 165mm
    6. ランキング6位:近正(CHIKAMASA) 園芸用はさみ
    7. ランキング7位:剪定鋏 剪定バサミ 園芸鋏 快適なハンドル付きの庭剪定はさみ
    8. ランキング8位:【プロ監修】剪定バサミ
    9. ランキング9位:Jiobbo 剪定ばさみ 人気 【庭師のおすすめ】
    10. ランキング10位:アルスコーポレーション 業務用花はさみ
  6. 花鋏の使い方
    1. 基本的なカットの技術
    2. 切り花やつる、わらびなどの特殊な切り方
    3. 花鋏のメンテナンスと安全な保管
  7. 【2024年】花鋏のおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方までのまとめ

花鋏とは?

花鋏は、生花や園芸に特化したハサミの一種です。この特殊な刃物は、花や植物の繊細な扱いに適しています。その用途と形状は、通常のハサミとは異なり、花や植物を傷つけずに正確なカットを可能にします。

花鋏の基本的な定義

花鋏は、切り花や植物の茎を切断するために特別に設計されたハサミです。これらは、特に花のアレンジメントや園芸活動において、精密な作業を行うのに役立ちます。

花鋏と通常のハサミの違い

通常のハサミと比較して、花鋏はより細い刃を持ち、繊細なカットに適しています。また、柔らかい植物の茎をつぶさずに切断できるように、特別な形状や刃の角度が考慮されています。

花鋏の主な用途と特徴

花鋏は、生花のアレンジメント、庭園の手入れ、切り花の準備など、さまざまな用途に使用されます。特に、細かい作業や繊細な花びらの扱いに最適です。

花鋏はどんな人におすすめ?

花鋏は、生花や園芸を趣味または職業としている人に特におすすめです。その精度と切れ味は、プロのフローリストやクリエイティブなホビーを持つ人々にとって、不可欠な道具となります。

生花愛好家への花鋏の適合性

生花愛好家にとって、花鋏は花のアレンジメントを行う際に欠かせないアイテムです。これらは、生花の美しさを長持ちさせるための正確なカットを可能にします。

プロのフローリストにおすすめの理由

プロのフローリストにとって、花鋏は日々の作業の効率と品質を高める重要なツールです。精度と持続性が要求されるプロの環境では、これらの専門ツールが必須です。

ホビーやクリエーションに関心のある人々向け

自宅での園芸やクリエイティブな活動に興味がある人々にも、花鋏は有効です。これにより、花や植物を使ったアート作品やデコレーションの創作が容易になります。

花鋏はどこで購入することができるの?

花鋏は多くの場所で購入可能ですが、購入場所によって種類や価格が異なることがあります。オンラインショップでは多様な選択肢がありますが、実店舗では商品を直接確認できる利点があります。信頼できるメーカーから購入することは、品質と耐久性を確保する上で重要です。

オンラインショップでの花鋏の購入方法

オンラインショップでは、さまざまな種類の花鋏を比較し、レビューや評価を参考に選ぶことができます。通常、商品の詳細な説明や使用感を共有するレビューが役立ちます。価格比較も簡単で、プロモーションや特別オファーも利用できることが多いです。

実店舗での花鋏の選び方

実店舗では、花鋏の重さやバランスを直接確認できます。店員との対話を通じて、個々のニーズに合った花鋏を見つけることが可能です。実際に手に取ってみることで、快適なハンドルや適切なサイズ感を確認できます。

信頼できる花鋏メーカーと販売店

信頼できるメーカーからの購入は、品質の保証に繋がります。評判の良い販売店を選ぶことで、アフターケアや保証の利用も容易になります。専門的な知識を持つ店員からのアドバイスも、適切な花鋏選びに役立ちます。

花鋏の選び方

花鋏を選ぶ際には、価格、品質、切れ味、素材、用途に合わせたサイズや形状など、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。これらの要素をバランス良く考慮することで、長期間満足のいく使用が可能になります。

価格と品質のバランスの重要性

花鋏を選ぶ際には、価格と品質のバランスを見極めることが重要です。高価格帯の製品は品質が高いことが多いですが、予算に合った選択肢も豊富にあります。長期間の使用を考えると、初期投資を惜しまないことが後に経済的です。

切れ味と素材の選択肢

切れ味は花鋏の最も重要な特徴の一つです。高品質の刃物鋼などの素材を選ぶことで、長期間にわたって優れた切れ味を保つことができます。刃の形状や研ぎのしやすさも考慮すると良いでしょう。

用途に合わせたサイズと形状の考慮

用途に合わせてサイズや形状を選ぶことも重要です。例えば、繊細な花を扱う場合は小さく細い刃の花鋏が適しています。一方で、太い枝を扱う場合は、より頑丈で大きめの花鋏が必要になります。

花鋏のおすすめ人気ランキング10選

園芸愛好家やプロフェッショナルの間で高い評価を得ている花鋏の中から、特におすすめの10種類をピックアップしました。これらの花鋏は、切れ味、耐久性、使いやすさなど、さまざまな面で優れています。生花の扱いから庭木の整理まで、幅広い用途に対応するこれらのモデルは、初心者からプロのフローリストまで幅広く愛用されています。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ランキング1位:コモライフ やわらかハンドルのフラワーばさみ

大きく真っ赤な持ち手が印象的で握りやすい花鋏です。持ち手部分は大きいだけでなく、ソフトなハンドルになっているため、優しい握り心地で長時間の作業でも疲れません。切り花で使用したあとでも分解して洗えるため、隅々までしっかり洗浄できます。分解したまま乾燥できるところも錆びにくいポイントです。握りやすいためさまざまなお花をカットするフラワーアレンジメントのときにもおすすめ。もちろん、ステンレス刃も切れ味抜群ですよ。

商品名コモライフ やわらかハンドルのフラワーばさみ
価格798円
ブランドコモライフ
寸法17×8.5cm
重さ80g

ランキング2位:近正(CHIKAMASA) フローリスト

ランキング2位は全面ブラックでオーソドックスなシルエットが特徴の花鋏です。刃はギザ刃加工で滑りにくく設計されており、枝や茎を水に浸しながらでもスパッと切断できます。グリップ部分も軽量で滑り止め加工されていて、濡れた手でも安定した使い心地です。切断時の衝撃を和らげるショックアプソーバーを採用しているため、しっかりした枝も楽にカットできて力の弱い方にもおすすめ。刃はフッ素加工でヤニがつきにくくなっている一方で、分解できないため使用後はしっかり洗浄し乾燥させる必要があります。

商品名近正(CHIKAMASA) フローリスト
価格2,319円
ブランド近正(Chikamasa)
寸法全長195mm、刃長45mm
重さ150g

ランキング3位:PATIKIL ガーデンはさみ花鋏 花鋏ガーデニング剪定

ゆとりのある持ち手とステンレス鋼の扱いやすい花鋏です。刃は切れ味がよく、壊れにくいため長く使用できます。見た目どおり一般的なハサミのようにサクサク切れるため、フラワーアレンジメントなどの繊細なカットにおすすめです。グリップ部分はプラスチック素材ではありますが、人間工学に基づいた設計で滑りにくく濡れた手での作業にもおすすめ。扱いやすい一方で、分解できないため使用後は錆びないように湿気のない場所で保管することが大切です。

商品名PATIKIL ガーデンはさみ花鋏 花鋏ガーデニング剪定鋏
価格930円
ブランドPATIKIL
寸法16.5×9.5cm、刃の長さ 4.5cm
重さ110g

ランキング4位:坂源 ハンドクリエーション 古流タイプ ブルー

ネイビーの落ち着いた色のグリップが特徴の保護キャップ付きのハンドクリエーション。刃はフッ素加工で錆びにくく、樹液などの汚れも水洗いでサッと落とせます。グリップの末端まで鉄が入っており、硬い枝をカットしても頑丈で耐久性も抜群です。フラワーアレンジメントはもちろん、家庭菜園の野菜をカットするのにもおすすめ。グリップがやや大きいため手が小さい方はやや扱いにくい場合もありますが、人差し指を引っかける部分がついているため手が疲れにくいのも特徴です。

商品名坂源 ハンドクリエーション 古流タイプ ブルー F-170
価格1,945円
ブランド坂源
寸法9.76×8.82×0.83cm、刃の長さ 18mm
重さ170g

ランキング5位:藤光 池の坊鋏 165mm

ブラックのグリップに「藤光」のブランド名が刻印された高級感のある、古風なわらび手タイプの花鋏です。厳選した素材と伝統技術で製造されており、抜群の切れ味はもちろん、滑らかな切り口で樹木を傷めずに切断できます。合金鋼の刃は粘り強いため、お手入れしだいで長く使い続けられるでしょう。昔ながらのシルエットで手に馴染みやすく、盆栽や生け花、庭木のお手入れにもおすすめです。ただしフッ素コーティングはされていないため、お手入れ後はしっかりと乾燥させておくことが長く使い続ける秘訣です。

商品名藤光 池の坊鋏 165mm
価格1,245円
ブランド藤光
寸法16.5×5×2cm
重さ153g

ランキング6位:近正(CHIKAMASA) 園芸用はさみ

ワイヤー切り付きで多用途に使える便利な花鋏です。刃は高級フッ素加工でヤニや粘着テープが付きにくく、耐久性が抜群。尖った刃先で脇枝も楽にカットできます。ワイヤーもカットできるため、園芸用品としてだけでなくリースやブライダルブーケ作りにもおすすめです。太くて硬い枝をカットするにはやや力が必要な一方で、60gの軽さは長時間の作業も楽にしてくれます。

商品名近正(CHIKAMASA) 園芸用はさみ アレンジメント鋏
価格1,573円
ブランド近正(CHIKAMASA)
寸法全長18cm
重さ60g

ランキング7位:剪定鋏 剪定バサミ 園芸鋏 快適なハンドル付きの庭剪定はさみ

ピンクのかわいらしいグリップが洋風のお庭にも馴染む花鋏です。可愛らしい見た目の一方で、厚さ0.4cmの刃で枝を素早くカットできます。大きめのグリップは人間工学に基づいたデザインで、滑りにくく効率よく作業したい方におすすめです。花木の切断や繊細なフラワーアレンジメントにもおすすめで、カラーバリエーションもピンクの他に紫、青から選べます。ただし太い枝をカットするのには力が必要になるため、さまざまな花木や茎を剪定したい場合は昔ながらのデザインの花鋏のほうが扱いやすいかもしれません。

商品名剪定鋏 剪定バサミ 園芸鋏 快適なハンドル付きの庭剪定はさみ
価格999円
ブランド通用
寸法16.8×10cm
重さ150g

ランキング8位:【プロ監修】剪定バサミ

グリーンアドバイザー監修のもとデザインされた機能性重視の方におすすめの花鋏です。65Mn鋼を使用し、強度のある硬さと抜群の切れ味で花枝もスパッと気持ちよく切断できます。頑丈なため重さは225gとこれまでにご紹介した中で一番重く、軽量の花鋏をお探しの方には向きません。とはいえ、全長は19cmとコンパクトに改良され、手の小さい方でも握りやすくなっています。刃は硬質クロムメッキ加工で錆びにくく、お手入れも簡単。グリップは滑りにくく、ケガ防止の開閉ロック付きで安心です。

商品名【プロ監修】剪定バサミ
価格2,180円
ブランドAtravessar
寸法全長19cm
重さ225g

ランキング9位:Jiobbo 剪定ばさみ 人気 【庭師のおすすめ】

庭師が愛用する庭木や果樹の剪定におすすめの花鋏です。高炭素鋼の刃は硬さと粘り強さがあり、20mmの太い枝も楽に切り落とせます。刃の鋭さに加えて開口幅を2段階に調節できるため、操作しやすく手の小さい方にもおすすめです。刃はフッ素加工も施されているため、樹液などの汚れもサッと洗い流せます。グリップ部分は人間工学設計で、特殊加工されているため濡れた手でも滑りにくいのも特徴。無骨なデザインの一方で切れ味が良く、機能性は抜群の花鋏です。

商品名Jiobbo 剪定ばさみ 人気 【庭師のおすすめ】
価格2,071円
ブランドJiobbo
寸法
重さ230g

ランキング10位:アルスコーポレーション 業務用花はさみ

伝統技術と人間工学デザインを採用した扱いやすい花鋏です。ゆとりのあるグリップは人間工学設計で握りやすく、長時間の作業でも手が疲れません。カラーもブラックとピンクがあり、シンプルなものや可愛らしいデザインをお探しの方にもおすすめです。刃の長さは41mmで切れ味が良く、柔らかい茎でも潰れず花を傷めずに切断できます。太い枝の切断にはやや力が必要なため、庭木の剪定よりは生け花や切り花におすすめの花鋏です。

商品名アルスコーポレーション 業務用花はさみ
価格2,057円
ブランドアルスコーポレーション
寸法全長 171mm、刃の長さ 41mm
重さ140g

花鋏の使い方

花鋏の適切な使い方を理解することは、生花の美しさを最大限に引き出すために重要です。基本的なカット技術から特殊な切り方、そして花鋏自体のメンテナンスと保管に至るまで、正しい知識と技術が必要です。これらを身につけることで、花鋏を最大限に活用し、長持ちさせることができます。

基本的なカットの技術

花鋏を使用する際の基本的な技術には、適切な角度でのカットが含まれます。茎を斜めにカットすることで、水の吸収を最大化し、花の鮮度を保つことができます。また、力を入れ過ぎずに滑らかなカットを心がけることが重要です。

切り花やつる、わらびなどの特殊な切り方

切り花やつる、わらびなど、特定の植物には特殊な切り方が必要です。例えば、多肉植物やサボテンの場合、切断面がきれいであることが重要です。また、つる類を切る際には、茎を傷つけないよう慎重に行う必要があります。

花鋏のメンテナンスと安全な保管

花鋏のメンテナンスには、定期的な清掃と研ぎが含まれます。使用後は汚れをきれいに拭き取り、錆びを防ぐために乾燥させることが重要です。保管に際しては、子供の手の届かない安全な場所に置き、キャップを付けるなどの予防措置を取ることが推奨されます。

【2024年】花鋏のおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方までのまとめ

この記事では、花鋏の基本情報からおすすめのモデル、正しい使い方までを詳しく説明しました。適切な花鋏の選び方から、そのメンテナンス方法まで理解することで、あなたの園芸活動はより楽しく、かつ効果的になるでしょう。花鋏はただの道具ではなく、生花と向き合う際の重要なパートナーです。この知識を活用して、美しい花と植物の世界をより深く楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。