おすすめ PR

【2024年】鉢のおすすめランキング10選を紹介!寄せ植えのコツまで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは、自分の好みやニーズに合った鉢を選ぶことの重要性をご存知でしょうか。植物を美しく健康に育てるためには、ただ単に鉢を選ぶだけではなく、その素材やサイズ、使い方にも気を配る必要があります。

この記事では、以下の内容について詳しく紹介していきます。

  • 鉢とは?
  • 鉢はどんな人におすすめ?
  • 鉢はどこで購入することができるの?
  • 鉢の選び方
  • 鉢のおすすめ人気ランキング10選
  • 鉢の使い方
  • 鉢おすすめのまとめ

この記事を読めば、鉢の選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、植物を育てるうえで必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 鉢とは?
    1. 鉢の基本的な役割と特徴
    2. 様々な素材の鉢とその特性
    3. 鉢のサイズと形状の種類
  2. 鉢はどんな人におすすめ?
    1. 観葉植物愛好家へのおすすめ
    2. 寄せ植えに挑戦したいガーデナーへ
    3. インテリアとしての鉢の活用
  3. 鉢はどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの鉢の購入方法
    2. 園芸店やホームセンターでの鉢の選び方
    3. 安い鉢を見つけるためのコツ
  4. 鉢の選び方
    1. 植物の種類に合わせた鉢の選び方
    2. 鉢の素材(プラスチック、陶器等)の選択基準
    3. 屋外用と室内用の鉢の違い
  5. 鉢のおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:KINTO (キントー) 植物用プラントポット191 ダークグレー
    2. ランキング2位:ダルトン(Dulton) 園芸用品 カラー グレーズド ポット
    3. ランキング3位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター
    4. ランキング4位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター
    5. ランキング5位:ポッシュリビング 30738 グロッシーポット
    6. ランキング6位:Ekirlin 植木鉢 陶器鉢 プランター 5号 受け皿付き
    7. ランキング7位:Ekirlin 植木鉢 陶器鉢 白 おしゃれ 受け皿付き
    8. ランキング8位:PLANTENT プラスチック製 植木鉢 鉢皿付
    9. ランキング9位:アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット
    10. ランキング10位:POSH LIVING(ポッシュリビング) アーバン プランツポット
  6. 鉢の使い方
    1. 観葉植物の鉢植え方法
    2. 寄せ植えのコツとアイデア
    3. 薔薇や塊根植物の鉢植えにおける特別な配慮
  7. 【2024年】鉢のおすすめランキング10選を紹介!寄せ植えのコツまでのまとめ

鉢とは?

鉢は、植物を植えるための容器であり、そのデザイン、材質、大きさは植物の健康と成長に大きく影響します。鉢は、植物に適切な土壌と水分を提供し、根の成長をサポートするために使われます。また、インテリアや庭の装飾としても魅力的な役割を果たします。ここでは、鉢の基本的な特徴や選び方、おすすめの使用方法について紹介します。

鉢の基本的な役割と特徴

鉢は、植物が健康に成長するための基盤を提供します。良い鉢は、適切な排水と通気性を持ち、植物の根が過湿や過乾から守られるように設計されています。鉢はまた、植物に必要な栄養素を保持し、根系を病害虫から守る役割も担います。選ぶ鉢によって、植物の健康や見栄えが大きく変わるため、植物に合った鉢を選ぶことが重要です。

様々な素材の鉢とその特性

鉢の素材は、陶器、プラスチック、金属、木製など様々です。陶器製の鉢は伝統的で、通気性に優れていますが、重いという欠点があります。プラスチック製の鉢は軽量で扱いやすく、多様な色や形状があるため人気です。金属製の鉢はモダンな印象を与え、木製の鉢はナチュラルな雰囲気を楽しめます。これらの素材は、それぞれ特有の利点と用途があり、選択は植物の種類や配置場所によって異なります。

鉢のサイズと形状の種類

鉢のサイズと形状には多くの選択肢があり、小さな多肉植物用の小型鉢から、大きな観葉植物や木を植えるための大型鉢まで様々です。形状も円形、長方形、四角形、さらには特異な形状のものまであり、植物の種類や成長の仕方、置く場所に合わせて選ぶことができます。サイズ選びは特に重要で、根の成長に合わせて適切な大きさを選ぶことが、植物の健康を保つ鍵です。

鉢はどんな人におすすめ?

鉢は、観葉植物の愛好家から、庭園のガーデナー、インテリアを楽しみたい人まで、幅広いニーズに応えるアイテムです。植物を育てる喜びを享受するためには、それぞれの目的やスタイルに合った鉢の選び方が重要です。ここでは、異なるタイプの植物愛好家におすすめの鉢の種類とその理由を紹介します。

観葉植物愛好家へのおすすめ

観葉植物を楽しむ人には、インテリアにマッチするスタイリッシュな鉢がおすすめです。陶器製やおしゃれなデザインのプラスチック製の鉢は、リビングルームやオフィス空間を彩ります。また、鉢選びは植物の健康にも直結するため、観葉植物の種類に応じて通気性や排水性に優れたものを選ぶことが大切です。

寄せ植えに挑戦したいガーデナーへ

寄せ植えに挑戦するガーデナーには、植物の種類や成長パターンに合わせたサイズや形状の鉢がおすすめです。深さがある鉢は根張りの良い植物に適しており、広がりを見せる植物には浅めの鉢が適切です。寄せ植え用の鉢は、植物同士のバランスを考えて選ぶことが重要で、ビオトープのような自然な雰囲気を作り出すのに役立ちます。

インテリアとしての鉢の活用

インテリアとして鉢を活用する場合、デザインや色、素材が重要なポイントです。モダンな空間にはシンプルでスタイリッシュな金属製やプラスチック製の鉢が合い、ナチュラルな雰囲気の部屋には木製や陶器の鉢が適しています。インテリアとしての鉢は、単に植物を入れる容器ではなく、部屋のアクセントとしての役割も担います。

鉢はどこで購入することができるの?

鉢はさまざまな場所で購入することが可能です。オンラインショップ、園芸店、ホームセンターなど、選択肢は多岐にわたります。購入する際は、鉢の素材、サイズ、デザイン、価格などを考慮し、用途や好みに合わせて選ぶことが重要です。また、安い鉢を見つけるためのコツもあり、適切な鉢を見つけるための情報を提供します。

オンラインショップでの鉢の購入方法

オンラインショップでは、多種多様な鉢を広範囲から選ぶことができます。利点は、家にいながらにして世界中の鉢を比較し、購入できることです。オンラインで購入する際は、商品のサイズ、素材、レビューをしっかり確認することが重要です。また、送料や返品ポリシーも事前にチェックしましょう。オンラインショップは特に、稀少なデザインや特殊な素材の鉢を見つけるのに適しています。

園芸店やホームセンターでの鉢の選び方

園芸店やホームセンターでの鉢の購入は、実物を直接確認できる利点があります。店頭での購入では、鉢の質感や色を確かめることができ、より具体的なイメージに合わせて選ぶことが可能です。専門店のスタッフに相談することで、植物に最適な鉢を選ぶアドバイスを受けることもできます。また、店舗によっては、価格帯やデザインが異なるため、比較検討することが大切です。

安い鉢を見つけるためのコツ

安い鉢を見つけるためには、セールや割引を活用するのが一つの方法です。季節の変わり目や特定のイベント時には、多くの店舗で鉢が割引価格で販売されることがあります。また、中古品を扱うマーケットプレイスやリサイクルショップも、安価で質の良い鉢を見つけるのに適しています。予算に合わせて、賢く鉢を選ぶことが重要です。

鉢の選び方

鉢の選び方は、植物の健康と成長、そしてインテリアや庭のデザインに大きな影響を与えます。植物の種類や成長条件、設置場所に合わせて、適切な素材やサイズの鉢を選ぶことが重要です。ここでは、植物に合わせた鉢の選び方や、素材と用途に応じた選択基準について詳しく説明します。

植物の種類に合わせた鉢の選び方

植物の種類に合わせて鉢を選ぶ際には、その植物の根系の特性と成長パターンを理解することが重要です。深い根を張る植物には深めの鉢が適しており、広がりを見せる植物には幅広い鉢が適切です。また、水はけの良さや通気性も重要な要素で、特に観葉植物や寄せ植えではこれらの要素が健康な成長を左右します。

鉢の素材(プラスチック、陶器等)の選択基準

鉢の素材を選ぶ際には、その素材が持つ特性と植物のニーズを考慮する必要があります。陶器製の鉢は通気性が高く、水はけが良いため、多くの植物に適していますが、重量があり取り扱いが難しい場合もあります。プラスチック製の鉢は軽量で扱いやすく、多様なデザインがありますが、通気性は陶器に劣ります。素材選びは、植物の健康と鉢を置く環境を考慮して行うことが重要です。

屋外用と室内用の鉢の違い

屋外用と室内用の鉢は、それぞれ異なる特性を持っています。屋外用の鉢は、気候変動に耐える堅牢さが求められ、しばしば重い素材で作られています。一方、室内用の鉢はデザインや軽量性が重視され、インテリアに合わせやすいものが多いです。また、屋外用の鉢は、強い日差しや雨水に耐える必要があり、素材選びが特に重要になります。

鉢のおすすめ人気ランキング10選

鉢選びは、植物愛好家にとって重要な決断の一つです。市場には多様なスタイル、サイズ、素材の鉢があり、それぞれに独自の魅力と機能性があります。このランキングでは、庭師やインテリアデザイナー、園芸愛好家の間で特に人気のある鉢をピックアップしました。観葉植物から寄せ植え、屋外ガーデン用まで、幅広い用途に対応するおすすめの鉢を紹介します。品質、デザイン、使いやすさを基準に選んだこれらの鉢は、あなたの植物ライフをより豊かに、そしてスタイリッシュに彩ることでしょう。

ランキング1位:KINTO (キントー) 植物用プラントポット191 ダークグレー

マットな質感と丸みのあるデザイン、落ち着いたダークグレーの色がおしゃれな鉢です。シンプルなデザインのため様々な植物、様々なお部屋におすすめできますよ。また、この商品には鉢にあった鉢底皿もついてくるためより一体感のある雰囲気にすることができます。磁器製のため高級感があり、また重さもあるため植物が大きくなりすぎてぐらつくことも少ないでしょう。

商品名植物用プラントポット191 ダークグレー
価格1,849円
ブランドKINTO
寸法直径85mm 65mm
内容量0.54L

ランキング2位:ダルトン(Dulton) 園芸用品 カラー グレーズド ポット

テラコッタによる複雑な模様とクールなブルーが特徴的な鉢となっています。鉢のインパクトが強いため多肉植物や塊根植物のようなユニークな見た目をした植物にピッタリな商品です。植物を育てる上で重要な排水口も設けられており、、室内に植物を飾る上で必要な鉢底皿も付属しています。ほかにも様々なカラーがあるため植物に応じて色を選んでみるのもおすすめです。

商品名グレーズド ポット ミッドナイトブルー Mサイズ
価格886円
ブランドDulton
寸法直径95mm 高さ110mm
内容量0.25L

ランキング3位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター

エキゾチックで複雑な模様がとても個性的な鉢です。しかし、色はブラックとクリーム色の2色のため意外と様々なお部屋に調和するデザインとなっています。温かみのあるセメント製のポットのため通常の観葉植物だけでなく多肉植物やサボテンとの相性も抜群でしょう。トライアングル、水玉模様、ヘリンボーンの3種類から模様を選ぶことができます。カラーもブラック、ブルー、ホワイトから選べます。

商品名レリーフプランター トライアングル ブラック 3号
価格898円
ブランドSpice
寸法直径125mm 高さ110mm
内容量0.25L

ランキング4位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター

木の模様が入ったとてもかわいらしい雰囲気の鉢です。色合いは非常に柔らかく、どこか北欧風のデザインのようにも感じられます。シンプルなデザインとなっているため非常に多くの植物、お部屋との相性が抜群ですよ。鉢底皿もセットになっており、この鉢を購入することですぐに植物を植え替えることもできます。しっかり重量もあるため風が吹いても飛ばされにくいです。

商品名レリーフプランター フォレスト ホワイト Lサイズ 5号
価格2,527円
ブランドSpice
寸法直径175mm 高さ165mm
内容量1.2L

ランキング5位:ポッシュリビング 30738 グロッシーポット

この商品は、鉢の上部に入ったホワイトのラインと薄めのグレーがシンプルながらも美しいデザインとなっています。セラミック特有の亀裂のような模様はランダム性があるためモダンなお部屋にもピッタリです。カラーはムーンミスト、スノー、チャコール、フォッグの4種類、サイズも6種類から幅広く選ぶことができるため好みのデザインを選んでみてくださいね。

商品名ポッシュリビング 30738 グロッシーポット ムーンミスト 4号鉢
価格1,211円
ブランドポリッシュリビング
寸法直径135mm 高さ130mm
内容量0.6L

ランキング6位:Ekirlin 植木鉢 陶器鉢 プランター 5号 受け皿付き

こちらの商品はホワイト、ブラック一色のシンプルなデザインの鉢が欲しい方におすすめです。とてもシンプルなデザインとなっているためどのようなお部屋でも、どのような植物でも美しく映えさせることができます。鉢がシンプルなため、シルエットが特徴的なツル性の観葉植物やユニークな見た目をした多肉植物などを植えるとコントラストができてより楽しめるかもしれません。

商品名Ekirlin 植木鉢 陶器鉢 プランター 5号
価格2,399円
ブランドEkirlin
寸法直径150mmm 高さ135mm
内容量1.2L

ランキング7位:Ekirlin 植木鉢 陶器鉢 白 おしゃれ 受け皿付き

先ほど紹介したEkirlinの植木鉢の4号サイズです。カラーリングは5号サイズと同様ホワイトとブラックから選ぶことができるため好みの色を選ぶことができますよ。丸みのあるデザインのため、サンスベリアやドラセナといった鋭い葉を持つ植物を植えるとシルエットの対比ができてとても映えるためぜひお試しくださいね。ホワイトはナチュラル系のお部屋、ブラックはモダン系のお部屋におすすめです。

商品名Ekirlin 植木鉢 陶器鉢 白 4号
価格2,199円
ブランドEkirlin
寸法直径106mm 高さ117mm
内容量0.6L

ランキング8位:PLANTENT プラスチック製 植木鉢 鉢皿付

こちらの商品はプラスチック製の鉢となっています。プラスチック製の鉢は通気性が悪く水やりの仕方によっては根腐れを起こしてしまうことがあるといったデメリットがあります。しかし、この商品は鉢底穴が開いているため余分な水を排水することができます。10個セットのため小さな観葉植物を沢山育てたい方におすすめの商品です。同じデザインの鉢に植えることで統一感が生まれますよ。

商品名PLANTENT プラスチック製 植木鉢 2号 10個セット
価格1,590円
ブランドPLANTENT
寸法直径60mm 高さ258mm
内容量0.15L

ランキング9位:アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット

大きな陶器の鉢は非常に重く植え付けや植え替え、移動の手間がかかってしまいますよね。そのような場合にはプラスチック製の鉢を使用することをおすすめします。大きめのプラスチック鉢であれば土も多く入れることができるため風にも飛ばされにくくなります。こちらの商品はボウル、スクエア、ポットの3種類の形から選ぶことができるため好みのものを選ぶとよいでしょう。

商品名アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット 30型 ホワイト
価格667円
ブランドアップルウェアー
寸法直径300mm 高さ295mm
内容量8.4L

ランキング10位:POSH LIVING(ポッシュリビング) アーバン プランツポット

こちらの商品はマーブル模様が美しいデザインの商品となっています。独特なデザインをしているため多肉植物や塊根植物などとの相性がよさそうですね。色は爽やかなブルーとクリーム色となっており、男性のお部屋に飾るのもおすすめですよ。もちろんナチュラル系のお部屋であっても程よいアクセントになる絶妙なデザインとなっているためぜひこの鉢で育ててみてくださいね。

商品名アーバン プランツポット オーシャン
価格1,110円
ブランドPOSH LIVING
寸法直径100mm 高さ950mm
内容量9.5L

鉢の使い方

鉢の使い方は植物の種類や成長条件によって異なり、正しい方法で鉢植えを行うことが、植物の健康と美しさを保つ鍵です。観葉植物、寄せ植え、特定の植物への配慮など、鉢植えの成功にはいくつかの重要なポイントがあります。ここでは、異なる種類の植物に適した鉢の使い方と、それぞれの植物が健康に育つためのコツを紹介します。

観葉植物の鉢植え方法

観葉植物の鉢植えには、適切な土の選択と鉢のサイズが重要です。観葉植物に適した土は排水性と通気性が良いものを選び、根詰まりを防ぐために鉢底に石か粘土の粒を入れます。鉢のサイズは植物の根系に合わせて選び、根が鉢いっぱいに広がるまで大きな鉢に植え替える必要はありません。

水やりは土の表面が乾いたら行い、過湿にならないよう注意が必要です。観葉植物は日光が必要ですが、直射日光は避け、明るい室内に置くことが適しています。

寄せ植えのコツとアイデア

寄せ植えでは、色や形、成長パターンが異なる植物を組み合わせることで、魅力的な視覚効果を生み出します。植物選びでは、同じ環境条件(日光、水分、土壌)を好む植物を選ぶことが大切です。また、高低差をつけることで立体感を出すとより美しい寄せ植えになります。鉢の選び方も重要で、植物が成長するのに十分なスペースを確保する必要があります。水やりは植物の種類によって異なるため、各植物の水分需要を理解することが重要です。

薔薇や塊根植物の鉢植えにおける特別な配慮

薔薇や塊根植物の鉢植えには特別な配慮が必要です。これらの植物は根が深く成長するため、深めの鉢を選ぶことが重要です。土は排水性と通気性に優れたものを選び、適切な栄養供給を確保するために肥料を定期的に与えます。薔薇は日光を好むため、日当たりの良い場所に置くことが重要です。また、塊根植物は乾燥に強いですが、水やりは土が完全に乾いた後に行うことが大切です。これらの植物は、適切な管理を行うことで、健康的に成長します。

【2024年】鉢のおすすめランキング10選を紹介!寄せ植えのコツまでのまとめ

鉢は植物を育てる上で欠かせないアイテムであり、選び方一つで植物の見た目や健康が大きく変わります。観葉植物、寄せ植え、特定の植物に適した鉢の選び方や使い方を理解することで、より良いガーデニング体験が得られます。この記事で紹介したポイントを参考に、あなたの植物に最適な鉢を選んで、美しい緑の空間を作り出しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。