おすすめ PR

【2024年】マルチのおすすめランキング10選を紹介!適切な使用法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはマルチングの効果をご存知でしょうか。菜園や園芸における植物の健康を支える重要な手法で、手間を減らしつつ野菜や花の成長を促進するマルチングですが、正しい製品の選択と使用法は園芸の成功の鍵となります。
この記事では、

  • そもそもマルチとは?
  • マルチはどんな人におすすめ?
  • マルチはどこで購入することができるの?
  • マルチの選び方
  • マルチのおすすめ人気ランキング10選
  • マルチの使い方
  • マルチおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、マルチの選び方から購入場所、おすすめの製品から使い方まで、菜園や園芸を始める方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. マルチとは?
    1. マルチの基本概念
    2. マルチの種類と特徴
    3. 菜園や園芸におけるマルチの利点
  2. マルチはどんな人におすすめ?
    1. 野菜を育てる園芸愛好家への適用
    2. 初心者からプロまで、誰にとって有益か
    3. 特定の気候や環境条件下でのマルチ利用
  3. マルチはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでのマルチ購入オプション
    2. 園芸店やホームセンターでの購入方法
    3. 品質と価格を考慮した購入先選び
  4. マルチの選び方
    1. 菜園や園芸用途に応じたマルチの選び方
    2. マルチの材質と機能性の考慮点
    3. 予算と効果のバランスを考えた選び方
  5. マルチのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:第一ビニール
    2. ランキング2位:日栄産業 菜園用黒マルチ
    3. ランキング3位:日本マタイ(マルソル) 森下 菜園マルチ
    4. ランキング4位:クラーク 一坪菜園用穴あきマルチ 1列
    5. ランキング5位:日本マタイ(マルソル) 菜園ジョイマルチ
    6. ランキング6位:岩谷マテリアル イワタニ耐熱菜園用黒マルチ
    7. ランキング7位:ダイオ化成 家庭菜園マルチ黒
    8. ランキング8位:マルソル(MARSOL) ニコニコ菜園マルチ
    9. ランキング9位:日本マタイ(マルソル) 菜園ジョイマルチ
    10. ランキング10位:カインズ(CAINZ) 菜園マルチ 黒
  6. マルチの使い方
    1. マルチの基本的な敷き方
    2. 野菜栽培におけるマルチの適切な使用法
    3. マルチ活用における注意点とコツ
  7. 【2024年】マルチのおすすめランキング10選を紹介!適切な使用法までのまとめ

マルチとは?

マルチングは園芸や農業で広く利用される技術です。この方法は、土壌の上に覆いを設置することで、雑草の抑制、水分の保持、温度の調節など多くの利点を提供します。特に、菜園や家庭庭園での野菜栽培において、マルチングは不可欠な要素となっています。

マルチの基本概念

マルチングは、土壌を直接日光から保護し、水分蒸発を防ぐ手法です。これにより、土壌の乾燥を防ぎ、根系の健康を促進します。また、マルチ材は雑草の成長を阻害し、害虫のリスクを低減する効果もあります。

マルチの種類と特徴

マルチには有機質マルチと無機質マルチの二種類があります。有機質マルチは腐葉土や木材チップなどで、土壌の肥沃化に貢献します。一方、無機質マルチはプラスチックシートや石などで、耐久性に優れています。

菜園や園芸におけるマルチの利点

菜園や園芸において、マルチは土壌の温度を安定させ、根腐れや病害のリスクを低減します。特に夏の高温時や冬の低温時には、植物の根系を適切な温度で保つために重要です。

マルチはどんな人におすすめ?

マルチは、野菜や花などを育てる全ての園芸愛好家に推奨されます。初心者から経験豊富なプロの農家まで、広範囲の利用者に対してその利点があります。特に、限られた時間やリソースを持つ個人にとって、マルチは非常に効率的な園芸方法を提供します。

野菜を育てる園芸愛好家への適用

野菜栽培においてマルチは、土壌の肥沃化を促進し、水分を保持することで健康な野菜の成長を支援します。マルチは特に、乾燥地帯や水はけが悪い土地での栽培に有効です。

初心者からプロまで、誰にとって有益か

マルチングは技術的な知識が少なくても実施できるため、初心者にもおすすめです。また、経験豊富なプロの園芸家や農家にとっても、作物の品質向上と収穫量の増加に役立ちます。

特定の気候や環境条件下でのマルチ利用

マルチは、乾燥地帯や高温多湿な地域で特に有効です。これらの環境条件下では、マルチングによる水分の保持と温度の調節が、植物の生育に重要な役割を果たします。

マルチはどこで購入することができるの?

マルチは、さまざまな購入先で手に入れることができます。オンラインショップ、園芸店、ホームセンターなどが主な購入場所です。それぞれの購入先には、品質、価格、品揃えなどに違いがあります。購入する際は、使用目的と予算に合わせて最適な場所を選ぶことが重要です。

オンラインショップでのマルチ購入オプション

オンラインショップでは、幅広い種類のマルチを見つけることができます。利点は、様々な製品を比較して選べることと、自宅に直接配送してもらえることです。ただし、実際に商品を手に取って確認することはできないため、購入前にレビューや評価を確認することが肝心です。

園芸店やホームセンターでの購入方法

園芸店やホームセンターでは、実物を見ながら購入できるメリットがあります。店員と直接話してアドバイスを受けることも可能です。ただし、オンラインショップほど多種多様な製品を扱っていない場合があります。

品質と価格を考慮した購入先選び

品質と価格はマルチ選びの重要な要素です。安価な製品も魅力的ですが、耐久性や機能性を考慮して選ぶことが大切です。購入先を選ぶ際には、製品のレビュー、価格比較、保証の有無などを考慮すると良いでしょう。

マルチの選び方

マルチを選ぶ際には、使用する場所や目的、予算、マルチの種類など多くの要素を考慮する必要があります。菜園や園芸用途に合わせた選び方、材質の選定、コストパフォーマンスの良い製品を見つけることが重要です。

菜園や園芸用途に応じたマルチの選び方

菜園や園芸用途に適したマルチを選ぶには、植物の種類や栽培環境を考慮する必要があります。例えば、野菜栽培には土壌の保温と保湿が重要なので、これらの機能を持つマルチを選ぶと良いでしょう。

マルチの材質と機能性の考慮点

マルチの材質には、有機質と無機質があります。有機質マルチは土壌の肥沃化に貢献する反面、定期的な交換が必要です。無機質マルチは耐久性が高いですが、土壌への栄養供給は期待できません。使用目的に合わせて選びましょう。

予算と効果のバランスを考えた選び方

予算と効果のバランスを考えてマルチを選ぶことも重要です。長期間使用することを考えると、初期投資は高くても耐久性の高い製品の方がコストパフォーマンスが良い場合があります。一方で、短期間の使用の場合は低価格の製品でも十分な場合があります。

マルチのおすすめ人気ランキング10選

マルチは園芸や菜園での野菜栽培において欠かせないアイテムです。市場には多種多様なマルチが存在し、それぞれに独自の特徴と利点があります。ここでは、園芸愛好家やプロの農家に人気の高いマルチ製品をピックアップしました。耐久性、使いやすさ、環境への優しさなど、さまざまな基準で選ばれたこれらの製品は、あなたの園芸活動を大いにサポートすることでしょう。ランキング形式ではありませんが、各製品の特徴を把握し、自分の園芸スタイルや必要性に合った選択をする参考にしてください。

ランキング1位:第一ビニール

第一ビニールの家庭菜園マルチは黒色と透明があります。黒色は雑草と土壌の乾燥を防ぐの適し、透明のものは土壌の乾燥を防ぎ、地熱の温度を上げるのに適しています。利用用途に合わせて色を選ぶと良いでしょう。第一ビニールのマルチは芯に巻き付けてあるので、カットして残った分の管理が楽で良いです。ただし、ラインなどは入っていないので、ライン入りのものを探している方には向きません。

商品名第一ビニール家庭菜園用マルチ
価格2033円
ブランド第一ビニール
寸法0.02mm×95cm×50m
ASINB008705OHE

ランキング2位:日栄産業 菜園用黒マルチ

穴無し、センターラインなしの黒マルチです。家庭菜園には問題なく用いることができます。薄手なのでやや耐久性は弱くなっていますが、普通に用いる分には問題なく使用することができます。初心者の方にもおすすめです。

商品名日栄産業 菜園用黒マルチ
価格1212円
ブランド日栄産業
寸法0.02mm×95cm×20m
ASINB08T9WN3RJ

ランキング3位:日本マタイ(マルソル) 森下 菜園マルチ

土壌の保温用に活躍してくれる透明マルチです。長さも十分あるので、思い切って使えるのが嬉しいですね。ただし、雑草防止には効果がないので、雑草防止効果のものを求めているのであれば黒色を購入するようにしましょう。

商品名日本マタイ(マルソル) 森下 菜園マルチ
価格1578円
ブランド日本マタイ
寸法0.02mm×95cm×50m
ASINB006LWH2B6

ランキング4位:クラーク 一坪菜園用穴あきマルチ 1列

自分で穴をあけるのではなく、既にあいている製品をお探しの方におすすめしたいのが、クラークの穴あきマルチです。6cm大の穴が30cm間隔であけてあり、ジャガイモやサツマイモ、イチゴ、レタスなどを栽培するのに適しています。穴の大きさや間隔が合わないという場合は、穴があいていないものを購入し、自分で穴あけ作業をすることをおすすめします。

商品名クラーク 一坪菜園用穴あきマルチ 1列
価格979円
ブランドクラーク
寸法0.02mm×95cm×50m
ASINB00GKTCWR4

ランキング5位:日本マタイ(マルソル) 菜園ジョイマルチ

家庭菜園用のマルチならこの日本マタイのジョイマルチがおすすめです。黒色なので雑草の伸びを防ぎ、大切な野菜や果実を守ってくれます。穴はあいていないので、自分で穴を開ける必要はありますが、長さがあるので失敗しても安心して使うことができます。

商品名日本マタイ(マルソル) 菜園ジョイマルチ
価格1438円
ブランド日本マタイ
寸法0.02mm×95cm×20m
ASINB003BLQ68K

ランキング6位:岩谷マテリアル イワタニ耐熱菜園用黒マルチ

センターマークがついた使いやすいマルチです。0.02mmという薄さでありながら、耐久性に優れた一品で、使用後にはぎとる際もすんなり剥がせて大変使いやすいです。保温性、保水性、防雑草効果に優れているので初心者からプロの方まで使用することができます。

商品名岩谷マテリアル イワタニ耐熱菜園用黒マルチ
価格1452円
ブランド岩谷マテリアル
寸法0.02mmx65cmx50m
ASINB0BPS6LJ6N

ランキング7位:ダイオ化成 家庭菜園マルチ黒

8cm大の穴が30cm間隔であいており、合計で80穴使用することができるようになっています。安心と信頼のダイオ化成ブランド商品ということもあり、愛用者は多いです。穴があいているので、初心者の方でも楽に用いることができます。長さもそんなに必要がないという方向けのものですが、同商品は長さが長いものも展開されています。

商品名ダイオ化成 家庭菜園マルチ黒
価格720円
ブランドダイオ化成
寸法0.02mm×95cm×10m
ASINB00BMK7LIG

ランキング8位:マルソル(MARSOL) ニコニコ菜園マルチ

素材は薄めですが、ワンシーズンなら問題ない耐久性を兼ね揃えた、使いやすいマルチです。薄手なので、張りやすいという利点もあり、初心者でも問題なく使用できるようになっています。ただし穴はあいていないので、自分であけて使用しなくてはいけません。

商品名マルソル(MARSOL) ニコニコ菜園マルチ
価格1578円
ブランド日本マタイ
寸法0.02mm×95cm×50m
ASINB006LWH2F2

ランキング9位:日本マタイ(マルソル) 菜園ジョイマルチ

4つ折りになっており、一人でも作業しやすい使用になっている透明なマルチです。透明なマルチなので、雑草を防ぐ効果は期待できません。地熱を上げ、土壌の乾燥を防ぐ目的で使用するようにしましょう。穴もあいていないので、必要に応じて自分であけて使用して下さい。

商品名日本マタイ(マルソル) 菜園ジョイマルチ
価格1665円
ブランド日本マタイ
寸法135cm×20m
ASINB003BLQ69E

ランキング10位:カインズ(CAINZ) 菜園マルチ 黒

大きい菜園マルチの黒をお探しの方におすすめしたいのが、カインズの黒マルチです。こちらは穴なしのものになるので、必要に応じて自分で穴をあけるようにして下さい。大きいサイズなので、ちょっとした畑でも問題なく用いることができます。逆に庭での家庭菜園用には大きすぎるかもしれません。使用しない分や余ったものは冷暗所にて保管するようにしましょう。可燃性なので、火のそばには絶対置かないよう気を付けましょう。

商品名カインズ(CAINZ) 菜園マルチ 黒
価格980円
ブランドカインズ
寸法0.02mm×135cm×50m
ASINB0CBHQG3JZ

マルチの使い方

マルチの適切な使い方は、園芸や菜園での成功の鍵です。適切にマルチを使うことで、土壌の水分を保持し、雑草の成長を抑制し、根系を保護することができます。また、マルチは土壌温度の調節にも役立ちます。ここでは、マルチの基本的な敷き方から、野菜栽培での適切な使用法、さらに注意すべきポイントやコツについて説明します。

マルチの基本的な敷き方

マルチの敷き方は、まず清潔な土壌表面に均一に敷くことから始まります。厚さは一般に2~4インチ程度が理想的です。マルチを敷く前に、土壌を平らにし、必要に応じて肥料を施しておくと良いでしょう。マルチは、植物の根本に直接触れないように注意して敷くことが重要です。

野菜栽培におけるマルチの適切な使用法

野菜栽培においてマルチを使用する際は、特に水分管理と土壌温度の調節に注意が必要です。夏場は土壌の過熱を防ぐために、冬場は根系を保護するためにマルチが役立ちます。また、マルチを使用することで、土壌からの水分蒸発を減少させ、水やりの頻度を減らすことができます。

マルチ活用における注意点とコツ

マルチを使用する際には、適切なタイミングと量が重要です。春の終わりか夏の初めにマルチを施すと効果的です。また、マルチの材質に応じて、その効果や管理方法が異なるため、使用するマルチの特性を理解することが重要です。例えば、有機質マルチは時間とともに分解されるため、定期的に追加する必要があります。

【2024年】マルチのおすすめランキング10選を紹介!適切な使用法までのまとめ

マルチは、園芸や菜園において非常に有用なツールです。正しい使い方を身につけることで、植物の成長を助け、土壌の健康を維持し、ガーデニング作業をより効率的かつ楽しいものにすることができます。この記事では、マルチの基本概念から選び方、使い方までを網羅しました。これらの情報を活用して、あなたの園芸活動に最適なマルチを見つけ、効果的に使用しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。