おすすめ PR

【2024年】ウッドチップのおすすめランキング10選を紹介!マルチングの方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはウッドチップの魅力に気づいていますか?ガーデニングやランドスケーピングでの美観向上や土壌管理に非常に有効なウッドチップですが、どのように選び、どのように使用するかは重要なポイントです。ウッドチップの選択に失敗すると、思い通りの効果を得ることができないかもしれません。

この記事では、

  • ウッドチップとは?
  • ウッドチップはどんな人におすすめ?
  • ウッドチップはどこで購入することができるの?
  • ウッドチップの選び方
  • ウッドチップのおすすめ人気ランキング10選
  • ウッドチップの使い方
  • ウッドチップおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、ウッドチップの選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. ウッドチップとは?
    1. ウッドチップの基本的な定義と特性
    2. 樹皮から作られるウッドチップの種類
    3. ウッドチップの環境への効果と利点
  2. ウッドチップはどんな人におすすめ?
    1. ガーデニング愛好家にとってのウッドチップの価値
    2. ドッグランや猫砂としてのウッドチップの利用
    3. 観葉植物の栽培にウッドチップを使用するメリット
  3. ウッドチップはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでのウッドチップの購入方法
    2. 地元のガーデニング店で見つけるウッドチップ
    3. ウッドチップの量り売りとパッケージ商品の選び方
  4. ウッドチップの選び方
    1. ウッドチップのサイズと種類の違い
    2. 乾燥と素材によるウッドチップの品質判断
    3. 用途別ウッドチップ選択のポイント
  5. ウッドチップのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:SPICE OF LIFE(スパイス) ヒノキ
    2. ランキング2位:ナチュラルウッドチップ(杉・さわら混合)
    3. ランキング3位:兵庫県産スギ・ヒノキウッドチップ Aタイプ
    4. ランキング4位:青森ヒバ100% ウッドチップ 50L
    5. ランキング5位:東京産 ナチュラルウッドチップ
    6. ランキング6位:LeA&K ハスクチップ10L 爬虫類昆虫用床材
    7. ランキング7位:舗装・マルチング用ウッドチップ バーク&チップミックスタイプ
    8. ランキング8位:[3袋セット]LeA&K ハスクチップ10L
    9. ランキング9位:森林生活 ウッドチップ(WOOD CHIP) ひのき
    10. ランキング10位:ウェーバー(Weber) 燻製
  6. ウッドチップの使い方
    1. ウッドチップを利用したマルチングの基本
    2. 花壇やガーデニングにおけるウッドチップの配置
    3. 雑草防止と見た目を良くするウッドチップの活用法
  7. 【2024年】ウッドチップのおすすめランキング10選を紹介!マルチングの方法までのまとめ

ウッドチップとは?

ウッドチップは、木材を細かく刻んだチップ状の素材で、ガーデニングやランドスケーピングに多用されます。自然の木材から作られるため、環境に優しく、土壌の健康にも寄与します。ウッドチップは、土壌の水分保持、温度調節、雑草の成長抑制、そして自然分解による土壌改善などの効果があります。また、バークチップと呼ばれる樹皮から作られた種類もあり、これは特に美観向上に効果的です。ウッドチップはその実用性と美しさで、ガーデニング愛好家やプロのランドスケーパーから高い評価を受けています。

ウッドチップの基本的な定義と特性

ウッドチップは、主に樹木の枝や幹を小さく砕いた自然素材です。庭園やガーデニングにおいて土壌の保湿や雑草の抑制に用いられます。この素材は通気性が良く、土壌に空気を供給する役割も担います。ウッドチップは自然分解され、時間とともに土壌に栄養を供給するため、環境に優しい選択肢と言えます。

樹皮から作られるウッドチップの種類

樹皮から作られるウッドチップには、バークチップと呼ばれる種類があります。バークチップは、木の外側の部分を使用しており、見た目が美しく、耐久性に優れています。これらはマルチング用途に特に適しており、花壇や観葉植物の周りに使用されることが多いです。

ウッドチップの環境への効果と利点

ウッドチップは、環境に対して多くの利点を持っています。土壌の保湿効果により、水の使用量を減らすことができ、乾燥から植物を守ります。また、自然分解する過程で土壌に栄養を与え、植物の成長を助けます。ウッドチップは雑草の成長を防ぐ効果もあるため、ガーデニングにおける手間を減らすことができます。

ウッドチップはどんな人におすすめ?

ウッドチップは、ガーデニングやランドスケーピングを趣味とする人に特におすすめです。特に、土壌の保湿、雑草防止、美観の向上を図りたい方には最適です。また、ウッドチップはドッグランの敷材や猫砂の代替としても使用でき、ペットを飼っている家庭にも良い選択肢です。観葉植物の鉢底に敷くことで、見た目の美しさを高めると同時に土壌の状態を良好に保つことができます。自宅の庭や公共の緑地、さらには都市型ガーデニングを楽しむ人々にとっても、ウッドチップは有益な素材と言えるでしょう。

ガーデニング愛好家にとってのウッドチップの価値

ガーデニング愛好家にとってウッドチップは、その多様な利用方法で価値があります。土壌の改善、水分の保持、雑草防止といった機能を持ち、植物の健康維持に寄与します。また、ウッドチップはガーデンの見た目を自然かつ整ったものにする助けとなります。

ドッグランや猫砂としてのウッドチップの利用

ドッグランやペットの遊び場にウッドチップを使用することは、柔らかく足元に優しい環境を提供します。また、猫砂として使用する場合、自然素材であるためペットにも安全で、消臭効果も期待できます。これらの用途では、適切なサイズと素材のウッドチップを選ぶことが重要です。

観葉植物の栽培にウッドチップを使用するメリット

観葉植物の栽培にウッドチップを使用すると、土壌の保湿効果が得られ、水やりの頻度を減らすことができます。また、ウッドチップは観葉植物の鉢の見た目を向上させ、自然な美しさをプラスします。乾燥を防ぎながら通気性を保つため、根腐れのリスクも減少します。

ウッドチップはどこで購入することができるの?

ウッドチップを購入する場所は多岐にわたります。購入先を選ぶ際には、ウッドチップの種類、品質、価格、そして購入量を考慮する必要があります。一般的には、オンラインショップ、地元のガーデニング店、または大型ホームセンターでの購入が可能です。それぞれの購入先の特徴を理解し、自分のニーズに合った選択をすることが重要です。

オンラインショップでのウッドチップの購入方法

オンラインショップはウッドチップを手軽に購入できる場所の一つです。幅広い種類のウッドチップを見比べ、レビューを参考に選ぶことができます。また、大量購入や特定のサイズのオーダーも可能です。オンライン購入の際は送料や配送時間も考慮に入れましょう。多くのオンラインショップでは、商品の詳細情報や使用例が記載されており、選択の助けになります。

地元のガーデニング店で見つけるウッドチップ

地元のガーデニング店やホームセンターは、ウッドチップを直接手に取り、品質を確認できる場所です。店舗では、スタッフから直接アドバイスを受けることができ、自分の用途に合ったウッドチップを見つけやすいです。また、地域によっては地元の木材を利用した独自のウッドチップが販売されていることもあります。

ウッドチップの量り売りとパッケージ商品の選び方

ウッドチップは量り売りやパッケージ商品として購入することができます。量り売りは必要な量だけを購入でき、コストを抑えられるメリットがあります。パッケージ商品は一定の品質と量が保証されており、使いやすさが魅力です。購入する際は、使用する場所の広さや必要量を予め計算しておくと選択が容易になります。

ウッドチップの選び方

ウッドチップを選ぶ際には、使用目的、ガーデンのスタイル、気候条件などを考慮する必要があります。サイズや素材、乾燥度なども重要な選択基準です。また、ウッドチップの種類によっては、特定の植物に適していたり、特定の効果があるものもあります。

ウッドチップのサイズと種類の違い

ウッドチップのサイズと種類は、使用する目的によって選ぶべきです。大きなチップは通気性が高く、大きな植物や木に適しています。小さなチップは細かい植物や鉢植えに適しており、見た目も繊細です。種類によっても、バークチップ、松の樹皮チップなど様々あり、それぞれに特徴があります。

乾燥と素材によるウッドチップの品質判断

ウッドチップの品質は、乾燥度と使用される素材によって異なります。乾燥したチップは保存が容易で、長期間使用できる利点があります。素材に関しては、硬い木材から作られたチップは耐久性が高く、軟らかい木材のチップは分解が早い傾向があります。

用途別ウッドチップ選択のポイント

ウッドチップを選ぶ際には、その用途を明確にすることが重要です。例えば、マルチング用途では、土壌を保湿しやすい種類のチップを選ぶべきです。一方、装飾用途では、色合いや質感を重視した選択が求められます。ペット用途であれば、安全性と快適さを提供できる種類を選ぶことが重要です。

ウッドチップのおすすめ人気ランキング10選

ウッドチップ選びにおいては、品質、使用目的、耐久性、環境への優しさなど、さまざまな要因を考慮する必要があります。市場には多様なウッドチップが存在し、それぞれに独特の特徴と利点があります。ここでは、ガーデニング愛好家やプロの園芸家から高い評価を受けている、おすすめのウッドチップ10種類を紹介します。

これらの選択肢は、使用目的や個人の好みに応じて最適なものを見つけるための参考となるでしょう。それでは、様々なニーズに合ったトップ10のウッドチップをご覧ください。

ランキング1位:SPICE OF LIFE(スパイス) ヒノキ

クリーム色の細かいチップが魅力的なSPICE OF LIFE(スパイス) ヒノキは、木曽ヒノキ独特の消臭効果と美しさが人気の商品です。明るさが目立つチップは消臭効果とともに、お庭や鉢植えのディスプレイとしても役立ちます。木曽ヒノキのさわやかな香りは、除菌効果とともにリラックス効果も感じさせてくれるのでお部屋に飾ってある観葉植物にもおすすめの一品です。

商品名SPICE OF LIFE(スパイス) ヒノキ
価格1980円
ブランド日本製 天然素材100%
寸法2L
内容量310g

ランキング2位:ナチュラルウッドチップ(杉・さわら混合)

わんちゃんやねこちゃんのラウンドルームにもおすすめのナチュラルウッドチップ(杉・さわら混合)は、薄茶色の見た目が印象的なウッドチップです。安心で高品質を保証するナチュラルウッドチップ(杉・さわら混合)は、ペットや小動物だけでなく観葉植物やお庭の土かくしにも適しています。防腐剤を使用していない日本製なので香りも良く、その品質の高さも人気の理由のひとつでしょう。

商品名ナチュラルウッドチップ(杉・さわら混合)
価格3520円
ブランド天然木100%
寸法50L
内容量2袋

ランキング3位:兵庫県産スギ・ヒノキウッドチップ Aタイプ

細かめのウッドチップが大容量で入っているので、ガーデニング資材としてもプロに選ばれている兵庫県産スギ・ヒノキウッドチップ Aタイプ。杉やヒノキのウッドチップは広範囲に使うことができ、お庭の雑草対策や害虫防除にも適しています。ドッグランや公園にも使われていますので、お庭の景観を改善したいと考える方にもぴったりなのではないでしょうか。

商品名兵庫県産スギ・ヒノキウッドチップ Aタイプ
価格3480円
ブランドガーデナス・ウッドチップシリーズ
寸法100L
内容量2袋セット

ランキング4位:青森ヒバ100% ウッドチップ 50L

明るい色合いが印象的な青森ヒバ100% ウッドチップは、消臭・抗菌・防虫の効果に優れています。ドッグランだけでなく、ガーデニングにも使われることの多い青森ヒバ100% ウッドチップ。蚊が近寄らない、雑草が生えにくいなどの効果も実証されていて、樹木や観葉植物の根元を覆うのにも適しています。水や水蒸気で湿らせることによって、ヒバのさわやかな香りが漂うのもおすすめポイントです。

商品名青森ヒバ100% ウッドチップ 50L
価格3809円
ブランド青森ヒバ100%
寸法50L
内容量50L

ランキング5位:東京産 ナチュラルウッドチップ

杉・ヒノキ・さわらのウッドチップをブレンドしているこちらの商品は天然木の香りが良く、清潔感が人気の商品です。完全受注生産なので、カットしたてとも思わせてくれる木の香りを楽しむことができます。明るく小さめのウッドチップは木のブラウン色が美しく、お庭を明るく彩ってくれるのも魅力のひとつでしょう。雑草対策にお庭の土表面を隠す使い方もおすすめです。

商品名東京産 ナチュラルウッドチップ
価格3520円
ブランド東京産天然木100%
寸法50L
内容量2袋

ランキング6位:LeA&K ハスクチップ10L 爬虫類昆虫用床材

LeA&K ハスクチップ10L 爬虫類昆虫用床材は、清潔な環境を好む爬虫類や昆虫のとこ材としても人気のウッドチップです。清潔感だけでなく、抗菌や防臭効果にも優れているのでお部屋の観葉植物にもおすすめな特徴をもっています。ヤシの実の殻を用いているLeA&K ハスクチップ10L 爬虫類昆虫用床材は、消臭効果が強い天然素材100%です。通気性と保水性に優れているので、土の表面からの蒸散を防ぎお手入れの手間を省いてくれます。

商品名LeA&K ハスクチップ10L 爬虫類昆虫用床材
価格1250円
ブランドノーブランド
寸法
内容量10L

ランキング7位:舗装・マルチング用ウッドチップ バーク&チップミックスタイプ

舗装やマルチング用途して販売されているウッドチップ バーク&チップミックスタイプは、大容量で広範囲の地面を覆うことができる特徴があります。容量が多いにも関わらず、価格がお手頃なのでコスパの良い商品と言えるでしょう。お庭やガーデニングスペースを綺麗に整えたい方には特におすすめの商品です。国産の杉やヒノキのバーク材を用いているので、カントリー風のお庭の印象を与えてくれます。

商品名舗装・マルチング用ウッドチップ バーク&チップミックスタイプ
価格3450円
ブランドガーデナス・ウッドチップシリーズ
寸法100L
内容量2袋

ランキング8位:[3袋セット]LeA&K ハスクチップ10L

高い消臭効果をもつLeA&K ハスクチップ10Lは、ヤシの殻を用いたウッドチップで濃いブラウンが印象的な商品です。爬虫類や昆虫のとこ材としても使われているため、植物周りを清潔に整えたい方には特におすすめなLeA&K ハスクチップ。10Lが3袋セットになっているので、全体的なコスパも良く、広い範囲をウッドチップで覆いたい方におすすめです。

商品名LeA&K ハスクチップ10L
価格2960円
ブランドノーブランド
寸法10L
内容量3袋

ランキング9位:森林生活 ウッドチップ(WOOD CHIP) ひのき

価格の低さが魅力的な森林生活 ウッドチップ(WOOD CHIP) ひのきは、かわいらしい粒が若い方や女性にもおすすめの商品です。小さな観葉植物を育てている方や、ちょっとしたスペースにウッドチップを敷きたいと考えている方にぴったりな森林生活 ウッドチップ(WOOD CHIP) ひのき。かわいらしいサシェの袋がついているので、余った分は消臭材として用いることができます。

商品名森林生活 ウッドチップ(WOOD CHIP) ひのき
価格792円
ブランドベルミス
寸法0.2L
内容量200ml

ランキング10位:ウェーバー(Weber) 燻製

シンプルな見た目が特徴のウェーバー(Weber) 燻製は、バーベキュー用のスモークチップとして販売されているウッドチップです。お手軽な容量で販売されているので、お部屋の観葉植物や多肉植物の表面の土を隠したいという方にもぴったりなのではないでしょうか。自然の木材がもつほのかな香りがお部屋を満たしてくれるはずです。

商品名ウェーバー(Weber) 燻製
価格1090円
ブランド
寸法
内容量2L

ウッドチップの使い方

ウッドチップはガーデニングやランドスケーピングにおいて多目的に利用できる素材です。マルチング、花壇の装飾、雑草防止など、さまざまな方法で使用できます。ウッドチップを適切に使用することで、土壌の保湿、温度管理、さらには美観の向上にも寄与します。ここでは、ウッドチップの効果的な使い方をいくつか紹介しますので、ガーデニングに役立ててください。

ウッドチップを利用したマルチングの基本

マルチングは、土壌を保護し、水分を保持するためにウッドチップを使用する方法です。これにより、土壌の温度が一定に保たれ、乾燥を防ぎます。ウッドチップを土の表面に均一に広げることで、雑草の成長を効果的に抑制できます。また、ウッドチップは徐々に分解され、土壌に栄養を与えます。マルチングには、ウッドチップの層を数センチの厚さで敷くことが推奨されます。

花壇やガーデニングにおけるウッドチップの配置

花壇やガーデニングにウッドチップを使用すると、美観を高めることができます。ウッドチップを均等に敷くことで、整った外観を与えると同時に、植物の根元を保護します。ウッドチップの使用は、土壌の温度を安定させ、過度な乾燥や水分蒸発を防ぎます。また、ウッドチップは自然な色合いを提供し、花壇の魅力を引き立てます。

雑草防止と見た目を良くするウッドチップの活用法

ウッドチップは雑草の成長を抑制するのに有効です。ウッドチップを厚めに敷くことで、雑草の種が土壌に到達するのを防ぎ、成長を妨げます。この方法は、労力をかけずに雑草管理をするのに役立ちます。加えて、ウッドチップはガーデンや庭の見た目を自然で美しくするための簡単な方法です。耐久性があり、長期間にわたって美観を保つことができます。

【2024年】ウッドチップのおすすめランキング10選を紹介!マルチングの方法までのまとめ

ウッドチップはその多用途性と環境への優しさから、多くのガーデニング愛好家にとって必須のアイテムです。マルチング、美観の向上、雑草防止など、様々な使い方が可能です。このガイドでは、ウッドチップの選び方から使用方法まで、幅広く紹介しました。ウッドチップを使用する際は、目的に合わせた適切な種類とサイズを選び、ガーデンをより美しく、機能的に保ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。