おすすめ PR

【2024年】防獣ネットのおすすめランキング10選を紹介!メンテナンス方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは防獣ネットをご存知でしょうか。これは、野生動物や害獣から貴重な作物や庭園を守るための非常に効果的なツールです。購入を検討している方にとって、最適な防獣ネットを選びたいと考えるのは当然のことですね。

この記事では、

  • そもそも防獣ネットとは?
  • 防獣ネットはどんな人におすすめ?
  • 防獣ネットはどこで購入することができるの?
  • 防獣ネットの選び方
  • 防獣ネットのおすすめ人気ランキング10選
  • 防獣ネットの使い方
  • 防獣ネットおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、防獣ネットの選び方から購入場所、おすすめの製品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 防獣ネットとは?
    1. 防獣ネットの基本的な構造
    2. 防獣ネットが動物の侵入を防ぐ仕組み
    3. さまざまなタイプの防獣ネット
  2. 防獣ネットはどんな人におすすめ?
    1. 農業を営む人への防獣ネットの必要性
    2. 庭や畑を守る家庭用防獣ネット
    3. 山間部や田舎に住む人へのおすすめ
  3. 防獣ネットはどこで購入することができるの?
    1. ホームセンターでの防獣ネットの取り扱い
    2. オンラインでの防獣ネット購入ガイド
    3. 専門店によるカスタム防獣ネットの注文方法
  4. 防獣ネットの選び方
    1. サイズと高さによる選び方
    2. イノシシや小動物対策のための強度の選定
    3. 設置場所と目的に合わせた材質の選択
  5. 防獣ネットのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:日本マタイ(マルソル)動物よけネット アニマルフェンスネット
    2. ランキング2位:セフティー3 アニマルネット 目合16mm
    3. ランキング3位:日本マタイ(マルソル)動物よけネット 強力フェンスネット
    4. ランキング4位:マルソル(MARSOL) 鹿侵入防止ネット
    5. ランキング5位:ANDGOAL 多目的ネット | 5mx5m 25mm目 ロープ・バッグ付き
    6. ランキング6位:BOLSO 落下防止 プラスチック メッシュ ネット 犬 猫 脱走防止 転落防止 安全 網 ベランダ 防鳥
    7. ランキング7位:ココアイ 転落防止ネット
    8. ランキング8位:HiGood PP養生ネット 防鳥ネット グリーンネット
    9. ランキング9位:キンボシ(Kinboshi) 【頑丈・安心・日本製】
    10. ランキング10位:SUOKOMR ネット 防護ネット 安全ネット バルコニー防護
  6. 防獣ネットの使い方
    1. 防獣ネットの正しい設置方法
    2. 支柱や付属品の利用で強化する技
    3. 防獣ネットのメンテナンスと被害対策
  7. 【2024年】防獣ネットのおすすめランキング10選を紹介!メンテナンス方法までのまとめ

防獣ネットとは?

防獣ネットは、野生動物や害獣による被害から農作物、庭園、住宅地を守るための実用的な防護用品です。これらのネットは、特に田舎や山間部に住む人々にとって必要不可欠なアイテムとなっています。イノシシ、鹿、小動物など、さまざまな種類の動物から保護するために設計されており、その効果は高く評価されています。

防獣ネットの基本的な構造

防獣ネットは、動物の侵入を防ぐために設計されたネットです。これは通常、耐久性のある素材で作られており、長期間にわたって使用できます。ネットのメッシュサイズは、侵入しようとする動物の種類に応じて異なります。設置は比較的簡単で、適切な支柱と固定用品があれば行えます。防獣ネットは、さまざまな高さと長さで利用可能です。

防獣ネットが動物の侵入を防ぐ仕組み

防獣ネットは、動物が侵入するのを物理的に防ぐことで機能します。ネットの密度と強度は、大型動物でも突破するのが困難なように設計されています。特にイノシシや鹿などの大型動物に対する効果が顕著です。ネットは、動物が見ることができるように目立つ色で作られることもあり、これにより動物が近づくのを思いとどまらせる効果もあります。

さまざまなタイプの防獣ネット

防獣ネットには、様々なタイプがあります。一部のネットは特に軽量で取り扱いやすく、小規模な庭園や個人の畑に適しています。一方、より頑丈で大規模な設置に適したネットもあり、これらは農業用途や大規模な土地の保護に使用されます。また、動物の種類に応じてメッシュサイズを変えることができるカスタマイズ可能なネットも市場には存在します。

防獣ネットはどんな人におすすめ?

防獣ネットは、さまざまな環境やニーズに対応しています。これは農業従事者、家庭菜園を楽しむ人、または自然に囲まれた環境に住む人にとって特に有用です。これらのネットは、野生動物による被害から貴重な資源を守る効果的な方法として認識されています。

農業を営む人への防獣ネットの必要性

農業従事者にとって防獣ネットは、作物を害獣から守るための重要なツールです。特に、イノシシや鹿などの大型の野生動物による被害が多い地域では、防獣ネットの設置が不可欠です。これらのネットは、作物の損失を大幅に減少させることができます。

庭や畑を守る家庭用防獣ネット

家庭菜園や庭を持つ個人にとっても、防獣ネットは非常に役立ちます。これらは小動物や鳥類による被害を防ぐために特に設計されており、庭園や畑の植物を守るための安価で効果的な手段を提供します。

山間部や田舎に住む人へのおすすめ

山間部や田舎に住む人々は、特に野生動物の侵入に悩まされることがあります。防獣ネットはこれらの地域で特に有効で、住宅や財産を守るための信頼できる方法を提供します。これらのネットは、野生動物による損害を防ぎ、安全な生活環境を確保するのに役立ちます。

防獣ネットはどこで購入することができるの?

防獣ネットの購入方法は多岐にわたり、利便性と個別のニーズに応じて選ぶことができます。一般的なホームセンター、オンラインショップ、専門店など、さまざまな購入ルートが存在します。これらの選択肢を理解し、自分の状況や要件に最適なネットを見つけることが重要です。

ホームセンターでの防獣ネットの取り扱い

多くのホームセンターでは、様々な種類の防獣ネットを取り扱っています。これらの店舗では、一般的なサイズや強度のネットが豊富に揃っており、直接商品を見て選ぶことができます。ホームセンターのスタッフは、ネットの選び方や設置方法に関するアドバイスを提供することが多く、初めて購入する人にとっても親切です。また、即日持ち帰りが可能な点も、ホームセンターの大きな利点です。

オンラインでの防獣ネット購入ガイド

オンラインショッピングは、防獣ネットの購入にも広く利用されています。オンラインストアでは、さまざまなサイズ、素材、強度のネットを比較し、自宅に届けてもらうことができます。多くのオンラインショップでは、製品の詳細な説明やレビューを提供しており、購入前に役立つ情報を得ることができます。さらに、特別なオファーや割引が提供されることもあり、コストパフォーマンスに優れた選択が可能です。

専門店によるカスタム防獣ネットの注文方法

専門店では、特定のニーズに合わせてカスタマイズされた防獣ネットを注文することができます。これらの店舗は、特殊なサイズや特定の動物種に対応した高度な強度のネットを提供することが可能です。専門店のスタッフは、個々の状況に応じた最適なネットの選定をアドバイスしてくれます。カスタムメイドのネットは、特に困難な条件や特別な要件がある場合に理想的です。

防獣ネットの選び方

防獣ネットを選ぶ際には、サイズ、強度、材質など、いくつかの重要な要素を考慮する必要があります。これらの要素は、ネットの効果性と耐久性に大きく影響を与えます。正しいネットを選ぶことで、野生動物による被害を効果的に防ぐことができます。

サイズと高さによる選び方

防獣ネットを選ぶ際には、設置する場所のサイズと高さを考慮することが重要です。広いエリアを保護する場合は、より大きなサイズのネットが必要です。また、高さは、狙いとする動物によって異なります。例えば、イノシシや鹿などの大型動物を防ぐには、より高いネットが必要です。設置場所の寸法を正確に測定し、適切なサイズのネットを選ぶことが重要です。

イノシシや小動物対策のための強度の選定

防獣ネットの強度は、対象とする動物の種類によって選ぶ必要があります。イノシシなどの大型動物に対抗するには、特に強度の高いネットが求められます。小動物や鳥類に対処するためのネットは、それほど強度が必要ではありませんが、耐久性に優れていることが重要です。適切な強度のネットを選ぶことで、長期間にわたって効果的な保護を提供できます。

設置場所と目的に合わせた材質の選択

防獣ネットの材質は、設置場所と使用目的によって異なります。屋外での長期間の使用には、耐候性と耐UV性に優れた材質が適しています。また、視覚的に目立たないネットを望む場合は、環境に溶け込む色や材質のネットが理想的です。設置場所の環境と使用目的を考慮し、最適な材質を選ぶことが重要です。

防獣ネットのおすすめ人気ランキング10選

防獣ネットの選択は、その効果性、耐久性、使いやすさに大きく依存します。市場には多様なオプションが存在し、それぞれに独自の特徴や強みがあります。このセクションでは、様々なニーズや条件に適した、おすすめの防獣ネットをピックアップしています。これらのランキングは、消費者のレビュー、専門家の意見、製品の機能性に基づいて選出されており、効果的な害獣対策を考える際の参考になるでしょう。ここに挙げられた製品は、庭園の保護から農業用途まで、幅広い用途に対応しています。

ランキング1位:日本マタイ(マルソル)動物よけネット アニマルフェンスネット

日本マタイから発売されている動物よけネット「アニマルフェンスネット」は、農業資材大手の企業が開発した幅広い用途に用いることのできる防獣ネットです。フェンスやドッグランにも使われることの多いしっかりとした丈夫なネットなので、山間地で農業を行っている方にもおすすめな特徴をもっています。グリーンのカラーが目立つので、小動物なども防除することができ、50mの長さは汎用性があるはずです。

商品名日本マタイ(マルソル)動物よけネット アニマルフェンスネット
価格3,380円
ブランド日本マタイ(マルソル)
寸法16mm目 1m×50m
重量3.25㎏

ランキング2位:セフティー3 アニマルネット 目合16mm

動物の体に絡みやすい繊細なネット目が特徴のセフティー3アニマルネットは、大型獣だけでなくイタチやハクビシンなどの小動物も防除することができます。補強のロープが入っているので、見た目以上にしっかりとした強さがあるのもポイントです。ポリエチレン素材なので、太陽光にも強く耐久性があります。お庭のちょっとしたスペースを鳥や小動物から守りたい方には特におすすめの商品でしょう。

商品名セフティー3 アニマルネット 目合16mm
価格2,720円
ブランドセフティー3
寸法16mm 2m×10m
重量1.17㎏

ランキング3位:日本マタイ(マルソル)動物よけネット 強力フェンスネット

ブラウン色の景観を壊さないカラーをもつ日本マタイ(マルソル)動物よけネット 強力フェンスネットは、しっかりとした強い素材でできているので強度に自信がある商品です。切ってもほつれない特徴をもっていますので、必要なスペースに応じて柔軟にカットしてサイズを変えることができます。5mの長さは家庭菜園やお庭の一角に張り巡らせるのにちょうどよく、コストパフォーマンスが高いこともおすすめのポイントです。

商品名日本マタイ(マルソル)動物よけネット 強力フェンスネット
価格2,063円
ブランド日本マタイ(マルソル)
寸法37.5mm目 1m×5m
重量460g

ランキング4位:マルソル(MARSOL) 鹿侵入防止ネット

鹿侵入防止ネットと銘打っているこちらの商品は、軽くて強度が高いのが特徴です。金属のフェンスのように錆びたり防食したりしないため、使い勝手が良いのもメリットでしょう。20mの長さがあるのにも関わらず、コスパが良く端が青く印をつけてあるので張り巡らせやすいのもおすすめの理由です。鹿などの背丈が高い動物も防除してくれる高さがあるのでので、跳躍力もある猫除けにも使われています。

商品名マルソル(MARSOL) 鹿侵入防止ネット
価格2,600円
ブランド日本マタイ(マルソル)
寸法18cm菱目 2m×20m
重量1.1㎏

ランキング5位:ANDGOAL 多目的ネット | 5mx5m 25mm目 ロープ・バッグ付き

ロープやバッグがついているので管理しやすい多目的ネットのため、園芸や農業用だけでなくスポーツなどにも用いられています。軽くて扱いやすいので、防鳥ネットとして高い位置に張り巡らせることもできますし、防犯にも役立つはずです。汎用性が高いので、ゴミ捨て場やフェンスの代わりとしても用いられています。鮮やかなグリーンネットは目立つので、小動物などを寄せ付けません。

商品名ANDGOAL 多目的ネット | 5mx5m 25mm目 ロープ・バッグ付き
価格3,839円
ブランドANDGOAL
寸法5mx5m 25mm目
重量2.08㎏

ランキング6位:BOLSO 落下防止 プラスチック メッシュ ネット 犬 猫 脱走防止 転落防止 安全 網 ベランダ 防鳥

ペットの犬や猫の脱走防止用や転落防止用にも用いられるBOLSO 落下防止 プラスチック メッシュ ネットは、丸く肌触りの良い網目が特徴の防獣ネットです。安全性に優れたしっかりとした素材ですので、小さなお子様やペットの肌を傷つけることもありません。ハサミで簡単にカットでき、結束バンドで設置することが可能なので使用にも柔軟性を期待できます。軽量で柔らかく、耐久性もあるので初めて防獣ネットを設置する方にもおすすめです。

商品名BOLSO 落下防止 プラスチック メッシュ ネット
価格1,680円
ブランドBOLSO
寸法1.2cm穴 40cm×2m
重量320g

ランキング7位:ココアイ 転落防止ネット

ココアイ 転落防止ネットはおしゃれな白い網目が洋風のお家にもぴったりな印象を与えてくれます。耐久性と柔軟性を併せ持っていますので、大切なペットやお子様の転落防止にベランダなどに張るのもおすすめです。加工がしやすくハサミなどでカットできる作業効率の良さとともに、付属品がしっかりとついているので設置にあたっては他の製品を購入する必要がないメリットもあります。

商品名ココアイ 転落防止ネット
価格1,650円
ブランドココアイ
寸法0.4cm 40cm×2M
重量280g

ランキング8位:HiGood PP養生ネット 防鳥ネット グリーンネット

防鳥・防球・安全ネットとしても用いられることの多いHiGood PP養生ネット 防鳥ネット グリーンネットは、柔軟性に優れた養生ネットとして様々な用途に使うことができます。重量が重くないので、吊り下げて張り巡らせることもできる汎用性に優れているのもポイントです。作業しやすい長さや網目の大きさなので、初心者にも簡単に取り扱うことができます。

商品名HiGood PP養生ネット 防鳥ネット グリーンネット
価格6,880円
ブランドHiGood
寸法5x10m
重量4.02㎏

ランキング9位:キンボシ(Kinboshi) 【頑丈・安心・日本製】

シンプルな見た目ながらも、動物を防除するのに特化した防獣ネットであるキンボシ(Kinboshi) 【頑丈・安心・日本製】は、頑丈でしっかりとした素材であるとともに日本製なので安心・安全な設計になっています。細かな網目なので、ハクビシンやタヌキなどの小動物を防除することができるとともに、長さが20m、高さが1.5mあるので地面に這わせてセットすることができるのも特徴です。

商品名キンボシ(Kinboshi) 【頑丈・安心・日本製】
価格2,282円
ブランドキンボシ
寸法1.5m×20m
重量240g

ランキング10位:SUOKOMR ネット 防護ネット 安全ネット バルコニー防護

SUOKOMR ネット 防護ネット 安全ネット バルコニー防護は強力な網目で織り込んであるのでほつれを起こしにくく、扱いやすいのが特徴です。しっかりとした構造をもっているので、耐久性に優れて型崩れしにくいのもポイントでしょう。動物侵入を防ぐ構造になっていますので、家庭菜園や山野に近い畑などに設置するのがおすすめです。

商品名SUOKOMR ネット 防護ネット 安全ネット バルコニー防護
価格2,464円~3,314円
ブランドSUOKOMR
寸法25mm綱目 2.5mm線経 2m*2m
重量1.2㎏

防獣ネットの使い方

防獣ネットの効果的な使い方は、設置方法、強化技術、そして適切なメンテナンスによって大きく変わります。正しくネットを設置し、必要に応じて強化することで、野生動物による被害を最小限に抑えることができます。また、定期的なメンテナンスは、ネットの長期的な効果を保証します。以下のセクションでは、これらの重要な側面について詳しく解説します。

防獣ネットの正しい設置方法

防獣ネットの効果は、設置方法に大きく依存します。まず、ネットを設置するエリアを正確に測定し、適切なサイズのネットを選ぶ必要があります。ネットは地面から十分な高さに設置することが重要で、これには適切な支柱が必要です。ネットの端は地面に固定し、動物が下から侵入するのを防ぐ必要があります。また、ネットの張り具合を適切に保つために、定期的に張力を調整することも大切です。

支柱や付属品の利用で強化する技

防獣ネットの強化には、支柱や付属品の適切な利用が不可欠です。支柱はネットを安定させ、強度を高める役割を果たします。地面の種類やネットの重さに合わせて、適切なタイプの支柱を選ぶことが重要です。また、角度をつけて設置することで、動物の侵入をより効果的に防ぐことができます。付属品として、ネットの端を固定するためのアンカーや張り線を使用することも、強化に役立ちます。

防獣ネットのメンテナンスと被害対策

防獣ネットの維持には、定期的なメンテナンスが必要です。ネットの損傷や破れはすぐに修理し、効果を維持することが重要です。特に、気候の変化や激しい天候に晒されることで、ネットの劣化が進む可能性があります。また、動物による被害が見られた場合は、ネットの配置を見直したり、追加の強化を施したりすることが効果的です。定期的なチェックと適切な対策により、ネットは長期にわたってその機能を果たし続けます。

【2024年】防獣ネットのおすすめランキング10選を紹介!メンテナンス方法までのまとめ

防獣ネットは、野生動物による被害から作物、庭園、住宅を守る効果的な手段です。正しい選択、適切な設置、強化方法、そして継続的なメンテナンスが重要です。この記事では、防獣ネットの種類、選び方、設置方法、おすすめ製品について解説しました。これらの情報を活用し、自分の状況に最適な防獣ネットを選び、効果的に使用することができます。適切な防獣ネットを利用することで、安心して自然の中で生活することが可能になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。