おすすめ PR

【2024年】パラソルベースのおすすめランキング10選を紹介!安全な使い方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはパラソルベースの重要性をご存知でしょうか。屋外で快適な時間を過ごすためには、パラソルとそのベースの選択が欠かせません。しかし、多様な種類と特徴がある中で、最適なものを選ぶのは簡単なことではありません。

この記事では、

  • パラソルベースとは?
  • パラソルベースはどんな人におすすめ?
  • パラソルベースはどこで購入することができるの?
  • パラソルベースの選び方
  • パラソルベースのおすすめ人気ランキング10選
  • パラソルベースの使い方
  • パラソルベースおすすめのまとめ

について紹介していきます。

この記事を読めば、パラソルベースの選び方から購入場所、おすすめの製品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。屋外空間をより快適でスタイリッシュにするためのポイントが満載ですので、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. パラソルベースとは?
    1. パラソルベースの基本機能
    2. ガーデンでの活用法
    3. パラソルベースの素材とその特徴
  2. パラソルベースはどんな人におすすめ?
    1. ガーデンを楽しむ家庭
    2. UVカットを重視するユーザー
    3. おしゃれな空間作りを目指す人
  3. パラソルベースはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの購入方法
    2. ホームセンターでの選び方
    3. ガーデン用品専門店の利用
  4. パラソルベースの選び方
    1. サイズと重量のバランスの重要性
    2. 素材による耐久性とメンテナンス
    3. 設置場所とパラソルの調節
  5. パラソルベースのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:不二貿易 パラソルベース22kg 幅48×奥行48×高さ37㎝
    2. ランキング2位:タカショー 置台 パラソルベース
    3. ランキング3位:FIELDOOR アルミ製 ガーデンパラソル
    4. ランキング4位:seathstars パラソルベース
    5. ランキング5位:不二貿易 パラソルベース
    6. ランキング6位:FIELDOOR パラソルベース パラソルスタンド
    7. ランキング7位:不二貿易 パラソルベース
    8. ランキング8位:リビングアウト(Living Out) パラソルベース
    9. ランキング9位:BUNDOK MOLUSKO(モルスコ) パラソル ベース
    10. ランキング10位:KYOETSUKAGAKU(キョウエツカガク) 協越化学 パラソル ベース たつぞうくん
  6. パラソルベースの使い方
    1. パラソルの角度調節方法
    2. 支柱とベースの接続方法
    3. 風や天候に応じた安全な使い方
  7. 【2024年】パラソルベースのおすすめランキング10選を紹介!安全な使い方までのまとめ

パラソルベースとは?

パラソルベースは、屋外で使用するパラソルを固定し安定させるための重要なアクセサリーです。これらは一般的に重量があり、パラソルが風で倒れないようにする役割を果たします。さまざまな素材やデザインがあり、ガーデンやテラスなど様々な場所での使用に適しています。

パラソルベースの基本機能

パラソルベースの主な機能は、パラソルを安定して立たせることです。重量があり、しっかりとした支持を提供することで、パラソルが風によって倒れるのを防ぎます。また、パラソルの位置や角度を調整するための機能も備えていることが多いです。

ガーデンでの活用法

ガーデンでのパラソルベースの使用は、日よけや装飾の両方の目的で重宝されます。ガーデンパーティーやバーベキューなどの屋外イベントにおいて、快適な遮光と美観を提供します。さらに、パラソルベースはガーデンのデザインに合わせて選ぶことができ、装飾的な要素も加えられます。

パラソルベースの素材とその特徴

パラソルベースには、コンクリート、金属、プラスチック、石など様々な素材が使用されています。各素材には独自の特徴があり、重量、耐久性、メンテナンスの容易さなどが異なります。素材選びは、使用する場所やパラソルのサイズ、さらには個人のスタイルや好みによって決まります。

パラソルベースはどんな人におすすめ?

パラソルベースは、屋外空間を快適に利用したいすべての人におすすめです。特にガーデンやテラスを持つ家庭、日差しを遮りたい人、または屋外空間をおしゃれに演出したい人にとって、非常に有効なアイテムです。

ガーデンを楽しむ家庭

ガーデンを頻繁に使用する家庭には、パラソルベースが特に適しています。これにより、強い日差しや軽い雨から保護することができ、屋外でのリラックスや食事をより楽しむことができます。

UVカットを重視するユーザー

UVカット機能を備えたパラソルと組み合わせることで、パラソルベースは日焼けや紫外線からの保護に役立ちます。これは特に日差しが強い日に屋外で過ごす際に重要で、肌の健康を保つのに効果的です。

おしゃれな空間作りを目指す人

パラソルベースは、屋外空間の装飾的な要素としても重要です。デザインや素材を選ぶことで、テラスやガーデンの全体的な雰囲気を向上させることができます。特におしゃれなデザインを選ぶことで、屋外空間がより魅力的な場所に変わります。

パラソルベースはどこで購入することができるの?

パラソルベースは多様な販売チャネルを通じて購入可能です。オンラインショップ、ホームセンター、またはガーデン用品専門店が主な購入先となります。各購入先にはそれぞれの利点があり、ユーザーは自分のニーズに合わせて選択できます。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでは、様々な種類のパラソルベースを広範囲から選ぶことができます。商品の詳細情報、レビュー、比較オプションが利用できるため、ベストな選択が可能です。また、家に居ながら簡単に注文でき、多くの場合、商品は直接自宅に配送されます。

ホームセンターでの選び方

ホームセンターでは、パラソルベースを直接手に取り、質感や重量を確かめながら選ぶことができます。専門のスタッフからアドバイスを受けることも可能で、リアルタイムでの購入決定が行えます。また、他のガーデン用品と一緒に購入することもできます。

ガーデン用品専門店の利用

ガーデン用品専門店では、より専門的な選択肢と専門知識を提供しています。店舗では、特定のブランドやデザインに特化した製品を見つけることができることが多く、質の高い製品を求める人に適しています。

パラソルベースの選び方

パラソルベースを選ぶ際は、サイズ、重量、素材、設置場所、そしてパラソルの調節に特に注意を払う必要があります。これらの要素はパラソルベースの機能性と耐久性に直接影響を与えます。

サイズと重量のバランスの重要性

パラソルのサイズに合わせて適切な重量のベースを選ぶことが重要です。軽すぎるとパラソルが安定せず、重すぎると移動が困難になります。バランスの良い選択は、安全性と利便性の両方を確保します。

素材による耐久性とメンテナンス

素材はパラソルベースの耐久性に大きく影響します。金属製は堅牢で長持ちしますが、錆びることがあり、プラスチック製は軽くて扱いやすいが、太陽の下で劣化する可能性があります。メンテナンスのしやすさも考慮することが大切です。

設置場所とパラソルの調節

設置場所によって選ぶべきパラソルベースのタイプが異なります。例えば、風の強い場所ではより重いベースが必要です。また、パラソルの高さや角度を簡単に調節できるタイプの選択は、使い勝手を向上させます。

パラソルベースのおすすめ人気ランキング10選

パラソルベースの選択は、屋外空間の使い勝手と美観を大きく左右します。ここでは、市場で高い評価を受けているおすすめのパラソルベースをピックアップしました。これらの製品は、デザイン、機能性、耐久性、ユーザーレビューに基づいて選ばれています。サイズ、素材、重量など、様々な要因を考慮し、さまざまなニーズに応える製品を紹介します。これらのパラソルベースは、ガーデンやテラス、屋外のダイニングスペースを快適に彩るための優れた選択肢となるでしょう。

ランキング1位:不二貿易 パラソルベース22kg 幅48×奥行48×高さ37㎝

ホームセンターなどで多くの商品を販売している不二貿易から発売されているパラソルベース22kgは、スタンダードな見た目で主張しすぎないシンプルさが魅力の商品です。デザインよりも機能を重視したい方におすすめの商品で、簡単に取り扱うことができるので初めてパラソルベースを購入する方にもぴったりなのではないでしょうか。2種類のパーツを付け替えることで、幅広いリング直径に適応しています。

商品名不二貿易 パラソルベース22kg 幅48×奥行48×高さ37㎝
価格4,580円
ブランド不二貿易
寸法幅48×奥行48×高さ37㎝
リング直径支柱径37~52㎜

ランキング2位:タカショー 置台 パラソルベース

おしゃれなバラ模様が美しいこちらのパラソルベースは青銅製なのでしっかりとした重みがあり、長持ちすることが期待できます。定番のローズ柄は、同じデザインの屋外ファニチャーにも雰囲気を合わせることができるのが特徴です。こちらの商品もアダプターを付け替えることによって、適合する支柱のサイズを選ぶことができます。ガーデン用にパラソルベースを探している方はこちらの商品がおすすめです。

商品名タカショー 置台 パラソルベース
価格4,985円
ブランドタカショー
寸法直径39.5cm×高さ24cm
リング直径直径3.7~4.2cm

ランキング3位:FIELDOOR アルミ製 ガーデンパラソル

シンプルながらも機能的な見た目をもつFIELDOOR アルミ製 ガーデンパラソルは、持ち運ぶためのキャリングバッグがついたアウトドアにも適した商品です。お庭を彩るグッズとしてだけでなく、スタンドをコンパクトに収納できるためキャンプやバーベキューにも適しています。折り畳み式の構造なので、女性でも簡単に取り扱うことができるのもおすすめのポイントでしょう。

商品名FIELDOOR アルミ製 ガーデンパラソル
価格3,700円
ブランドFIELDOOR
寸法直径270cm×高さ235cm
リング直径支柱径35mm~38mm対応

ランキング4位:seathstars パラソルベース

seathstars パラソルベースも折り畳み式でコンパクトに持ち運びができる、アウトドアに適した商品です。さわかやな白いカラーが魅力的で、お庭を明るい印象に変えてくれます。こちらの商品には、水袋がついているので風の強い日などにパラソルベースを安定させることができる機能も有しています。パラソルの口径が決まっているので、購入の際にはチェックしておきましょう。

商品名seathstars パラソルベース
価格2,370円
ブランドseathstars
寸法84.5×84.5×31cm
リング直径口径:Φ3.5cm

ランキング5位:不二貿易 パラソルベース

どっしりとした見た目から安定感が抜群な雰囲気を感じさせてくれる不二貿易 パラソルベースは、17Lのウォーターベース式です。水を入れることでパラソルを固定するので、取り扱いが用意で女性などでも準備することができます。足が広がるタイプではないので、お子様やペットの足に引っ掛かりにくいのもポイントです。ポリエチレン製なので、軽く扱いやすい反面、耐久性が変化するので保管には気を付けてあげると良いですね。

商品名不二貿易 パラソルベース
価格4,184円
ブランド不二貿易
寸法45.5×奥行45.5×高さ30.5㎝
リング直径支柱径38~48㎝

ランキング6位:FIELDOOR パラソルベース パラソルスタンド

アダプターを付け替えることによって三種類のリング直径に対応したFIELDOOR パラソルベース パラソルスタンドは、工具不要ですぐに設置できるメリットがあります。重さが15㎏なので、女性にも持ち運びすることができるのもおすすめのポイントです。ボルトを締めつけるだけでパラソル支柱を固定することができるので、初めてパラソルベースを設置する方でも安心ですね。バルコニーやウッドデッキにも適した商品と言えるでしょう。

商品名FIELDOOR パラソルベース パラソルスタンド
価格4,380円
ブランドFIELDOOR
寸法直径45cm×高さ30cm
リング直径支柱径 32mm/35mm/38mm

ランキング7位:不二貿易 パラソルベース

不二貿易から販売されているこちらのパラソルベースは、高さが4㎝とコンパクトでありながら半円状に広がる大きさが特徴の商品です。ハンギングパラソル専用の商品になりますので、購入の際は注意しましょう。こちらのパラソルベースは対角線上に二つ置くことによって、抜群の安定感を与えてくれます。12㎏の重さで持ち運びしやすい取っ手がついているのもポイントです。

商品名不二貿易 パラソルベース
価格4,269円
ブランド不二貿易
寸法幅47×奥行47×高さ4㎝
リング直径

ランキング8位:リビングアウト(Living Out) パラソルベース

こちらの商品もハンギングパラソル専用のパラソルベースで、注水式なので持ち運びや保管に容易なのが大きな特徴です。水を最大まで入れれば、50㎏もの重さになるので安定感も抜群と言えるでしょう。水抜き用の穴が側面についていて、排水が楽なのもポイントが高いですね。動かしやすいように、底面には小さな車輪がついています。ハンギングパラソルをお持ちの方はこちらの商品を選んでみてはいかがでしょうか。

商品名リビングアウト(Living Out) パラソルベース
価格7,123円
ブランドリビングアウト(Living Out)
寸法奥行80cm 本体: 高さ60cm 本体: 幅16cm
リング直径

ランキング9位:BUNDOK MOLUSKO(モルスコ) パラソル ベース

コスパの良さが最大の魅力であるBUNDOK MOLUSKO(モルスコ) パラソル ベースは、かわいらしい水色のポリエステル製の見た目が子供のプールやキャンプなどにも喜ばれる商品です。注水式でビーチパラソル用なので購入の際には注意しましょう。ポール受けを本体に収納することができるので、コンパクトに保管、持ち運びができるのもおすすめのポイントです。砂を入れることで、ビーチでも安定性を増すことができるのも良いですね。

商品名BUNDOK MOLUSKO(モルスコ) パラソル ベース
価格1,800円
ブランドBUNDOK MOLUSKO(モルスコ)
寸法W44xD44xH23.5cm
リング直径直径約19~32mmのパラソル支柱に対応

ランキング10位:KYOETSUKAGAKU(キョウエツカガク) 協越化学 パラソル ベース たつぞうくん

コスパの良さが魅力のKYOETSUKAGAKU(キョウエツカガク) 協越化学 パラソル ベース たつぞうくんは、鮮やかなブルーの見た目が特徴の注水式のパラソルベースです。部品を上部に収納できるとともに、排水口が側面についているので中の水を排水するのも簡単にできる構造になっています。ポリエステル製なので、軽く持ち運びしやすいのもおすすめのポイントです。

商品名KYOETSUKAGAKU(キョウエツカガク) 協越化学 パラソル ベース たつぞうくん
価格1,056円
ブランドKYOETSUKAGAKU(キョウエツカガク) 協越化学
寸法46.4 x 45.5 x 13.75 cm
リング直径Φ22~32mm

パラソルベースの使い方

パラソルベースの正しい使い方を理解することは、屋外での快適さと安全性を確保する上で重要です。パラソルの角度調節、支柱とベースの接続、そして風や天候の変化に応じた使用方法には、特に注意が必要です。これらの手順を適切に行うことで、パラソルを最大限に活用し、長期間にわたって安全に使用することができます。

パラソルの角度調節方法

パラソルの角度を調節することで、日差しの方向や強さに応じて適切な日陰を作ることができます。多くのパラソルは、角度調節機能を備えており、レバー操作やノブの回転によって簡単に調節できます。角度調節の際は、パラソルがベースにしっかりと固定されていることを確認し、無理な力を加えないように注意してください。

支柱とベースの接続方法

パラソルをパラソルベースにしっかりと固定することが、安全な使用の基本です。支柱をベースの中心に挿入し、固定ネジやクランプを使ってしっかりと締め付けます。この際、支柱がベースの中で動かないように確実に固定することが重要です。不安定な固定は、パラソルの転倒や破損の原因となり得ます。

風や天候に応じた安全な使い方

強風や悪天候の際には、パラソルの使用を避けることが推奨されます。強風にさらされると、パラソルが転倒する危険性が高まります。また、雷雨などの極端な天候時には、パラソルを閉じて安全な場所に収納することが最善です。常に天候の変化に注意を払い、必要に応じてパラソルの使用を中止することが重要です。

【2024年】パラソルベースのおすすめランキング10選を紹介!安全な使い方までのまとめ

この記事を通じて、パラソルベースの選び方から使い方まで、さまざまな情報を提供しました。適切なパラソルベースを選ぶことは、屋外空間を快適に保ち、ガーデンやテラスを最大限に活用する上で不可欠です。素材、サイズ、重量の選択から、安全な使い方に至るまで、これらの知識が屋外での時間をより豊かなものにすることを願っています。パラソルベースの選択は、単なる実用品の選択以上のものであり、屋外空間のスタイルと機能性を高めるための重要な決断です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。