おすすめ PR

【2024年】プランタースタンドのおすすめランキング10選を紹介!レイアウトのコツまで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはプランタースタンドをご存知でしょうか。家の中や庭を植物で飾りたいと思っている方にとって、プランタースタンドは理想的な選択です。しかし、ただ単にプランタースタンドを選ぶだけでなく、自分のスペースやインテリアに合ったものを選びたいですよね。

この記事では、

  • そもそもプランタースタンドとは?
  • プランタースタンドはどんな人におすすめ?
  • プランタースタンドはどこで購入することができるの?
  • プランタースタンドの選び方
  • プランタースタンドのおすすめ人気ランキング10選
  • プランタースタンドの使い方
  • プランタースタンドおすすめのまとめ

について紹介していきます。この記事を読めば、プランタースタンドの選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. プランタースタンドとは?
    1. フラワースタンドとの違い
    2. プランタースタンドの主な機能と特徴
    3. 素材とデザインの多様性
  2. プランタースタンドはどんな人におすすめ?
    1. 植物愛好家への利点
    2. スペースを有効活用したい方へ
    3. おしゃれなインテリアを求める方
  3. プランタースタンドはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップの選択肢
    2. 実店舗での購入方法
    3. カスタムオーダーの可能性
  4. プランタースタンドの選び方
    1. サイズの選定:場所に合わせて
    2. 素材による耐久性とスタイル
    3. デザイン:機能性と見た目を両立
  5. プランタースタンドのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:フラワースタンド 花台 鉢スタンド 植木鉢台
    2. ランキング2位:Athvcht フラワースタンド 幅22-31cmまで調整
    3. ランキング3位:グリーンパル フラワースタンド2段450mm
    4. ランキング4位:コモライフ プランターベース2セット
    5. ランキング5位:フラワースタンド 室内 花台 屋外
    6. ランキング6位:フラワースタンド Yangbaga 鉢スタンド
    7. ランキング7位:TANGKULA ガーデンラック フラワースタンド
    8. ランキング8位:QINNKJIA プランタースタンド フラワースタンド
    9. ランキング9位:RAKU プランターラック フラワースタンド
    10. ランキング10位:フラワースタンド 鉢スタンド トレイ付き
  6. プランタースタンドの使い方
    1. 屋外での活用方法
    2. 室内でのレイアウトのコツ
    3. プランタースタンドのメンテナンス
  7. 【2024年】プランタースタンドのおすすめランキング10選を紹介!レイアウトのコツまでのまとめ

プランタースタンドとは?

プランタースタンドは、植物を魅力的に展示するためのスタンドです。通常、フラワースタンドよりも頑丈で、大きな植木鉢やプランターを支えるのに適しています。デザインやサイズも多様で、室内外のどちらにも合わせやすいです。アイアンや木材など、様々な素材が使われており、それぞれ異なる雰囲気を持っています。

フラワースタンドとの違い

プランタースタンドはフラワースタンドと比べて、より大きな植物や重い鉢を支えることができます。また、構造的に安定しており、屋外での使用にも適している点が特徴です。フラワースタンドは主に室内向けで、軽量な植物用です。

プランタースタンドの主な機能と特徴

プランタースタンドは、植物を美しく見せるための高さや角度の調整が可能です。耐水性や耐候性を備えた素材が使用されることが多く、屋外での使用にも適しています。また、デザイン性が高いものが多く、インテリアの一部としても楽しめます。

素材とデザインの多様性

プランタースタンドには、アイアン、木材、プラスチックなど、多様な素材が使用されています。各素材には特有の特性があり、例えばアイアンは丈夫で長持ちする一方、木材は自然な雰囲気を持っています。デザインもシンプルなものから複雑な装飾が施されたものまで幅広く、おしゃれな空間作りに一役買っています。

プランタースタンドはどんな人におすすめ?

プランタースタンドは、植物を愛する人、限られたスペースを最大限に活用したい人、おしゃれなインテリアを求める人に最適です。様々なサイズやデザインがあるため、個々のニーズに合ったものを選ぶことができます。

植物愛好家への利点

植物愛好家にとってプランタースタンドは、植物の美しさを引き立てるだけでなく、植物の健康を保つのにも役立ちます。適切な高さで配置することで、日光へのアクセスを改善し、植物の成長を促進します。

スペースを有効活用したい方へ

限られたスペースでも、プランタースタンドを利用すれば植物を効率的に配置できます。特に、垂直に高さを利用するタイプのスタンドは、床面積を節約しながらも多くの植物を展示できます。

おしゃれなインテリアを求める方

プランタースタンドは、そのデザインと素材がインテリアのアクセントになります。現代的なデザインのものから、クラシカルな雰囲気のものまであり、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。植物との組み合わせにより、空間に温かみと生命感をもたらします。

プランタースタンドはどこで購入することができるの?

プランタースタンドを購入するには、オンラインショップ、実店舗、カスタムオーダーの方法があります。それぞれの方法には特徴があり、消費者のニーズや好みに応じて最適な選択肢を選ぶことが重要です。オンラインでは幅広い選択肢と便利さが魅力ですが、実店舗では実際に商品を見て選ぶことができます。

オンラインショップの選択肢

オンラインショップでは、多様なスタイル、サイズ、素材のプランタースタンドを簡単に比較できます。商品レビューや評価を参考にすることで、購入前に品質や実用性をある程度把握することが可能です。また、家にいながら簡単に注文でき、多忙な方にも便利です。

実店舗での購入方法

実店舗での購入は、直接商品を見て触れることができるため、素材感やサイズ感を確かめるのに適しています。店員からのアドバイスを受けることもでき、初めてプランタースタンドを購入する方にも安心です。また、即日持ち帰りが可能な点も利点です。

カスタムオーダーの可能性

カスタムオーダーは、自分の好みやスペースに完全に合わせたプランタースタンドが手に入る方法です。個性的なデザインや特殊なサイズの要望に応えることができ、独自のインテリアを実現します。ただし、注文から納品まで時間がかかる場合があります。

プランタースタンドの選び方

プランタースタンドを選ぶ際には、サイズ、素材、デザインを重視することが大切です。これらの要素はプランタースタンドの機能性や見た目、耐久性に直接影響します。自宅やオフィスのスペース、使用する植物の種類に合わせて選ぶことが重要です。

サイズの選定:場所に合わせて

サイズ選びは、設置するスペースに合わせることが重要です。広いスペースでは大きなスタンドが、限られたスペースではコンパクトなスタンドが適しています。また、展示したい植物のサイズや成長を考慮することも必要です。

素材による耐久性とスタイル

素材はプランタースタンドの耐久性とスタイルに大きく関わります。アイアンは耐久性が高く、屋外での使用に適しています。木材はナチュラルな雰囲気をもたらし、室内での使用に人気です。素材選びは使用環境とデザインの好みを考慮して行うことが重要です。

デザイン:機能性と見た目を両立

デザインは、プランタースタンドが持つ機能性と見た目の両方に影響します。シンプルなデザインはどんな空間にも馴染みやすく、複雑なデザインは特徴的なアクセントになります。また、使用する植物やインテリアのスタイルに合うデザインを選ぶことで、より調和のとれた空間が実現します。

プランタースタンドのおすすめ人気ランキング10選

プランタースタンド選びにおいて、デザイン、機能性、素材の質、そして使用するスペースに応じた適切なサイズ選びが重要です。市場には多様なオプションが存在し、それぞれ異なる特徴と魅力を持っています。今回は、ユーザーのレビュー、デザインの多様性、機能性、耐久性などを基準に選んだ、おすすめのプランタースタンド10選を紹介します。これらの選択肢は、おしゃれで実用的な屋外・室内どちらの環境にも適しており、植物愛好家やインテリアにこだわる方に特におすすめです。

ランキング1位:フラワースタンド 花台 鉢スタンド 植木鉢台

素朴でやさしい見た目や風合いがあるフラワースタンド 花台 鉢スタンド 植木鉢台は、丸いトレイがついたおしゃれな特徴があります。幅20-30cmまで調整することができるので、柔軟性があり屋外でも屋内でも使用することができるのも魅力でしょう。耐荷重が100㎏と高いのに反して、置き場所のスペースをあまりとらないので一人暮らしの方にもおすすめです。

商品名フラワースタンド 花台 鉢スタンド 植木鉢台
価格2,580円
ブランドLEFOR·Z
寸法36.6 x 27.5 x 5.5 cm;
重さ‎920 g

ランキング2位:Athvcht フラワースタンド 幅22-31cmまで調整

黒くスタイリッシュな印象があるAthvcht フラワースタンドは、コンパクトで高さを変えることができるので色々な高さの植物を飾ることができます。幅22-31cmまで調整することができ、アイアン性なので腐敗や虫の被害を気にすることもありません。地上から高さを上げて植物を飾ることができるので、排水性にも通気性にも優れているのもポイントのひとつです。

商品名Athvcht フラワースタンド
価格2,280円
ブランドAthvcht
寸法41.7 x 21.7 x 4.7 cm
重さ‎1.02 キログラム

ランキング3位:グリーンパル フラワースタンド2段450mm

二段のプランタースタンドがたくさんの植物を飾ることのできるグリーンパル フラワースタンド2段450mmは、コスパの良さが最大の魅力の商品です。組み立ても難しくないので、女性や初心者の方でも大丈夫ですよ。清楚な白いプランタースタンドなので、温室やバルコニーなどで柔らかな雰囲気を感じさせてくれます。複数の植物を育てている方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

商品名グリーンパル フラワースタンド2段450mm
価格845円
ブランドグリーンパル
寸法w450×d315×307mm
重さ700g

ランキング4位:コモライフ プランターベース2セット

コモライフ プランターベース2セットは、シンプルで軽いプランターベースが4個組になった商品です。地上から数センチ浮かせてプランターを設置することができるので、害虫の被害を受けにくく通気性があるため根腐れ病の予防にもなります。耐荷重が20㎏ほどなので、長めのプランターでも設置することができるはずです。ポリエチレンコーティングが施されているので、さびにくいのもおすすめのポイントでしょう。

商品名コモライフ プランターベース2セット
価格1,378円
ブランドコモライフ
寸法約9.5×16.5×4cm
重さ200 g

ランキング5位:フラワースタンド 室内 花台 屋外

インテリア性が高い見た目が人気のフラワースタンド 室内 花台 屋外は、二段になっているので上下に二つの植物を飾ることができます。上品なゴールドの塗装がお部屋を豪華に飾ってくれるはずです。花瓶の置台としても有能なので、リビングや玄関などにもおすすめですよ。ポールには滑り止めがついていますので、廊下などでも問題ありません。感染症対策のアルコールスプレーを上段に置いて使われる方も多いです。

商品名フラワースタンド 室内 花台 屋外
価格3,980円
ブランドMORI SAWA
寸法27 x 27 x 80 cm
重さ2.08 kg

ランキング6位:フラワースタンド Yangbaga 鉢スタンド

竹製の軽くて扱いやすいプランタースタンドであるフラワースタンド Yangbaga 鉢スタンドは、ナチュラルなベージュの風合いが落ち着いた商品です。小さいながらも30㎏まで乗せることができるので、植物の種類を選びません。触り心地の良いなめらかな質感はリビングだけでなく、寝室などでも活躍してくれるはずです。花台の高さを変えることによって、さまざまなサイズの鉢を飾ることができるメリットもあります。

商品名フラワースタンド Yangbaga 鉢スタンド
価格2,599円
ブランド‎Yangbaga
寸法43.7 x 34.79 x 6.8 cm
重さ1.39 kg

ランキング7位:TANGKULA ガーデンラック フラワースタンド

置き場所のスペースがあればぜひ購入を検討してみたいTANGKULA ガーデンラック フラワースタンドは、黒くスタイリッシュなバイク型のプランタースタンドです。ツタ柄の車輪模様が女性にもぴったりなこちらの商品は、複数の植物を飾ることができます。鉄製なので丈夫で、防錆が塗装されているので耐久性が高いのもおすすめのポイントです。多機能ガーデンラックとして綺麗なお庭に飾ってみてはいかがでしょうか。

商品名TANGKULA ガーデンラック フラワースタンド
価格6,599円
ブランドTANGKULA
寸法63.79 x 46.79 x 30.5 cm
重さ3.46 kg

ランキング8位:QINNKJIA プランタースタンド フラワースタンド

垂れさがるアイビー系を飾るならこちらのQINNKJIA プランタースタンド フラワースタンドを試してみてはいかがでしょうか。和風のお家やお庭にもぴったりなこちらの商品は、黒く落ち着いた印象があります。鉄製なので固く丈夫で、最上部に植物を飾っても揺らぐことがありません。花受け部分が通気性に優れていて見た目よりも重さがないので、空間をおしゃれに演出したいならぜひQINNKJIAプランタースタンドを検討してみてください。

商品名QINNKJIA プランタースタンド フラワースタンド
価格3,999円
ブランドQINNKJIA
寸法53.29 x 24.6 x 8.2 cm
重さ1.79 kg

ランキング9位:RAKU プランターラック フラワースタンド

たくさんの植物を一気に飾りたいならRAKU プランターラック フラワースタンドがおすすめです。スタンドが三段になっている上に、最上部には吊り鉢を飾るためのポールもついています。ストッパー付きのキャスターがついているので、大型でも動かしやすいため園芸愛好者にも選ばれることが多いのもポイントでしょう。アイアン性なので丈夫な特徴に加え、花台部分はナチュラルなベージュ色です。

商品名RAKU プランターラック フラワースタンド
価格6,998円
ブランドRAKU
寸法幅83.5×奥行き38.5×高さ165.5cm
重さ約40kg

ランキング10位:フラワースタンド 鉢スタンド トレイ付き

黒く落ち着いた見た目のフラワースタンドで、なめらかな触感が魅力のフラワースタンド 鉢スタンド トレイ付き。ダークブラウンの見た目は、観葉植物の緑色の葉をさらに際立たせてくれるはずです。シンプルな構造なので、組み立てが用意で柔軟性があり一般的な鉢のサイズをどれも飾ることができます。100%竹でできているので、軽く扱いやすいのもおすすめの理由です。

商品名フラワースタンド 鉢スタンド トレイ付き
価格2,580円
ブランドIVODEELA
寸法‎39.8 x 28.6 x 5.8 cm
重さ1.32 kg

プランタースタンドの使い方

プランタースタンドの使用方法は、屋外と室内で異なります。屋外では耐候性とデザインが重要ですが、室内では空間との調和と機能性が求められます。また、プランタースタンドを長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが不可欠です。これらの点を理解し、プランタースタンドを最大限に活用することで、植物をより美しく、効果的に展示することができます。

屋外での活用方法

屋外でプランタースタンドを使用する場合、天候や気温の変化に耐えられる素材を選ぶことが重要です。アイアンや耐水性のある木材は屋外での使用に適しています。また、直射日光や雨水の影響を考慮して、プランタースタンドの位置を選ぶことが大切です。プランタースタンドを使ってバルコニーやテラスを飾ることで、屋外空間が一層引き立ちます。

室内でのレイアウトのコツ

室内でプランタースタンドを使用する際には、インテリアとの調和を考えることが重要です。部屋のデザインに合わせた素材や色のスタンドを選び、植物の種類に応じて適切な場所に配置します。自然光が多く入る窓辺や、リビングのアクセントとして角に配置することがおすすめです。室内で使用する際には、植物の水やりに注意し、床や家具を保護するための下皿の使用も忘れずに。

プランタースタンドのメンテナンス

プランタースタンドのメンテナンスは、素材に応じて異なります。アイアン製の場合は、錆を防ぐために定期的に塗装をすることが推奨されます。木製のスタンドは、湿気や直射日光から守るために、適宜オイル塗装やワックスが必要です。プラスチック製のものは、定期的に拭き掃除をすることできれいに保つことができます。どの素材も、定期的な清掃と適切なケアが長持ちの秘訣です。

【2024年】プランタースタンドのおすすめランキング10選を紹介!レイアウトのコツまでのまとめ

プランタースタンドは、植物を美しく展示するだけでなく、空間を有効活用し、インテリアの一部としても機能します。選び方では、サイズ、素材、デザインを重視し、使用する場所と目的に合わせて選ぶことが大切です。屋外用には耐候性のある素材を、室内用にはインテリアに馴染むデザインを選ぶことがおすすめです。定期的なメンテナンスを行い、長く愛用することで、生活空間がより豊かになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。