おすすめ PR

【2024年】受け皿のおすすめランキング10選を紹介!排水管理まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは受け皿の重要性についてご存じでしょうか。ガーデニングを趣味とする方々や植木鉢を室内外で利用する方々にとって、適切な受け皿の選択は植物の健康に直結します。自分で受け皿を購入する際、どのように選べば良いのか、失敗しないためのポイントは何か、といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。

この記事では、

  • 受け皿とは?
  • 受け皿はどんな人におすすめ?
  • 受け皿はどこで購入することができるの?
  • 受け皿の選び方
  • 受け皿のおすすめ人気ランキング10選
  • 受け皿の使い方
  • 受け皿おすすめのまとめ

について紹介していきます。

この記事を読めば、受け皿の基本から選び方、購入場所、おすすめの商品、使い方まで、ガーデニング愛好家や植木鉢を使用する方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 受け皿とは?
    1. ガーデニング用途での受け皿の役割
    2. 植木鉢と組み合わせた受け皿の重要性
    3. 排水溝の保護としての受け皿の利用
  2. 受け皿はどんな人におすすめ?
    1. ガーデニング愛好家向けの受け皿
    2. 植木鉢を多用する人のための受け皿
    3. 室内と屋外の両方での受け皿の使用
  3. 受け皿はどこで購入することができるの?
    1. ガーデニング専門店での受け皿購入
    2. オンライン通販で見つかる多様な受け皿
    3. ホームセンターでの受け皿選び
  4. 受け皿の選び方
    1. ガーデニングに適した受け皿の特徴
    2. 植木鉢とのサイズ合わせ
    3. 排水と耐久性を考慮した受け皿の選び方
  5. 受け皿のおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:アップルウェアー 受皿 プレート 室内向け
    2. ランキング2位:大和プラスチック 鉢皿 浅皿 8号
    3. ランキング3位:大和プラスチック 鉢皿 深皿 13号
    4. ランキング4位:大和プラスチック 鉢皿サルーン 10号
    5. ランキング5位:大和プラスチック ノーミィプレート 8号 アイボリー
    6. ランキング6位:AND PLANTS 鉢皿 キャスター付き 10号
    7. ランキング7位:AilyDaily 鉢置き台 キャスター 植木鉢 受け皿 植木鉢台
    8. ランキング8位:アップルウェアー プレート 受皿 コティプレート
    9. ランキング9位:鉢置き台 植木鉢台 キャスター 観葉植物 フラワースタンド
    10. ランキング10位:ideamall 植木鉢台 プランター用受皿
  6. 受け皿の使い方
    1. ガーデニングにおける正しい受け皿の使い方
    2. 植木鉢と受け皿の組み合わせテクニック
    3. 受け皿を使った排水管理
  7. 【2024年】受け皿のおすすめランキング10選を紹介!排水管理までのまとめ

受け皿とは?

受け皿は、植木鉢の下に配置される皿状のアイテムです。これは余分な水を受け取り、根腐れを防ぐために重要です。多くの受け皿は陶器やプラスチック製で、様々なサイズや形状があります。ガーデニングでは、これらの受け皿は植物の健康を維持するために不可欠です。また、受け皿は植木鉢のデザインを引き立てる装飾的な役割も果たします。排水という実用的な役割を持つ一方で、インテリアや庭の美観を向上させる要素としても機能します。

ガーデニング用途での受け皿の役割

ガーデニングでは、受け皿が果たす役割は極めて重要です。植物に水やりをする際、余分な水が直接土に浸透しない場合、受け皿がこの水をキャッチします。これにより、植物の根が過剰な水分にさらされるのを防ぎ、根腐れのリスクを減らすことができます。また、受け皿は土からの栄養分の流出を防ぐ役割も果たします。これらの栄養分は、後で植物に再吸収されることがあります。

植木鉢と組み合わせた受け皿の重要性

植木鉢と受け皿の組み合わせは、ガーデニングにおいて基本中の基本です。正しいサイズと形状の受け皿を選ぶことで、植木鉢の排水機能を最大限に活用できます。植木鉢から流れ出る水を適切に管理することで、植物の健康を保つだけでなく、床やテーブルなどの表面を水損から守ることもできます。さらに、受け皿は植木鉢の外観を引き立て、全体的な装飾効果を高めます。

排水溝の保護としての受け皿の利用

受け皿は、排水溝やその他の排水設備を保護するためにも使用されます。過剰な水分が排水溝に直接流れ込むのを防ぎ、詰まりや損傷のリスクを軽減します。これは特に、バルコニーやテラスなど、限られた排水設備のある場所で重要です。また、受け皿を使用することで、植物の根が排水システムに侵入するのを防ぎ、長期的な問題を避けることができます。

受け皿はどんな人におすすめ?

受け皿は、ガーデニング初心者から熟練の愛好家まで、幅広いユーザーにおすすめできます。これらは特に、植物の健康に注意を払いたいと考えている人には必須のアイテムです。受け皿は使いやすく、どんなタイプの植木鉢にも適応できるため、さまざまな環境での使用に適しています。インテリアやエクステリアのデザインにこだわる人にとっても、受け皿は魅力的な選択肢です。

ガーデニング愛好家向けの受け皿

ガーデニング愛好家にとって、受け皿は日々の植物ケアの重要な部分を形成します。これにより、植物が適切な水分を保ちながら、過剰な水は効果的に排出されます。ガーデニング愛好家は、植物の種類や環境に応じて、異なる種類やサイズの受け皿を選ぶことができます。これにより、彼らの植物が最適な成長環境を得ることができます。

植木鉢を多用する人のための受け皿

植木鉢を頻繁に使用する人にとって、受け皿は不可欠です。これらの皿は、植木鉢からの水の流出を効果的に管理し、植物の健康を維持するのに役立ちます。特に室内で植木鉢を使用する場合、受け皿は家具や床を水損から守る重要な役割を果たします。植木鉢を多用する人は、受け皿を使って、植物の手入れをより簡単で効率的なものにすることができます。

室内と屋外の両方での受け皿の使用

受け皿は室内と屋外の両方で同様に有効です。室内では、受け皿は家具や床を水損や汚れから守ります。屋外、特にバルコニーやテラスでは、受け皿は排水システムを保護し、植物の根が過剰な水分にさらされるのを防ぎます。これにより、どんな環境でも植物を健康に保つことができます。

受け皿はどこで購入することができるの?

受け皿を購入する場所は多岐にわたります。ガーデニング専門店、オンライン通販サイト、ホームセンターなどが主な購入先です。各場所では、様々な材質、サイズ、デザインの受け皿が提供されています。購入する際には、使用目的や植木鉢のサイズに合わせて選ぶことが重要です。また、価格や耐久性も考慮する必要があります。適切な受け皿を選ぶことで、ガーデニングの効果を高めることができます。

ガーデニング専門店での受け皿購入

ガーデニング専門店では、様々な種類の受け皿を購入することができます。専門店では、質の高い材質やデザインの受け皿が豊富に揃っており、専門的なアドバイスも受けることが可能です。また、特定の植物やガーデニングスタイルに適した受け皿を見つけることができるのも大きな利点です。専門店のスタッフは、適切な受け皿の選び方をアドバイスしてくれます。

オンライン通販で見つかる多様な受け皿

オンライン通販サイトでは、幅広い選択肢から受け皿を選ぶことができます。オンラインでの購入の利点は、家にいながら多種多様な商品を比較できることです。また、レビューや評価を参考にして、品質や人気度を確認することが可能です。オンライン通販では、国内外の様々なブランドやデザインの受け皿が見つかります。

ホームセンターでの受け皿選び

ホームセンターは、手軽に受け皿を購入するのに適した場所です。ここでは、一般的なサイズや形状の受け皿を手頃な価格で見つけることができます。ホームセンターは、植木鉢やその他のガーデニング用品と一緒に受け皿を選ぶのに便利です。さらに、即日購入が可能なため、急ぎで必要な場合にも対応できます。

受け皿の選び方

受け皿を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。適切な材質、サイズ、形状を選ぶことが重要です。また、受け皿の排水機能や耐久性もチェックするべきです。ガーデニングのスタイルや植木鉢の種類に合わせて選ぶことで、植物の健康を維持し、ガーデニングをより楽しむことができます。

ガーデニングに適した受け皿の特徴

ガーデニングに適した受け皿を選ぶ際には、材質が重要です。陶器製の受け皿は見た目が美しく、通気性に優れています。プラスチック製のものは軽くて丈夫で、さまざまな色やデザインがあります。受け皿のサイズは、使用する植木鉢に合わせて選ぶことが大切です。また、排水孔の大きさも植物の種類に応じて選ぶべきです。

植木鉢とのサイズ合わせ

受け皿を選ぶ際には、植木鉢とのサイズの一致が不可欠です。大きすぎる受け皿は不恰好に見え、小さすぎると水がこぼれる可能性があります。植木鉢の底の直径を測り、それに合ったサイズの受け皿を選ぶことが重要です。また、植木鉢の形状に合わせて、円形、長方形、正方形などの形状を選ぶことも考慮すべきです。

排水と耐久性を考慮した受け皿の選び方

排水機能は受け皿選びの重要なポイントです。適切な排水機能を持つ受け皿を選ぶことで、植物の根が健康的な状態を保つことができます。また、耐久性も重要です。特に屋外で使用する場合は、日光や雨に強い材質を選ぶことが望ましいです。長期間使用することを考慮して、品質の高い受け皿を選ぶことが重要です。

受け皿のおすすめ人気ランキング10選

ガーデニング愛好家や植木鉢を頻繁に使用する方々にとって、受け皿の選択は非常に重要です。このセクションでは、高い評価を受けている受け皿の中から特におすすめの10製品を紹介します。これらの受け皿は、デザイン、機能性、耐久性、ユーザーレビューなど様々な基準で選出されています。植物の健康を守り、ガーデニングをより楽しむために、これらの受け皿を検討してみてください。それぞれにユニークな特徴があり、あなたのガーデニングニーズに合った最適な選択肢を見つける手助けとなるでしょう。

ランキング1位:アップルウェアー 受皿 プレート 室内向け

ランキング1位でご紹介するのは、アップルウェアーの受皿です。この商品は、鉢底より流れ出た排水をトレイを引き出して、簡単に捨てることができる便利なアイテムです。鉢皿のように排水が溜まらないので、根腐れを軽減が期待できます。また、重たい植木鉢を移動させる必要がないのも嬉しいポイントです。この商品を購入した方からは「初心者なら絶対これを買うべき!」や「ズボラな私に最高の商品!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名アップルウェアー 受皿 プレート 室内向け
価格¥1,800 税込
ブランドアップルウェアー
寸法30D x 6.8W x 30H cm
材質木材, ポリプロピレン

ランキング2位:大和プラスチック 鉢皿 浅皿 8号

ランキング2位でご紹介するのは、大和プラスチックの鉢皿です。大和プラスチックはSDGs活動に積極的に取り組んでいるブランドであるため、安心して購入できます。また、1097円とお手頃価格なのも嬉しいポイントです。

この商品を購入した方からは「広さ、浅さちょうど良い!」や「このお値段で、この丈夫さは嬉しい!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名大和プラスチック 鉢皿 浅皿 8号
価格¥1,097 税込
ブランド大和プラスチック
寸法φ240×H40
材質ポリプロピレン

ランキング3位:大和プラスチック 鉢皿 深皿 13号

ランキング3位でご紹介するのは、大和プラスチックの深皿13号の受け皿です。大和プラスチックはSDGs活動に積極的に取り組んでいるブランドであるため、安心して購入できます。また、660円とコストパフォーマンスが抜群なのも嬉しいポイントです。

この商品を購入した方からは「しっかりした作りで安心!」や「寄せ植えの鉢にピッタリ!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名大和プラスチック 鉢皿 深皿 13号
価格¥660 税込
ブランド大和プラスチック
寸法φ353(皿上部)×H85
材質ポリプロピレン

ランキング4位:大和プラスチック 鉢皿サルーン 10号

ランキング4位でご紹介するのは、大和プラスチックの鉢皿サルーン10号です。大和プラスチックはSDGs活動に積極的に取り組んでいるブランドであるため、安心して購入できます。また、291円とお値段がお手頃なのも嬉しいポイント。サイズ感から、お子様用の食器として購入する方も多い商品です。この商品を購入した方からは「割れないしサイズ感がちょうど良い!」や「軽量で使いやすい!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名大和プラスチック 鉢皿サルーン 10号
価格¥291 税込
ブランド大和プラスチック
寸法φ300×H50
材質ポリプロピレン

ランキング5位:大和プラスチック ノーミィプレート 8号 アイボリー

ランキング5位でご紹介するのは、大和プラスチックのノーミィプレート8号です。大和プラスチックはSDGs活動に積極的に取り組んでいるブランドであるため、安心して購入できます。また、お値段が326円とお手頃なのも嬉しいポイントです。

この商品を購入した方からは「シンプルで使いやすい!」や「深めなので鉢底から水出てきても安心!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名大和プラスチック ノーミィプレート 8号 アイボリー
価格¥326 税込
ブランドプラスチック, ポリプロピレン
寸法Φ240×H48
材質プラスチック, ポリプロピレン

ランキング6位:AND PLANTS 鉢皿 キャスター付き 10号

ランキング6位でご紹介するのは、AND PLANTSのキャスター付き鉢皿10号です。底にリールが付いているため、重い鉢でも簡単に移動させられます。ミニマルなデザインとマットな質感がオシャレで大人気の商品です。

海に捨てられたプラスチックなどを利用した商品で、環境に配慮した素材で作られたサステナブルなアイテムです。一つ一つハンドメイドで磨き上げているため、美しい仕上がりが魅力的といえます。

商品名プラスチック
価格¥4,480
ブランドAND PLANTS
寸法外径 28.7cm、高さ 8.8(鉢皿部分は8.3)cm
材質プラスチック

ランキング7位:AilyDaily 鉢置き台 キャスター 植木鉢 受け皿 植木鉢台

ランキング7位でご紹介するのは、AilyDailyのキャスター付き受け皿です。貯水付き植木鉢のため、通気性が良くなり、植物が元気に育ちます。また、移動に便利なキャスターが付いているのも嬉しいポイントです。高品質で耐久性のあるプラスチック製のため、長くお使いいただけます。

この商品を購入した方からは「お手入れも手間入らず!」や「30型の鉢を置いてもスムーズに動かせる!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名AilyDaily 鉢置き台 キャスター 植木鉢 受け皿 植木鉢台
価格¥1,980 税込
ブランド‎AilyDaily
寸法28.8 x 28.4 x 6.2 cm
材質

ランキング8位:アップルウェアー プレート 受皿 コティプレート

ランキング8位でご紹介するのは、アップルウェアーのコティプレートです。自然素材を取り入れた北欧・モダンインテリアにぴったりのナチュラルなデザインが人気を集めています。本物の陶器のような肉厚と、しっとりとした手触りの質感が特徴です。

この商品を購入した方からは「プラスチックなのに、陶器のような見た目で、安っぽく見えない!」や「カラーが真っ白じゃなくオフホワイトカラーなのが馴染みやすく良い!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名アップルウェアー プレート 受皿 コティプレート
価格¥239 税込
ブランドアップルウェアー
寸法21.9D x 21.9W x 3H cm
材質アースンウェア

ランキング9位:鉢置き台 植木鉢台 キャスター 観葉植物 フラワースタンド

ランキング9位でご紹介するのは、キャスター付きフラワースタンドです。キャスター付きのため、移動させやすいのが人気の理由です。また排水トレイがあるため、お手入れが楽々なのも嬉しいポイント!

この商品を購入した方からは「お掃除の時、コロコロ移動するので便利!」や「色や形が良い!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名鉢置き台 植木鉢台 キャスター 観葉植物 フラワースタンド
価格¥1,780 税込
ブランドPharmee
寸法28.7 x 28.5 x 6.7 cm
材質

ランキング10位:ideamall 植木鉢台 プランター用受皿

ランキング10位でご紹介するのは、ideamallのプランター用受皿です。キャスター付きの受け皿のため、 重い植木鉢や花瓶などを簡単に移動できます。高品質の厚いPPプラスチックで作られているのも安心のポイントです。

底面には4つの360度回転キャスターが付いており、床に優しくスムーズに動かせます。外観はシンプルでおしゃれで、キャスターは隠されたデザインがスタイリッシュ!

商品名ideamall 植木鉢台 プランター用受皿
価格¥1,780 税込
ブランドideamall
寸法31.5 x 31.5 x 5 cm
材質プラスチック

受け皿の使い方

受け皿の使い方は、ガーデニングの効果を最大化し、植物の健康を維持するために非常に重要です。正しい使用方法を理解することで、植物の過剰な水分を効果的に管理し、根腐れを防ぐことができます。受け皿の選び方と同じくらい、その使い方も植物の健康に大きな影響を与えます。受け皿は、植木鉢のサイズと形状に合わせて選び、適切に配置することが重要です。ここでは、ガーデニングにおける受け皿の正しい使い方、植木鉢との組み合わせ、排水管理の方法について詳しく説明します。

ガーデニングにおける正しい受け皿の使い方

ガーデニングにおいて受け皿を正しく使うことは、植物の健康維持に不可欠です。受け皿を使用する際は、植木鉢の底の穴と受け皿の間に十分な空間を確保することが大切です。これにより、水が植木鉢から流れ出て、根腐れのリスクを減らすことができます。受け皿にたまった水は定期的に捨てることが重要で、これにより塩分や鉱物質の蓄積を防ぎます。また、受け皿を使うことで、水やりの頻度を調整しやすくなります。

植木鉢と受け皿の組み合わせテクニック

植木鉢と受け皿を適切に組み合わせることで、ガーデニングの効果を高めることができます。受け皿のサイズは植木鉢に合わせて選ぶ必要があり、受け皿が小さすぎると水がこぼれる原因になります。また、受け皿の材質や色を植木鉢のスタイルに合わせることで、装飾的な要素をプラスすることができます。受け皿と植木鉢の組み合わせは、植物だけでなく、その周囲の空間の美観にも影響を与えます。

受け皿を使った排水管理

受け皿は、排水管理において重要な役割を果たします。適切な受け皿を使用することで、過剰な水分が植木鉢の底から流れ出て、植物の根が適切な水分を保つのを助けます。また、受け皿にたまった水は、植物に必要なときに再吸収されることがあります。この方法により、水やりの効率を上げることができ、植物の健康に貢献します。

【2024年】受け皿のおすすめランキング10選を紹介!排水管理までのまとめ

この記事を通じて、受け皿の重要性、選び方、使い方について理解を深めていただけたことと思います。受け皿は、ガーデニングを行う上で不可欠なアクセサリーであり、植物の健康と環境の美観を保つために重要な役割を果たします。適切な受け皿を選び、正しく使用することで、植物の成長を促し、ガーデニングの楽しさをさらに高めることができます。これらの情報が、あなたのガーデニングライフを豊かにする助けとなることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。