おすすめ PR

【2024年】家庭用温室のおすすめランキング10選を紹介!管理方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは家庭用温室についてご存知でしょうか。自宅の庭やバルコニーで手軽に植物を育てることができる便利な設備ですが、適切な選択をすることが重要です。

この記事では、

  • 家庭用温室とは?
  • 家庭用温室はどんな人におすすめ?
  • 家庭用温室はどこで購入することができるの?
  • 家庭用温室の選び方
  • 家庭用温室のおすすめ人気ランキング10選
  • 家庭用温室の使い方
  • 家庭用温室おすすめのまとめ

について紹介していきます。この記事を読めば、家庭用温室の基本から選び方、購入先、人気製品、そして使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 家庭用温室とは?
    1. ビニールハウスと家庭用温室の違い
    2. 家庭用温室の構造と特徴
    3. 家庭用温室の利点と機能性
  2. 家庭用温室はどんな人におすすめ?
    1. ガーデニング愛好家にとっての温室のメリット
    2. 家庭菜園を楽しむ人のための温室
    3. 植物の成長を促すための温室活用方法
  3. 家庭用温室はどこで購入することができるの?
    1. オンラインでの温室購入ガイド
    2. 地元のガーデニングショップでの温室選び
    3. 温室専門店での購入アドバイス
  4. 家庭用温室の選び方
    1. 設置場所とサイズの選定方法
    2. 温室の材質と耐久性の比較
    3. 温室の機能とアクセサリーの選択肢
  5. 家庭用温室のおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:武田コーポレーション
    2. ランキング2位:タカショー ビニール温室 3段
    3. ランキング3位:ビニール温室 家庭用 ベランダ 小型 DIY
    4. ランキング4位:フラワースタンド 温室 FOST-90BK
    5. ランキング5位:WEIMALL ビニールハウス ベランダ 小型
    6. ランキング6位:Langoat 折りたたみ式 温室 ビニールハウス家庭用
    7. ランキング7位:ビニールハウス ビニール温室 植物の温室 6段
    8. ランキング8位:COFEROC 屋外温室 ビニールハウス PEカバー
    9. ランキング9位:WORTH GARDEN ビニール温室
    10. ランキング10位:Shilanmei ビニールハウス 温室
  6. 家庭用温室の使い方
    1. 初心者向けの温室の設置ガイド
    2. 温室での植物栽培のコツ
    3. 温室のメンテナンスと管理方法
  7. 【2024年】家庭用温室のおすすめランキング10選を紹介!管理方法までのまとめ

家庭用温室とは?

家庭用温室は、一般家庭で気軽に使える小規模な温室です。ガーデニングや植物の栽培を趣味とする人々に人気があり、様々な種類やサイズが市場に出回っています。自宅の庭やバルコニーに設置することで、季節に左右されずに植物を育てることが可能になります。

ビニールハウスと家庭用温室の違い

ビニールハウスは主に農業用で、大規模な植物の栽培に適しています。一方、家庭用温室はサイズが小さく、個人の趣味の範囲で植物を栽培するのに最適です。家庭用温室はデザイン性も重視され、インテリアや庭の景観にも配慮されています。

家庭用温室の構造と特徴

家庭用温室は透明または半透明の素材で作られ、日光を最大限に活用して植物の成長を促します。多くは簡単に組み立てられ、移動が可能な構造になっています。また、通気性や温度調節など、植物の成長に必要な環境を整えやすいのが特徴です。

家庭用温室の利点と機能性

家庭用温室の最大の利点は、年間を通して植物を育てられることです。また、害虫や悪天候から植物を守り、成長環境を安定させることができます。一部のモデルには、温度調節や湿度制御の機能が備わっているため、植物に最適な環境を提供できます。

家庭用温室はどんな人におすすめ?

家庭用温室は、植物を愛するすべての人におすすめです。特に、限られた空間で効率的に植物を育てたい方や、一年中ガーデニングを楽しみたい方に適しています。

ガーデニング愛好家にとっての温室のメリット

ガーデニング愛好家にとって、温室は四季を問わずに植物を育てることができる利点があります。特に冬季には室内で温暖な環境を維持し、植物の生育を促すことが可能です。

家庭菜園を楽しむ人のための温室

家庭菜園を楽しむ人にとって温室は、季節に左右されずに野菜やハーブを栽培できる空間を提供します。温室内でコントロールされた環境は、健康的で質の高い作物を育てるのに最適です。

植物の成長を促すための温室活用方法

温室を活用することで、植物は安定した環境で成長することができます。適切な温度管理と湿度調整により、植物はより早く、また健康的に成長することが可能です。また、温室を利用することで、普通の庭では栽培困難な種類の植物も育てることができます。

家庭用温室はどこで購入することができるの?

家庭用温室の購入は、オンラインショップ、地元のガーデニングショップ、または温室専門店など、様々な方法があります。それぞれの購入方法にはメリットとデメリットがあり、購入者のニーズに合わせて選択することが重要です。

オンラインでの温室購入ガイド

オンラインでの購入は、多様な選択肢と便利さが魅力です。異なるメーカーやモデルを比較検討しやすく、レビューや評価を参考にすることも可能です。しかし、実物を見ずに購入するため、サイズや質感に注意が必要です。

地元のガーデニングショップでの温室選び

地元のガーデニングショップでは、実際に温室を見て触れることができます。店員から直接アドバイスを受けることも可能で、設置サービスやアフターケアの情報を得やすいのもメリットです。

温室専門店での購入アドバイス

温室専門店では、専門的な知識を持つスタッフから詳しいアドバイスを受けることができます。特注の温室や特定のニーズに合わせたカスタマイズも可能で、長期的な観点での購入を検討している方に適しています。

家庭用温室の選び方

家庭用温室を選ぶ際には、設置場所、材質、耐久性、機能、アクセサリーなど、さまざまな要素を考慮する必要があります。これらの要素は、温室の効果と利用の快適さに直接影響します。

設置場所とサイズの選定方法

設置場所は温室選びの最初のステップです。庭のサイズや日当たり、風通しを考慮して最適なサイズを選ぶことが重要です。温室が大きすぎるとスペースを圧迫し、小さすぎると使用目的に合わない可能性があります。

温室の材質と耐久性の比較

温室の材質は、耐久性やメンテナンスのしやすさに影響を与えます。例えば、ポリカーボネート製は耐久性が高く、ガラス製は見た目が美しいですが、割れやすいというデメリットがあります。

温室の機能とアクセサリーの選択肢

温室の機能としては、通気性、温度調節、湿度調節などが挙げられます。また、棚やヒーター、灌漑システムなどのアクセサリーを選ぶことで、植物の成長をより効果的にサポートできます。

家庭用温室のおすすめ人気ランキング10選

家庭用温室は、ガーデニング愛好家や家庭菜園を楽しむ方々にとって、非常に役立つアイテムです。市場には多種多様な温室が存在し、それぞれにユニークな特徴や利点があります。ここでは、機能性、デザイン、耐久性、ユーザーレビューなどを基準に選ばれた、おすすめの人気家庭用温室を紹介します。これらの温室は、植物の健康な成長をサポートし、ガーデニングの楽しみをさらに拡げることでしょう。それぞれの温室が持つ独自の魅力をぜひご覧ください。

ランキング1位:武田コーポレーション

こちらの商品は2段タイプの家庭用温室です。ビニールを使用しており、比較的軽量な家庭用温室のため移動や組み立ても簡単に行うことができるでしょう。カバーの取り外しも簡単に行うことができるため、冬場は温室として、夏場はガーデンラックとして使い方を変えることもできます。また網の部分には霧吹きなどをスマートに吊るして保管することもできますよ。

商品名武田コーポレーション ビニール温室棚 2段 OST2-02BK
価格2,903円
ブランド武田コーポレーション
寸法70L x 49W x 95H cm
段数2段

ランキング2位:タカショー ビニール温室 3段

こちらの商品は3段と比較的大きめな家庭用温室です。3段タイプのため高さがありつつ多くの植物を格納することができますよ。多肉植物やサボテン、観葉植物を多く育てているという方に特におすすめしたい商品です。ファスナーによる開け閉めができるため、換気をしたい時にも簡単に行うことができる点もおすすめです。風通しも必要な植物を育てたい時におすすめです。

商品名タカショー ビニール温室 3段
価格3,984円
ブランドタカショー
寸法幅69cm×奥行49cm×高さ126cm
段数3段

ランキング3位:ビニール温室 家庭用 ベランダ 小型 DIY

こちらの商品は家庭用のビニール温室の中でもかなり大きめな4段タイプの商品となっています。こちらの家庭用温室はロール式の回転ドアを採用しており、ドアを開いて風通しを確保するときにも美しくドアを巻きとって収納することができます。奥行きは49cmとコンパクトサイズのため、ベランダや風除室などスペースが限られているような場所での使用もおすすめです。

商品名ビニール温室 家庭用 ベランダ 小型 DIY
価格3,900円
ブランドkaitou
寸法高さ158×幅68×奥行49cm
段数4段

ランキング4位:フラワースタンド 温室 FOST-90BK

こちらの商品はすでに持っているフラワースタンドをすっぽりと覆うことのできるタイプの家庭用温室となっています。また、大きめな観葉植物をそのまますっぽりと覆うこともできるため様々な用途に使用することができます。工具を使わなくても組み立てることができる商品のため、購入してすぐに使用することができる点もおすすめしたいポイントの一つです。

商品名フラワースタンド 温室 FOST-90BK
価格2,982円
ブランド武田コーポレーション
寸法96L x 72W x 120H cm
段数0段

ランキング5位:WEIMALL ビニールハウス ベランダ 小型

こちらの商品はグリーンのメッシュが入ったビニールが特徴的な家庭用温室です。ビニールをメッシュによって補強することで耐久性を高め、長期にわたって使用することができるようになりました。また、風で物が飛んできても破れにくいため丈夫さを求める方におすすめの商品です。網目状の底板を使用しているため通気性も十分確保でき、多肉植物やサボテンの栽培にもおすすめですよ。

商品名WEIMALL ビニールハウス ベランダ
価格4,480円
ブランドWEIMALL
寸法幅69cm×奥行き48cm×高さ150cm
段数4段

ランキング6位:Langoat 折りたたみ式 温室 ビニールハウス家庭用

こちらの商品は簡単に折りたたんで就農することができることが特徴の家庭用温室です。冬場は温室として利用し、夏場など温室がいらなくなったら折りたたんでコンパクトに収納することができる商品となっています。また、折りたたまなくてもカバーを取り外すことでフラワーラックとして使用することもできます。多肉植物やサボテンの栽培にもおすすめですよ。

商品名Langoat 折りたたみ式 温室 ビニールハウス家庭用
価格5,580円
ブランドLangoat
寸法81×86×40cm
段数3段

ランキング7位:ビニールハウス ビニール温室 植物の温室 6段

こちらの商品は6段タイプの家庭用温室です。ニの字型となった形状を採用しており、温室の真ん中まで入ることができるため植物のお世話がとてもしやすい形状になっています。また、スコップや霧吹き、じょうろを吊るすことができるようなS型フックもついているため、網目状になっているラックに取り付けることでガーデニング用品をスマートに収納することもできます。

商品名ビニールハウス ビニール温室 植物の温室 6段
価格8,600円
ブランドQuictent
寸法143L x 72.9W x 195.1H cm
段数6段

ランキング8位:COFEROC 屋外温室 ビニールハウス PEカバー

こちらの商品は植物や鉢を直接上から覆うタイプの家庭用温室です。棚が付属していないためたくさんの植物を一気に寒さや風から守ることはできないものの、少し大きめの植物を寒さから守りたいという方には特におすすめの商品となってます。また、育苗箱などを入れることもできるため種まきをした後の植物を寒さや風から守ることにも使うことができるでしょう。

商品名COFEROC 屋外温室 ビニールハウス
価格5,880円
ブランドCOFEROC
寸法120L x 60W x 60H cm
段数0段

ランキング9位:WORTH GARDEN ビニール温室

こちらの商品も先ほどの商品同様鉢や植物を上から覆い寒さや風から植物を守るタイプの家庭用温室です。しかし、こちらの家庭用温室は形状が異なっており奥行きはスリムで高さがあるタイプの商品となっています。そのため、高さがあるような植物でも剪定をすることなくそのままの高さを維持した状態で温室を使用することができます。大きな植物を育てている方におすすめです。

商品名WORTH GARDEN ビニール温室
価格3,680円
ブランドWorth
寸法100L x 50W x 150H cm
段数0段

ランキング10位:Shilanmei ビニールハウス 温室

こちらの商品はかなり大型の家庭用温室です。ベランダなどに設置するタイプではなく、庭に設置するタイプの商品となっております。農業の現場で使用するようなビニールハウスを小さくしたような商品で、ほとんどの植物の大きさをカバーすることができるでしょう。中に棚を設置することでより多くの植物を寒さから守ることもできます。たくさんの植物を育てている方、かつお庭がある方におすすめです。

商品名Shilanmei ビニールハウス 温室 ガーデンハウス
価格2,5800円
ブランドShilanmei
寸法215×220×363cm
段数0段

家庭用温室の使い方

家庭用温室を最大限に活用するためには、適切な設置、効果的な植物栽培の方法、そして定期的なメンテナンスが重要です。これらのポイントを理解することで、あなたの温室でのガーデニング体験はより豊かで楽しいものになるでしょう。

初心者向けの温室の設置ガイド

温室の設置は、適切な場所の選定から始めます。日光が十分に当たるが、強風の影響を受けにくい場所が理想的です。温室の組み立ては、付属の説明書に従い慎重に行ってください。必要な工具や設置にかかる時間をあらかじめ確認し、適切な準備をすることが重要です。

温室での植物栽培のコツ

温室内での植物栽培には、適切な温度と湿度の管理が欠かせません。季節に応じて換気を行い、温度が高すぎるまたは低すぎる場合は調節が必要です。植物の種類に合わせた光の量を確保し、必要に応じて遮光や人工照明を利用します。

温室のメンテナンスと管理方法

温室のメンテナンスには、定期的な清掃と検査が含まれます。透明パネルは定期的に清掃して光の透過性を保ち、枠組みや扉の動作もチェックします。また、温室内の気温や湿度を定期的に監視し、植物の健康を維持するための環境を維持することが重要です。

【2024年】家庭用温室のおすすめランキング10選を紹介!管理方法までのまとめ

この記事では、家庭用温室の基本的な情報から、選び方、使い方までを詳しく解説しました。家庭用温室はガーデニング愛好家や家庭菜園愛好家にとって非常に有用なツールであり、植物を育てる喜びを一年中楽しむことができます。適切な温室を選び、正しい使い方を学ぶことで、あなたのガーデニングライフはより豊かなものになるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。