おすすめ PR

【2024年】オベリスクのおすすめランキング10選を紹介!設置方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはガーデンにオベリスクを取り入れたことはありますか?ガーデニングの世界では、オベリスクはその美しさと機能性で注目されているアイテムですが、選び方や使い方には少しコツが必要です。せっかく購入するのであれば、最適なものを選びたいですよね。

この記事では、

  • オベリスクとは?
  • オベリスクはどんな人におすすめ?
  • オベリスクはどこで購入することができるの?
  • オベリスクの選び方
  • オベリスクのおすすめ人気ランキング10選
  • オベリスクの使い方
  • オベリスクおすすめのまとめ

について紹介していきます。

この記事を読めば、オベリスクの選び方から購入場所、人気のアイテムから使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. オベリスクとは?
    1. オベリスクの歴史と起源
    2. ガーデニングにおけるオベリスクの役割
    3. オベリスクの様々なデザインと素材
  2. オベリスクはどんな人におすすめ?
    1. ガーデニング愛好家へのオベリスクの魅力
    2. 初心者に適したオベリスクの特徴
    3. プロのランドスケープデザイナー向けのオベリスク
  3. オベリスクはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショッピングでのオベリスク購入ガイド
    2. ガーデニング専門店におけるオベリスクの取り扱い
    3. カスタムオーダー可能なオベリスクの製造業者
  4. オベリスクの選び方
    1. ガーデンのスタイルに合わせたオベリスク選び
    2. 耐久性とメンテナンス性を考慮したオベリスク選択
    3. サイズと形状に注目したオベリスクの選定方法
  5. オベリスクのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:【ブラック】ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製
    2. ランキング2位:タカショー(Takasho) G-storyオベリスク
    3. ランキング3位:puraspace オベリスク バラ 支柱 園芸
    4. ランキング4位:ミニオベリスク
    5. ランキング5位:第一ビニール スモールオベリスク 120cm
    6. ランキング6位:第一ビニール ローズオベリスク ブラック
    7. ランキング7位:Athvcht オベリスク ミニオベリスク
    8. ランキング8位:植物支柱 園芸支柱 トレリス 簡単組立式 高さ自由調整可能 ガーデニング用支柱
    9. ランキング9位:ガーデニング用支柱 トレリス オベリスク 園芸支柱
    10. ランキング10位:ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製 高さ調整可能
  6. オベリスクの使い方
    1. ガーデニング初心者向けのオベリスクの設置方法
    2. オベリスクを使用した植物の成長サポート
    3. オベリスクを活用したガーデンデザインのアイデア
  7. 【2024年】オベリスクのおすすめランキング10選を紹介!設置方法までのまとめ

オベリスクとは?

オベリスクは、歴史的にエジプトの古代遺跡で見られる細長い石柱です。この形状は、時間の経過とともに世界中で様々な文化やデザインに取り入れられました。現代のガーデニングでは、オベリスクは装飾的な要素として、また植物のサポートとして使用されます。素材は木製から金属製、プラスチック製まで多岐にわたり、ガーデンの雰囲気や使用目的に合わせて選ぶことができます。

オベリスクの歴史と起源

オベリスクの歴史は古代エジプトに遡り、太陽神への敬意を表して建てられました。これらの石柱は、神聖なシンボルとして古代ローマにも取り入れられ、世界中に広まりました。オベリスクの形状は、その後の数千年間で多様な文化や建築スタイルに影響を与えてきました。

ガーデニングにおけるオベリスクの役割

ガーデニングにおいてオベリスクは、植物の成長をサポートし、縦のデザイン要素を加えることで視覚的な興味を引き出します。つる植物やクライミングローズなどのサポートとして使用されることが多く、ガーデンの中で自然な焦点となります。

オベリスクの様々なデザインと素材

オベリスクは木製、金属製、石製など様々な素材で作られています。デザインもシンプルなものから装飾的なものまで幅広く、ガーデンのスタイルや使用する植物に合わせて選ぶことができます。耐候性やメンテナンスのしやすさも、素材選びの重要な要素です。

オベリスクはどんな人におすすめ?

オベリスクは、その美しさと実用性から、幅広いガーデニング愛好家におすすめです。初心者からプロのランドスケープデザイナーまで、様々なニーズに応えることができるガーデンアクセサリーです。独特の形状は、ガーデンの美観を高めるとともに、植物の成長を助ける実用的な役割も果たします。

ガーデニング愛好家へのオベリスクの魅力

ガーデニング愛好家にとってオベリスクは、ガーデンに独特の魅力を加えるアイテムです。それは植物のサポートとして機能するだけでなく、ガーデンに立体感と美的要素を加えます。特に季節によって変化する植物の美しさを引き立てるのに役立ちます。

初心者に適したオベリスクの特徴

初心者には、設置が簡単でメンテナンスが少ないオベリスクがおすすめです。特に軽量で移動が容易な素材を選ぶことで、ガーデンのレイアウト変更も容易になります。また、成長が早い植物のサポートにも適しているため、ガーデニングの成果を早く感じることができます。

プロのランドスケープデザイナー向けのオベリスク

プロのランドスケープデザイナーにとって、オベリスクはガーデンデザインの多様性を高めるツールです。耐久性と美学を兼ね備えた高品質な素材の選択、そして独創的なデザインが重要です。オーダーメイドのオベリスクは、特定のプロジェクトやクライアントのニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

オベリスクはどこで購入することができるの?

オベリスクの購入先は多岐にわたります。オンラインショッピングサイトは手軽に様々な種類を比較できるため、人気があります。また、ガーデニング専門店では実際の商品を見ながら選ぶことができ、専門家のアドバイスも受けられます。さらに、特定のニーズやデザインに合わせたオベリスクを求める場合は、カスタムオーダーが可能な製造業者に依頼するのが最適です。

オンラインショッピングでのオベリスク購入ガイド

オンラインショッピングでは、様々な種類のオベリスクが手に入ります。商品の詳細情報、ユーザーレビュー、価格比較を確認できるため、自宅から快適に選ぶことができます。しかし、実物を見ることができないため、サイズや素材感については特に注意が必要です。返品・交換ポリシーも確認しておくと安心です。

ガーデニング専門店におけるオベリスクの取り扱い

ガーデニング専門店では、オベリスクの質感やサイズを直接確認することができます。店員からのアドバイスも受けられるため、自分のガーデンに最適な商品を見つけやすくなります。店舗によっては、設置サービスやアフターケアを提供している場合もあります。

カスタムオーダー可能なオベリスクの製造業者

特定のデザインやサイズのオベリスクを求める場合、カスタムオーダーが可能な製造業者に依頼するのが最適です。これにより、ガーデンのテーマやスペースに完全に合わせたオベリスクを手に入れることができます。しかし、オーダーメイドは価格が高くなる傾向があるため、予算の計画も重要です。

オベリスクの選び方

オベリスクを選ぶ際は、ガーデンのスタイル、耐久性、メンテナンス性、サイズ、形状など、さまざまな要素を考慮する必要があります。これらの要因は、オベリスクがガーデンに適合し、長期間美しさを保つために重要です。

ガーデンのスタイルに合わせたオベリスク選び

ガーデンの全体的なスタイルやテーマに合わせたオベリスクを選ぶことが大切です。例えば、自然な野趣あふれるガーデンには木製やラスティックなデザインのオベリスクが適しています。一方、よりフォーマルなガーデンには、洗練されたデザインの金属製オベリスクが合います。

耐久性とメンテナンス性を考慮したオベリスク選択

耐久性はオベリスク選びの重要な要素です。特に気候条件が厳しい地域では、耐候性の高い素材を選ぶことが重要です。また、メンテナンスのしやすさも考慮し、定期的な手入れが必要ない素材を選ぶと、長期間にわたってオベリスクの美しさを保つことができます。

サイズと形状に注目したオベリスクの選定方法

オベリスクのサイズと形状は、設置する場所のスペースや、支える植物の種類によって異なります。大きなオベリスクはインパクトがありますが、小さなガーデンには圧迫感を与える可能性があるため、バランスを考える必要があります。また、植物の成長に合わせた形状を選ぶことで、最適なサポートを提供できます。

オベリスクのおすすめ人気ランキング10選

オベリスクは、その機能性と美観で多くのガーデニング愛好家から高い評価を受けています。このセクションでは、デザインの多様性、素材の質感、耐久性、使いやすさなど、さまざまな要素を考慮して選ばれた、特におすすめのオベリスク10選を紹介します。これらのオベリスクは、どれもガーデンに特別な魅力を加え、植物の成長を助けると同時に、空間を華やかに彩ります。さまざまなスタイルの中から、あなたのガーデンに最適なオベリスクを見つけてください。

ランキング1位:【ブラック】ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製

コンパクトながらも洗練されたイメージを感じさせてくれる【ブラック】ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製は、丸形の植木鉢などにもぴったりなオベリスクです。金属製なので耐久性が高く、バラなどのツル植物を這わせるのにもおすすめと言えるでしょう。くるくると巻き付けながら高さを上げて植物を成長させることができるので、空間を上手に使うことができるのもポイントです。

商品名【ブラック】ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製
価格1,999円
ブランドDUTUTU
寸法直径20cm、高さ90cm
商品ASIN‎B0C996YG5J

ランキング2位:タカショー(Takasho) G-storyオベリスク

すっきりとしたシルエットが上品さを感じさせてくれるタカショー(Takasho) G-storyオベリスクは、高さがあるのでバラや朝顔などどんどんと上へ伸びる植物にもおすすめの商品です。たくさんの植物を栽培されている方も、こちらのオベリスクを使うことによって植物を際立たせることができるでしょう。様々な園芸用品を販売しているタカショーの商品ですので、品質の良さも保証されています。

商品名タカショー(Takasho) G-storyオベリスク
価格4,885円
ブランドタカショー
寸法幅35.5cm×奥行35.5cm×高さ191cm
商品ASINB003GBYLNC

ランキング3位:puraspace オベリスク バラ 支柱 園芸

いくつものバラを育てている方におすすめなのが、puraspace オベリスク バラ 支柱 園芸です。コンパクトなので、プランターや鉢でたくさんのバラを育てている場合にも設置しやすいでしょう。鋼管をコーティングしている素材から構成されているので丈夫で、取り扱いも簡単です。支柱のそれぞれに細かい突起がついているので、特にツル植物が絡みやすくなるような工夫もされています。

商品名puraspace オベリスク バラ 支柱 園芸
価格2,880円
ブランドpuraspace
寸法直径:25cm 高度 115cm
商品ASINB0B2LBJX75

ランキング4位:ミニオベリスク

高さを三段階に調整できるこちらのミニオベリスクは、90㎝の小さいサイズから150㎝の高さまで様々な植物に向いた商品です。頂上についている小鳥の装飾が可愛らしく、イングリッシュガーデンにもぴったりなミニオベリスク。ポリエチレンでコーティングされているので、軽く丈夫で取り扱いがしやすい特徴もあります。総重量も0.9㎏と重くないので、女性にも持ち運びがしやすいのではないでしょうか。

商品名ミニオベリスク
価格3,980円
ブランドAKMSX
寸法44.1 x 30.5 x 11.7 cm
商品ASINB0976V8WV5

ランキング5位:第一ビニール スモールオベリスク 120cm

農業資材も取り扱っている第一ビニールが販売しているこちらのスモールオベリスクは、口径22㎝以上のプランターにおすすめの商品です。コンパクトですっきりとしているので、高さを伸ばして成長させたい植物だけでなく、ひとかたまりになって葉を茂らせる植物にもおすすめです。広い植木鉢に設置させて複数の植物を寄せ植えするのもおしゃれですよ。コスパが良く、手を出しやすいのもおすすめのポイントです。

商品名第一ビニール スモールオベリスク 120cm
価格1,054円
ブランド第一ビニール
寸法22W x 120H cm
商品ASINB00CSLS9RK

ランキング6位:第一ビニール ローズオベリスク ブラック

同じく第一ビニールから発売されているローズオベリスク ブラックは、バラなどを這わせるのに適したオベリスクです。工具いらずですぐに組み立てられるメリットもありますので、初めてお庭にオベリスクを取り入れたいと考える方にもおすすめと言えるでしょう。高さは210㎝と高いですが、植物によってサイズを調整することもできます。

商品名第一ビニール ローズオベリスク ブラック
価格2,433円
ブランド第一ビニール
寸法25×210cm
商品ASINB01MDM6F4S

ランキング7位:Athvcht オベリスク ミニオベリスク

スタイリッシュな三角形の形が目を惹くAthvcht オベリスク ミニオベリスクは、上品な白いカラーがおすすめの商品です。植木鉢に設置するのももちろんですが、地面に直接差し込んで固定するのも良いですね。白い支柱は、濃い緑色の葉をもつバラやクレマチスとの相性も高くそれぞれの良さを引き立ててくれるでしょう。オベリスクの高さは植物によって自由に調整することができ、93㎝、138㎝、178㎝、三つの段階で調整することが可能です。

商品名Athvcht オベリスク ミニオベリスク
価格1980円
ブランドAthvcht
寸法10 x 10 x 3 cm
商品ASINB0C5XZWT5Q

ランキング8位:植物支柱 園芸支柱 トレリス 簡単組立式 高さ自由調整可能 ガーデニング用支柱

上品な白い支柱がヨーロッパの庭園のような雰囲気を感じさせてくれる植物支柱 園芸支柱 トレリスガーデニング用支柱は、ステンレス製で耐久性が高い特徴に合わせて自由に高さを変えることができるメリットもあります。取り扱いや組み立ても簡単で、中空の支柱なので、軽く女性や初心者でも移動に困らないのが特徴です。直径が15㎝と大きすぎないので、植物を小さいうちから育てたい方にもおすすめですよ。

商品名植物支柱 園芸支柱 トレリス 簡単組立式 高さ自由調整可能 ガーデニング用支柱
価格1,598円
ブランドGUYOS
寸法高70cm*直径15cm
商品ASINB0C7MRNKP8

ランキング9位:ガーデニング用支柱 トレリス オベリスク 園芸支柱

黒くピラミッドのような形を構成しているガーデニング用支柱 トレリス オベリスク 園芸支柱は、薄い緑色の葉をもつ植物を際立たせてくれるシックなカラーが魅力の商品です。高さを自由の調整できるので、さまざまな植物に使いやすくツルを這わせることで太陽光をいっぱいに浴びせてあげることもできます。主張しすぎない特徴が、クレマチスやテッセンなどの和風のお花にもぴったりなのではないでしょうか。

商品名ガーデニング用支柱 トレリス オベリスク 園芸支柱
価格2,075円
ブランドGUYOS
寸法高90cm*直径14cm
商品ASINB0C7Q1GPVP

ランキング10位:ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製 高さ調整可能

清楚な白い円筒型が目を惹くガーデニング用支柱 オベリスク 金属製は、丈夫で耐久性がある素材が特徴の商品です。高さの調整ができるので、ツル系の植物を育てている方には汎用性があり特におすすめしたい商品でしょう。プラスチックで支柱の表面をコーティングしているので、錆びつきにくく安定性があるのもポイントです。植物が大きく成長するまでじっくりと這わせることができるので、長く使いたい方にもおすすめですよ。

商品名ガーデニング用支柱 オベリスク 金属製 高さ調整可能
価格1,999円
ブランドDUTUTU
寸法直径20cm、高さ110cm
商品ASINB0CFQK1PSZ

オベリスクの使い方

オベリスクは、ガーデニングにおいて多様な使い方が可能です。初心者から上級者まで、植物のサポートやデザインのアクセントとして活用できます。設置方法や、植物の成長サポートの仕方、さらにはガーデンデザインのアイデアまで、オベリスクの幅広い用途をここで紹介します。これらの情報を活用して、あなたのガーデンをより魅力的な空間に変えましょう。

ガーデニング初心者向けのオベリスクの設置方法

オベリスクの設置は比較的簡単で、初心者でも取り組みやすいガーデニング作業の一つです。まず、オベリスクを設置する場所を決め、地面が平らで安定していることを確認します。オベリスクの足元部分をしっかりと土に固定し、安定性を高めるために、必要に応じてアンカーを使用します。設置後は、オベリスクが傾かないように定期的にチェックし、必要に応じて調整を行います。

オベリスクを使用した植物の成長サポート

オベリスクは、特につる性の植物やクライミング植物の成長をサポートするのに適しています。オベリスクに植物を誘導する際は、優しく茎を巻き付け、成長に合わせて定期的に調整します。このサポートは、植物が健康に成長するための適切な空気の流通と日光の露出を促します。また、植物が重くなった際の追加の支持も提供します。

オベリスクを活用したガーデンデザインのアイデア

オベリスクは、ガーデンのデザイン要素としても大きな役割を果たします。色々な高さや形のオベリスクを配置することで、視覚的な興味と深みをガーデンに加えることができます。例えば、様々な色の花を持つ植物をオベリスクに組み合わせることで、季節ごとに変わる美しい景観を作り出すことができます。また、夜間照明を組み合わせることで、夜のガーデンを魅力的に演出することも可能です。

【2024年】オベリスクのおすすめランキング10選を紹介!設置方法までのまとめ

オベリスクは、その実用性と美観で、あらゆるガーデンにおすすめのアイテムです。初心者からプロのガーデナーまで、さまざまなニーズに合わせて選べる多様なデザインとサイズがあります。オベリスクを使った植物のサポートやガーデンデザインのアイデアは、ガーデニングの楽しさをさらに高めてくれます。このセクションで紹介した情報を参考に、あなたのガーデンに最適なオベリスクを見つけて、魅力的なガーデン空間を作り出しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。