おすすめ PR

【2024年】ガーデンベンチのおすすめランキング10選を紹介!メンテナンスまで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは、庭の空間をより快適にするガーデンベンチの魅力をご存知でしょうか。庭でのリラックスタイムを格別にするガーデンベンチですが、選び方や使い方には少しコツが必要です。

この記事では、

  • ガーデンベンチとは?
  • ガーデンベンチはどんな人におすすめ?
  • ガーデンベンチはどこで購入することができるの?
  • ガーデンベンチの選び方
  • ガーデンベンチのおすすめ人気ランキング10選
  • ガーデンベンチの使い方
  • ガーデンベンチおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、ガーデンベンチの選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. ガーデンベンチとは?
    1. ガーデンベンチの基本的な特徴
    2. ガーデンベンチの種類とデザイン
    3. ガーデンベンチの材質と耐久性
  2. ガーデンベンチはどんな人におすすめ?
    1. 庭を楽しむ家庭に最適
    2. リラックス空間を求める人へ
    3. ガーデニング愛好家に人気
  3. ガーデンベンチはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの購入方法
    2. ホームセンターでの選び方
    3. 専門店でのカスタムオーダー
  4. ガーデンベンチの選び方
    1. サイズと配置場所の考慮
    2. スタイルとデザインの選択
    3. 予算と品質のバランス
  5. ガーデンチェアのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:SEKEED ガーデンベンチ 屋外
    2. ランキング2位:[ガーデンマスター] アルミ縁台 幅120×奥行36×高さ40cm ガーデンベンチ
    3. ランキング3位:レトロなテラステーブル&椅子ンティークガーデンベンチ
    4. ランキング4位:[ガーデンマスター] ガーデンベンチ ミニ 幅80×奥行57.5×高さ74.5cm
    5. ランキング5位:ガーデンガーデン 天然木製ボックスベンチ
    6. ランキング6位:ガーデンガーデン ウッドホイール風車輪付木製ベンチ
    7. ランキング7位:家具のAKIRA ベンチ 3人用 ロビーチェアー
    8. ランキング8位:[ガーデンマスター] 折りたたみガーデンベンチ 幅183×奥行28×高さ43.5cm
    9. ランキング9位:武田コーポレーション ガーデンミニベンチ ベンチ
    10. ランキング10位:[ガーデンマスター] アルミガーデンベンチ 幅120×奥行53.5×高さ69.5cm
  6. ガーデンベンチの使い方
    1. ガーデンベンチの配置アイデア
    2. メンテナンスとケア方法
    3. 季節ごとの楽しみ方
  7. 【2024年】ガーデンベンチのおすすめランキング10選を紹介!メンテナンスまでのまとめ

ガーデンベンチとは?

ガーデンベンチは、屋外の庭やテラスに設置するためのベンチです。これらは、外でのリラクゼーションや景色を楽しむために設計されています。ガーデンベンチは、庭の美観を高めるだけでなく、快適な座り心地を提供することも重要です。多くの家庭では、ガーデンベンチを使って、屋外空間をより魅力的で実用的な場所に変えています。これらのベンチは、さまざまなスタイルやサイズで利用可能で、庭のデザインに合わせて選ぶことができます。

ガーデンベンチの基本的な特徴

ガーデンベンチの主な特徴は、耐候性と耐久性です。屋外で使用されるため、雨や日光に強い材質で作られています。また、安定性と快適さも重要な要素です。多くのベンチには、背もたれやアームレストが備わっており、長時間座っていても快適です。デザイン面では、シンプルなものから装飾的なものまで、幅広いスタイルがあります。

ガーデンベンチの種類とデザイン

ガーデンベンチには様々な種類があります。クラシックな木製ベンチからモダンな金属製、石製のものまで、多岐にわたります。デザインも、伝統的なものから現代的なスタイルまで幅広く、庭のテーマや個人の好みに合わせて選ぶことができます。また、折りたたみ式のベンチや、収納スペース付きのものなど、機能性を重視したデザインも人気です。

ガーデンベンチの材質と耐久性

ガーデンベンチの材質は、木、金属、プラスチック、石など多岐にわたります。木製のベンチは自然な美しさがあり、庭に温かみを加えますが、定期的なメンテナンスが必要です。金属製は耐久性が高く、様々なデザインが可能ですが、錆びる可能性があります。プラスチック製は軽量でメンテナンスが簡単ですが、長期間の使用による色褪せが起こりやすいです。石製は非常に耐久性が高いですが、重くて移動が困難です。

ガーデンベンチはどんな人におすすめ?

ガーデンベンチは、庭をより楽しみたいと考える人々に最適です。これらのベンチは
、屋外でのリラクゼーションや家族との時間を過ごすための理想的な場所を提供します。また、自然を愛し、静かな読書や瞑想の時間を求める人々にも適しています。ガーデンベンチは、庭の美しさを引き立てると同時に、快適な休息の場を作り出します。

庭を楽しむ家庭に最適

家族が集まる庭にガーデンベンチを設置することで、屋外での食事や会話の場が生まれます。子供たちが遊ぶ様子を見守りながら、親はベンチでリラックスできます。また、庭の景色を眺めながらのんびりと過ごすのにも最適です。

リラックス空間を求める人へ

忙しい日常から離れ、自然の中でリラックスしたい人にガーデンベンチはおすすめです。読書や瞑想、または単に新鮮な空気を楽しむための静かな場所として利用できます。ガーデンベンチは、心地よい屋外のリトリートを提供します。

ガーデニング愛好家に人気

自分の手で育てた庭を楽しむガーデニング愛好家にとって、ガーデンベンチは欠かせないアイテムです。作業の合間に休憩する場所として、または自分の作品を眺めるための席として活用できます。ガーデンベンチは、庭の美しさを一層引き立てる要素となります。

ガーデンベンチはどこで購入することができるの?

ガーデンベンチは、さまざまな場所で購入することが可能です。オンラインショップ、ホームセンター、専門店など、購入先によって選択肢やサービスが異なります。自分のニーズに合った購入方法を選ぶことが重要です。予算やデザインの好み、さらには配送オプションも考慮する必要があります。また、購入前に製品のレビューや評価を確認することもおすすめです。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでは、幅広い選択肢と便利な比較機能が魅力です。家から一歩も出ることなく、様々なスタイルや価格帯のベンチを見ることができます。また、ユーザーレビューや評価を参考にすることができ、購入の判断材料になります。配送オプションも多様で、組み立てサービスを提供している場合もあります。

ホームセンターでの選び方

ホームセンターでの購入は、実際に商品を見て触れることができる大きな利点があります。直接製品の質感や強度を確認できるため、購入時の不安を軽減できます。また、店舗スタッフに相談することで、より詳しい情報を得ることが可能です。ただし、オンラインショップに比べると選択肢は限られることがあります。

専門店でのカスタムオーダー

専門店では、カスタムオーダーを通じて自分だけのユニークなガーデンベンチを作成することができます。材質、サイズ、デザインを自由に選ぶことができ、自分の庭に完璧に合ったベンチを手に入れることが可能です。専門店のスタッフは専門知識が豊富で、細かい要望にも応えてくれますが、価格は一般的な製品より高くなる傾向があります。

ガーデンベンチの選び方

ガーデンベンチを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。サイズ、スタイル、予算、そして設置場所の環境は、適切なベンチを選ぶ上での重要な要素です。また、ベンチの用途やメンテナンスのしやすさも考慮に入れるべきです。長期的に使用するためには、耐久性と品質も重要な選択基準となります。

サイズと配置場所の考慮

ガーデンベンチを選ぶ際には、設置する場所のサイズを正確に測定し、スペースに合ったサイズのベンチを選ぶことが重要です。また、ベンチを置く場所の日当たりや風通しも考慮して、材質やデザインを選ぶと良いでしょう。ベンチの配置は、庭の全体的な雰囲気に大きく影響するため、慎重に選ぶ必要があります。

スタイルとデザインの選択

ガーデンベンチのスタイルやデザインは、個人の好みと庭のテーマに合わせて選ぶことが大切です。クラシックな木製ベンチからモダンな金属製ベンチまで、様々なスタイルがあります。また、色や形状も多様で、庭の雰囲気を大きく左右します。庭のスタイルに合わせて、ベンチを選ぶことで、統一感のある美しい庭を作ることができます。

予算と品質のバランス

ガーデンベンチを選ぶ際には、予算と品質のバランスを考慮することが重要です。安価なベンチも魅力的ですが、耐久性や材質に妥協することなく、長期的な視点で考えることが大切です。高品質な材料を使用したベンチは初期投資は高いものの、長持ちし、長期的にはコストパフォーマンスが良い場合が多いです。また、メンテナンスの容易さや耐候性も、総合的なコストを考慮する上で重要な要素です。予算内で最高の品質を得るために、複数のオプションを比較検討することをお勧めします。

ガーデンチェアのおすすめ人気ランキング10選

ガーデンチェアの選択は、屋外空間の快適さとスタイルを大きく左右します。市場には様々なスタイル、材質、機能を持つガーデンチェアが存在し、それぞれにユニークな魅力があります。このランキングでは、デザインの美しさ、快適性、耐久性、ユーザーレビュー、価格帯など、さまざまな要素を考慮して、特におすすめのガーデンチェアをピックアップしました。これらのチェアは、リラックスした時間を過ごすための理想的な選択肢となるでしょう。庭園、パティオ、バルコニーなど、さまざまな屋外スペースに適したモデルを幅広く取り揃えています。

ランキング1位:SEKEED ガーデンベンチ 屋外

天然木でありながら亜鉛コーティングがなされている、防水性に優れたベンチです。雨ざらしにしておいても問題ない一品です。耐荷重は500kgもあるので、かなり丈夫なベンチだといえるでしょう。大人二人余裕で座ることができますよ。使用開始時は、塗装の独特の刺激臭が出ることがあるので、嗅ぎ過ぎないように気を付けましょう。

商品名SEKEED ガーデンベンチ 屋外
価格24860円
ブランドSEKEED
寸法150×78cm
材質天然木とスチール

ランキング2位:[ガーデンマスター] アルミ縁台 幅120×奥行36×高さ40cm ガーデンベンチ

背もたれ無しのシンプルなガーデンベンチです。ベンチというよりも縁台といったイメージのもので、荷物置きやちょっとしたお休みどころとして活躍してくれます。アルミ製ということで軽いので、持ち運びも楽です。ただし、ベンチでゆっくり寝っ転がりたいという人にはあまり向いていない製品と言えるでしょう。

商品名[ガーデンマスター] アルミ縁台 幅120×奥行36×高さ40cm ガーデンベンチ
価格9980円
ブランドガーデンマスター
寸法120×36×40cm
材質アルミ

ランキング3位:レトロなテラステーブル&椅子ンティークガーデンベンチ

鉄製のレトロなガーデンベンチになります。このタイプは白色が有名ですが、こちらのものは素敵な緑色になります。ところどころ塗装が剥げているところがありますが、耐久性には優れています。雨ざらしにしておきたいという方にもおすすめです。こちらはお揃いでテーブルセットなどもあるので、セット品をご希望の方はぜひチェックしてみて下さい。

商品名レトロなテラステーブル&椅子ンティークガーデンベンチ
価格11434円
ブランドLEWINO
寸法120×55×70cm
材質

ランキング4位:[ガーデンマスター] ガーデンベンチ ミニ 幅80×奥行57.5×高さ74.5cm

一人用のベンチで天然木のものなら、ガーデンマスターのものがおすすめです。シンプルでありながら趣があって素敵ですよ。組み立てはDIYに慣れている方で20分から30分、初心者の方で1時間くらい見ておくと良いでしょう。雨ざらしにする場合は、再度防腐剤を塗り直しておくことをおすすめします。

商品名[ガーデンマスター] ガーデンベンチ ミニ 幅80×奥行57.5×高さ74.5cm
価格8980円
ブランドガーデンマスター
寸法80×57.5×74.5cm
材質天然木とスチール

ランキング5位:ガーデンガーデン 天然木製ボックスベンチ

天然木で作られた収納もできるガーデンベンチです。ただし、防水性はないので、雨ざらしにしてしまうとあっという間に腐ってしまうので気を付けましょう。外に置く場合はできるだけ雨が当たらない軒下など、置き場所を工夫する必要があります。室内で用いる分には特に防水性に気を付けなくても大丈夫です。

商品名ガーデンガーデン 天然木製ボックスベンチ
価格13200円
ブランドガーデンガーデン
寸法90×33×40.5cm
材質木材

ランキング6位:ガーデンガーデン ウッドホイール風車輪付木製ベンチ

観光地で見たことがあるという方もいるかもしれません。両脇が車輪で支えられているような愛らしくクラシックなガーデンチェアです。大人一人用のコンパクトなベンチですが、椅子自体が厚めの木地をふんだんに用いているせいか重量感があります。天然木を用いているため、まれに木からニスが噴き出ることがあるので気を付けましょう。

商品名ガーデンガーデン ウッドホイール風車輪付木製ベンチ
価格24800円
ブランドガーデンガーデン
寸法110×58.5×83cm
材質天然木

ランキング7位:家具のAKIRA ベンチ 3人用 ロビーチェアー

水色のクッション座面が可愛らしいロビーチェアです。屋外用ではありません。玄関などでの使用には向いています。スチールできているので丈夫ですが、クッション部分の耐久性はやや弱いです。汚れにも強いので重宝します。

商品名家具のAKIRA ベンチ 3人用 ロビーチェアー
価格21180円
ブランド家具のAKIRA
寸法45×180×40cm
材質スチール

ランキング8位:[ガーデンマスター] 折りたたみガーデンベンチ 幅183×奥行28×高さ43.5cm

軽くて丈夫で折り畳みできるガーデンベンチです。普段使いというよりもアウトドアやガーデンパーティーの際に引っ張り出してきて使うのに向いています。スチールで出来ているのである程度の耐水性はありますが、雨ざらしにできるほどの耐水性はないので注意して下さい。

商品名[ガーデンマスター] 折りたたみガーデンベンチ 幅183×奥行28×高さ43.5cm
価格6980円
ブランドガーデンマスター
寸法183×28×43.5cm
材質スチール

ランキング9位:武田コーポレーション ガーデンミニベンチ ベンチ

アーム部分はスチールでお洒落に作られた木製のベンチです。公園などでもよく見かけるタイプのものです。値段が比較的安いということもあるのでしょう、塗装が中途半端だったり、バランスがイマイチだったりといった問題があります。雨ざらしにする予定の方は、組み立てる前に防腐剤や防水材を塗っておくことをおすすめします。

商品名武田コーポレーション ガーデンミニベンチ ベンチ
価格8580円
ブランド武田コーポレーション
寸法40.5×51×82.5cm
材質木材

ランキング10位:[ガーデンマスター] アルミガーデンベンチ 幅120×奥行53.5×高さ69.5cm

軽くて丈夫でお手入れが楽なベンチをお探しなら、アルミのガーデンベンチがおすすめです。組み立ても楽で軽いので、女性でも問題なく取り扱うことができます。アルミは汚れや水にも強いので、ガーデンベンチとしてもおすすめです。

商品名[ガーデンマスター] アルミガーデンベンチ 幅120×奥行53.5×高さ69.5cm
価格16999円
ブランドガーデンマスター
寸法120×53.5×69.5cm
材質アルミ

ガーデンベンチの使い方

ガーデンベンチは、庭の美しさを引き立てるだけでなく、快適な休息の場を提供します。適切な配置とメンテナンスにより、ガーデンベンチは庭の魅力を最大限に引き出すことができます。季節ごとに異なる楽しみ方があり、年間を通じて庭の様々な側面を楽しむことができます。ガーデンベンチを上手に使うことで、屋外空間がより魅力的で機能的な場所に変わります。適切な配置とケアは、ベンチの寿命を延ばし、長期間にわたってその美しさを保つのに役立ちます。

ガーデンベンチの配置アイデア

ガーデンベンチの配置は、庭の全体的なデザインに大きく影響します。日当たりの良い場所や、美しい景色が見える場所に設置すると、リラックスした時間を過ごすのに最適です。また、花壇や池の近くに配置すると、自然の美しさを身近に感じることができます。ベンチを庭の隅や隠れた場所に設置すると、プライベートな休息の場としても機能します。配置を変えることで、庭の異なる部分を楽しむことができます。

メンテナンスとケア方法

ガーデンベンチのメンテナンスは、その美しさと耐久性を保つために重要です。木製のベンチは定期的に塗装や防腐処理を行うことで、長持ちさせることができます。金属製のベンチは錆びを防ぐために、適切な防錆処理が必要です。また、汚れが付いた場合は、優しい洗剤と水で定期的に洗浄することが推奨されます。冬季などの厳しい天候の際には、ベンチを屋内に保管するか、適切なカバーで保護することが大切です。これらのケアを行うことで、ガーデンベンチは長年にわたって美しい状態を保つことができます。

季節ごとの楽しみ方

ガーデンベンチは、年間を通じて様々な楽しみ方があります。春には、新緑や花々を眺めながらリラックスするのに最適です。夏には、日陰で涼しく過ごすための場所として活用できます。秋には、落ち葉の美しい景色を楽しむことができ、冬には、雪景色を眺める静かな時間を提供します。季節の変化を感じながら、ガーデンベンチで過ごす時間は、日常の忙しさから離れてリフレッシュするのに最適です。また、季節に合わせてベンチの装飾を変えることで、庭の雰囲気を一新することもできます。例えば、春には明るい色のクッションを置いたり、秋には暖色系のブランケットを添えたりすることで、季節感を演出できます。

【2024年】ガーデンベンチのおすすめランキング10選を紹介!メンテナンスまでのまとめ

ガーデンベンチは、屋外空間を美しく快適にするための素晴らしいアイテムです。適切な配置、丁寧なメンテナンス、季節ごとの楽しみ方を理解することで、ガーデンベンチは庭の魅力を最大限に引き出します。この記事を通じて、ガーデンベンチの多様な使用方法や、その魅力を十分に活用するためのヒントを提供しました。最適なガーデンベンチを選び、これらのアイデアを活用して、あなたの庭をもっと楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。