おすすめ PR

【2024年】ガーデンエッジのおすすめランキング10選を紹介!アレンジ方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはガーデンエッジをご存知でしょうか。庭の美しさを引き立て、整理整頓にも役立つガーデンエッジですが、選ぶ際には失敗したくないですよね。

この記事では、

  • ガーデンエッジとは?
  • ガーデンエッジはどんな人におすすめ?
  • ガーデンエッジはどこで購入することができるの?
  • ガーデンエッジの選び方
  • ガーデンエッジのおすすめ人気ランキング10選
  • ガーデンエッジの使い方
  • ガーデンエッジおすすめのまとめ

について紹介していきます。この記事を読めば、ガーデンエッジの選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. ガーデンエッジとは?
    1. ガーデンエッジの基本的な定義
    2. ガーデンエッジの利用シーンと効果
    3. ガーデンエッジの種類と特徴
  2. ガーデンエッジはどんな人におすすめ?
    1. 初心者ガーデナーにおすすめの理由
    2. プロのガーデナーが選ぶガーデンエッジの魅力
    3. 小さな庭を持つ家庭に最適なガーデンエッジ
  3. ガーデンエッジはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの購入方法
    2. ホームセンターでの選び方
    3. ガーデニング専門店での購入のポイント
  4. ガーデンエッジの選び方
    1. 素材による選び方の違い
    2. デザインと機能性を考慮した選び方
    3. 予算に合わせたガーデンエッジの選び方
  5. ガーデンエッジのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:タカショー 花壇フェンス ガーデンエッジ
    2. ランキング2位:セフティー3 ガーデンエッジ 芝生の根止め
    3. ランキング3位:Amazonベーシック ランドスケープエッジング
    4. ランキング4位:FQIPEI ガーデンエッジ フリーデザインエッジ フェンス
    5. ランキング5位:ガーデンエッジ ガーデンフェンス 花壇フェンス 土留め
    6. ランキング6位:Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め 芝生
    7. ランキング7位:Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め 芝生 根止め
    8. ランキング8位:WORTH GARDEN ガーデンエッジ 6枚セット
    9. ランキング9位:下村企販 ガーデンエッジ レンガ調 【日本製】
    10. ランキング10位:Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め
  6. ガーデンエッジの使い方
    1. 基本的な設置方法と手順
    2. メンテナンスと長持ちさせるコツ
    3. デザインと機能を活かしたアレンジ方法
  7. 【2024年】ガーデンエッジのおすすめランキング10選を紹介!アレンジ方法までのまとめ

ガーデンエッジとは?

ガーデンエッジは、庭のデザインと機能性を高めるための重要な要素です。美しさだけでなく、植物や花壇の整理整頓にも役立ちます。この見出しでは、ガーデンエッジの基本的な概念、利用シーン、種類、特徴について詳しく説明します。

ガーデンエッジの基本的な定義

ガーデンエッジとは、庭や花壇の境界を明確にするために使用される装飾的な要素です。これは、異なるエリアを区切るために役立ち、庭の整頓と美観を向上させます。また、草花や植物が広がるのを防ぐ役割も果たします。

ガーデンエッジの利用シーンと効果

ガーデンエッジは、花壇や歩道、芝生の周囲に設置されることが多いです。これにより、庭のレイアウトがはっきりし、整理された印象を与えます。また、エッジがあることで、草刈りや庭の手入れがしやすくなります。

ガーデンエッジの種類と特徴

ガーデンエッジには、木製、金属製、プラスチック製、石製など様々な種類があります。それぞれの素材には特徴があり、庭のスタイルやメンテナンスのしやすさに影響を与えます。選択する際には、耐久性やデザイン、設置のしやすさを考慮することが重要です。

ガーデンエッジはどんな人におすすめ?

ガーデンエッジは、庭の美観を高め、整理整頓を助けるアイテムです。初心者からプロのガーデナーまで幅広くおすすめできる理由を、このセクションで探求します。特に、庭のメンテナンスを簡単にし、スタイリッシュな外観を実現したい方には最適です。

初心者ガーデナーにおすすめの理由

初心者ガーデナーにとって、ガーデンエッジは庭作りの入門として最適です。簡単に設置でき、すぐに庭の見た目を変えることができます。また、花壇や植物の区分けを明確にすることで、庭の管理がしやすくなります。

プロのガーデナーが選ぶガーデンエッジの魅力

プロのガーデナーは、ガーデンエッジを使って複雑で洗練された庭のデザインを実現します。耐久性が高く、多様な素材やスタイルから選べるため、どんな庭にも合わせやすいです。

小さな庭を持つ家庭に最適なガーデンエッジ

小さな庭でも、ガーデンエッジを使えば空間を効果的に区切り、庭を広く見せることができます。また、メンテナンスが簡単で、限られたスペースを最大限に活用するのに役立ちます。

ガーデンエッジはどこで購入することができるの?

ガーデンエッジの購入先は多岐にわたります。オンラインショップ、ホームセンター、ガーデニング専門店など、それぞれの購入方法には特徴があります。このセクションでは、それぞれの購入先の利点と注意点を詳しく解説します。購入先を選ぶ際には、品揃え、価格、アクセスのしやすさなどを考慮することが重要です。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでは、豊富な種類のガーデンエッジを比較検討できます。商品の詳細情報やレビューを参考にすることができ、自宅にいながら簡単に購入できるのが魅力です。ただし、実物を見ることができないため、サイズや色に注意が必要です。

ホームセンターでの選び方

ホームセンターでは、実際に商品を手に取って確認できるため、質感やサイズ感を直接確かめることができます。店員に相談することも可能で、初心者にも安心です。ただし、品揃えは店舗によって異なるため、事前に在庫状況を確認することをおすすめします。

ガーデニング専門店での購入のポイント

ガーデニング専門店では、質の高いガーデンエッジや珍しいデザインの商品を見つけることができます。専門知識を持つ店員からのアドバイスを受けることができ、特定のニーズに合った商品を選びやすいです。価格はやや高めですが、その分品質にこだわった商品が多いです。

ガーデンエッジの選び方

ガーデンエッジを選ぶ際には、素材、デザイン、機能性、そして予算が重要な要素となります。適切なエッジを選ぶことで、庭の美しさを引き立て、メンテナンスを容易にし、長期間にわたって庭を保護することができます。このセクションでは、これらの要素に基づいて最適なガーデンエッジを選ぶ方法について詳しく解説します。

素材による選び方の違い

ガーデンエッジの素材は、外観、耐久性、設置のしやすさに大きく影響します。木製は自然な見た目が魅力ですが、定期的なメンテナンスが必要です。金属製は耐久性が高く、スタイリッシュな印象を与えますが、錆びる可能性があります。プラスチック製は安価で設置が簡単ですが、長期間の耐久性には劣る場合があります。石製は非常に耐久性が高く、自然な美しさを提供しますが、重くて設置が難しいことがあります。

デザインと機能性を考慮した選び方

デザインは庭の全体的な雰囲気に大きく影響します。シンプルなデザインはどんな庭にも合わせやすく、洗練された印象を与えます。一方、装飾的なデザインは、庭に特別なアクセントを加えることができます。機能性に関しては、設置のしやすさやメンテナンスの容易さを考慮することが重要です。例えば、取り外し可能なエッジは、庭のレイアウトを変更したい場合に便利です。

予算に合わせたガーデンエッジの選び方

予算はガーデンエッジ選びの重要な要素です。高価な素材は長期的な耐久性や美観を提供しますが、初期投資が大きくなります。一方、安価な素材は初期コストを抑えることができますが、長期的なメンテナンス費用や交換の必要性が高まる可能性があります。予算に合わせて最適な素材を選ぶことは、コストパフォーマンスと庭のニーズをバランスさせる上で重要です。また、予算内で最高の品質を求める場合、セールや割引を活用するのも良い方法です。さらに、長期的な視点で考えると、少し高価でも耐久性の高い素材を選ぶことが、結果的にコスト削減につながることもあります。

ガーデンエッジのおすすめ人気ランキング10選

ガーデンエッジは、庭の美しさと機能性を向上させるための重要な要素です。市場には多種多様なガーデンエッジが存在し、それぞれにユニークな特徴と魅力があります。このセクションでは、特に注目されているおすすめのガーデンエッジをピックアップし、その人気の理由や特徴を紹介します。素材の種類、デザイン、耐久性、設置のしやすさなど、さまざまな観点から選ばれたこれらのガーデンエッジは、あなたの庭をより魅力的に演出するための素晴らしい選択肢となるでしょう。

ランキング1位:タカショー 花壇フェンス ガーデンエッジ

天然木のガーデンエッジで、高さが低めのものを探している方におすすめしたいのがこちらの商品になります。使いやすく見た目にも品があるので、庭づくりが楽しくなりますよ。ただし、高さが無い分足部分も長さはあまりありません。土が硬いところでは負けて立たないこともあるので、気を付けましょう。また、一見安いように見えますが、こちらの商品は長さが1mしかないということも確認しておきましょう。

商品名タカショー 花壇フェンス ガーデンエッジ
価格990円
ブランドタカショー
寸法10×100cm
材質天然木

ランキング2位:セフティー3 ガーデンエッジ 芝生の根止め

連結しながら打ち込むタイプのガーデンエッジです。簡単に打ち込むことができるので、女性でも問題なく取り扱うことができます。ただし、形が形だけに端やコーナーで形が合わないケースもあります。その点は覚えておくと良いでしょう。しかし、総じて良い品なのでコスパは良いです。

商品名セフティー3 ガーデンエッジ 芝生の根止め
価格1854円
ブランドセフティー3
寸法18×20cm
材質ポリプロピレン

ランキング3位:Amazonベーシック ランドスケープエッジング

一枚板に見えるガーデンエッジです。柔軟性のある板を特殊なピンで土に刺しこみながら境を作っていきます。ピンの長さはあまり長くないので、土が硬いと倒れやすくなってしまいます。また、ピンも板の長さに対して少なめにしか入っていないので、必要に応じて買い足す必要があります。

商品名Amazonベーシック ランドスケープエッジング
価格5074円
ブランドAmazonベーシック
寸法122.7×3.5×12.65cm
材質リサイクルプラスチック

ランキング4位:FQIPEI ガーデンエッジ フリーデザインエッジ フェンス

カーブも自由自在のガーデンエッジです。10mもの長さがあるので、余裕を持った境界づくりや土砂留を作ることができます。ただし、固定用に付属されている釘が少ないので、予めホームセンターなどで予備を買っておくことをお勧めします。

商品名FQIPEI ガーデンエッジ フリーデザインエッジ フェンス
価格3399円
ブランドFQIPEI
寸法5cm×10m
材質ポリプロピレン

ランキング5位:ガーデンエッジ ガーデンフェンス 花壇フェンス 土留め

高さが5cmと低いガーデンエッジですが、長さは5mとたっぷりあるので、カットしながら使うことができます。付属の釘を用いて固定するのですが、釘がプラスチック製のため強度がありません。硬めの土に刺す際に折れてしまうこともあるので注意しましょう。

商品名ガーデンエッジ ガーデンフェンス 花壇フェンス 土留め
価格2380円
ブランドXJIM
寸法5cm×5m
材質ポリプロピレン

ランキング6位:Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め 芝生

高さが5cmと低いガーデンエッジです。境目づくりにぴったりで、柔らかさな素材でできているのでカーブも思い通りに作ることができますよ。固定には付属の釘を用いますが、カーブが多い場合は釘が足りなくなるかもしれません。その時にはホームセンターでも釘だけ購入することができます。

商品名Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め 芝生
価格1880円
ブランドRimikuru
寸法5cm×3m
材質ポリプロピレン

ランキング7位:Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め 芝生 根止め

固定ピンで固定するタイプのガーデンエッジです。5mと長いので、用途に合わせてハサミでカットして用います。耐久性はありますが、ハサミでも簡単に切ることができる素材を使用しているので、女性でも楽にカットできます。高さは10cmとそこそこあるので、土砂留にも活躍してくれます。

商品名Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め 芝生 根止め
価格3480円
ブランドRimikuru
寸法10cm×5m
材質ポリプロピレン

ランキング8位:WORTH GARDEN ガーデンエッジ 6枚セット

焼磨処理された天然木を用いたガーデンエッジです。長さがあるので花壇のしきりにも最適です。また、プラスチックとは異なり、厚みもある分耐久性があります。硬い土にも負けずに刺さるので、倒れる心配もありません。ただし、天然木を使っているので多少の個体差があることは念頭に入れておきましょう。

商品名WORTH GARDEN ガーデンエッジ 6枚セット
価格8400円
ブランドWorth
寸法30×13×120cm
材質天然木

ランキング9位:下村企販 ガーデンエッジ レンガ調 【日本製】

プラスチックでできたレンガ風のガーデンエッジです。本物のレンガは高いだけではなく、花壇づくりをするにもかなりの労力を必要とします。しかし、プラスチック製のものであれば、軽くて簡単に設置することができるのです。コスパはもちろん時間の節約にもなります。ただし、プラスチック製ということもあり、見た目は本物のレンガには劣ります。

商品名下村企販 ガーデンエッジ レンガ調 【日本製】
価格3080円
ブランド下村企販
寸法25×6×18cm
材質ポリプロピレン

ランキング10位:Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め

カーブが可愛らしいガーデンエッジです。カラーバリエーションは白、緑、黒、茶と4色展開があるので、お庭の雰囲気に合わせた柵作りができますよ。地面に差し込むだけで簡単に柵ができ、かつカーブなどの変形もお手の物なので、女性でも高齢の方でも問題なく扱うことができます。ただし、高さはそれほどないので芝生の根止めや境界線づくりに適しており、高さのある花の花壇柵向けではありません。

商品名Rimikuru ガーデンエッジ フェンス 花壇 土留め
価格2080円
ブランドRimikuru
寸法140×150×1mm
材質ポリプロピレン

ガーデンエッジの使い方

ガーデンエッジの適切な使い方は、庭の美観を高めるだけでなく、メンテナンスを容易にし、長期間にわたってその効果を維持する鍵となります。このセクションでは、ガーデンエッジの基本的な設置方法、メンテナンスのコツ、そしてデザインと機能を最大限に活かすアレンジ方法について詳しく説明します。これらのポイントを押さえることで、あなたの庭はより機能的で魅力的な空間に変わるでしょう。

基本的な設置方法と手順

ガーデンエッジの設置は、計画的に行うことが重要です。まず、エッジを設置する場所を決め、地面を均します。次に、エッジを地面に沿って配置し、必要に応じて固定します。固定方法は、エッジの種類によって異なりますが、一般的には釘やステークを使用します。設置後は、エッジがしっかりと固定されていることを確認し、必要に応じて調整します。このプロセスを丁寧に行うことで、エッジはしっかりと庭の境界を保持し、長持ちします。

メンテナンスと長持ちさせるコツ

ガーデンエッジのメンテナンスは、その美観と機能性を長期間維持するために不可欠です。定期的にエッジの状態をチェックし、土や草がエッジに覆いかぶさらないように清掃します。木製や金属製のエッジは、時折塗装や防錆処理を行うことで、耐候性を高めることができます。また、エッジが緩んだり、破損したりしていないか定期的に確認し、必要に応じて修理や交換を行います。これらのメンテナンス作業を怠らなければ、ガーデンエッジは長く美しい状態を保つことができます。

デザインと機能を活かしたアレンジ方法

ガーデンエッジは、単に庭の境界を示すだけでなく、庭のデザインに大きく貢献します。エッジを使って曲線や幾何学的な形を作り出すことで、庭に動きと興味を加えることができます。また、異なる高さや色のエッジを組み合わせることで、視覚的な魅力を高めることも可能です。さらに、エッジを利用して植物や花を際立たせることもできます。例えば、色鮮やかな花にはシンプルなエッジを合わせることで、花がより引き立ちます。

【2024年】ガーデンエッジのおすすめランキング10選を紹介!アレンジ方法までのまとめ

この記事を通して、ガーデンエッジの選び方から設置、メンテナンス、さらにはデザインの活用方法まで、幅広い情報を提供しました。ガーデンエッジは、庭を美しく保つだけでなく、機能的にも大きな役割を果たします。適切なエッジを選び、正しく設置し、適切にメンテナンスすることで、あなたの庭はより魅力的で実用的な空間に変わるでしょう。このガイドが、あなたの庭作りに役立つ情報となり、理想的なガーデンエッジの選択と活用につながることを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。