おすすめ PR

【2024年】ガーデニングバケツのおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはガーデニングバケツについてご存知でしょうか。ガーデニングの作業をより快適に、効率的に行うための必需品ですが、多種多様な選択肢があるため、どれを選ぶかは重要な判断となります。

この記事では、

  • ガーデニングバケツとは何か?
  • ガーデニングバケツはどんな人におすすめ?
  • ガーデニングバケツはどこで購入できるのか?
  • ガーデニングバケツの選び方
  • ガーデニングバケツのおすすめ人気ランキング10選
  • ガーデニングバケツの使い方
  • ガーデニングバケツのおすすめのまとめ

について詳しく紹介していきます。
この記事を読むことで、ガーデニングバケツの選び方から購入場所、おすすめの商品、使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て得ることができます。ぜひ最後までご覧ください

目次
  1. ガーデニングバケツとは?
    1. ガーデニングバケツの基本的な特徴
    2. ガーデニングバケツの種類とその用途
    3. ガーデニングバケツの材質と耐久性
  2. ガーデニングバケツはどんな人におすすめ?
    1. 初心者ガーデナーへのおすすめポイント
    2. プロのガーデナーが求めるバケツの特徴
    3. 子供と一緒にガーデニングを楽しむ家族へ
  3. ガーデニングバケツはどこで購入することができるの?
    1. ホームセンターでのバケツ選び
    2. オンラインショップでの購入方法
    3. 専門店で見つける高品質なバケツ
  4. ガーデニングバケツの選び方
    1. サイズと容量の選び方
    2. 持ち運びやすさとデザイン
    3. 価格と品質のバランス
  5. ガーデニングバケツのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:アイリスオーヤマ バケツ ガーデニング ブルー
    2. ランキング2位:八幡化成 フタ付きバケツ ガーデンツールバケット
    3. ランキング3位:フォルクス&コックス レッドゴリラ TUBTRUGS Lサイズ ブラック 38L
    4. ランキング4位:E-Value ガーデンハンディバケツ 丸大 最大容量:250L
    5. ランキング5位:Naturehike バケツ キャンプバケツ アウトドア おりたたみ コンパクト バケツシンク
    6. ランキング6位:Autumn Alley 亜鉛メッキ バケツ – 木製ハンドル付き
    7. ランキング7位:RULAYMAN 折りたたみ ソフトバケツ
    8. ランキング8位:イーバリュー(E-Value) ガーデンバケツ 小 45L
    9. ランキング9位:マーキュリー(Mercury) タブバケツ フリーサイズ
    10. ランキング10位:八幡化成 フタ付きバケツ オムニウッティ リュクスグレー L 10L
  6. ガーデニングバケツの使い方
    1. 基本的なガーデニング作業での使い方
    2. バケツを使った水やりのコツ
    3. 多目的に活用するためのアイデア
  7. 【2024年】ガーデニングバケツのおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方までのまとめ

ガーデニングバケツとは?

ガーデニングバケツは、植物の植え替え、水やり、肥料の運搬など、多様な庭作業をサポートするために設計された容器です。これらのバケツは、使い勝手の良さと機能性を重視して作られており、ガーデニング愛好家にとっては必需品と言えます。耐久性があり、さまざまなサイズや形状があるため、用途に応じて選ぶことができます。

ガーデニングバケツの基本的な特徴

ガーデニングバケツの最大の特徴はその多機能性です。一般的には、軽量で持ち運びやすく、また堅牢な作りが求められます。多くのバケツには注ぎ口が付いており、水やりが簡単にできるようになっています。また、内側に目盛りが付いているものもあり、肥料や土の量を正確に測るのに便利です。

ガーデニングバケツの種類とその用途

ガーデニングバケツにはさまざまな種類があります。例えば、折りたたみ式のバケツは収納に便利で、小さな庭やバルコニーに最適です。また、車輪付きのバケツは、重い土や水を運ぶ際に役立ちます。さらに、装飾的なデザインのバケツは、実用性だけでなく、ガーデンの美観を高める役割も果たします。

ガーデニングバケツの材質と耐久性

ガーデニングバケツは、プラスチック、金属、布製など、さまざまな材質で作られています。プラスチック製は軽くて扱いやすいですが、金属製はより耐久性があります。布製のバケツは軽量で持ち運びが容易ですが、耐水性や耐久性は他の材質に比べて劣る場合があります。

ガーデニングバケツはどんな人におすすめ?

ガーデニングバケツは、ガーデニングの経験に関わらず、あらゆる人にとって
有用なツールです。初心者からプロのガーデナー、さらには子供と一緒にガーデニングを楽しむ家族まで、それぞれのニーズに合わせたバケツが存在します。

初心者ガーデナーへのおすすめポイント

初心者ガーデナーには、使いやすさと機能性を兼ね備えたバケツがおすすめです。軽量で持ち運びが簡単なプラスチック製のバケツは、基本的なガーデニング作業に最適です。また、内側に目盛りが付いているバケツは、水や肥料の量を測る際に役立ちます。初心者には、シンプルで扱いやすいデザインのものが最適です。

プロのガーデナーが求めるバケツの特徴

プロのガーデナーには、耐久性と機能性が高いバケツが求められます。金属製のバケツは、頑丈で長期間の使用に耐えることができます。また、大容量で、複数のポケットやツールホルダーが付いた専門的なバケツは、多様なガーデニングツールを一括で運ぶのに便利です。プロのガーデナーには、効率的な作業をサポートする多機能バケツが適しています。

子供と一緒にガーデニングを楽しむ家族へ

子供と一緒にガーデニングを楽しむ家族には、安全で使いやすいバケツがおすすめです。軽量でカラフルなプラスチック製のバケツは、子供たちにも扱いやすく、ガーデニングへの興味を引き出します。また、折りたたみ式のバケツは、使用しない時にはコンパクトに収納でき、限られたスペースでも便利です。子供が安全に使える素材とデザインのバケツを選ぶことが重要です。

ガーデニングバケツはどこで購入することができるの?

ガーデニングバケツは、ホームセンター、オンラインショップ、専門店など、様々な場所で購入することが可能です。それぞれの購入場所には特徴があり、自分のニーズに合わせて選ぶことが重要です。ホームセンターでは実物を見て選べる利点があり、オンラインショップでは多様な選択肢と便利な配送オプションが魅力です。専門店では高品質な商品を見つけることができます。

ホームセンターでのバケツ選び

ホームセンターでは、実際に商品を手に取って確認することができます。ガーデニングバケツのサイズや材質、耐久性を直接見て感じることができるのが大きな利点です。また、店員に相談することで、自分の用途に合ったバケツを選ぶ助けになります。ホームセンターでは、一般的な用途に適したバケツから、特殊な機能を持つものまで幅広く取り揃えています。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでは、豊富な品揃えから自宅にいながらにしてガーデニングバケツを選ぶことができます。商品の詳細情報、レビュー、比較機能を利用して、最適なバケツを見つけることが可能です。また、オンライン限定の商品や割引も多く、価格面でのメリットも大きいです。ただし、実物を見ることができないため、購入前に商品の仕様をよく確認することが重要です。

専門店で見つける高品質なバケツ

ガーデニング専門店では、高品質で耐久性のあるバケツを見つけることができます。専門店では、ガーデニングに特化した知識を持つスタッフが、用途や好みに合わせたアドバイスを提供してくれます。また、専門店独自の品揃えには、デザイン性や機能性に優れた特別なバケツが含まれることが多く、他では見つからないアイテムを発見することができます。高品質な材料を使用したバケツは、長期間にわたって使用することができ、コストパフォーマンスも良いです。

ガーデニングバケツの選び方

ガーデニングバケツを選ぶ際には、サイズと容量、持ち運びやすさ、デザイン、価格と品質のバランスを考慮することが重要です。これらの要素を基に、自分のガーデニングスタイルやニーズに合ったバケツを選ぶことができます。

サイズと容量の選び方

ガーデニングバケツのサイズと容量は、使用目的によって異なります。小さな庭やバルコニーでの使用には、コンパクトなバケツが適しています。大きな庭での作業には、大容量のバケツが便利です。また、植え替えや土の運搬には、深めのバケツが適しています。自分のガーデニングのスタイルに合わせて、適切なサイズと容量のバケツを選ぶことが大切です。

持ち運びやすさとデザイン

バケツを頻繁に移動させる場合は、持ち運びやすさが重要です。軽量で持ち手がしっかりしているバケツは、作業の効率を高めます。また、ガーデンのデザインに合わせた美しいバケツを選ぶことで、ガーデニングの楽しさが増します。デザインと機能性を兼ね備えたバケツは、実用的でありながらもガーデンの装飾としての役割も果たします。

価格と品質のバランス

ガーデニングバケツを選ぶ際には、価格と品質のバランスを考慮することが重要です。安価なバケツは初期投資を抑えることができますが、耐久性や機能性に欠けることがあります。一方で、高価なバケツは長期間の使用に耐える耐久性や、高い機能性を提供することが多いです。長期的な視点で考えると、初期の投資が高くても、耐久性のある高品質なバケツを選ぶことが結果的にコスト効率が良い場合があります。また、定期的なメンテナンスや適切な保管方法を実践することで、バケツの寿命を延ばすことができます。価格だけでなく、使用頻度や必要な機能を考慮して、最適なバケツを選ぶことが大切です。

ガーデニングバケツのおすすめ人気ランキング10選

ガーデニング愛好家にとって、適切なバケツを選ぶことは、作業の効率と楽しさを大きく左右します。市場には多種多様なガーデニングバケツが存在し、それぞれに特徴や利点があります。ここでは、ガーデニングのさまざまなニーズに応える、おすすめの人気バケツをピックアップしました。このランキングは、機能性、デザイン、耐久性、ユーザーレビューなど、さまざまな要素を基に選出しています。初心者からプロのガーデナーまで、幅広いユーザーに適したバケツを集めてみましたので、自分に合ったバケツを見つける参考にしてください。

ランキング1位:アイリスオーヤマ バケツ ガーデニング ブルー

こちらの商品は家電のメーカーとしても有名なアイリスオーヤマのガーデニングバケツです。通常のバケツと異なる点は、こちらのバケツには長めの注ぎ口がついていることです。この注ぎ口があることで、液体肥料や農薬をバケツで希釈した後にジョウロへ液体を移したり、注ぎ口からそのまま植物に水を与えたりといったことが簡単にできるようになりますよ。

商品名アイリスオーヤマ バケツ ガーデニング ブルー GDB-8
価格991円
ブランドアイリスオーヤマ
寸法39L x 28W x 25H cm
材質ポリプロピレン

ランキング2位:八幡化成 フタ付きバケツ ガーデンツールバケット

こちらの商品はフタ付きのタイプの商品となっています。そのため、移植ごてや草刈り鎌、剪定バサミなどといったガーデニング用品を入れてまとめて運んだり、バケツコンポストに使用したりといった使用が可能です。また、蓋がついていることで作業中や休憩時に椅子代わりに腰かけることもできますよ。蓋の上に小さなものを置くこともできるためスペースを無駄にしません。

商品名八幡化成 フタ付きバケツ ガーデンツールバケット グリーン
価格1,959円
ブランド八幡化成
寸法21×22.4×17.5
材質ポリプロピレン、ポリエチレン

ランキング3位:フォルクス&コックス レッドゴリラ TUBTRUGS Lサイズ ブラック 38L

こちらの商品は、植物の用土を配合する時などにこぼしにくいように広めの直径となっています。そのため植物の植え替えや植え付けをしたい時にはとても便利なガーデニングバケツといえるでしょう。また、枯れ葉などを集めたものを一気に移動させることもできます。取っ手がついているため、ガーデニング用品をまとめてもち運ぶ時にもとても便利な商品です。

商品名フォルクス&コックス レッドゴリラ TUBTRUGS Lサイズ
価格2,750円
ブランドTUBTRUGS
寸法直径44.5×H37cm
材質ポリエチレン

ランキング4位:E-Value ガーデンハンディバケツ 丸大 最大容量:250L

こちらの商品は折りたたんでコンパクトに収納することができるという特徴を持つガーデニングバケツです。落葉樹を育てていると、秋の終わりはたくさんの落ち葉が庭に落ちてしまいますよね。そのようなときにはこちらの商品を使用して枯れ葉を集めると効率よく作業を進めることができるでしょう。オフシーズンは小さく収納できるため嵩張ることもありません。

商品名E-Value ガーデンハンディバケツ 丸大 最大容量:250L
価格1,,306円
ブランドE-Value
寸法670×670×760mm
材質ポリエチレン

ランキング5位:Naturehike バケツ キャンプバケツ アウトドア おりたたみ コンパクト バケツシンク

こちらの商品も使わない時にはたたんでコンパクトに収納することができるガーデニングバケツです。こちらのバケツは自立式のため、土や水など重いものを入れてもこぼれにくく、安全に移動させることができるでしょう。ナチュラルなかわいらしいベージュカラーもおしゃれです。10L、20Lのサイズから選ぶことができるため、用途に応じて選んでみてくださいね。

商品名Naturehike バケツ キャンプバケツ アウトドア
価格2,099円・4,398円
ブランドNaturehike
寸法25L x 25W x 21H cm
材質ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル

ランキング6位:Autumn Alley 亜鉛メッキ バケツ – 木製ハンドル付き

こちらの商品は亜鉛メッキでできたガーデニングバケツです。木材の取っ手によってナチュラルでかわいらしいデザインの商品となっています。ポリプロピレンなどのプラスチックでできたバケツは軽量かつ安価ではあるものの、そのまま庭に置くとどうしても悪い意味で目立ってしまいますよね。しかし、こちらのガーデニングバケツはまるでインテリアの様に庭に置くことができますよ。

商品名Autumn Alley 亜鉛メッキ バケツ – 木製ハンドル付き
価格2,990円
ブランドAutumn Alley
寸法22.3L x 22.3W x 25.4H cm
材質亜鉛メッキ、木材

ランキング7位:RULAYMAN 折りたたみ ソフトバケツ

こちらの商品は折りたたみすることができるプラスチックでできたガーデニングバケツです。プラスチックのバケツは非常に軽く、女性の方でも物を入れて持ち運びやすいという利点があります。その上そこそこ丈夫なため、多くのガーデニングバケツに使用されています。こちらの商品はさらに折りたたむことができるように可塑性エラストマーと呼ばれる素材を使用しています。

商品名RULAYMAN 折りたたみ ソフトバケツ
価格1,399円
ブランドRULAYMAN
寸法29.3L x 17W x 24H cm
材質ポリプロピレン、TPR

ランキング8位:イーバリュー(E-Value) ガーデンバケツ 小 45L

こちらの商品は45Lという大容量タイプのガーデニングバケツです。スプリングによって自立させることができるため肥料や土の配合、水やり、剪定枝の回収など幅広い用途に使用することが出来る商品となっています。また、撥水加工がされているため土などで汚れてしまった場合でも丸ごと水洗いすることができます。使わない時はかなり小さくたたむことができますよ。

商品名イーバリュー(E-Value) ガーデンバケツ 小 45L
価格2,412円
ブランドE-Value
寸法40L x 40W x 45H cm
材質ポリ塩化ビニル

ランキング9位:マーキュリー(Mercury) タブバケツ フリーサイズ

こちらの商品は鉄でできたタイプのガーデニングバケツです。様々なカラーの商品が販売されており、雰囲気に合わせた商品を選ぶとより統一感のあるお庭を作ることができそうですね。こちらの商品は非常に口が広く作られており、土を混ぜる時などに特に混ぜやすくお勧めの商品です。それ以外にも、そこに穴をあけることで植物を育てる鉢にリメイクすることもできますよ。

商品名マーキュリー(Mercury) タブバケツ フリーサイズ
価格1,980円
ブランドMercury
寸法29.5L x 29.5W x 12H cm
材質

ランキング10位:八幡化成 フタ付きバケツ オムニウッティ リュクスグレー L 10L

こちらの商品はフタがついているタイプのガーデニングバケツです。ポリプロピレンで作られたこちらん商品は非常に軽量で、10Lの容量がありたっぷりと物を入れることができます。また、10L以外にも8Lや4L、20Lのものまでサイズが豊富に展開されているため道具入れ用には4L、土を混ぜるためには8Lなど用途に応じて購入するのもおすすめです。カラーもいくつかの種類から選ぶことができます。

商品名八幡化成 フタ付きバケツ オムニウッティ
価格2,200円
ブランド‎セルテヴィエ
寸法28.2L x 26.7W x 26.5H cm
材質ポリプロピレン

ガーデニングバケツの使い方

ガーデニングバケツは、その多機能性により、庭作業をより簡単で楽しいものに変えることができます。基本的な作業から水やり、さらには多目的な活用方法まで、ガーデニングバケツは様々なシーンで役立ちます。適切な使い方を理解することで、ガーデニングの効率を上げ、作業をより快適に進めることができます。ここでは、ガーデニングバケツの基本的な使い方から、いくつかの便利なコツまでをご紹介します。

基本的なガーデニング作業での使い方

ガーデニングバケツは、土や肥料の運搬、植物の植え替え、雑草の回収など、基本的なガーデニング作業に欠かせないアイテムです。軽量で持ち運びやすいバケツは、庭のあちこちで活躍します。また、バケツの内側に目盛りがあると、肥料や水の量を正確に測るのに便利です。耐久性のあるバケツは、鋭い道具や重い物を運ぶ際にも安心です。さらに、バケツの底に穴を開けることで、余分な水を排出しやすくすることもできます。

バケツを使った水やりのコツ

バケツを使った水やりは、特に大きな植物や広範囲の庭に適しています。バケツに水をたっぷりと入れ、植物の根元に直接ゆっくりと注ぐことで、深部まで水を行き渡らせることができます。注ぎ口が狭いバケツを使用すると、水の流れをコントロールしやすくなります。また、水やりの際には、バケツを持ち運ぶ距離を考慮して、適切なサイズのバケツを選ぶことが大切です。水の重さによる負担を減らすために、車輪付きのバケツを使用するのも良い方法です。

多目的に活用するためのアイデア

ガーデニングバケツは、その汎用性を活かして、様々な方法で活用することができます。例えば、小さな道具やガーデニンググローブの収納に使うことができます。また、バケツを逆さまにして、仮の座席や作業台として使用することも可能です。バケツに穴を開けて植木鉢として使用することもでき、オリジナルのガーデンデコレーションを作ることができます。さらに、バケツを使ってコンポストを作ることもでき、ガーデニングのサステナビリティを高めることができます。これらのアイデアを活用することで、ガーデニングバケツの可能性を最大限に引き出すことができます。

【2024年】ガーデニングバケツのおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方までのまとめ

ガーデニングバケツは、その多様性と実用性で、あらゆるガーデナーの作業をサポートします。選び方から使い方、さらには多目的な活用方法まで、ガーデニングバケツはガーデニングの楽しさと効率を大きく向上させることができます。この記事では、ガーデニングバケツの選び方から、基本的な使い方、水やりのコツ、さらには多目的な活用方法までをご紹介しました。これらの情報を参考に、自分に合ったガーデニングバケツを見つけ、ガーデニングの作業をより快適で効率的なものにしましょう。バケツ一つで、ガーデニングの可能性は無限に広がります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

 

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。