おすすめ PR

【2024年】ヘッジトリマーのおすすめランキング10選を紹介!操作方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはヘッジトリマーの存在をご存知でしょうか。庭木や生垣の手入れを手作業で行うのは大変ですが、ヘッジトリマーを使えば、その作業を効率的かつ美しく行うことができます。しかし、どのヘッジトリマーを選べば良いのか、使い方はどうなのか、購入する際のポイントは何か、といった疑問を持つ方も多いでしょう。

この記事では、

  • ヘッジトリマーとは?
  • ヘッジトリマーはどんな人におすすめ?
  • ヘッジトリマーはどこで購入することができるの?
  • ヘッジトリマーの選び方
  • ヘッジトリマーのおすすめ人気ランキング10選
  • ヘッジトリマーの使い方
  • ヘッジトリマーおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、ヘッジトリマーの選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. ヘッジトリマーとは?
    1. ヘッジトリマーの基本機能
    2. 電動式と手動式の違い
    3. ヘッジトリマーの用途とメリット
  2. ヘッジトリマーはどんな人におすすめ?
    1. 庭木の手入れをする家庭向け
    2. プロの造園業者にも適したモデル
    3. 初心者から上級者までの選び方
  3. ヘッジトリマーはどこで購入することができるの?
    1. ホームセンターでの購入方法
    2. オンラインショップでの選び方
    3. 専門店での購入のメリット
  4. ヘッジトリマーの選び方
    1. 刃の種類とサイズの選び方
    2. 電源タイプの違いと選定ポイント
    3. 重量と操作性のバランス
  5. ヘッジトリマーのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:アイリスオーヤマ コードレス ポールヘッジトリマー 充電式 電動草刈り機 18V
    2. ランキング2位:HiKOKI(ハイコーキ) 18V 充電式 ヘッジトリマー 植木バリカン 刈り込み幅 300mm
    3. ランキング3位:アイリスオーヤマ コードレス ヘッジトリマー 電動 18V 充電式 刈込幅350㎜
    4. ランキング4位:Elikliv ヘッジトリマー 充電式 生垣バリカン ガーデントリマー コードレス 電動工具 刈込幅510mm
    5. ランキング5位:【2023新登場】NEODIT ポールヘッジトリマー ハンドル付き ストラップ付き 軽量化 2.3kg 1600RPM
    6. ランキング6位:[山善] 電動ヘッジトリマー AC電源 刈込幅約350mm
    7. ランキング7位:ヘッジトリマー充電式 18-21V 切断幅:410mm カット直径:20mm
    8. ランキング8位:ボッシュ(BOSCH) 18Vコードレスポールヘッジトリマー
    9. ランキング9位:マキタ 生垣バリカン 電源コード式 刈込幅350mm/切断径15mm
    10. ランキング10位:Dragro ヘッジトリマー 二合一 芝刈り機 コードレ 草刈り機 充電式 芝生バリカン 生垣バリカン
  6. ヘッジトリマーの使い方
    1. 安全な操作方法
    2. 効率的な刈り方のコツ
    3. メンテナンスと保管方法
  7. 【2024年】ヘッジトリマーのおすすめランキング10選を紹介!操作方法までのまとめ

ヘッジトリマーとは?

ヘッジトリマーは、庭木や生垣の整理に使用される園芸用具です。刃が連続して動くことで、枝や葉を綺麗にカットできます。主に、庭の美観を保つためや、植物の健康を維持するために使用されます。ヘッジトリマーは、手作業に比べて作業効率が高く、均一な仕上がりを実現します。また、大きな庭木や厚い枝にも対応できる強力なモデルもあります。

ヘッジトリマーの基本機能

ヘッジトリマーの基本機能は、刃を動かして枝や葉を切ることです。多くのモデルは、安全性を考慮して二重のスイッチ機能を備えています。また、刃の長さや形状は多様で、使用する植物や作業内容によって選ぶことができます。一部のモデルには、角度調整機能や伸縮ハンドルが付いているものもあり、より細かい作業に対応できます。

電動式と手動式の違い

電動式ヘッジトリマーは、電源を接続して使用するタイプで、連続して高いパワーを発揮します。一方、手動式は物理的な力で刃を動かすため、電源が不要で静かに作業できます。電動式は大規模な作業や厚い枝に適しており、手動式は小規模な庭や細かい作業に向いています。電動式は手動式に比べて作業効率が高いですが、重量が重く、価格も高めです。

ヘッジトリマーの用途とメリット

ヘッジトリマーは、生垣や庭木の整形、剪定に最適です。均一なカットが可能で、手作業よりも早く、綺麗に仕上げることができます。また、疲労を軽減し、大規模な作業も効率的に行えます。定期的な使用により、植物の健康を保ち、病害虫の予防にもつながります。さらに、デザイン性の高い庭木の形成も可能になります。

ヘッジトリマーはどんな人におすすめ?

ヘッジトリマーは、庭の手入れを頻繁に行う家庭や、プロの造園業者にとって非常に便利な道具です。初心者からプロフェッショナルまで、幅広いユーザーが効果的に使用できます。特に、大きな庭を持つ家庭や、美しい庭木を保ちたい人には特におすすめです。また、造園業者にとっては、効率的な作業を可能にし、クライアントの満足度を高めることができます。

庭木の手入れをする家庭向け

家庭で庭木の手入れをする場合、ヘッジトリマーは大きな助けとなります。特に、定期的に生垣を整える必要がある家庭では、手作業に比べて時間と労力を大幅に節約できます。また、初心者でも簡単に扱えるモデルが多く、安全に作業を行うことができます。庭の美観を維持するためにも、ヘッジトリマーは有効なツールです。

プロの造園業者にも適したモデル

プロの造園業者にとって、ヘッジトリマーは欠かせない道具です。効率的に大量の作業をこなす必要があるため、パワフルで耐久性のあるモデルが求められます。プロ用のヘッジトリマーは、長時間の使用にも耐えうる設計がされており、精密な作業が可能です。また、クライアントの要望に応じた様々なスタイルの剪定に対応できる柔軟性も重要です。

初心者から上級者までの選び方

初心者は、操作が簡単で軽量なモデルを選ぶことが重要です。安全機能が充実していることも、初心者にとっては大切なポイントです。中級者以上のユーザーは、より多機能でパワフルなモデルを選ぶことができます。上級者やプロフェッショナルは、耐久性や刃の品質、作業効率を重視して選ぶことが望ましいです。また、使用する庭のサイズや植物の種類に合わせて選ぶことも大切です。

ヘッジトリマーはどこで購入することができるの?

ヘッジトリマーは、ホームセンター、オンラインショップ、専門店など様々な場所で購入することができます。購入場所によって、取り扱っている商品の種類や価格、サービスが異なるため、自分のニーズに合った場所を選ぶことが重要です。ホームセンターでは実際に商品を手に取って確認できるメリットがあり、オンラインショップでは豊富な品揃えとレビューを参考にできます。専門店では専門的なアドバイスを受けることが可能です。

ホームセンターでの購入方法

ホームセンターでの購入は、実際に商品を見て触れることができる最大の利点です。店舗によっては試運転が可能な場合もあり、実際の重さや操作感を確認できます。また、店員から直接アドバイスを受けることができるため、初心者にも安心です。ホームセンターでは、一般的なモデルが多く取り扱われているため、基本的なニーズには十分応えられます。価格も比較的手頃で、即日持ち帰ることができるのも魅力です。

オンラインショップでの選び方

オンラインショップでの購入は、品揃えの豊富さが最大の魅力です。多くのメーカーやモデルから選ぶことができ、自宅にいながら比較検討できます。レビューや評価を参考にすることで、実際の使用感をある程度把握することが可能です。また、価格比較サイトを利用することで、最もコストパフォーマンスの高い商品を見つけることができます。ただし、実物を見ることができないため、スペックやレビューをしっかりと確認する必要があります。

専門店での購入のメリット

専門店での購入は、専門的な知識を持ったスタッフからのアドバイスを受けられることが大きなメリットです。特に、高価なプロ用のモデルや特殊な機能を持つヘッジトリマーを探している場合には適しています。専門店では、使用目的や操作のしやすさに合わせて最適なモデルを提案してもらえます。また、アフターサービスや保証期間が充実していることも多く、長期的に安心して使用できます。

ヘッジトリマーの選び方

ヘッジトリマーを選ぶ際には、刃の種類やサイズ、電源タイプ、重量と操作性のバランスなど、様々な要素を考慮する必要があります。これらの要素は、使用する環境や目的によって重要度が異なるため、自分のニーズに合ったモデルを選ぶことが重要です。また、安全性やメンテナンスのしやすさも重要な選定ポイントです。適切なヘッジトリマーを選ぶことで、作業の効率が大幅に向上し、より快適に庭木の手入れを行うことができます。

刃の種類とサイズの選び方

刃の種類とサイズは、ヘッジトリマーの性能に大きく影響します。刃の長さは、作業する範囲の広さに合わせて選ぶことが重要です。長い刃は広範囲を効率的にカットできますが、重くなり操作が難しくなる場合があります。また、刃の形状によっては、細かい作業や特定の形状の剪定に適したものもあります。刃の材質や切れ味の持続性も重要なポイントで、頻繁に使用する場合は耐久性の高いものを選ぶと良いでしょう。

電源タイプの違いと選定ポイント

電源タイプには、コード式、バッテリー式、ガソリン式があります。コード式は安定した電力供給が可能ですが、動きの自由度が制限されます。バッテリー式はコードレスで動きやすいですが、バッテリーの持続時間や充電時間を考慮する必要があります。ガソリン式はパワフルで広範囲の作業に適していますが、重量が重く、メンテナンスが必要です。使用環境や作業内容に合わせて適切な電源タイプを選ぶことが大切です。

重量と操作性のバランス

重量と操作性のバランスは、長時間の作業でも疲れにくいヘッジトリマーを選ぶための重要なポイントです。軽量なモデルは操作が容易ですが、パワーが限られることがあります。重いモデルはパワフルですが、疲労が早くなる可能性があります。また、ハンドルの形状やグリップの質感も操作性に影響するため、実際に手に取って確認することが望ましいです。自分の体力や作業内容に合わせて、適切な重量のモデルを選ぶことが重要です。

ヘッジトリマーのおすすめ人気ランキング10選

ヘッジトリマーは、農業、園芸、または家庭での使用において、その便利さと効率性で高い人気を誇っています。このランキングでは、市場で高く評価されている電気式噴霧器のトップ10を紹介します。選定基準には、使用のしやすさ、バッテリー寿命、噴霧能力、耐久性、ユーザーレビューなどが含まれています。これらの噴霧器は、庭の手入れから農業まで幅広い用途に適しており、各製品の特徴を比較しながら、あなたのニーズに最適な選択をするための参考になるでしょう。

ランキング1位:アイリスオーヤマ コードレス ポールヘッジトリマー 充電式 電動草刈り機 18V

こちらの商品は家電メーカーとしても非常に有名なアイリスオーヤマから販売されている商品です。軽量かつ、伸縮が可能な商品となっているため高所の剪定作業も楽に行うことができるでしょう。そのため生垣のお手入れなどに特におすすめしたい商品です。両刃を採用しているため、刈込時に刃の向きを気にする必要がなく作業のストレスを大幅に低減させるでしょう。

商品名アイリスオーヤマ コードレス ポールヘッジトリマー 充電式 電動草刈り機 18V
価格10,109円
ブランドアイリスオーヤマ
寸法143L x 15.5W x 30.8H cm
材質

ランキング2位:HiKOKI(ハイコーキ) 18V 充電式 ヘッジトリマー 植木バリカン 刈り込み幅 300mm

こちらの商品は扱いやすい小さめサイズのヘッジトリマーです。刃の部分と持ち手が比較的近いため直感的に作業を進めることができます。また、細かなお手入れも簡単に行うことができるため、はじめに大きめのヘッジトリマーでおおよその形を整えてからこちらの商品を使って細かいところを修正するという使い方もおすすめです。また、ノコギリブレードを使用することで枝打ちにも使用できます。

商品名HiKOKI(ハイコーキ) 18V 充電式 ヘッジトリマー 植木バリカン 刈り込み幅 300mm
価格17,678円
ブランドHiKOKI
寸法65.3L x 17.4W x 16.4H cm
材質

ランキング3位:アイリスオーヤマ コードレス ヘッジトリマー 電動 18V 充電式 刈込幅350㎜

こちらの商品は先ほど1位の商品として紹介した商品と同様アイリスオーヤマというブランドから販売されている商品です。こちらの商品はコードレスとなっており、充電をすることで場所を選ばずに作業を進めることができます。運転時間は約40分となっており、一般家庭にあるサイズの生垣のお手入れ程度の規模であれば十分に作業を終えることができるでしょう。

商品名アイリスオーヤマ コードレス ヘッジトリマー 電動 18V 充電式 刈込幅350㎜
価格11,000円
ブランドアイリスオーヤマ
寸法72L x 18.4W x 17.4H cm
材質

ランキング4位:Elikliv ヘッジトリマー 充電式 生垣バリカン ガーデントリマー コードレス 電動工具 刈込幅510mm

こちらの商品も、先ほど紹介した商品と同様場所を選ぶことなく使用することができるコードレスタイプのヘッジトリマーです。大容量のバッテリーによって長時間の使用が可能となっており、その上高炭素鋼をブレードに使用しているため切れ味も良くお庭にある生垣のお手入れをスムーズに行うことができるでしょう。ダブルロックなど安全性にも配慮されている点もおすすめポイントです。

商品名Elikliv ヘッジトリマー 充電式 生垣バリカン ガーデントリマー コードレス 電動工具 刈込幅510mm
価格10,800円
ブランドElikliv
寸法‎89 x 18 x 19 cm
材質SK高炭素鋼

ランキング5位:【2023新登場】NEODIT ポールヘッジトリマー ハンドル付き ストラップ付き 軽量化 2.3kg 1600RPM

こちらの商品は手持ちサイズかつ軽量タイプのヘッジトリマーです。9段階の角度に調節することが可能な商品となっており、より生垣のお手入れが簡単に行えるような設計になっています。また、両刃駆動タイプのヘッジトリマーのため、どちらの方向からでも枝を切断することができます。作業をより効率的に、スムーズに行うことができる点もおすすめポイントです。

商品名【2023新登場】NEODIT ポールヘッジトリマー ハンドル付き ストラップ付き 軽量化 2.3kg 1600RPM
価格13,506円
ブランドNEODIT
寸法‎107 x 12 x 15 cm
材質

ランキング6位:[山善] 電動ヘッジトリマー AC電源 刈込幅約350mm

こちらの商品はハサミなどのガーデニング用品を多く販売している山善というブランドから販売されている商品です。こちらのヘッジトリマーの特徴は、他の商品と比べると非常にコンパクトなサイズとなっており、取り扱いがしやすいという点でしょう。あまりにも大きな生垣のお手入れをする場合は少し大変ではあるものの、低木の生垣など、小さめの植物であれば十分に作業を進めることができるでしょう。

商品名[山善] 電動ヘッジトリマー AC電源 刈込幅約350mm
価格6,822円
ブランド山善
寸法64L x 17.5W x 17H cm
材質特殊鋼

ランキング7位:ヘッジトリマー充電式 18-21V 切断幅:410mm カット直径:20mm

こちらの商品はSK5高炭素鋼を使用したブレードを採用しているヘッジトリマーです。SK5高炭素鋼はサビにくく、耐久性があるという特徴を持つ素材です。ヘッジトリマーの切れ味は錆がついてしまうと大きく落ちてしまいます。しかも、植物を切る際に樹液が刃につきやすく、それをそのままにしておくとすぐにサビてしまいます。しかしこの商品であれば錆びにくい材質の刃を使用しているため長く使用できますよ。

商品名ヘッジトリマー充電式 18-21V 切断幅:410mm カット直径:20mm
価格10,200円
ブランドKudenln
寸法‎79 x 20 x 21 cm
材質SK5高炭素鋼

ランキング8位:ボッシュ(BOSCH) 18Vコードレスポールヘッジトリマー

こちらの商品は角度を変更することができるタイプのヘッジトリマーです。ポールの伸縮が2100~2600mmの間で調節が可能なため、背の高い大きめの生垣のお手入れを行うこともできます。持ち手からブレード部分が少し離れているため操作に慣れが必要ではあるものの、重さも3.6kgとサイズの割にはあまり重くないタイプの商品のためすぐに使用できるようになるでしょう。

商品名ボッシュ(BOSCH) 18Vコードレスポールヘッジトリマー
価格23,773円
ブランドボッシュ
寸法‎117.5 x 19.5 x 16.3 cm
材質

ランキング9位:マキタ 生垣バリカン 電源コード式 刈込幅350mm/切断径15mm

こちらの商品はとても扱いやすく人気が高い、手持ちタイプのヘッジトリマーです。その上振動が少ないタイプの商品のため、刃と手持ちが近い商品でありながら安定した作業を行うことができるでしょう。電源コード式のため時間に縛られずにお手入れができます。まとまった時間に一気にお手入れを澄ましておきたいと考えている高には特におすすめしたい商品です。

商品名マキタ 生垣バリカン 電源コード式 刈込幅350mm/切断径15mm
価格10,881円
ブランドマキタ
寸法350mm~360mm
材質特殊コーティング鋼

ランキング10位:Dragro ヘッジトリマー 二合一 芝刈り機 コードレ 草刈り機 充電式 芝生バリカン 生垣バリカン

こちらの商品は片手でも扱うことができるサイズの商品です。軽めのヘッジトリマーのため、女性の方やお年寄りの方も簡単に使用することができるでしょう。また、ブレードを変えることで生垣や庭木の剪定だけでなく、芝生のお手入れをすることもできます。大きめのヘッジトリマーや芝刈り機を使用してある程度まで整えて、最後にこのヘッジトリマーを使い細かいところを整えるのがおすすめです。

商品名Dragro ヘッジトリマー 二合一 芝刈り機 コードレ 草刈り機 充電式 芝生バリカン 生垣バリカン
価格5,600円
ブランドDragro
寸法37L x 13W x 11H cm
材質

ヘッジトリマーの使い方

ヘッジトリマーは、庭木や生垣の整理に非常に便利な道具ですが、正しい使い方を理解し、安全に操作することが重要です。効率的な刈り方を身につけることで、作業時間を短縮し、美しい仕上がりを実現できます。また、適切なメンテナンスと保管方法を守ることで、ヘッジトリマーの寿命を延ばし、常に最良の状態で使用することが可能になります。これらのポイントを押さえることで、ヘッジトリマーをより安全かつ効果的に使用することができます。

安全な操作方法

ヘッジトリマーを安全に操作するためには、まず適切な保護具を着用することが重要です。保護メガネ、手袋、長袖の服を着用し、足元もしっかりと保護しましょう。使用前には、ヘッジトリマーの刃が鋭利であることを確認し、異物が挟まっていないかチェックします。操作中は、常にヘッジトリマーをしっかりと両手で持ち、周囲の状況に注意を払いながら作業を行います。また、子供やペットが近くにいないことを確認し、安全な環境で使用することが大切です。

効率的な刈り方のコツ

効率的な刈り方のコツとしては、まず刈る範囲を事前に決めておくことが重要です。均一な高さと形に刈るためには、刈り始める位置と方向を計画的に決めます。ヘッジトリマーは、ゆっくりと安定した動きで操作し、一度に厚すぎる枝を切ろうとしないことがポイントです。また、上から下へ、または内側から外側へというように、一定の方向で刈ることで、綺麗な仕上がりを実現できます。定期的に作業を行うことで、生垣を整えやすくなります。

メンテナンスと保管方法

ヘッジトリマーのメンテナンスと保管方法は、長期的な使用のために非常に重要です。使用後は、必ず刃をきれいに掃除し、サビや汚れを防ぎます。刃の油を定期的に塗ることで、切れ味を保ち、摩耗を減らすことができます。また、ヘッジトリマーを保管する際には、乾燥した涼しい場所に置き、直射日光や湿気を避けることが大切です。保管時には、刃に保護カバーを付けることで、安全性を高めるとともに、刃の保護にもなります。電動式の場合は、バッテリーを取り外して別に保管することで、バッテリーの寿命を延ばすことができます。定期的な点検を行い、異常があれば早めに修理や交換を行うことで、安全かつ効率的な使用が可能になります。

【2024年】ヘッジトリマーのおすすめランキング10選を紹介!操作方法までのまとめ

ヘッジトリマーは、庭木の手入れを効率的かつ美しく行うための強力なツールです。選び方から使い方、メンテナンスに至るまで、様々なポイントを理解することが重要です。安全な操作方法を守り、効率的な刈り方を身につけることで、作業の質を向上させることができます。また、適切なメンテナンスと保管方法によって、ヘッジトリマーの寿命を延ばし、常に最良の状態で使用することが可能です。これらのポイントを踏まえ、最適なヘッジトリマーを選び、美しい庭を維持しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。