おすすめ PR

【2024年】ラティスフェンスのおすすめランキング10選を紹介!長持ちのコツまで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんはラティスフェンスについてご存知でしょうか。庭やバルコニーを美しく飾るだけでなく、プライバシー保護やガーデニングにも役立つラティスフェンスですが、購入や設置を考える際には、適切な選択が重要です。

この記事では、

  • ラティスフェンスとは?
  • ラティスフェンスはどんな人におすすめ?
  • ラティスフェンスはどこで購入することができるの?
  • ラティスフェンスの選び方
  • ラティスフェンスのおすすめ人気ランキング10選
  • ラティスフェンスの使い方
  • ラティスフェンスおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を読めば、ラティスフェンスの基本から選び方、購入先、おすすめ商品、そして使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. ラティスフェンスとは?
    1. ラティスフェンスの基本的な定義
    2. ラティスフェンスの種類と特徴
    3. ラティスフェンスの歴史と発展
  2. ラティスフェンスはどんな人におすすめ?
    1. プライバシー保護を求める人へのメリット
    2. ガーデニング愛好家にとっての利点
    3. DIY好きに最適な理由
  3. ラティスフェンスはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの購入方法
    2. ホームセンターでの選び方
    3. 専門店でのカスタムオーダーの利用
  4. ラティスフェンスの選び方
    1. サイズと形状の選定基準
    2. 素材による耐久性とメンテナンス
    3. デザインと外観のマッチング
  5. ラティスフェンスのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:タカショー パワーラティス 600×900 PWL-609
    2. ランキング2位:リビングアウト(Living Out) プランターラティスフェンス 木製 ダークブラウン
    3. ランキング3位:タカショー エコランドルーバーラティス 600×900
    4. ランキング4位:daim 目隠しフェンス ブラウン 幅 90cm 高さ 180cm
    5. ランキング5位:igarden アイウッド人工木製 ルーバーラティス
    6. ランキング6位:フェンス 屋外 アメリカンフェンス 直径2.3mmドッグラン フェンス 屋外
    7. ランキング7位:ALMAX アルマックス オレフェンスプランター
    8. ランキング8位:[山善] リーフラティス 約100×200cm ハードネットタイプ ダブルリーフ 目隠
    9. ランキング9位:【フェンス・ラティス・垣根・ゲート・柵】 (軽量コンパクト) 焼杉 アコーディオンフェンス
    10. ランキング10位:igarden アイウッド人工木製 格子ラティス1枚 高さ175cm幅90cm厚み3.5cm フェンス 塗装不要
  6. ラティスフェンスの使い方
    1. 基本的な設置方法と手順
    2. ラティスフェンスを活用したガーデニングテクニック
    3. メンテナンスと長持ちさせるコツ
  7. 【2024年】ラティスフェンスのおすすめランキング10選を紹介!長持ちのコツまでのまとめ

ラティスフェンスとは?

ラティスフェンスは、その独特な格子状のデザインで知られており、庭や屋外空間の装飾として広く利用されています。機能性と美観を兼ね備えたこのフェンスタイプは、プライバシーの確保やガーデニングのサポートに理想的です。環境に溶け込む自然な外観から、モダンなスタイルまで、多様なデザインが存在します。

ラティスフェンスの基本的な定義

ラティスフェンスは、交差する木材や金属で作られた格子状のフェンスです。このデザインは、空間を区切りながらも光と風を通すため、庭やバルコニーに適しています。ラティスフェンスは、プライバシー保護と装飾の両方を提供するため、多くの家庭で人気があります。また、植物の支えとしても使用され、ガーデニングの美観を高める役割を果たします。

ラティスフェンスの種類と特徴

ラティスフェンスには、木製、金属製、プラスチック製など様々な種類があります。木製のものは自然な美しさがあり、ガーデンに溶け込みやすいです。金属製は耐久性が高く、モダンなデザインが特徴です。プラスチック製はメンテナンスが容易で、多様な色や形状があります。それぞれの素材には特有の利点とスタイルがあり、用途に応じて選ぶことができます。

ラティスフェンスの歴史と発展

ラティスフェンスの歴史は古く、初期の形態は庭園の装飾や区画分けに使用されていました。時間が経つにつれて、その機能性と美的価値が認識され、世界中でさまざまなスタイルと形状が開発されました。現代では、ラティスフェンスは素材の革新とデザインの多様化により、より耐久性があり、メンテナンスが容易なものへと進化しています。これにより、屋外空間のデザインにおいて重要な役割を果たすようになりました。

ラティスフェンスはどんな人におすすめ?

ラティスフェンスはその多用途性から、さまざまなニーズを持つ人々に適しています。プライバシーの確保からガーデニングのサポート、DIYプロジェクトまで、幅広い用途で活用できるため、多くの家庭や施設で人気を博しています。

プライバシー保護を求める人へのメリット

ラティスフェンスは、隣家や通行人からの視線を遮りながらも、光と風を適度に通すことができるため、プライバシー保護に最適です。この特性は、都市部の狭い空間や密集した住宅地に住む人々に特に重宝されます。また、柔軟なデザイン性により、プライバシーを守りつつも、外観を損なわない選択肢を提供します。

ガーデニング愛好家にとっての利点

ガーデニング愛好家にとって、ラティスフェンスは植物の成長をサポートするための理想的なツールです。特につる性の植物やクライミングプランツにとって、ラティスフェンスは自然な登り棒として機能します。また、フェンス自体がガーデンの美しい背景となり、植物と調和するデザインが魅力的な空間を創出します。

DIY好きに最適な理由

DIY愛好家にとって、ラティスフェンスはカスタマイズが容易で、個性的なプロジェクトを実現するための素晴らしい素材です。簡単に塗装や加工ができるため、自宅のデザインに合わせた独自のフェンスを作ることが可能です。また、組み立てや設置も比較的容易で、初心者から上級者まで幅広く楽しむことができます。

ラティスフェンスはどこで購入することができるの?

ラティスフェンスの購入先は多岐にわたり、オンラインショップ、ホームセンター、専門店などがあります。それぞれの購入先には特徴があり、自分のニーズに合わせて選ぶことが重要です。オンラインでは多様な選択肢があり、ホームセンターや専門店では実物を見て選ぶことができます。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでは、幅広い種類のラティスフェンスを簡単に比較し、選ぶことができます。商品の詳細情報、ユーザーレビュー、価格比較を一度に確認できるため、購入決定に役立ちます。また、オンライン限定の商品や割引も多く、自宅に直接配送してもらえる利便性があります。ただし、実物を見ることができないため、サイズや色に注意が必要です。

ホームセンターでの選び方

ホームセンターでは、ラティスフェンスの実物を直接見て触れることができます。素材の質感や色合いを確認しやすく、即時購入も可能です。店員に相談することで、設置方法やメンテナンスに関するアドバイスを受けることもできます。ただし、オンラインショップに比べると品揃えが限られる場合があります。

専門店でのカスタムオーダーの利用

専門店では、カスタムオーダーによるラティスフェンスの購入が可能です。特定のサイズやデザイン、素材を選んで、自分だけのオリジナルフェンスを作成できます。専門知識を持つスタッフからの詳細なアドバイスを受けられるため、特別なニーズに応えることができます。ただし、オーダーメイドはコストが高くなる傾向があり、納期も長くなることがあります。

ラティスフェンスの選び方

ラティスフェンスを選ぶ際には、サイズや形状、素材、デザインなど、多くの要素を考慮する必要があります。これらの要素は、フェンスの機能性、耐久性、外観に大きく影響し、最終的な満足度を左右します。適切な選択をすることで、長期にわたり美しい外観と機能性を保つことができます。

サイズと形状の選定基準

ラティスフェンスを選ぶ際、最も重要なのはサイズと形状です。設置する場所のサイズに合わせて適切なフェンスを選ぶことが重要で、小さすぎると目的を果たせず、大きすぎると圧迫感を与える可能性があります。形状に関しては、使用する場所のスタイルや機能に合わせて選びます。例えば、ガーデニング用途では、植物が這い上がりやすい形状が適しています。

素材による耐久性とメンテナンス

素材選びは、ラティスフェンスの耐久性とメンテナンスの容易さに大きく影響します。木製のフェンスは自然な美しさがありますが、定期的
なメンテナンスが必要です。金属製やプラスチック製のフェンスは耐候性に優れ、メンテナンスが少なくて済むことが多いです。しかし、素材によっては外観や質感が異なるため、設置場所のスタイルや個人の好みに合わせて選ぶことが大切です。

デザインと外観のマッチング

ラティスフェンスのデザインは、設置する場所の外観に大きく影響します。フェンスのスタイルが周囲の環境や建物のデザインと調和することで、全体の美観が向上します。色やパターン、形状など、細部にわたるデザイン要素を考慮し、全体の雰囲気に合うものを選ぶことが重要です。また、将来的な環境の変化や植物の成長を考慮して、時間が経っても美しく見えるデザインを選ぶことも大切です。

ラティスフェンスのおすすめ人気ランキング10選

ラティスフェンス選びにおいて、市場には様々なオプションが存在します。ここでは、デザイン、耐久性、使い勝手など、さまざまな観点から選ばれたおすすめのラティスフェンスを紹介します。これらの選択肢は、ガーデニング愛好家からDIYエンスージアスト、プライバシーを重視するユーザーまで、幅広いニーズに応えるものです。各製品の特徴を比較し、あなたの屋外空間に最適なラティスフェンスを見つけるための参考にしてください。

ランキング1位:タカショー パワーラティス 600×900 PWL-609

ランキング1位でご紹介するのは、タカショーのパワーラティスです。この商品は、ハウスメーカーの基礎剤としても使用されている防虫防腐剤ACQを加圧注入しているため、とても長持ちするのが人気の理由。

この商品を購入した方からは「物干しがオシャレになった!」や「丈夫なので気に入っている!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名タカショー パワーラティス 600×900 PWL-609
価格¥4,510 税込
ブランドタカショー(Takasho)
寸法35 x 600 x 900 mm
材質天然木

ランキング2位:リビングアウト(Living Out) プランターラティスフェンス 木製 ダークブラウン

ランキング2位でご紹介するのは、リビングアウトのプランターラティスフェンスです。この商品は、鉄製のフェンスが付いたプランターラック壁面を緑化することで、立体感のある安らぎ空間を演出できます。プランターを吊るしたり、季節によってはイルミネーションを飾ったりするのがおすすめです。壁面を緑にすることで、立体感のある癒しの空間を演出でき、ご近所の方からも目を引く外観になるでしょう。

商品名リビングアウト(Living Out) プランターラティスフェンス 木製 ダークブラウン
価格¥10,978 税込
ブランドリビングアウト(Living Out)
寸法30 x 71.5 x 148 cm
材質木材

ランキング3位:タカショー エコランドルーバーラティス 600×900

ランキング3位でご紹介するのは、タカショーのエコランドルーバーラティスです。風を通して、目かくしや日よけができる商品です。目隠し効果の高いルーバータイプがスタイリッシュで大人気!

この商品を購入した方からは「重量があり高品質で大変良い商品!」や「無機質なベランダに置くとオシャレ!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名タカショー エコランドルーバーラティス
価格¥4,840 税込
ブランドタカショー(Takasho)
寸法60L x 3.5W x 90H cm
材質木材

ランキング4位:daim 目隠しフェンス ブラウン 幅 90cm 高さ 180cm

ランキング4位でご紹介するのは、daimの目隠しフェンスです。シンプルなデザインで、様々な場面で使用できます。アプローチや玄関回りはもちろん、お庭にもおすすめ。また、コーティングパイプを採用しているため、メンテナンスが簡単なのも嬉しいポイントです。さらに組み立てはとても簡単で、工具不要も不要です。この商品を購入した方からは「組み立てから設置まで簡単に出来た!」や「コスパを考えるとなかなか良い商品!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名daim 目隠しフェンス ブラウン 幅 90cm 高さ 180cm
価格¥11,480 税込
ブランド第一ビニール
寸法180L x 90W cm
材質

ランキング5位:igarden アイウッド人工木製 ルーバーラティス

ランキング5位でご紹介するのは、アイガーデンのルーバーラティスです。ルーバーラティスの羽と羽の間隔が狭いため、水平目線で先が見えず、プライバシーを確保する目隠しに最適!表面に付着したほこりやカビはブラシで水洗いするだけで簡単に落ちるので、メンテナンスが楽です。

この商品を購入した方からは「安定感がすごい!」や「質感が良い!買ってよかった!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名igarden アイウッド人工木製 ルーバーラティス
価格¥11,800 税込
ブランドアイガーデン(igarden)
寸法3.5 x 90 x 175 cm
材質‎アイウッド人工木 樹脂製

ランキング6位:フェンス 屋外 アメリカンフェンス 直径2.3mmドッグラン フェンス 屋外

ランキング6位でご紹介するのは、BENJJのアメリカンフェンスです。この商品は簡単金網フェンスで、高品質の鋼材を使用しており、耐久性に優れています。錆びにくく、摩耗しにくい性能をしているのが人気の理由です。

この商品を購入した方からは「頑丈でしっかりしたドックランが出来た!」や「取り付けがとても簡単!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名フェンス 屋外 アメリカンフェンス 直径2.3mmドッグラン フェンス 屋外
価格¥14,800 税込
ブランドBENJJ
寸法‎120 x 30 x 30 cm
材質ネット

ランキング7位:ALMAX アルマックス オレフェンスプランター

ランキング7位でご紹介するのは、アルマックスのオレフェンスプランターです。アルミ製目隠しフェンスで、折りたたみ可能な形状が大人気!強風や台風が襲来した際に、フェンスを折りたたんでおけば倒れる心配はありません。優れた耐風性能を発揮すると同時に、保管やメンテナンスの面でも便利な設計です。この商品を購入した方からは「賃貸の一軒家に最適!」や「以前より安心する空間になった!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名ALMAX アルマックス オレフェンスプランター
価格¥36,300 税込
ブランドアルマックス
寸法‎87 x 52 x 21 cm
材質アルミニウム

ランキング8位:[山善] リーフラティス 約100×200cm ハードネットタイプ ダブルリーフ 目隠

ランキング8位でご紹介するのは、山善のリーフラティスです。目隠しが出来るフェイクグリーンで、オシャレな雰囲気を演出できる商品です。ハードネットタイプのため、型崩れなく、しっかりと取り付けることが可能。

この商品を購入した方からは「葉っぱがぎっしりなのが良い!」や「庭の目隠しにぴったり!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名[山善] リーフラティス 約100×200cm ハードネットタイプ ダブルリーフ 目隠
価格¥7,077 税込
ブランド山善(YAMAZEN)
寸法‎100×200 cm
材質ポリエステル

ランキング9位:【フェンス・ラティス・垣根・ゲート・柵】 (軽量コンパクト) 焼杉 アコーディオンフェンス

ランキング9位でご紹介するのは、武田コーポレーションのアコーディオンフェンスです。まるでアコーディオンのように伸ばして広げるフェンスで、屋内・屋外で活躍します。組み立てはとても簡単で、約5~10分で完成します。

素材の風合いを生かし、アンティーク調のデザインが大人気!この商品を購入した方からは「小型犬の逃亡防止用に最適!」や「組み立てが簡単で助かった!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名【フェンス・ラティス・垣根・ゲート・柵】 (軽量コンパクト) 焼杉 アコーディオンフェンス
価格¥2,000 税込
ブランド武田コーポレーション
寸法70L x 150W cm
材質シダーウッド

ランキング10位:igarden アイウッド人工木製 格子ラティス1枚 高さ175cm幅90cm厚み3.5cm フェンス 塗装不要

ランキング10位でご紹介するのは、アイガーデンのアイウッド人工木格子ラティスです。まるで天然木のような風合いがあり、温かみを感じられる商品です。素材は腐らないアイウッド人工木で、樹脂製のため塗装不要・メンテナンスが楽なのが人気の理由!また、白アリなどの害虫の心配もありません。

この商品を購入した方からは「木製よりも優れている!」や「おしゃれで気に入っている!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名igarden アイウッド人工木製 格子ラティス1枚 高さ175cm幅90cm厚み3.5cm フェンス 塗装不要
価格¥9,800 税込
ブランドアイガーデン(igarden)
寸法3.5 x 90 x 175 cm
材質アイウッド人工木 樹脂製

ラティスフェンスの使い方

ラティスフェンスは多用途性が高く、正しい設置と使用方法によって、その魅力を最大限に引き出すことができます。基本的な設置方法からガーデニングでの応用、メンテナンスのコツまで、ラティスフェンスを使いこなすための重要なポイントを紹介します。これらの情報を活用することで、ラティスフェンスを長く、効果的に使用することが可能になります。

基本的な設置方法と手順

ラティスフェンスの設置は、計画的に行うことが重要です。まず、設置する場所の寸法を正確に測定し、適切なサイズのフェンスを選びます。地面にフェンスを固定するための支柱を設置する際は、しっかりと地面に固定することが重要です。フェンスの取り付けには、ネジや釘、結束バンドなどが使用されますが、素材に合った固定方法を選ぶ必要があります。設置後は、フェンスがしっかりと固定されているかを確認し、必要に応じて補強を行います。

ラティスフェンスを活用したガーデニングテクニック

ラティスフェンスはガーデニングにおいても非常に役立ちます。つる性の植物やクライミングプランツをフェンスに這わせることで、美しい緑の壁を作ることができます。フェンスを仕切りとして使用し、ガーデンスペースを効果的に区分けすることも可能です。また、フェンスに小さなプランターを取り付けることで、垂直ガーデニングを楽しむこともできます。植物の種類や配置に工夫を凝らすことで、個性的なガーデンを作り出すことができます。

メンテナンスと長持ちさせるコツ

ラティスフェンスのメンテナンスは、その耐久性と美観を保つために重要です。木製フェンスの場合は、定期的な塗装や防腐処理が必要です。金属製やプラスチック製のフェンスは、定期的な清掃で美しさを保つことができます。フェンスの損傷や劣化に気づいた場合は、早めに修理や交換を行うことが重要です。また、強風や雪などの悪天候に対してフェンスがどの程度耐えられるかを確認し、必要に応じて補強を行うことも大切です。定期的な点検と適切なメンテナンスにより、ラティスフェンスを長持ちさせ、常に最良の状態を保つことができます。

【2024年】ラティスフェンスのおすすめランキング10選を紹介!長持ちのコツまでのまとめ

ラティスフェンスはその多様性と機能性で、あらゆる屋外空間に美しさと実用性をもたらします。適切な選択、設置、そしてメンテナンスにより、ラティスフェンスは長期にわたってその価値を発揮し続けます。この記事で紹介した各ポイントを参考に、あなたのニーズに最適なラティスフェンスを選び、その魅力を最大限に活用してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。