おすすめ PR

【2024年】大型プランターのおすすめランキング10選を紹介!適切な選び方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは、庭やベランダを彩る大型プランターの魅力をご存知でしょうか。広いスペースを活用し、植物を美しく展示することができる大型プランターは、ガーデニング愛好家にとって欠かせないアイテムです。しかし、多種多様な選択肢の中から、最適なものを選ぶのは簡単なことではありません。

この記事では、

  • 大型プランターとは?
  • 大型プランターはどんな人におすすめ?
  • 大型プランターはどこで購入することができるの?
  • 大型プランターの選び方
  • 大型プランターのおすすめ人気ランキング10選
  • 大型プランターの使い方
  • 大型プランターおすすめのまとめ

について紹介していきます。

この記事を読めば、大型プランターの選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、購入を検討している方に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ガーデニングをより楽しく、効果的にするために、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 大型プランターとは?
    1. 大型プランターの基本的な特徴
    2. 大型プランターの利用シーンとメリット
    3. 大型プランターの種類と素材
  2. 大型プランターはどんな人におすすめ?
    1. 庭やベランダを活用したい人
    2. 家庭菜園やガーデニングを楽しみたい人
    3. インテリアや外観の演出を考える人
  3. 大型プランターはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの購入方法
    2. ホームセンターやガーデニングショップでの選び方
    3. カスタムオーダー可能な店舗
  4. 大型プランターの選び方
    1. サイズと形状の選定基準
    2. 素材による特性と耐久性
    3. デザインと機能性のバランス
  5. 大型プランターのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 36型
    2. ランキング2位:植木鉢 大型 ファイバークレイプロ ノーマン 長角プランター
    3. ランキング3位:ottostyle.jp 植木鉢 プランター 大型 【40cm×40cm×40cm/ブラック】 軽量で強度のあるグラスファイバー素材
    4. ランキング4位:WOODPRO スクエア プランター 長方形「大」(1.5段) 幅750mm×奥行310mm×高さ295mm
    5. ランキング5位:植木鉢 大型 ファイバークレイプロ ベータ キューブプランター 36
    6. ランキング6位:Floralies プランター 大型 おしゃれ 受け皿付き
    7. ランキング7位:ALMAX アルマックス オレフェンスプランター
    8. ランキング8位:AND PLANTS 植木鉢 10号 大型 マットでおしゃれな質感
    9. ランキング9位:アストロ フェルトプランター 大型 直方体形 ブラック
    10. ランキング10位:セフティー3 菜園ECOプランター 700 緑 土容量 約50L
  6. 大型プランターの使い方
    1. 適切な土の選び方と入れ方
    2. 水やりと肥料の管理
    3. 季節ごとのメンテナンスと対策
  7. 【2024年】大型プランターのおすすめランキング10選を紹介!適切な選び方までのまとめ

大型プランターとは?

大型プランターは、広いスペースを活用して、様々な植物を栽培するためのアイテムです。これらは、小規模なガーデニングから本格的な家庭菜園まで、多様な用途に対応しています。大型プランターの魅力は、そのサイズにより、根張りの良い植物や大きな装飾植物も楽に育てられる点にあります。また、ガーデンスペースの見た目を大きく左右する要素としても重要です。

大型プランターの基本的な特徴

大型プランターは、その名の通り、通常のプランターよりも大きなサイズを持つ容器です。これらは、大きな植物や複数の植物を同時に植えるのに適しています。素材はプラスチック、木材、セメント、金属など多岐にわたり、耐久性やデザインが異なります。大型プランターは、重量があるため、設置場所を事前にしっかりと計画する必要があります。また、排水穴の有無や大きさも、植物の健康に重要な役割を果たします。

大型プランターの利用シーンとメリット

大型プランターは、庭園、ベランダ、屋上庭園、公共スペースなど、さまざまな場所で活用されています。これらは、空間を生かした大規模なガーデニングに最適で、視覚的なインパクトを与えることができます。また、土の量が多いため、水分や栄養が長持ちし、植物が健康に成長しやすい環境を提供します。大型プランターを使用することで、季節ごとの花や野菜を育てる楽しさをより大きく感じることができます。

大型プランターの種類と素材

大型プランターには、様々な種類と素材が存在します。プラスチック製のものは軽量で扱いやすく、価格も手頃です。木製のプランターは自然な見た目が魅力で、ガーデンの雰囲気を和らげる効果があります。セメントや石製のプランターは耐久性に優れ、重厚な印象を与えます。金属製のものはモダンなデザインが特徴で、都市的な空間によく合います。それぞれの素材にはメリットとデメリットがあり、用途や好みに応じて選ぶことが重要です。

大型プランターはどんな人におすすめ?

大型プランターは、広いスペースを有効活用したい人や、ガーデニングに深い関心を持つ人に特におすすめです。これらのプランターは、植物をただ育てるだけでなく、空間の装飾や演出にも一役買います。また、家庭菜園を始めたい人にも適しており、多種多様な野菜やハーブを育てることが可能です。

庭やベランダを活用したい人

庭やベランダを持つ家庭にとって、大型プランターは理想的な選択肢です。これらのプランターを使えば、限られたスペースを最大限に活用し、美しいガーデンを作り出すことができます。特に、都市部のベランダでは、大型プランターを使用することで、小さな緑のオアシスを作り出すことが可能です。

家庭菜園やガーデニングを楽しみたい人

家庭菜園やガーデニングに情熱を注ぐ人にとって、大型プランターは欠かせないアイテムです。これらのプランターを使用することで、野菜や花、ハーブなど、様々な植物を育てることができます。また、季節ごとに異なる植物を植え替えることで、年間を通じてガーデニングの楽しみを持続させることができます。

インテリアや外観の演出を考える人

大型プランターは、インテリアや外観の演出にも大きな役割を果たします。これらのプランターを上手く配置することで、家の外観を引き立てたり、屋内の空間に自然の要素を取り入れたりすることができます。特に、デザイン性の高いプランターは、そのままで美しいアートピースとして機能し、空間に洗練された雰囲気をもたらします。

大型プランターはどこで購入することができるの?

大型プランターの購入先は多岐にわたり、利用者のニーズや好みに応じて選ぶことができます。オンラインショップでは幅広い選択肢と便利な配送オプションが魅力です。一方、ホームセンターやガーデニングショップでは実物を見て選べる利点があります。また、カスタムオーダーを受け付ける店舗では、個性的で特別なデザインのプランターを手に入れることが可能です。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでの購入は、忙しい現代人にとって非常に便利です。インターネット上で、さまざまなサイズ、形状、素材のプランターを比較検討できます。商品の詳細情報やレビューを参考にすることで、自宅にいながら最適な選択が可能です。また、多くのオンラインショップでは、大型商品でも配送サービスを提供しており、重いプランターを自宅まで運んでもらえるのが大きなメリットです。

ホームセンターやガーデニングショップでの選び方

ホームセンターやガーデニングショップでの購入は、実際に商品を見て触れることができる最大の利点です。店舗に足を運ぶことで、プランターの質感や色合いを直接確認できます。また、専門のスタッフに相談することで、自分のガーデニングスタイルや設置場所に合ったアドバイスを受けることが可能です。店頭では、実際に植物を植えた展示品を見ることもでき、イメージを膨らませやすいです。

カスタムオーダー可能な店舗

カスタムオーダーを受け付ける店舗では、自分だけのオリジナルプランターを作成することができます。サイズ、形状、色、素材など、細部にわたって自由に選択できるため、完全にパーソナライズされたプランターを手に入れることが可能です。これらの店舗では、専門の職人が一つ一つ手作業で製作するため、独特の質感やデザインを楽しむことができます。ただし、カスタムオーダーは時間とコストがかかることを考慮する必要があります。

大型プランターの選び方

大型プランターを選ぶ際には、サイズや形状、素材、デザインなど、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。これらの要素は、プランターの機能性や見た目、耐久性に大きく影響します。適切なプランターを選ぶことで、ガーデニングがより楽しく、効果的になります。

サイズと形状の選定基準

プランターのサイズと形状を選ぶ際には、設置場所のスペースと植えたい植物の種類を考慮することが重要です。大きな植物や複数の植物を植える場合は、それに応じた大きさが必要です。また、プランターの形状は、設置場所の形状やデザインと調和することが望ましいです。例えば、角のあるスペースには四角いプランターが適しています。

素材による特性と耐久性

プランターの素材は、その耐久性やメンテナンスのしやすさに大きく影響します。プラスチック製は軽くて扱いやすいですが、日光による劣化が早い場合があります。木製は自然な美しさがありますが、定期的なメンテナンスが必要です。セメントや石製は重く、設置場所を選びますが、耐久性に優れています。金属製はモダンな印象を与えますが、錆びることを考慮する必要があります。

デザインと機能性のバランス

プランター選びでは、デザインと機能性のバランスを考慮することが大切です。美しいデザインのプランターは、ガーデンの見た目を向上させますが、植物の成長に必要な機能も重要です。例えば、適切な排水システムや、根の成長に十分なスペースがあるかどうかを確認することが必要です。また、移動が必要な場合は、軽量で持ち運びやすい素材を選ぶことも考慮に入れるべきです。

大型プランターのおすすめ人気ランキング10選

ガーデニング愛好家や家庭菜園を楽しむ方々にとって、適切な大型プランターの選択は非常に重要です。市場には多種多様な大型プランターが存在し、それぞれにユニークな特徴や利点があります。ここでは、デザイン、機能性、耐久性、ユーザーレビューなどを基準に、特におすすめの大型プランターをピックアップしました。これらのプランターは、さまざまなニーズや好みに応じて選ばれており、あなたのガーデニングライフをより豊かにすること間違いなしです。それでは、おすすめの大型プランターをご紹介しましょう。

ランキング1位:大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 36型

ランキング1位でご紹介するのは、大和プラスチックのフレグラーポット36型です。素焼きのような質感と滑らかなウェーブが特徴的。飽きの来ないデザイン性が人気の理由です。また、通気性に優れており、強度も抜群!

この商品を購入した方からは「丈夫でコスパも良い!」や「色が綺麗でオシャレなのが良い!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 36型
価格¥1,020 税込
ブランド‎大和プラスチック
寸法36.29 x 36 x 35.7 cm
材質ポリプロピレン (PP)

ランキング2位:植木鉢 大型 ファイバークレイプロ ノーマン 長角プランター

ランキング2位でご紹介するのは、BARGEの長角プランターです。重厚感のある外見ですが、実際は軽量で扱いやすいのが人気の理由。陶器にはないシャープさがありながら、スタイリッシュであたたかみのあるニュアンスが特徴です。ベーシックなデザインがオシャレで使いやすく、レストラン・カフェ・ショップ・商業施設のテラスに最適です。また、どんな植物にも相性が良いのも嬉しいポイント!

商品名植木鉢 大型 ファイバークレイプロ ノーマン 長角プランター
価格¥9,500 税込
ブランドBARGE / バージ
寸法幅 80cm / 奥行 31cm / 高さ 31cm
材質ファイバークレイ(グラスファイバー強化マグネシアセメント)

ランキング3位:ottostyle.jp 植木鉢 プランター 大型 【40cm×40cm×40cm/ブラック】 軽量で強度のあるグラスファイバー素材

ランキング3位でご紹介するのは、コンポジットの大型プランターです。シンプルでモダンなデザインの四角形のプランターで、鉢カバーや、土を入れて植木鉢としても使用できます。軽量で強度のある頑丈なグラスファイバーを使用しているため、女性でも楽々移動させられます。

この商品を購入した方からは「70代の女性でも動かすことが出来る程度の重さ」や「落ち着いた白色で、しっくり部屋に馴染みそう」など、絶賛の声が絶えません。

商品名ottostyle.jp 植木鉢 プランター 大型 【40cm×40cm×40cm/ブラック】 軽量で強度のあるグラスファイバー素材
価格¥7,900
ブランドコンポジット
寸法40x40x40cm
材質マグネシアセメント・FRP(グラスファイバー)

ランキング4位:WOODPRO スクエア プランター 長方形「大」(1.5段) 幅750mm×奥行310mm×高さ295mm

ランキング4位でご紹介するのは、‎WOODPROのスクエアプランターです。自然素材の木材で作られているため、温かみがあり、優しい触り心地が人気の理由。また、しっかりとした作りで、長期間お使いいただけます。

この商品を購入した方からは「見た目も良く水はけも良い!」や「そのまま鉢を並べるよりすっきり見える!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名WOODPRO スクエア プランター 長方形「大」(1.5段) 幅750mm×奥行310mm×高さ295mm
価格¥6,193
ブランド‎WOODPRO(ウッドプロ)
寸法高さ29.5cm
材質木材

ランキング5位:植木鉢 大型 ファイバークレイプロ ベータ キューブプランター 36

ランキング5位でご紹介するのは、BARGEのキューブプランター36です。陶器にはないシャープさがありながら、スタイリッシュであたたかみのあるニュアンスが特徴です。見た目はずっしりとした雰囲気ですが、軽量で扱いやすいのが嬉しいポイント。

使いやすいベーシックなデザインのため、ご自宅はもちろん、レストラン・カフェ・ショップ・商業施設などのテラスやエントランスにもおすすめです。

商品名植木鉢 大型 ファイバークレイプロ ベータ キューブプランター 36
価格¥10,000 税込
ブランドBARGE / バージ
寸法幅 36cm / 奥行 36cm / 高さ 36cm / 口内寸30.5cm
材質ファイバークレイ(グラスファイバー強化マグネシアセメント)

ランキング6位:Floralies プランター 大型 おしゃれ 受け皿付き

ランキング6位でご紹介するのは、Floraliesの受け皿付き大型プランターです。石肌のような見た目からは想像できない程の軽さで、女性でも楽に持ち運べます。また、受け皿がセットになっているのも嬉しいポイントです。

お庭だけでなく玄関にも合わせたインテリアのアクセントにもおすすめ!この商品を購入した方からは「バルコニーがとっても映えて素敵!」や「色合いが良く、高級感がある!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名Floralies プランター 大型 おしゃれ 受け皿付き
価格¥6,980
ブランドFloralies
寸法55 x 31.5 x 23 cm
材質プラスチック

ランキング7位:ALMAX アルマックス オレフェンスプランター

ランキング7位でご紹介するのは、アルマックスのオレフェンスプランターです。この商品は、プランターとしてだけでなく、目隠しフェンスとしても大活躍する優れもの!また目隠しフェンスは、折りたためる形状をしています。そのため、強風や台風が襲来した場合には折りたたんでおけるのが嬉しいポイントです。

この商品を購入した方からは「組み立ても簡単だった!」や「目隠しにぴったり!」など、絶賛の声が絶えません。

商品名ALMAX アルマックス オレフェンスプランター
価格¥36,300 税込
ブランドアルマックス(Almax)
寸法87 x 52 x 21 cm
材質アルミニウム

ランキング8位:AND PLANTS 植木鉢 10号 大型 マットでおしゃれな質感

ランキング8位でご紹介するのは、AND PLANTSの植木鉢です。ミニマルなデザインと、マットな質感が特徴的です。トレンドに左右されず世代を超えて愛されるフォルムと質感が人気の理由。

一回り小さな鉢を中に入れることで、鉢カバーとしても使用できます。耐久性に優れているため、水や紫外線、霜などにも強く、屋内・屋外問わず使用可能です。

商品名AND PLANTS 植木鉢 10号 大型 マットでおしゃれな質感
価格¥7,260
ブランドAND PLANTS
寸法31.9 x 31.1 x 29.7 cm
材質木材

ランキング9位:アストロ フェルトプランター 大型 直方体形 ブラック

ランキング9位でご紹介するのは、アストロのフェルトプランターです。この商品はフェルトで出来ているため、他の商品とは違い、個性的で目を引くアイテムです。通気性と保湿性に優れているため、植物が元気に育ちます。

底穴が開いていないため、土が流出せず床が汚れにくく、ベランダなどでも使いやすいです。軽量で持ち手付きのため、移動も楽々できるのが嬉しいポイント!

商品名アストロ フェルトプランター 大型 直方体形 ブラック
価格¥1,080 税込
ブランドアストロ
寸法‎50 x 30 x 25 cm
材質フェルト(ポリエステル)

ランキング10位:セフティー3 菜園ECOプランター 700 緑 土容量 約50L

ランキング10位でご紹介するのは、セフティー3の菜園ECOプランターです。プランター側面に穴があるため、支柱を簡単に固定できます。通気性・排水性に優れたスノコ付きなのも嬉しいポイントです。この商品を購入した方からは「形状と色合いがとても良い!」や「価格のプランターより丈夫!」など、絶賛の声が絶えません。

しかし、口コミの中には「思ったより大きかった…」という声も。そのため購入前に、必ずサイズを確認しておくことが大切です。

商品名セフティー3 菜園ECOプランター 700 緑 土容量 約50L
価格¥880 税込
ブランドセフティー3(Safety-3)
寸法71 x 39 x 26.5 cm
材質プラスチック

大型プランターの使い方

大型プランターを使用する際には、適切な土の選び方、水やり、肥料の管理、季節ごとのメンテナンスが重要です。これらの要素を適切に管理することで、植物は健康的に成長し、プランターは長持ちします。大型プランターは、そのサイズのため、一般的なプランターよりも少し異なるアプローチが必要になることがあります。以下では、大型プランターの効果的な使い方について詳しく解説します。

適切な土の選び方と入れ方

大型プランターに適した土の選び方は、植える植物の種類に大きく依存します。一般的には、排水性と保水性のバランスが取れた土が推奨されます。土を入れる際には、プランターの底に適量の排水材を敷くことが重要です。これにより、過剰な水分が根腐れを引き起こすのを防ぎます。土の量は、プランターの上部から数センチメートルの空間を残す程度にすると、水やりや肥料の施用がしやすくなります。また、土を均等に分布させることで、根が健全に成長するのを助けます。

水やりと肥料の管理

大型プランターの水やりは、植物の種類と気候条件によって異なります。一般的には、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるのが良い方法です。水やりの頻度は、気温や湿度、風の条件によって調整する必要があります。肥料に関しては、植物の成長段階や種類に応じて適切なタイプと量を選ぶことが重要です。定期的な肥料の施用は、植物が健康に成長するために不可欠です。過剰な肥料の使用は根を傷める原因になるため、推奨される量を守ることが大切です。

季節ごとのメンテナンスと対策

大型プランターのメンテナンスは季節ごとに異なります。春には、新しい成長期に備えて土の入れ替えや肥料の追加を行います。夏は、高温と強い日差しに対する水やりの頻度の増加や日陰の提供が必要になることがあります。秋には、枯れた葉の除去や冬に向けた肥料の調整を行います。冬は、霜や凍結から植物を守るための対策が必要です。また、プランター自体のクリーニングや修理も、季節の変わり目に行うと良いでしょう。これらのメンテナンスを適切に行うことで、植物は一年中健康に保たれます。

【2024年】大型プランターのおすすめランキング10選を紹介!適切な選び方までのまとめ

大型プランターは、そのサイズと多様性により、ガーデニングの可能性を大きく広げます。適切なプランターの選び方から、土の選定、水やり、肥料の管理、季節ごとのメンテナンスに至るまで、各ステップには特別な注意が必要です。これらのポイントを押さえることで、大型プランターを最大限に活用し、美しいガーデンを作り出すことができます。大型プランターを通じて、ガーデニングの楽しさと満足感を深めましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。