おすすめ PR

【2024年】フラワーポットのおすすめランキング10選を紹介!基本の植え方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは、フラワーポットの魅力を存分に活用していますか?植物を美しく飾るだけでなく、生活空間に彩りを加えるフラワーポットは、ガーデニング愛好家やインテリアにこだわりを持つ方にとって欠かせないアイテムです。しかし、多種多様なフラワーポットの中から、自分にとって最適なものを選ぶのは意外と難しいものです。

この記事では、

  • フラワーポットとは?
  • フラワーポットはどんな人におすすめ?
  • フラワーポットはどこで購入することができるの?
  • フラワーポットの選び方
  • フラワーポットのおすすめ人気ランキング10選
  • フラワーポットの使い方
  • フラワーポットおすすめのまとめ

について紹介していきます。

この記事を読めば、フラワーポットの基本から選び方、購入場所、おすすめの商品、そして使い方まで、フラワーポットを選ぶ際に必要な情報を全て詳しく知ることができます。ガーデニングを始めたい方、インテリアを一新したい方、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. フラワーポットとは?
    1. フラワーポットの基本的な定義
    2. フラワーポットの歴史と進化
    3. フラワーポットの種類と特徴
  2. フラワーポットはどんな人におすすめ?
    1. 初心者ガーデナーへのおすすめ
    2. インテリア愛好家への適用
    3. 小スペースでの園芸に最適な人
  3. フラワーポットはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショップでの購入方法
    2. 園芸店やホームセンターでの選び方
    3. 手作りフラワーポットの購入先
  4. フラワーポットの選び方
    1. サイズと形状の選び方
    2. 素材による違いと選択肢
    3. デザインと機能性のバランス
  5. フラワーポットのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター トライアングル ホワイト 3号
    2. ランキング2位:プランター 植木鉢 壁掛け フラワーポット10個(底に穴があります)
    3. ランキング3位:ベストコ フラワーリングポット 鉢 プランター 4号
    4. ランキング4位:植木鉢 鉢カバー モザイクガラス 3号 9cm マルチカラー
    5. ランキング5位:東京堂 プラベロングポット2L Φ19×H32.5 cm
    6. ランキング6位:OFFIDIX 水耕栽培 ガラス花瓶 おしゃれ 卓上花器
    7. ランキング7位:大和プラスチック クエンチローポット(鉢皿付) 5号
    8. ランキング8位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 オリンポス ポット
    9. ランキング9位:アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットD S オレンジ
    10. ランキング10位:アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットC S ブラウン
  6. フラワーポットの使い方
    1. 基本的な植え方と土の選び方
    2. フラワーポットの配置と管理
    3. 季節ごとのケア方法
  7. 【2024年】フラワーポットのおすすめランキング10選を紹介!基本の植え方までのまとめ

フラワーポットとは?

フラワーポットは、植物を育てるための容器であり、ガーデニングやインテリアデザインにおいて重要な役割を果たしています。素材、サイズ、形状が多様で、植物の種類や成長条件、設置場所に応じて選ばれます。フラワーポットは、機能性だけでなく、美的要素も兼ね備えており、屋内外の空間を彩るアイテムとしても人気があります。

フラワーポットの基本的な定義

フラワーポットは、植物を植えるための容器です。通常、土や植物栽培用の土壌を入れ、植物の根が健康的に成長できるように設計されています。フラワーポットは、室内外の装飾にも使われ、様々な素材、サイズ、形状があります。植物の成長をサポートするだけでなく、美観を高める役割も担っています。フラワーポットの選択は、植える植物の種類や成長条件、設置場所によって異なります。

フラワーポットの歴史と進化

フラワーポットの歴史は古く、古代文明時代から存在しています。当初は単純な形状の土製品が主流でしたが、時間とともにデザインや素材が進化しました。現代では、プラスチック、セラミック、金属、コンクリートなど、多様な素材で作られています。また、自動水やりシステムやスマート機能を備えた高機能なフラワーポットも登場しています。これらの進化は、植物の健康を保ちながら、使用者の利便性を高めることを目指しています。

フラワーポットの種類と特徴

フラワーポットにはさまざまな種類があり、それぞれ特有の特徴を持っています。素材によっては、通気性や保水性に違いがあり、植物の種類によって適したフラワーポットを選ぶ必要があります。例えば、テラコッタ製のポットは通気性が良く、多肉植物やサボテンに適しています。一方で、プラスチック製のポットは軽量で扱いやすく、様々な色や形状があります。また、自己吸水システムを備えたポットは、忙しい人や初心者に適しています。

フラワーポットはどんな人におすすめ?

フラワーポットは、ガーデニング初心者から経験豊富な愛好家まで、幅広い層におすすめできるアイテムです。インテリアとしての役割も果たすため、家の装飾を考える人にも適しています。また、限られたスペースでの園芸活動にも最適で、バルコニーや室内での使用にも適しています。

初心者ガーデナーへのおすすめ

フラワーポットは、ガーデニング初心者に特におすすめです。手軽に始められる点が魅力で、大きな庭がなくても、バルコニーや室内で気軽に植物を育てることができます。初心者向けのフラワーポットは、使いやすさと機能性を兼ね備えており、植物の管理を簡単にします。また、植物の成長を通じて、ガーデニングの基本を学ぶことができます。

インテリア愛好家への適用

インテリア愛好家にとって、フラワーポットは部屋の雰囲気を変える素晴らしいアイテムです。様々なデザインや色があり、部屋の装飾に合わせて選ぶことができます。植物を取り入れることで、空間に生命感と温もりを加えることができます。また、季節ごとに異なる植物を選ぶことで、部屋の雰囲気を年間を通して変化させることができます。

小スペースでの園芸に最適な人

小スペースでの園芸にはフラワーポットが最適です。特に都市部のアパートやマンションに住む人々にとって、フラワーポットは限られたスペースを最大限に活用する方法を提供します。バルコニーや窓辺、室内の棚など、さまざまな場所で植物を育てることができます。フラワーポットを使えば、小さなスペースでも緑豊かなガーデンを作ることが可能です。

フラワーポットはどこで購入することができるの?

フラワーポットの購入先は多岐にわたります。オンラインショップ、園芸店、ホームセンター、さらには手作りフラワーポットを扱う専門店など、選択肢は豊富です。それぞれの購入先には特徴があり、購入するフラワーポットの種類や目的に応じて最適な場所を選ぶことが重要です。オンラインでの購入は便利さが魅力で、店舗では実物を見て選ぶことができます。

オンラインショップでの購入方法

オンラインショップでフラワーポットを購入する際は、幅広い選択肢と便利さが魅力です。商品の詳細情報やレビューを確認でき、比較検討が容易です。また、稀少なデザインや特殊な素材のフラワーポットも見つけやすいです。配送オプションを利用すれば、重い商品も自宅まで届けてもらえます。ただし、実物を見ることができないため、サイズや色に注意して選ぶ必要があります。

園芸店やホームセンターでの選び方

園芸店やホームセンターでのフラワーポット購入は、実物を直接見て選べる利点があります。店舗では、サイズや素材感を確認しやすく、即時購入が可能です。また、専門スタッフからのアドバイスを受けることもでき、特に初心者には有益です。店舗によっては、限定商品や地元の職人が作ったユニークなフラワーポットも見つかることがあります。ただし、オンラインショップに比べると品揃えが限られる場合があります。

手作りフラワーポットの購入先

手作りフラワーポットは、個性とオリジナリティを求める人におすすめです。これらは職人によって一つ一つ丁寧に作られ、独特の魅力を持っています。手作りフラワーポットは、工房直売所、クラフトフェア、オンラインのハンドメイドマーケットプレイスで購入できます。それぞれのポットは、独自のデザインや素材を使用しており、他にはない特別な一品を見つけることができます。ただし、手作り品は量産品に比べて価格が高めに設定されていることが多いです。

フラワーポットの選び方

フラワーポットを選ぶ際には、サイズ、形状、素材、デザイン、機能性を考慮することが重要です。これらの要素は、植物の健康、使用場所、個人の好みに大きく影響します。適切なフラワーポットを選ぶことで、植物はより良い成長を遂げ、空間の美観も高まります。

サイズと形状の選び方

フラワーポットのサイズと形状は、植える植物の種類と成長に合わせて選ぶ必要があります。根の張り方や成長速度に応じて適切なサイズを選ぶことが肝心です。また、設置場所のスペースに合わせて形状を選ぶことも大切です。例えば、窓辺に置く場合は、スリムで深めのポットが適しています。植物の健康と美観を考慮して、最適なサイズと形状を選びましょう。

素材による違いと選択肢

フラワーポットの素材は、見た目だけでなく、機能性にも影響を与えます。テラコッタや陶器は通気性が良く、自然な見た目が魅力ですが、重量があります。プラスチック製は軽くて扱いやすいですが、長期間の耐久性には劣ることがあります。金属製やコンクリート製はモダンな印象を与え、耐久性に優れていますが、重いです。素材選びは、植物の種類、設置場所、個人の好みに応じて行いましょう。

デザインと機能性のバランス

フラワーポットを選ぶ際は、デザインと機能性のバランスを考慮することが大切です。デザインは空間の装飾としての役割を果たし、機能性は植物の健康と成長をサポートします。例えば、自己吸水システムが付いたポットは、水やりの手間を省きますが、デザインが限られることもあります。逆に、デザイン性が高いポットは見た目は良いですが、機能性が犠牲になることもあります。使用目的と設置場所を考慮して、最適なフラワーポットを選びましょう。

フラワーポットのおすすめ人気ランキング10選

フラワーポット選びは、植物の健康や空間の美観に大きく影響します。市場には多種多様なフラワーポットがあり、それぞれに特徴や利点があります。ここでは、ガーデニング愛好家やインテリアに敏感な方々から高い評価を受けている、おすすめのフラワーポットをピックアップしました。このランキングは、デザイン、機能性、耐久性、ユーザーレビューなど、さまざまな要素を考慮して選出しています。あなたのニーズや好みに合ったフラワーポットを見つけるための参考としてご活用ください。

ランキング1位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター トライアングル ホワイト 3号

モダンでセンスの高い見た目が人気の「SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター トライアングル ホワイト 3号」は、セメント製のしっかりとした材質をもつ鉢皿付きの商品です。鉢底には排水穴がついていて、セメント製なので通気性も期待できます。そのまま土を入れて使っても良いですし、黒いポットに入った植物を入れて鉢カバーにするのおしゃれでもおすすめですよ。

商品名SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 レリーフプランター トライアングル ホワイト 3号
価格888円
ブランドスパイス(Spice)
寸法12.5×12cm
材質セメント・コンクリート製

ランキング2位:プランター 植木鉢 壁掛け フラワーポット10個(底に穴があります)

底に穴があるので直接、土を入れても使うことのできる「プランター 植木鉢 壁掛け フラワーポット10個(底に穴があります)」は、カラフルで可愛らしいコンパクトタイプのフラワーポットです。様々なカラーが10個セットになっていますので、たくさんの植物を入れて楽しむことができます。取り外し可能な取っ手のような部分に工夫がなされているので、フェンスやポールにかけて飾ることができるのも魅力のひとつでしょう。

商品名プランター 植木鉢 壁掛け フラワーポット10個(底に穴があります)
価格1,898円
ブランドN\\A
寸法8 x 8 x 10cm
材質

ランキング3位:ベストコ フラワーリングポット 鉢 プランター 4号

コスパの良さが魅力の「ベストコ フラワーリングポット 鉢 プランター 4号」は、シンプルなプラスチック製の白いプランター鉢です。主張しすぎないナチュラルなカラーが、植物の緑色や花の色どりをさらに魅力的なものにしてくれるでしょう。プラスチック製なので軽く扱いやすいのもおすすめの理由です。4号鉢なので、小さめの植物をいくつか寄せ植えしてもおしゃれですね。

商品名ベストコ フラワーリングポット 鉢 プランター 4号
価格282円
ブランドベストコ(Bestco)
寸法幅12.6×奥行12.6×高さ8.6cm
材質プラスチック

ランキング4位:植木鉢 鉢カバー モザイクガラス 3号 9cm マルチカラー

敷き詰められたタイルのような模様が最大の魅力である「植木鉢 鉢カバー モザイクガラス 3号 9cm マルチカラー」は、レトロな雰囲気をたっぷりと感じさせてくれる商品です。ガラス製なので、日当たりの良い場所に飾ると光を反射してインテリアとしても存在感を発揮してくれるメリットがあります。ハンドメイド商品なので同じものは一つとしてないような魅力も選ばれるポイントと言えるでしょう。

商品名植木鉢 鉢カバー モザイクガラス 3号 9cm マルチカラー
価格1,078円
ブランドAmplimle
寸法本体:φ90×H80(mm)/ 受け皿:φ105×H10(mm)
材質ガラス・石膏

ランキング5位:東京堂 プラベロングポット2L Φ19×H32.5 cm

男性にもおすすめしたいスタイリッシュな見た目の「東京堂 プラベロングポット2L Φ19×H32.5 cm」は、黒いカラーがモダンな商品です。プラスチック製なので重さがなく、扱いやすいので様々な植物のフラワーポットとして用いることができます。こちらの商品には鉢底穴が開いていないので、サボテンや多肉植物などの乾燥に強い植物を植えるか花瓶やフラワーベースとして用いるのがおすすめです。

商品名東京堂 プラベロングポット2L Φ19×H32.5 cm
価格1,110円
ブランド東京堂(Tokyodo)
寸法19L x 19W x 32.5H cm
材質プラスチック

ランキング6位:OFFIDIX 水耕栽培 ガラス花瓶 おしゃれ 卓上花器

花瓶や花器、フラワーベースとしても使うことのできる「OFFIDIX 水耕栽培 ガラス花瓶 おしゃれ 卓上花器」は、ガラスのフラスコのようなセンスの良い見た目が魅力の商品です。三連になっている花瓶部分には色々な花を入れて飾ったり、水耕栽培として観葉植物の発根を待つために使ったりと購入者の工夫によってアレンジの幅が広がるのもこの商品のメリットのひとつでしょう。周りのインテリアとマッチする木の枠も素敵ですよ。

商品名OFFIDIX 水耕栽培 ガラス花瓶 おしゃれ 卓上花器
価格1,799円
ブランドOFFIDIX
寸法24.6L x 6.7W x 16.2H cm
材質ガラス・木材

ランキング7位:大和プラスチック クエンチローポット(鉢皿付) 5号

明るいグリーンカラーが女性やお子様にもおすすめの「大和プラスチック クエンチローポット(鉢皿付) 5号」は、鉢皿付きのコスパの良い商品です。ポリプロピレン素材なので、見た目よりも軽く同じメーカーから様々な色が発売されていますので気に入ったものを選ぶ楽しさもあります。植物をスタイリッシュに引き立ててくれるフラワーポットで、鉢底穴がありますので直接、土を入れて植物を植え付けることもできますよ。

商品名大和プラスチック クエンチローポット(鉢皿付) 5号
価格851円
ブランド大和プラスチック
寸法11.5 x 11.5 x 12 cm; 120 g
材質ポリプロピレン

ランキング8位:SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 オリンポス ポット

縄文土器のような見た目が目を惹きつける「SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 オリンポス ポット」は、テラコッタ製の底穴がついた植物を植えるのにぴったりの商品です。受け皿がついていますので、屋内で使用できるのはもちろん、テラコッタ製で対候性も高いので屋外でも飾ることができます。ナチュラルな雰囲気のフラワーポットなので、観葉植物や色鮮やかな草花におすすめです。

商品名SPICE OF LIFE(スパイス) 植木鉢 オリンポス ポット
価格2,980円
ブランドスパイス(Spice)
寸法直径21cm 高さ14cm
材質テラコッタ製

ランキング9位:アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットD S オレンジ

インテリアの一部として存在感があふれるおしゃれな見た目が魅力の「アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットD S オレンジ」は、コスパの良さとかわいらしさが人気の商品です。カフェにいるような気持にさせてくれるこちらのフラワーポットは、いくつかの種類が発売されていますのでお部屋の雰囲気に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。サボテンや多肉植物、観葉植物などの小さい苗を植えるのがおすすめです。

商品名アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットD S オレンジ
価格550円
ブランドアビテ(Habiter)
寸法H10.5×W9×D9cm
材質セメント

ランキング10位:アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットC S ブラウン

ランキング9位と同じくおしゃれなコーヒーカップ型のフラワーポットである「アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットC S ブラウン」は、キッチンやリビングなどに飾るのにぴったりな商品です。小さいサイズながらもコスパが良いので、多肉植物やサボテン、観葉植物などを植えるのに適してます。セメント製なので、ある程度の重さがあり倒れにくいメリットもおすすめの点です。

商品名アビテ 植木鉢 アンポルテ フラワーポットC S ブラウン
価格500円
ブランドアビテ(Habiter)
寸法10.5×9×9cm
材質セメント製

フラワーポットの使い方

フラワーポットを使う際には、植え方、土の選び方、適切な配置と管理、季節ごとのケアが重要です。これらを理解し適切に行うことで、植物は健康的に成長し、フラワーポットはその美しさを長く保つことができます。フラワーポットの使い方をマスターすることは、ガーデニングの楽しさをより深く感じることにつながります。

基本的な植え方と土の選び方

フラワーポットで植物を植える際には、適切な土の選び方が重要です。植物の種類によって適した土の種類が異なります。例えば、多肉植物には排水性の良い土が適しています。土を選ぶ際は、植物の成長に必要な栄養素が含まれているかも確認しましょう。植える前に、フラワーポットの底に石や鉢底石を敷くことで、水はけを良くすることができます。土を入れる際は、根を傷つけないように注意しながら、植物を慎重にセットします。最後に、土をしっかりと押さえて空気を抜き、水やりを行います。

フラワーポットの配置と管理

フラワーポットの配置は、植物の健康に大きく影響します。植物によって日光の必要量が異なるため、適切な場所に置くことが重要です。例えば、日光を好む植物は、明るい場所に置く必要があります。また、風通しの良い場所を選ぶことも大切ですが、強風が直接当たる場所は避けましょう。フラワーポットの管理には、定期的な水やりと肥料の追加が含まれます。水やりは、土の乾燥具合を確認しながら行い、過剰な水やりは根腐れの原因になるため注意が必要です。

季節ごとのケア方法

フラワーポットの植物は、季節ごとに異なるケアが必要です。春は成長の季節で、肥料を追加し、必要に応じて植え替えを行います。夏は高温多湿に注意し、水やりをこまめに行い、日焼けを防ぐための対策が必要です。秋は、成長が落ち着く時期で、水やりを控えめにし、冬に備えて植物を室内に移動させることもあります。冬は、寒さから植物を守り、室内での管理が重要になります。季節ごとの適切なケアにより、植物は一年中健康に育ちます。

【2024年】フラワーポットのおすすめランキング10選を紹介!基本の植え方までのまとめ

フラワーポットは、ガーデニングやインテリアにおいて重要な役割を果たします。適切なフラワーポットの選び方、使い方を理解することで、植物の健康を保ち、空間を美しく演出することができます。この記事では、フラワーポットの基本から選び方、おすすめの商品までを紹介しました。これらの情報を参考に、あなたにとって最適なフラワーポットを見つけ、ガーデニングの楽しさを存分に味わってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。