おすすめ PR

【2024年】プラスチック鉢のおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは、プラスチック鉢の魅力をご存知でしょうか。園芸を始める際、または既存のガーデニングを拡張する際に適切な鉢を選ぶことは非常に重要です。便利でスタイリッシュなプラスチック鉢ですが、選択に失敗すると植物の健康に影響を与えかねません。

この記事では、

  • プラスチック鉢とは?
  • プラスチック鉢はどんな人におすすめ?
  • プラスチック鉢はどこで購入することができるの?
  • プラスチック鉢の選び方
  • プラスチック鉢のおすすめ人気ランキング10選
  • プラスチック鉢の使い方
  • プラスチック鉢おすすめのまとめ

について紹介していきます。この記事を読めば、プラスチック鉢の選び方から購入場所、おすすめの商品から使い方まで、プラスチック鉢に関する必要な情報を全て詳しく知ることができます。ガーデニングをより楽しく、効果的にするために、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. プラスチック鉢とは?
    1. プラスチック鉢の基本的な特徴
    2. プラスチック鉢の利点と欠点
    3. プラスチック鉢の種類と材質
  2. プラスチック鉢はどんな人におすすめ?
    1. 初心者のガーデナー向け
    2. 屋内で園芸を楽しむ人へ
    3. コストパフォーマンスを重視する方へ
  3. プラスチック鉢はどこで購入することができるの?
    1. ホームセンターでの購入
    2. オンラインショッピングサイトの利用
    3. 専門園芸店での購入方法
  4. プラスチック鉢の選び方
    1. サイズと形状の選び方
    2. 排水性と通気性の重要性
    3. デザインと色の選び方
  5. プラスチック鉢のおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット 30型 ホワイト
    2. ランキング2位:大和プラスチック 鉢 グロウコンテナ G 30型 グリーン
    3. ランキング3位:大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 18型
    4. ランキング4位:大和プラスチック 根はり鉢 5号 1L ダークグリーン
    5. ランキング5位:T4U 植木鉢 プラスチック プランター 4点セット 受け皿付き
    6. ランキング6位:T4U 植木鉢 プラスチック 直径17CM 6個セット
    7. ランキング7位:T4U 10CM 給水プランター プラスチック 植木鉢 現代風 観葉植物鉢 ハーブ鉢 花鉢 ホワイト 6点セット
    8. ランキング8位:T4U 植木鉢 6号 スリット鉢 プラスチック鉢
    9. ランキング9位:日本ポリ鉢販売(Japan Porihachi Hanbai) アップルウェアー 日本ポリ鉢 プレステラ105 10個組
    10. ランキング10位:大和プラスチック 鉢・ポット プラ鉢 4号 φ130×H116 ホワイト
  6. プラスチック鉢の使い方
    1. 適切な土の選び方と用土の準備
    2. 水やりのコツと管理方法
    3. プラスチック鉢を使った植物の配置アイデア
  7. 【2024年】プラスチック鉢のおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方までのまとめ

プラスチック鉢とは?

プラスチック鉢は、園芸愛好家の間で広く使用される、プラスチック製の植木鉢です。これらの鉢は、その耐久性、軽量性、そして多様性により人気があります。プラスチック製であるため、天然素材の鉢に比べて軽く、扱いやすく、さまざまな気候条件に適応します。また、コスト効率も高く、初心者から経験豊富なガーデナーまで幅広く利用されています。

プラスチック鉢の基本的な特徴

プラスチック鉢は、その軽量性と堅牢性で知られています。多くの色やデザインがあり、どんな屋内外の環境にもマッチします。耐水性と耐候性を兼ね備えているため、長期間にわたって植物を健康に保つことができます。また、プラスチックは熱や寒さに強く、季節を問わず使用可能です。これらの鉢は、軽量であるため持ち運びや配置の変更が容易で、様々なガーデニングスタイルに適応します。

プラスチック鉢の利点と欠点

プラスチック鉢の最大の利点はその軽量さと耐久性です。簡単に移動でき、割れにくいので長持ちします。また、比較的安価であり、様々なデザインが利用可能です。一方で、欠点としては、時間の経過と共に色褪せることや、非生分解性の材料を使用しているため環境への影響が懸念される点があります。高温下では材質が変形する可能性もあります。

プラスチック鉢の種類と材質

プラスチック鉢には、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリ塩化ビニルなどのさまざまな種類のプラスチックが使用されています。これらの材質は耐久性が高く、水分と栄養を保持するのに適しています。また、透明、不透明、つや消し、光沢のあるなど、多様な表面仕上げがあります。一部の高品質な鉢は、UV保護が施されており、太陽光による色あせを防ぐことができます。

プラスチック鉢はどんな人におすすめ?

プラスチック鉢は、その扱いやすさと多様性から、さまざまなタイプのガーデナーに適しています。初心者からプロフェッショナルまで、どんな人でも容易に使用でき、屋内外問わず植物を育てるのに理想的です。コストパフォーマンスが高く、メンテナンスが少ないため、忙しい人や予算を抑えたい人にもおすすめです。

初心者のガーデナー向け

初心者のガーデナーにとって、プラスチック鉢は理想的な選択肢です。その軽量さと耐久性により、ガーデニングの基本を学ぶのに適しています。また、手頃な価格で利用でき、多様なサイズやデザインがあるため、様々な植物種に対応できます。水やりや移動が容易で、初心者でも簡単に植物の世話ができます。

屋内で園芸を楽しむ人へ

屋内での園芸を楽しむ人には、プラスチック鉢が特に適しています。軽量でありながらスタイリッシュなデザインが多く、室内装飾にもマッチします。また、プラスチックは水漏れを防ぎやすく、屋内での使用に最適です。さらに、種類によっては透明な鉢もあり、根の成長を観察するのに役立ちます。

コストパフォーマンスを重視する方へ

予算を考慮しているガーデナーには、プラスチック鉢がおすすめです。他の材質の鉢に比べて安価であり、長期間の使用に耐えるため、コスト効率が非常に高いです。また、豊富なデザインとサイズの選択肢があり、あらゆるニーズに合わせて選ぶことができます。耐久性が高いため、頻繁に交換する必要がなく、長期的なコスト削減にも繋がります。

プラスチック鉢はどこで購入することができるの?

プラスチック鉢を購入する場所は多岐にわたります。最も一般的な購入先はホームセンター、オンラインショッピングサイト、そして専門の園芸店です。これらの場所では、さまざまなサイズ、形状、色のプラスチック鉢が提供されています。購入時には、鉢の品質、価格、デザインを比較検討することが重要です。また、購入先によっては、専門家のアドバイスやアフターサービスが受けられる場合もあります。

ホームセンターでの購入

ホームセンターでは、多様なプラスチック鉢を手頃な価格で見つけることができます。ここでは、一般的なサイズやデザインの鉢が豊富に揃えられており、即時購入が可能です。多くのホームセンターは、ガーデニング用品の幅広い選択肢を提供しており、一緒に購入すべき土や肥料なども一緒に手に入ります。店舗によっては、ガーデニングの専門家が配置されており、購入に関するアドバイスを受けることも可能です。

オンラインショッピングサイトの利用

オンラインショッピングサイトを利用することで、自宅にいながら多様なプラスチック鉢を選ぶことができます。インターネット上では、一般的なデザインからユニークなものまで、幅広い選択肢が提供されています。また、価格比較やユーザーレビューを参考にすることができ、購入前に詳細な情報を得ることが可能です。多くのオンラインストアでは、迅速な配送オプションを提供しており、簡単に購入プロセスを完了できます。

専門園芸店での購入方法

専門の園芸店では、高品質でユニークなプラスチック鉢を見つけることができます。これらの店舗は、特殊なデザインや特定の植物に適した鉢を提供していることが多いです。店員はガーデニングの専門知識を持っており、適切な鉢の選び方や植物の手入れ方法に関するアドバイスを提供できます。また、購入後のサポートや返品ポリシーが充実していることも、専門店ならではのメリットです。

プラスチック鉢の選び方

プラスチック鉢を選ぶ際には、サイズと形状、排水性と通気性、そしてデザインと色を慎重に考慮する必要があります。これらの要素は、鉢が植物の成長に適しているかどうかを決定する上で重要です。プラスチック鉢を選ぶ際には、植物の種類、成長の場所、および個人の好みに合わせて選ぶことが重要です。

サイズと形状の選び方

プラスチック鉢のサイズと形状は、植える植物の種類によって異なります。小さな植物や多肉植物には小さな鉢が適しており、大きな樹木や観葉植物には大きな鉢が必要です。また、鉢の形状は、植物の根系のタイプに合わせて選ぶべきです。例えば、深い根を持つ植物には深めの鉢が適しています。鉢のサイズが適切でないと、植物の成長が妨げられる可能性があります。

排水性と通気性の重要性

優れた排水性と通気性は、植物の健康に不可欠です。プラスチック鉢を選ぶ際には、底に十分な排水穴があるかどうかを確認することが重要です。排水穴がない場合は、過剰な水分が鉢内に留まり、根腐れの原因となることがあります。また、鉢の材質やデザインによっては、空気の流通が促進され、根系の健康に役立つ場合があります。

デザインと色の選び方

プラスチック鉢のデザインと色は、個人の好みや屋内外の装飾スタイルに大きく依存します。明るい色の鉢は、庭やバルコニーを明るく見せることができ、ダークトーンの鉢はモダンな感じを与えます。また、テクスチャーやパターンが施された鉢は、装飾的な要素を加えることができます。鉢のデザインは、植物を引き立てる役割も果たし、全体的な装飾テーマに合わせることができます。

プラスチック鉢のおすすめ人気ランキング10選

園芸愛好家たちの間で高い評価を受けているプラスチック鉢の中から、特におすすめの10種類をピックアップしました。このランキングでは、耐久性、デザイン、機能性、ユーザーレビュー、価格など様々な観点から選出しています。初心者から熟練のガーデナーまで、幅広いニーズに対応できる鉢を集めてみました。各鉢の独自の特徴や利点を考慮し、様々な種類の植物に適した鉢を紹介します。これらのプラスチック鉢は、屋内外での園芸活動をより楽しく、効果的にするための素晴らしい選択肢となるでしょう。

ランキング1位:アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット 30型 ホワイト

明るい白いカラーが植物の緑を引き立ててくれる「アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット 30型 ホワイト」は、軽量なプラスチック鉢でありながら陶器風のおしゃれな見た目が人気の商品です。手作り感のある表面は光が当たると波のように影を作り出してくれるので、お庭をよりナチュラルに仕立て上げてくれるでしょう。こちらの商品は、いくつもの排水穴が底面についていますので過湿による根腐れを防いでくれます。ハーブやラベンダーなど明るい色合いの植物には特におすすめですよ。

商品名アップルウェアー プラ鉢 クラフトポット 30型 ホワイト
価格705円
ブランドアップルウェアー
寸法サイズ:300Φ×295mm
材質ポリプロピレン (PP)

ランキング2位:大和プラスチック 鉢 グロウコンテナ G 30型 グリーン

ナチュラルで自然に溶け込むグリーンカラーが人気の「大和プラスチック 鉢 グロウコンテナ G 30型 グリーン」は、持ち運びがしやすい取っ手付きの機能性が高い商品です。ロゴの部分に油性マーカーで色を塗ることで、世界に一つしかないようなオリジナル性が高いデザインを作り出せるのもこちらの商品の魅力でしょう。また、別売の蓋を使うことで積み重ねることができるので園芸用品の収納にも便利ですよ。

商品名大和プラスチック 鉢 グロウコンテナ G 30型 グリーン
価格573円
ブランド‎大和プラスチック
寸法35 x 30 x 33.5 cm
材質ポリプロピレン

ランキング3位:大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 18型

こちらも大和プラスチックから発売されているプラスチック鉢の「大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 18型」です。波打つようなデザインが特徴ですが、小さめのサイズなのですっきりとした印象を与えてくれます。自然に溶け込むアイボリーカラーなので、どのようなシーンでもぴったりとマッチしてくれるはずです。小さめサイズでありながら深さはあるので、樹木や果樹を植え付けるのにもおすすめですよ。

商品名大和プラスチック (ACTOR) 鉢・プランター フレグラーポット 18型
価格795円
ブランド大和プラスチック
寸法奥行18×高さ18×幅18cm
材質ポリプロピレン (PP)

ランキング4位:大和プラスチック 根はり鉢 5号 1L ダークグリーン

1Lの小さめサイズでありながら、すっとした縦長の形をしているので根が伸びる植物にもおすすめの「大和プラスチック 根はり鉢 5号 1L ダークグリーン」は、根はり鉢という根が周りにしっかりと伸びやすい形をしているのが大きなメリットです。下部にスリットという切れ込みが入っているので、植物の健康にも良い影響を与えてくれます。また、通気性や排水性にも優れているので大切にしている植物を植え替えしたいという方にもおすすめです。

商品名大和プラスチック 根はり鉢 5号 1L ダークグリーン
価格201円
ブランド大和プラスチック
寸法14.5 x 14.5 x 13.5 cm
材質プラスチック

ランキング5位:T4U 植木鉢 プラスチック プランター 4点セット 受け皿付き

受け皿付きの4点セットが便利な「T4U 植木鉢 プラスチック プランター 4点セット 受け皿付き」は、スタイリッシュな円筒型が特徴のプラスチック鉢です。こちらの商品は底面の排水穴に工夫がされていて、土が流れ出ない小さめのサイズでありながら根腐れを防ぐためにしっかりと余り水を排水してくれる機能性に優れています。上品な白いカラーが現代風なので、オフィスやおしゃれな店舗にもおすすめです。

商品名T4U 植木鉢 プラスチック プランター 4点セット 受け皿付き
価格2,209円
ブランドT4U
寸法10/12.5/15/17.5cm
材質樹脂

ランキング6位:T4U 植木鉢 プラスチック 直径17CM 6個セット

6個セットなのでいろいろな植物を育てている方におすすめな「T4U 植木鉢 プラスチック 直径17CM 6個セット」は、斜めにラインの入ったデザインが洗練した雰囲気を放ってくれます。底面の排水穴が複数ついていることで、排水性や通気性を高めて植物の健康に良い影響を与えてくれるのが特徴です。また、使われているプラスチック素材も品質が良いので無臭であるとともに軽く耐久性も高いのがおすすめのポイントと言えるでしょう。

商品名T4U 植木鉢 プラスチック 直径17CM 6個セット
価格2,899円
ブランドT4U
寸法17㎝
材質プラスチック

ランキング7位:T4U 10CM 給水プランター プラスチック 植木鉢 現代風 観葉植物鉢 ハーブ鉢 花鉢 ホワイト 6点セット

縦に入ったラインが陶器のような質感を感じさせてくれる「T4U 10CM 給水プランター プラスチック 植木鉢 現代風 観葉植物鉢 ハーブ鉢 花鉢 ホワイト 6点セット」は、同じサイズのプラスチック鉢が6個セットになっているので園芸愛好者はもちろん、農業や花卉を専門に扱っている方にもおすすめの商品です。様々な植物を統一されたデザインの鉢に植えることでより、ハイセンスなグリーンインテリアとしての魅力が高まるはずですよ。底面には自動吸水装置がついているので、忙しい方にもおすすめです。

商品名T4U 10CM 給水プランター プラスチック 植木鉢 現代風 観葉植物鉢 ハーブ鉢 花鉢 ホワイト 6点セット
価格1,999円
ブランドT4U
寸法10㎝
材質樹脂

ランキング8位:T4U 植木鉢 6号 スリット鉢 プラスチック鉢

植物の根が健全に成長できるスリット鉢である「T4U 植木鉢 6号 スリット鉢 プラスチック鉢」は、ダークグリーンカラーのシンプルなデザインの商品です。見た目はシンプルでありながら機能性に富んでいるので、こちらの鉢に植えることで植物がより生き生きと成長してくれます。鉢の色が花の鮮やかさを際立たせてくれるとともに、丈夫で長持ちする特性も兼ねそろえているのが特徴です。こちらの商品も便利な6点セットのプラスチック鉢となっています。

商品名T4U 植木鉢 6号 スリット鉢 プラスチック鉢
価格2,999円
ブランドT4U
寸法19㎝
材質樹脂

ランキング9位:日本ポリ鉢販売(Japan Porihachi Hanbai) アップルウェアー 日本ポリ鉢 プレステラ105 10個組

コスパの良さが最大の魅力である「日本ポリ鉢販売(Japan Porihachi Hanbai) アップルウェアー 日本ポリ鉢 プレステラ105 10個組」は小さめのシンプルなプラスチック鉢が10個セットとなっている商品です。底面には排水穴が複数ついていますので、排水性と通気性にも優れています。小さな苗をたくさん育てたい方や挿し木や株分けで植物を増やしたいという方におすすめの商品でしょう。

商品名日本ポリ鉢販売(Japan Porihachi Hanbai) アップルウェアー 日本ポリ鉢 プレステラ105 10個組
価格453円
ブランドアップルウェア
寸法92㎜×82㎜
材質再生プラスチック

ランキング10位:大和プラスチック 鉢・ポット プラ鉢 4号 φ130×H116 ホワイト

「大和プラスチック 鉢・ポット プラ鉢 4号 φ130×H116 ホワイト」は、模様のないシンプルな側面がどんな植物にもぴったりとマッチするおすすめの商品です。苗の栽培や植え替えなど、幅広い植物に用いることのできるこちらの商品はプラスチック製であるがゆえに軽く扱いやすい特徴があります。リーゾナブルな価格なので、いくつも購入して揃えるのも良いですね。土を入れた状態でも鉢が軽いので、持ち運びしやすく室内で植物を育てている方にもおすすめの商品です。

商品名大和プラスチック 鉢・ポット プラ鉢 4号 φ130×H116 ホワイト
価格100円
ブランド大和プラスチック
寸法φ130×H116
材質ポリプロピレン (PP)

プラスチック鉢の使い方

プラスチック鉢を使う際には、適切な土の選択、水やりの管理、そして植物の配置に特に注意が必要です。プラスチック鉢の特性を理解し、それに合わせたケアをすることで、植物は健康的に成長します。また、プラスチック鉢はデザインが豊富で、様々な装飾的な利用が可能です。正しい方法で使用することで、植物を長期間にわたって美しく保つことができます。

適切な土の選び方と用土の準備

適切な土の選び方は、プラスチック鉢で育てる植物の健康に直結します。植物の種類によって必要な用土の種類は異なり、適切な土壌は根の健康と成長を促進します。通気性と排水性の良い土を選ぶことが重要で、土が密集しすぎず、適度な湿り気を保つことが理想です。用土の準備には、有機質の肥料やコンポストを加えることで、栄養価を高め、植物の成長をサポートします。プラスチック鉢の底には排水のための穴が開いていることが多いので、過剰な水はけを防ぐために底石や粗い砂を敷くのが一般的です。

水やりのコツと管理方法

プラスチック鉢での水やりは、適切なタイミングと量が重要です。プラスチックは水分蒸発を抑えるため、他の材質の鉢に比べて水やりの頻度は少なくて済むことが多いです。しかし、水の与えすぎは根腐れの原因となるため注意が必要です。鉢の土の表面が乾いたら水やりを行い、土が湿っている場合は水やりを控えます。季節や気候、植物の種類によって水の必要量は異なるため、それぞれの条件に合わせて水やりを調整することが大切です。

プラスチック鉢を使った植物の配置アイデア

プラスチック鉢はその軽量さとスタイリッシュなデザインで、様々な配置アイデアに適しています。バルコニーやテラス、庭園など、屋外空間にプラスチック鉢を配置することで、カラフルで活気のある雰囲気を演出できます。室内では、窓辺やリビングルームのコーナーに置くことで、ナチュラルな装飾としての役割を果たします。また、異なるサイズや色の鉢を組み合わせることで、視覚的な興味を引き出すことができます。プラスチック鉢は移動が容易なため、季節や気分に合わせて植物の配置を変えることも可能です。

【2024年】プラスチック鉢のおすすめランキング10選を紹介!基本の使い方までのまとめ

この記事を通じて、プラスチック鉢の基本的な特徴、使用方法、おすすめの購入場所、そして選び方について学びました。プラスチック鉢はその多様性、耐久性、お手頃な価格で多くのガーデナーに愛されています。適切な土の選び方、水やりのコツを実践し、プラスチック鉢を効果的に使用することで、植物は健康的に成長し、ガーデニングがより楽しいものになるでしょう。さまざまなスタイルやニーズに合わせたプラスチック鉢を選んで、あなたのガーデニングライフを豊かにしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。