おすすめ PR

【2024年】干しざるのおすすめランキング10選を紹介!お手入れ方法まで

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

皆さんは干しざるをご存知でしょうか。自然の風と太陽を利用して食材を乾燥させる、シンプルながらも非常に効果的な道具です。しかし、種類や素材が豊富なため、購入する際には適切な選択をしたいものです。

この記事では、

  • 干しざるとは何か
  • 干しざるはどんな人におすすめか
  • 干しざるを購入する場所
  • 干しざるの選び方
  • 干しざるのおすすめ人気ランキング10選
  • 干しざるの使い方
  • 干しざるおすすめのまとめ

について紹介していきます。
この記事を通じて、干しざるの選び方から購入場所、おすすめの商品、さらにはその使い方まで、干しざるに関するあらゆる情報を詳しくご提供します。干しざるの購入を検討している方にとって、必要な知識を全て網羅した内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次
  1. 干しざるとは?
    1. 干しざるの基本的な概念
    2. 干しざるの歴史と起源
    3. 現代における干しざるの役割
  2. 干しざるはどんな人におすすめ?
    1. 料理愛好家へのメリット
    2. 節約や健康を重視する人々への利点
    3. 家庭料理を楽しみたい人への適用性
  3. 干しざるはどこで購入することができるの?
    1. オンラインショッピングサイトにおける選択肢
    2. 実店舗での購入方法
    3. 地域別の購入先と特徴
  4. 干しざるの選び方
    1. 素材に基づく選択
    2. サイズと形状の考慮
    3. 価格と品質のバランス
  5. 干しざるのおすすめ人気ランキング10選
    1. ランキング1位:萬洋 当渕浅ザル 大 15-504L
    2. ランキング2位:萬洋 干しザル 大 15-507L
    3. ランキング3位:竹ざる 青竹もり皿 水切りザル 籐 丸盆ざる ネット付き
    4. ランキング4位:竹ざる 丸盆 盛り付けザル 干し笊 ござ目編み トレイ ベトナム製 (25cm)
    5. ランキング5位:積水テクノ商事 セキスイ 角篭浅型 大 ライトグリーン
    6. ランキング6位:竹ざる 青竹もり皿 水切りザル 籐ざる 丸盆ざる ネット付き
    7. ランキング7位:パール金属 浅型パンチングザル21cm ステンレス製
    8. ランキング8位:竹ザル竹盆ざる竹ざる そば 細工 自宅で簡単竹ざるフード付き
    9. ランキング9位:遠藤商事 業務用 盆ざる 21cm (佐渡製) 竹 日本製
    10. ランキング10位:サンコープラスチック 日本製 日干し用 ワイドバスケットハーフ
  6. 干しざるの使い方
    1. 基本的な使用方法
    2. 干しざるのメンテナンスと手入れ
    3. 応用レシピと活用アイデア
  7. 【2024年】干しざるのおすすめランキング10選を紹介!お手入れ方法までのまとめ

干しざるとは?

干しざるは、食材を自然乾燥させるための道具です。通常、竹やステンレスなどで作られ、通気性が良いのが特徴です。日本の家庭料理において、長い間重宝されてきました。食材を乾燥させることで、味が凝縮し、保存性が向上します。干し野菜や干し魚など、様々な料理に利用されます。また、最近ではデザイン性を重視した干しざるも登場しています。

干しざるの基本的な概念

干しざるは、食材の乾燥を助けるキッチンツールです。その目的は、食材の水分を自然に蒸発させることにより、風味と保存性を高めることです。特に野菜や魚、果物などの乾燥に適しています。干しざるの使用は、食品の風味を自然に引き出し、健康的な調理法としても注目されています。また、保存食の作成にも役立ちます。

干しざるの歴史と起源

干しざるは、日本の食文化に深く根ざしています。昔から、日本では自然の恵みを活かし、食材を保存する知恵として干しざるを利用してきました。元々は、竹製のざるが多く用いられていたが、現代では様々な素材や形状のものが登場しています。干しざるは、季節や気候に合わせた食材の保存方法として、長い歴史を持っています。

現代における干しざるの役割

現代の干しざるは、伝統的な用途に加えて、インテリアやライフスタイルの一部としても注目されています。キッチンでのスマートな収納ツールや、料理のプレゼンテーションにも利用されます。また、健康志向の高まりとともに、自然食品の乾燥に干しざるを使う人が増えています。加工食品に頼らない、自然な食生活を求める現代人にとって、干しざるは重要なツールです。

干しざるはどんな人におすすめ?

干しざるは、様々なライフスタイルや料理好きの人々に適しています。自宅で簡単に使え、食材の風味を向上させることができます。また、節約や健康を考える人々にとっても、干しざるは便利なキッチンツールです。食材を自然乾燥させることで、長期保存が可能になり、無駄を減らすことができます。

料理愛好家へのメリット

料理愛好家にとって、干しざるは様々なレシピを探求するのに最適です。乾燥野菜や果物、魚などを使った料理を楽しむことができます。自家製の干し食品は、市販品にはない独特の風味と満足感を提供します。また、手作りの干し食品は、贈り物としても喜ばれます。

節約や健康を重視する人々への利点

干しざるは、食材を長期保存する手段として経済的です。季節の食材を大量に購入して干すことで、コストを抑えることができます。また、添加物や保存料を使わずに食品を保存できるため、健康にも良いです。自然乾燥は、食材の栄養素を損なわず、自然な味を楽しむことができます。

家庭料理を楽しみたい人への適用性

家庭料理を楽しむ人にとって、干しざるは多様な料理を試す機会を提供します。家族や友人と一緒に、新しいレシピや伝統的な食品の作成を楽しむことができます。また、子供たちに食材の保存方法や食文化を教える教育ツールとしても活用できます。干しざるを使うことで、料理の楽しみが広がります。

干しざるはどこで購入することができるの?

干しざるは、現代では様々な販売ルートを通じて入手可能です。オンラインショッピングサイト、地元の実店舗、特定の地域の専門店など、選択肢は幅広いです。オンラインでは、多様な種類や価格帯の商品が見られ、比較購入が容易です。実店舗では、商品を直接手に取って確認することができます。地域によっては、特色ある干しざるを扱う専門店もあります。

オンラインショッピングサイトにおける選択肢

オンラインショッピングサイトでは、様々な種類の干しざるが販売されています。大手のECサイトでは、ユーザーレビューやランキングに基づく選択が可能です。また、比較検討が容易で、時間をかけずに幅広い製品を見ることができます。限定商品や特殊な素材の干しざるもオンラインで見つけることが可能です。さらに、ショッピングサイトによっては、特典や割引を受けられる場合もあります。

実店舗での購入方法

実店舗では、干しざるを直接手に取り、質感や重さを確かめることができます。地元のキッチン用品店や百貨店では、専門スタッフに相談しながら選ぶことが可能です。店舗によっては、実演販売や試用品を用意していることもあります。また、店頭でしか手に入らない限定品や、地域特有の素材を使った干しざるも見つかる可能性があります。直接の買い物は、商品の特性をより深く理解する良い機会です。

地域別の購入先と特徴

地域によっては、特色ある干しざるを販売する専門店が存在します。これらの店舗では、地元産の素材を用いた独特の製品を購入することができます。例えば、竹製品で有名な地域では、手作りの高品質な干しざるが見つかることがあります。地域の祭りやイベント時には、特別なデザインや割引が提供されることもあります。これらの店舗では、商品の背景や製作過程についての話も聞けることが魅力です。

干しざるの選び方

干しざるを選ぶ際には、素材、サイズ、形状、価格、品質など、いくつかの重要なポイントがあります。素材は耐久性や使いやすさに影響を与えます。サイズと形状は使用目的や収納スペースに応じて選ぶ必要があります。価格と品質のバランスを見極めることも大切です。これらの要素を総合的に考慮することで、長く愛用できる干しざるを見つけることができます。

素材に基づく選択

干しざるの素材は、竹、木、プラスチック、ステンレスなどがあります。竹や木製は伝統的で自然な見た目が特徴ですが、メンテナンスが必要な場合があります。プラスチック製は軽量で扱いやすく、お手入れが簡単ですが、耐久性に欠けることがあります。ステンレス製は耐久性に優れ、清潔さを保ちやすいですが、価格が高めです。用途や好みに合わせて素材を選ぶことが大切です。

サイズと形状の考慮

干しざるのサイズは、使用する食材や収納スペースによって異なります。大きなものはたくさんの食材を一度に干すことができますが、収納が大変になることもあります。小さなものは場所を取らずに済みますが、一度に干せる量が限られます。形状に関しても、円形、長方形、折りたたみ式など、用途や収納の便利さに応じて選ぶことが重要です。

価格と品質のバランス

干しざるを選ぶ際には、価格と品質のバランスを見極めることが重要です。安価なものは手に入れやすいですが、耐久性や使い勝手が劣る可能性があります。高価なものは品質が良い傾向にありますが、必ずしも高価が最良とは限りません。使用頻度や予算に応じて、最適な製品を選ぶことが求められます。

干しざるのおすすめ人気ランキング10選

干しざる選びは、キッチン用品の中でも重要な決断です。このセクションでは、市場で高い評価を受けている干しざる10種を紹介します。これらの干しざるは、素材の質、耐久性、デザイン、使いやすさなど、様々な観点から選ばれています。また、それぞれの特徴を考慮し、多様なニーズに応える製品を集めました。伝統的なものからモダンなデザインまで、幅広い選択肢を提供し、あなたのキッチンライフに最適な干しざるを見つけるお手伝いをします。

ランキング1位:萬洋 当渕浅ザル 大 15-504L

このザルは、昔ながらの素材を現代のライフスタイルに取り入れることで、新しい発見や満足をもたらしてくれます。水切れの良さや使いやすさはもちろん、伝統的な技術が息づく美しいデザインも魅力の一つです。竹製品の温かみと使い心地の良さを、日常のキッチンシーンで体験することができるでしょう。

商品名当渕浅ザル 大15-404L
価格539円(税込み)
ブランド‎萬洋
寸法30L x 30W x 5H cm
材質

ランキング2位:萬洋 干しザル 大 15-507L

Wash-Lineシリーズは、日常生活を豊かに彩る実用的なアイテムのコレクションです。素材には木材を使用し、サイズは55L x 55W x 10H cm、重さはわずか0.5キログラムと軽量で、日々の使い勝手を考えた設計がされています。「編む」技術を駆使して作られたバスケットや木目樹脂トレイは、実物に迫る美しさと機能性を兼ね備えています。

商品名当渕浅ザル 大15-507L
価格1,760円(税込み)
ブランド萬洋
寸法55L x 55W x 10H cm
材質木材

ランキング3位:竹ざる 青竹もり皿 水切りザル 籐 丸盆ざる ネット付き

Clekuerの竹製バスケットは、高品質の竹素材を使用し、繊細な手作りの織り技術によって作られています。これは単なるホームストレージバスケットではなく、その工芸品としての価値も高く評価されています。竹製のため、非常にタフで耐久性があり、長期間にわたって使用することができます。また、軽量で持ち運びにも便利です。フタが可動式となっており、食品をほこりや虫から守りながら、通気性を保ちます。これにより、清潔で美味しい干物作りが可能となり、お子様のおやつ作りにも安心して使用できます。

商品名竹ざる青竹もり皿水切りザル籐丸盆ざるネット付き
価格1,389円(税込み)
ブランドClekuer
寸法直径約 42cm
材質

ランキング4位:竹ざる 丸盆 盛り付けザル 干し笊 ござ目編み トレイ ベトナム製 (25cm)

こちらは、20cm、25cm、30cm、35cm、40cmの異なるサイズが各1枚ずつ含まれる5枚セットの竹ざる丸盆です。ベトナム産の竹を使用し、日本の伝統的なござ目編みの技法で丁寧に編まれた、品質の高い製品です。この竹ざるは、しっかりとした造りで、盛り付けや干し物用のざるとして、またトレイとしても多用途に使うことができます。梅干しの作りなど、さまざまな用途に対応する便利さがあります
ただし、ご注意いただきたいのは、手作り製品のため、各寸法に若干の差異があること、網目に隙間が生じている製品もあることです。また、竹製品特有のトゲやささくれがあること、季節によってはカビや虫食いが発生する可能性があることも留意してください。

商品名竹ざる丸盆盛り付けザル干し笊 ござ目編み
価格4,500円(税込み)
ブランド‎deaizaka.biz
寸法20L x 20W x 3H cm
材質

ランキング5位:積水テクノ商事 セキスイ 角篭浅型 大 ライトグリーン

この角型ざるは、幅365mm、奥行き485mm、高さ85mmのサイズで、日常のキッチン作業に適した定番のデザインです。重量は軽い420gで、取り扱いやすく、収納にも便利です。素材にはポリエチレンを使用しており、その耐久性と安全性に優れています。さらに、このざるは抗菌加工が施されており、衛生的にも安心して使用できます。日本製のこの製品は、品質の高さと信頼性が保証されています。キッチンでの食材洗い、野菜や果物の水切りなど、日々の料理作業をサポートします。そのシンプルながら実用的なデザインは、どんなキッチンにも馴染みます。

商品名セキスイ角篭浅型 大ライトグリーン
価格1,570円(税込み)
ブランド‎積水テクノ商事
寸法幅×奥行×高さ(mm)485×365×85
材質ポリエチレン

ランキング6位:竹ざる 青竹もり皿 水切りザル 籐ざる 丸盆ざる ネット付き

この水切りザルはホームストレージバスケットとしてだけでなく、その美しい工芸品としての価値もあります。手作りのため、製品の色に若干の差が生じることがありますが、これは製品の品質に影響を与えません。特に食品の保存に最適で、食べ物をほこりや虫から守りつつ、通気性が良いため、清潔で美味しい干物作りに役立ちます。梅干し、魚介類、野菜、きのこなどの干物作りはもちろん、果物や台所のスパイス、野菜や種子の乾燥、ご飯を洗うためのバスケットとしても使用できます。さらに、菓子やスナックなどの保管にも適しています。

商品名竹ざる 青竹もり皿 水切りザル
価格1,287円(税込み)
ブランドYOAYEY
寸法41.5L x 41.5W x 5H cm
材質

ランキング7位:パール金属 浅型パンチングザル21cm ステンレス製

この浅型ザルは、特に、スタッキングと収納性にこだわり、多くの人が抱える収納スペースの問題を解決するようデザインされています。このザルの最大の特長は、水切れが良く型くずれしにくいパンチング加工が施されている点です。これにより、食材の水切りがスムーズに行えます。また、リング付きで収納が便利で、スペースを有効に活用できます。素材にはサビにくく丈夫なステンレス鋼を使用しており、長期間の使用にも耐える耐久性を備えています。さらに、衛生的で食器洗い乾燥機にも対応しているため、お手入れも簡単です。

商品名浅型パンチングザル21cm ステンレス製
価格777円(税込み)
ブランドパール金属
寸法23L x 23W x 5H cm
材質ステンレス鋼

ランキング8位:竹ザル竹盆ざる竹ざる そば 細工 自宅で簡単竹ざるフード付き

洗練されたデザインのこのバスケットは、ピクニック時の食品保管用として、または家庭での果物、パン、乾物などの保管用としても非常に適しています。また、製品のディスプレイや手工芸品としての用途にも対応します。強力なスチームウィロー素材を使用しており、環境に優しく、耐久性も備えています。家庭での使用はもちろん、ピクニックやアウトドアでの使用にも最適で、その用途の広さと実用性が特に注目されます。

商品名竹ザル竹盆ざる そば細工 自宅で簡単竹ざるフード付き
価格
ブランド‎DUO&DUO
寸法30L x 30W x 18H cm
材質

ランキング9位:遠藤商事 業務用 盆ざる 21cm (佐渡製) 竹 日本製

この製品の主な素材は竹で、その自然な風合いが魅力です。日本の伝統的な手工芸技術によって作られており、耐久性と美しさを兼ね備えています。このざるは、そのサイズとデザインから、様々な用途で活躍します。具体的には、果物や野菜の水切り、パスタや麺類の水切りに最適です。さらに、器としても使用でき、食卓での小物置きや、スナックや果物を盛り付けるのにも適しています。遠藤商事のこの竹製ざるは、その機能性と美しさで、キッチンやダイニングをより豊かにするアイテムです。手造りの温もりと、日本製の品質が、日々の料理時間を特別なものに変えてくれるでしょう。

商品名業務用盆ざる21cm(佐渡製)
価格3,300円(税込み)
ブランド遠藤商事
寸法21.3L x 21.3W x 2.2H cm
材質

ランキング10位:サンコープラスチック 日本製 日干し用 ワイドバスケットハーフ

この製品の最大の利点は、食材を並べたまま重ねることができる設計です。これにより、複数枚を同時に使用する際も便利で、特に数日間にわたる「土用干し」などの場合、夜間に重ねて保管することができます。家の中に取り込む際にも場所を取らず、収納が容易です。また、もう一枚をフタとしてかぶせることで、鳥やネコなどから守ることが可能です。フタがずれないように設計された突起がついているため、安心して使用できます。

商品名日本製 日干し用ワイドバスケットハーフ
価格831円(税込み)
ブランド‎サンコープラスチック
寸法38.5D x 38.5W x 5.5H cm
材質ポリエチレン

干しざるの使い方

干しざるの使い方は多岐にわたり、食材を乾燥させる基本的な用途から、さまざまな応用方法まであります。適切に使用し、適切にメンテナンスを行うことで、長期間にわたりその効果を最大限に引き出すことができます。ここでは、干しざるを使用する際の基本的な方法、日常のメンテナンスと手入れの方法、そしてさらに干しざるを活用したレシピやアイデアをご紹介します。

基本的な使用方法

干しざるを使用する際は、まず適切な場所を選ぶことが重要です。風通しの良い日陰が最適です。食材は干しざるの上に均等に並べ、空気が通るようにします。重ならないように配置することで、食材が均一に乾燥します。定期的に食材を裏返すことで、より均等に乾燥させることができます。干し時間は食材によって異なりますが、概ね数時間から一日が目安です。天候や気温によっても乾燥時間は変わるので、状態を見ながら調整してください。

干しざるのメンテナンスと手入れ

干しざるのメンテナンスと手入れは、長持ちさせるために重要です。使用後は、食材のカスや汚れをきれいに除去しましょう。水洗いが可能な素材の場合は、水で洗い流すことができます。木製や竹製の場合は、水に長時間浸けると傷みの原因になるので注意が必要です。定期的に乾燥させることで、カビの発生を防ぎます。また、直射日光に長時間晒すと素材が劣化するので、保管時は日陰を選ぶことが望ましいです。

応用レシピと活用アイデア

干しざるは、干し野菜や干し果物など、様々な食材を乾燥させるために使用できます。例えば、干しトマトや干し梅などは家庭でも簡単に作ることができ、料理の幅を広げます。また、干し魚や干し肉も、干しざるを使えば簡単に作れます。これらの干し食品は、保存食としても便利で、非常時の備蓄にも役立ちます。創造力を働かせ、様々な食材を干してみることで、新たな味わいや食感を楽しむことができます。

【2024年】干しざるのおすすめランキング10選を紹介!お手入れ方法までのまとめ

干しざるは、食材を自然に乾燥させるためのシンプルで効果的なツールです。適切な選び方と使い方を理解することで、料理の幅が広がります。素材、サイズ、形状を考慮して自分に合った干しざるを選び、基本的な使用方法に沿って使いこなしましょう。定期的なメンテナンスと手入れを行うことで、干しざるを長持ちさせることができます。さらに、干しざるを使った様々な応用レシピに挑戦することで、料理の楽しみが増えます。このガイドがあなたの干しざる選びと使用に役立つことを願っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。TOKYO KOTOBUKIENでは、他にもたくさんの記事をご用意しておりますので、併せてご覧ください。

執筆者Profile

長岡孝樹

社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)デザイナー。「お花や観葉植物で日常を彩る」を実現するためにWebメディアTOKYO KOTOBUKIENを運営中。メディア運営だけでなく、Amazonや楽天にも自社商品を出店。フラワーデザイナーの知識を活かし自社商品の提案など幅広く行う。